新型カムリ (2017)値引き術!

carlineup_camry_exterior_top_pic_08_01_sp

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型カムリの値引き方法について情報をまとめました。

新型カムリはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。

その方法についてご紹介します。

かっこいいセダンが欲しい、けど気に入ったクルマが少ない…そう思うことはありませんか?

普段は2人しか乗らないけど、トランクは広い方がいい。あまり車高が高くなく、スポーティな方がいい。エンジンフィールが楽しいほうがいいけど、燃費もそこそこ…そういったクルマは実はセダンが本命、かもしれません。

新型カムリをできるだけ安く買う、その攻略方法を練っていきましょう!


スポンサーリンク

月販目標数は2,400台。トヨタは必死で売ってくる

7a9ff1931695a0a9e426abc8f148c97ax

↑おっと気になる”値引き情報”が。2017年カムリ(LE)が4,309ドルもの値引き?よく見ると新車ではありませんか?(1$=110円なら、47.3万円ものディスカウント!)

引用:http://pictures.dealer.com/v/vancouvertoyotascion/1882/7a9ff1931695a0a9e426abc8f148c97ax.jpg

昨今人気のあるのはSUV、コンパクトカー、ミニバン、そしてハイブリッド車。特に、プリウス・アクア・ノート・C-HRと2017年の月販首位になっているクルマは、全てハイブリッド絡みです。

カムリが売れているのは、北米大陸。年間35万台から40万台ものセールスを誇るだけでなく、対抗馬のホンダ・アコードや小柄なシビックも年間30万台を販売する巨大マーケットです。

それに引き換え、日本市場はセダンが売れないのがもはや当たり前。月に1万台以上販売されるセダンは皆無などころか、半分の5,000台に手が届くセダンはありません。

2017年1月〜6月の国内乗用車販売台数では、1位がプリウスで91,246台(月平均15,207台)。セダン専用で開発されたクルマでは1位がクラウンで16,142台(月平均2,690台)。

セダン復調のためにも、カムリは絶対に売れなければならない!というのがトヨタの本音なのです。

FotoFlexer_Photo

引用:https://kuru-satei.com/img/s_camry_03.jpg

USA-Toyota-OKALUX-2006_Heartland-no-name

↑アメリカのトヨタ系ディーラー。売れ筋はやはりピックアップトラック。建物のエントランス前と道路沿いには、セダンは置いて”いない”ようだ。

引用:http://www.okaluxna.com/wp-content/uploads/2016/03/USA-Toyota-OKALUX-2006_Heartland-no-name.jpg


スポンサーリンク

カムリを扱うディーラーは、トヨタ販売店4系列のうち3系列だ

FotoFlexer_Photo

引用:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/garage.production.assets/materials/news_contents/2017/05/22/21/jp_customize2_pc.jpg

カムリはどこで売っているのか?

「カローラ店」「ネッツ店」「トヨペット店」とクラウンを販売するトヨタ店以外で扱われることになった、カムリ。従来はトヨペット店専売でしたから、カローラ店とネッツ店の社員は”初めて売るクルマ”ということになります。

メーカーからは、月の販売台数2,400台必達目標が掲げられており、2017年7月の販売開始では3,244台がカウントされました。この数字は実際には”ディーラーの自社登録数”もかなり含まれていますので、一般ユーザーに渡った数は2,400台を超えたかどうかは不明。

ただ、試乗車だけは全国で登録されていますので、ディーラーでの実車見学はぜひ行っておきたいですね!

2018-toyota-camry-detroit-2017-3

引用:https://i0.wp.com/www.euro-car.info/wp-content/uploads/2017/01/2018-toyota-camry-detroit-2017-3.jpg

TOYOTA_CAMRY_08-20170128122254

↑アメリカで設計され、アメリカで生産されるカムリ。次期カムリは完全にアメリカからの輸入車になるのか?

引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/01/TOYOTA_CAMRY_08-20170128122254.jpg


スポンサーリンク

デビュー直後の値引きは”既に20万円”程度(車両価格)

FotoFlexer_Photo

引用:http://blog-imgs-114.fc2.com/c/a/r/carinfoj/20170711003718bb5s.jpg

車両価格が”3,294,000円~4,195,800円”というカムリ。この価格帯で比較すると、

●VW パサート:329万円〜504万円 1.4L /2.0L ガソリン
●スバル WRX S4:336万円〜373万円 2.0Lガソリン
●ホンダ アコードハイブリッド:385万円〜410万円 2.0Lガソリン+モーター

の3台が上げられます。その他には、同じトヨタの”SAI””クラウンアスリート”などもよいでしょう。

特に、アコードハイブリッドは同じアメリカが主戦場。ディーラーは意識するかどうかは分かりませんが、メーカーはどうしても”勝ちたい”相手。となれば、ディーラーでもメーカーの要望が通り易い”本店”ならば、頑張ってくれる可能性大。

おさらいしておくと、アコードを競合車にしてホンダでも試乗して見積もりを取ってくるなどした場合は、ディーラー本店で値引き額拡大を迫りましょう。

ディーラーとすれば、メンツをかけても売らなければ!となるはずです。ちなみに20万円もの車両値引きは第一関門と据えるべきです。

新型カムリ 内装インパネ1

引用:https://2.bp.blogspot.com/-oiIpIxjR5_w/WWcE8z3BSEI/AAAAAAAAIrQ/a6sCAwyoC1QrNrKfxRa1z7Yd893o8AvMQCLcBGAs/s1600/%25E6%2596%25B0%25E5%259E%258B%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25AA%2B%25E5%2586%2585%25E8%25A3%2585%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2591%25E3%2583%258D1.jpg


スポンサーリンク

年間3万台を是が非でも売るために、決算月は大きな値引きが期待できる

FotoFlexer_Photo

引用:http://image.autoc-one.jp/images/3106806/027_o.JPG

カムリ、と言えばモデリスタやTRDのパーツをふんだんに付けて買う層が結構あることをご存知ですか?特に50代のバブル経験を積んだ世代は、車にも関心が高く、走りにもうるさいのが特徴。

メルセデスベンツやBMWを買うにしても、走りに振ったオプションを付けると軽く100万円オーバー、ランニングコストが高く維持できない…そういった人たちには、このカムリは願ってもない一台となっています。

素のクルマが350万円、400万円程度でも、あれこれパーツを付けて合計500万円…といった買い方も出てきています。ですから、ディーラーとしても20万円程度の値引きはたいしたことはないはず。

FotoFlexer_Photo

引用:https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/05/TOYOTA_CAMRY_01-20170519213236.jpg

特に、今回初めてカムリを扱う”カローラ店”と”ネッツ店”は、自社で買ってくれた宣伝も兼ねて”価格を勉強”してもらってもいいのではないでしょうか?

購入の際には、”友人にも紹介したい””SUVからカムリに興味のある知人がいる”といった情報を提供して、値引きを勝ち取りましょう。出来れば、実際に友人知人とディーラー訪問も大事です。

もうひとつ、カムリを安く買うならやはり決算月。9月、12月、3月は必死で売ろうとするのがディーラーです。カムリが売れれば経済誌は大きく”セダン復権”と書き立てるはず、その逆なら”カムリ投入でもセダンよりSUVが売れる”となるはず…

買い時もぜひ研究して、値引きを勝ち取りましょう!!

さらにお得にカムリを購入したい方は、ぜひこちらを参考に!

→ 新型カムリを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう