新型ウイングロード 口コミ評価 評判まとめ

82_dl0000374528

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ウイングロードにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型ウイングロードの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

街乗りからアウトドアまで幅広く活躍する日産「ウイングロード」、幾度かのマイナーチェンジを繰り返しながら進化を続けています。

そんな新型「ウイングロード」のユーザーの皆さんの評価はどうでしょうか。

辛口の評価も含めてご紹介します。

クルマ選びの参考してみてはいかがでしょう。


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」評価はどう

photo_031

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

「ウイングロード」オーナーの方々はどうでしょうか。

◆シートアレンジが豊富で、ラゲッジとセカンドシートがフラットになるので車中泊もできます。

このクルマで何度も旅行に行きました。

走りもこのクラスにしては良いと思います。

◆レンタカーで数日間乗りました。

普段は「ティーダ」に乗っていますが、比較すると「ウイングロード」はとても扱いやすく便利で、利便性を優先する場合はこちらにしたいです。

◆商業車ベースかつ1500ccなので、とがった部分は全くありませんが、坂道はつらいです。

走る中心のクルマではないと言え、エアロパーツを纏った外観はスタイリッシュなので、性能とのギャップがそのまま不満につながります。

◆このクルマは移動中にラジオやTV、音楽を聴きながら現場に向かいたい人向けです。

シンプルイズベストという言葉がぴったりです。今どきの装飾がないのがいいようです。

このような評価をしている方もいらっしゃいます。

photo_021photo_041

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

◆新しくなったウイングロード、それは、日産がこのモデルのメインターゲット層ともくろむ日本の20代男性がいかにも好みそうな、「毎日の相棒とするのにふさわしい等身大の道具感」が強い一台です。

主役となるのはあくまでドライバーとなる”自分”で、車はそれを引き立ててくれる脇役的存在、そんなスタンスから作られたこのモデルに、率直なところ強い趣味性などは感じられません。

しかし、それが歴代ウイングロードの特徴でもあります。

このウイングロードというのはこれまでのモデルにしても、見て楽しむ、乗って楽しむというより「使って楽しむステーションワゴン」が最も大きな特徴です。

この新型も、そうしたスタンスこそが最大のポイントといえそうなモデルに仕上がっています。

また、「ウイングロード」の最大の特徴といえる室内の機能付いて、このような感想を述べています。

180164_l_dl00003729821625_dl00004130231

◆ウイングロードのフォルムは、横から見るとノーズが短く、キャビンが長いミニバン風です。フロントフェンダーやサイドウィンドウのラインは海のように波打っていて。アクセントとなっています。

インパネはシンプルなラインにシルバーのアクセントを組み合わせて、クールな印象ながら収納スペースがたくさんあって実に便利です。

ドライビングポジションは高めで見晴らしがよくステアリングホイールは少し上向きで、ワゴンとミニバンの中間という印象です。

フロントシートはクッションに傾きがなく、厚みも今一つと言った感じでシートバックもフルフラットを考えたためか高さはほどほどで、もう少しリラックスできればと思いました

似たような座り心地のリアシートは、左右別別にリクライニングができ、一体でスライドもします。

一番後ろにセットすると、膝の前には約20センチものスペースが生まれ、この余裕が気に入りました。もちろんシートバックは前に倒すことが可能で、助手席も水平に畳むことができます。

しかもこれらの操作が、ラゲッジスペースの壁にあるレバーで行うことができ、いちいち前に回らなくともフラットに出来るのは便利です。

ラゲッジスペースは、「エクステレイル」でおなじみのウォッシャブル仕上げで、その下には深い収納スペースがあるほか、手前を引き上げるとベンチが出現し、ウイングロードのラゲッジスペースは、遊び上手な人が設計したと思わせるほど、道具として秀逸です。

ガンガン走ることより、ガンガン使えることの方がウインロードのアピールポイントのようです。

新型ウイングロードの値引きの方法については、

「新型ウイングロード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にウイングロードを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」、楽しそうな機能がいっぱい!

point_021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

5ナンバーサイズのステーションワゴン、日産「ウイングロード(WINGROAD)」は、一部仕様変更が行われ、同時にグレード体系の見直しも行われました。

グレードはベーシックな「15S」、標準グレード「15Mオーセンティック」、上級グレード「15M」とシンプルな構成となりました。

また、特別仕様車「15M V リミテッド」と日産自動車の関連会社「オーテックジャパン(神奈川県茅ケ崎市)」によるカスタムカー「ライダー」が設定され、とくに「ライダー」は専用エアロパーツと専用フロントグリルと採用することで、斬新かつスタイリッシュなエクステリアとし、さらに人気の高いアイテムである バイキセノンヘッドランプを標準装備しています。

仕様変更では、走行中の横滑りを防止する「VDC(ビークルダイナミックスコントロール)」が特別仕様車「15M V リミテッド」「ライダー」を含めた全車に標準装備されました。

また、利便性向上のため、全車にリアヒーターダクト、ヒーター付きドアミラー、スチール製リアワイパーが標準装備されました。

搭載するエンジンは、「キューブ」などと同じ「HR15DE」型1.5L直列4気筒DOHC(最大出力109ps、最大トルク15.1kgm)で、トランスミッションには、日産が低燃費対策として力を入れるCVT「エクストロニックCVT」を採用し、JC08モード走行燃費17.2km/Lを実現し、全車で「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」認定を取得しています。

サスペンションは、「ティーダ」や「ノート」用をワゴン向けにアレンジし、前・マクファーソンストラット、後・H型トーションビーム式を採用しています。

前後に、「エルグランド」などに投入している「リバウンドスプリング」、「フェアレディZ」や「スカイライン」にも搭載する「リップルコントロールショックアブソーバー」が取り入れられています。

photo_011

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

エクステリアデザインは「超高速で移動する流星の残像をイメージする」という印象的なサイドビューで、前後サイドウィンドウの抑揚の利いたラインが「バンじゃない」と強烈にアピールしています。

車内のデザインにもアイディアを凝らし、コンパクトワゴンでは初めて採用されたという、120mmの幅で動く後席スライド機構、最大10段階40度まで可動するリクライニング機構で、後席の快適性も数段高められています。

82_dl00004130181

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

ラゲッジルームは最大412リッターで、「ミドルクラスワゴンに匹敵するスペース」と胸を張っています。

さらに、ラゲッジルーム床の後端に格納されている背もたれ部分を引き上げることでベンチとして使うことのできる「イージーラゲッジベンチ」や、取りはずし可能で洗うことで簡単に汚れを落とすことのできる「ウォッシャブルラゲッジボード」、ラゲッジボード下には合計100リッターもの収納部を持つ「アンダーボックスシステム」が装備されています。

シートの畳み方もユニークで、ラゲッジスペース側の操作により、リアシートバック、助手席シートバックを倒すことで、長尺物の積み込みに便利な「リモコンフォールディングシステム」が採用され、遊びでクルマを使う上で便利そうな機能が満載しています。

82_dl00003744541

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

主要なスペックは

hyou601

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

グレード構成と車両価格は次の通りです。

180158_l_dl00003729741

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

・15S

1,782,000円

・15M

2,019,600円

・15Mオーセンティック

1,900,800円

・15M V Limited

2,068,200円

・ライダー

2,376,000円


スポンサーリンク

まとめ

point_011

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

いかがでしたか。

新型「ウイングロード」は、今風の派手さはありませんが、さり気なくに遊び心を織り込んだ秀逸さが垣間見える仕上がりのいい一台です。

「質実剛健」という言葉がぴったりはまる逸品です。

今や、ミニバンやSUVに押され、希少価値となってしまったステーションワゴンですが、使い勝手の良さでは圧倒的な優位性を保っています。

幅広い用途で活躍する「ウイングロード」、一度お試しください。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう