新型ウイングロード 値引き術!

ウイングロード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ウイングロードの値引き方法について情報をまとめました。

新型ウイングロードはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

コンパクトサイズのステーションワゴン日産「ウイングロード」は、家族でのお出かけやアウトドア、通勤などの街乗りなど、その取り回しの良さ、クラストップのの荷室に広さ、そして、アイディア満載の装備など、あらゆる年代の方にお勧めの一台です。

そんな新型「ウイングロード」の購入する際の値引き情報や値引き交渉の際のコツなど、ご紹介します。


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」値引き情報

180144_l_dl00003729611

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

ここで、実際に購入された方の値引き情報をご紹介します。

ウイングロード 15M V Limited

車両本体値引き

30万円

オプション値引き

5万円

◆旧型からの乗り換えです。

5ナンバーのステーションワゴンの選択肢が少ない中、200万円程度と満足できる価格帯だと思います。

デビューから年数が経過しており最新機能では見劣りするかもしれませんが、たくさん荷物が載せて、大人4人がゆったり乗れて、燃費も悪くなくおすすめのクルマです。

この他には

◆初売りで買いました。

在庫処分だったのかかなり安かったです。

今ではこの価格では買えないです。

◆新古車で購入しました。

新で購入すると270万円位のところ190万円で購入できたので満足です。

◆ナビを含めて総額200万円(税込)でした。

◆5ナンバーのステーションワゴンの選択肢が少ない中、200万円程度と満足できる価格帯だと思います。

◆カーナビ&バックビューモニターしか、オプションはつけませんでしたが、通勤や家族でのレジャーに大活躍しています。

値引きにプラスアルファして、さらにお得に購入したい方はぜひこちらを参考に!

→ 新型ウイングロードを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」、その魅力とは

82_dl00003745281

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

市街地からアウトドアまで、ライフエリアの大きな広がりをイメージさせる翼(Wing)と道(Road)からネーミングされた、5ナンバーサイズのステーションワゴンが日産「ウイングロード」です。

アクティブライフをサポートするスタイリッシュで使い勝手の良いコンパクトワゴンをコンセプトに、「超高速で移動する流星の残像をイメージした」というサイドビューなどががとくに20代後半の若者むけに、目的に応じて自在に使えるワゴンを提案しています。

photo_011625_dl00004130231point_021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

リヤは後席スライド量120mmを確保するとともに、最大10段階40度までリクライニング可能なシートとし、助手席側に回ることなくラゲッジサイドでの操作により、リヤシートバックや助手席シートバックを倒すことができ、長尺物の積み込みに便利な「リモコンフォールドシートシステムが採用されています。

荷室には、後端を引き上げてベンチとして使う「イージーラゲッジベンチ」が設定され、ちょっとした休憩などに利用できるようになっています。

また、取り外すことで汚れなどを洗うことの出来る「ウォッシャブルラゲッジボード」が装備されています。

さらに、ラゲッジボード下の「アンダーボックスシステム」は4つの部位から構成され、合計100Lの大容量を確保し、そのうちの一つ「ウォッシャブルラゲッジアンダーボックス」は、ウォッシャブルラゲッジボード」と同じように取り外して洗うことが可能となっています。

搭載するエンジンは、「HR15DE」型1.5L直列4気筒DOHC、最高出力109ps/6000rpm、最大トルク15.1kgf・m/4000rpmを発揮し、JC08モード走行燃費17.2km/Lを実現し,「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」認定を取得しています。

トランスミッションはエクストロニックCVT、駆動は2WD(FF:前輪駆動)が用意されています。

さらに全車にVDC(横滑り防止装置)が標準装備となり、リヤヒーターダクト、ヒーター付きドアミラー、スチール製リヤワイパーが標準で装備し、利便性向上が図られています。

グレード設定は、ベーシックな「15S」、標準グレード「15Mオーセンティック」、上級グレード「15M」のラインナップで、「15M」をベースにバイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、プロジェクタータイプ、オートレべライザー付)+アクティブAFSなどを標準装備する特別仕様車「15MVリミテッド」

それと日産自動車の関連会社「オーテックジャパン(神奈川県茅ケ崎市)」の手になる専用エアロパーツと専用インテリアを持つカスタムカー「ライダー」が設定されています。

車両価格は次の通りです。

◆15S

wingroad_g02_b01_v021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

1,782,000円

◆15M

180164_l_dl00003729821

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

2,019,600円

◆15M Authentic

wingroad_g06_b04_v021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

1,900,800円

◆15M V Limited

wingroad_g15_b06_v021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

2,068,200円

◆ライダー

82_dl00003744541

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

2,376,000円


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」値引き交渉術

65_dl00003744221

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

新車を購入する際には、価格の交渉(いわゆる値引き交渉)をすることは当然だと思います。

値引き額はディーラーの担当者によっても違いますし、商談する時期などによっても大きく変わってきます。

・新型「ウイングロード」、値引き相場

おおよそ20万円~30万円

ディーラーからギリギリのラインまで値引きを引き出すためにはいろいろな知識や戦略が必要となってきます。

そのポイントを簡単にご紹介しましょう。

最も重要となるのが

「オプションを含めず、本体価格の値引きを目指す」

ことです。

オプションを購入するわけではなく、値引き交渉の段階では最低限のオプション(たとえばフロアマットなど)を付けただけで交渉を続けていきましょう。

内装や外装のエアロパーツなどのオプションを含めると、実際の値引き額が良くわからなくなってきます。

こうなるとオプション品の価格を最初から高い価格に設定して、それから大幅値引きをします、というディーラー側の思惑にはまる可能性が高くなってくるのです。

値引き額が拡大してきた時点で、お目当てのオプション品を「無料サービス、あるいは半額値引き」といった形で、購入見積もりの入れていきましょう。

車両本体の値引き額がある程度実質的なものになってから、うまく「追加」という形でプラスして行くことが良いでしょう。

また、サンルーフなど、購入時にしか装着できないメーカーオプションは除いて、純正品にこだわらなければ、社外品を検討するのも一つの方法です。

たとえばフロアマットなどは社外品でも純正品と同じ形状で安く販売しているのも多くありますし、カーナビなども自分や知り合いで装着できる方がいれば、好みに合わせたものを装着すればいいのです。

最後に、忘れてはいけないことは、あなたのクルマの下取り相場をあらかじめ知っておくということです。

ディーラーよりも高く買い取ってくれる買取専門業者はたくさんありますので、新車の商談に入る前に1店舗だけでも良いので、事前に買い取り額の査定を受けておきましょう。

それには「一括見積」が有効ですので、上手に利用することをおすすめします。


スポンサーリンク

まとめ

photo_031

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

ミニバンやSUVに押されて、5ナンバーサイズのステーションワゴンは希少な車種となっています。

その中で、日産「ウイングロード」は息の長い根強い人気のクルマです。

価格の割には、アイディア溢れる楽しい装備が充実していて、ちょっとした遊び心を楽しむにはうってつけのワゴンです。

街乗りからアウトドアまで、どのようなシーンでも飽きさせない不思議な魅力を持つ逸品です。

一度お試しあれ。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク