新型ウイングロード 試乗レポートまとめ!

ウイングロード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ウイングロードは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは新型ウイングロードの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

コンパクトサイズのステーションワゴン「ウイングロード」は、アイディア満載の装備で若者に根強い人気を誇っています。

その新型「ウイングロード」の走りや乗り心地はどうでしょうか。

数ある試乗レポートの中から厳選してご紹介します。

新型「ウイングロード」の購入の際の参考にどうぞ。


スポンサーリンク

試乗レポート/新型ウイングロードはいい車、でも

photo_011

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

新型「ウイングロード」のハンドルを握りながら、大いに悩んでいます。

ハード面はよくできているにだが、何かが足りない、そんな気分です。

まずはエンジン、Dレンジをセレクトしてアクセルを踏み込むと、低回転域からしっかりトルクが出ていて、1.5Lという排気量なりのトルク感で、普通に乗るなら何ら文句はありませんでした。

ハンドリングは「大変よくできている」いて、フロントの限界が非常に高いため、ハンドルを切ればグイグイ曲がってくれます。

基本的に素直な特性で、雪道を走らせたら素晴らしく乗りやすいクルマに仕上がっているように思います。

エンジンフィールや車の雰囲気がスポーティではないため、ハンドリングを高く評価する人は少ないでしょうが、このクラストップの足回りで乗り心地もなかなかなものでした。

point_021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

ラゲッジスペースもよく考えられていて、リモコンでリシートはおろか助手席まで収納できるのは非常に楽です。

何よりこのクラスでは圧倒的に広いシートの居住性は高い評価となるでしょう。

シートアレンジもバリエーションが豊富で、とくにハッチドアを開けた場所がベンチのある機能はとても便利です。

「いい車じゃないか」と思いますし、日産の担当者も素晴らしいクルマを作ったと感じているはずですが、では「ウイングロードが欲しいか」と聞かれれば、迷わず「同じ予算があれば他のクルマを選ぶ」と答えるでしょう。

最近の日産車は、自動車としていいか悪いかと聞かれれば、悪くはないと思いますが、「楽しいか」と聞かれれば「う~ん」とうなってしまいます。つまり個性がないのです。

皆さんは、新型「ウイングロード」をどう評価しますか。

新型ウイングロードの値引きの方法については、

「新型ウイングロード 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にウイングロードを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型「ウイングロード」とは

65_dl00003744221

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴン、日産「ウイングロード」は「サニー・カリフォルニア」及び「ADワゴン」の後継車種として登場し、現行型で3代目となります。

搭載するエンジンは「HR15DE」型1.5L直列4気筒DOHCで、最高出力109ps/6000rpm、最大トルク15.1kgf・m/4400rpmを発揮し、JC08モード走行燃費17.2km/Lを実現しています。

さらに、全車で「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」認定を取得しています。

全車、駆動方式を2WD(前輪駆動)で、トランスミッションにはエクストロニックCVTを搭載し、また、全車にVDCが標準で装備されています。

180164_l_dl00003729821wingroad_g15_b06_v021

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

グレード体系は、ベーシックな「15S」、標準グレード「15Mオーセンティック」、上級グレード「15M」が設定されています。

特別仕様車に「15Mリミテッド」とカスタムカー「ライダー」が設定されています。

「ライダー」は、日産自動車の関連会社「オーテックジャパン」(神奈川県茅ケ崎市)の手になるもので、専用のエアロパーツと専用フロントグリルなどを採用することで、斬新かつスタイリッシュなスタイルに、さらに人気の高いアイテム、バイキセノンヘッドランプなど専用アイテムが標準装備されています。

エクステリアは、デザインのキーポイントを「超高速で移動する流星の残像をイメージする」というサイドビューが「単なるバンではない」ことを強烈にアピールしています。

ボディサイズは

全長

4440mm

全幅

1695mm

全高

1505mm

ホイールベース

2600mm

ライバルとなるカローラ・フィールダーとほぼ同じサイズとなっています。

625_dl00004130231

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

車内の造作にも工夫が織り込まれ、コンパクトワゴンクラス初をうたう、120mmの幅で動く後席スライド機構、最大10段階40度まで可動するリクライニング機構は「後席の友達にもリラックスしてもらえる」と自慢しています。

ラゲッジスペースは最大412リッターで、「ミドルクラスワゴンに匹敵する」といいます。

シートの畳み方もユニークで、ラゲッジスペース側での操作で、リアシートバック、助手席シートバックが倒れ長尺物も楽に積むことができる「リモコンフォールディングシートシステム」が採用されています。

さらに、ラゲッジルーム床後端にある背もたれ部分を引き上げベンチとして使うことのできる「イージーラゲッジベンチ」や、汚れを簡単に落とせる「ウォッシャブルラゲッジボード」、ラゲッジボード下の「アンダーボックスシステム」(合計100リッター)など、遊びでクルマを使う上で便利そうな装備が満載しています。

主要スペック

hyou101

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/


スポンサーリンク

試乗レポート/ウイングロード ライダー

82_dl00003745281

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

試乗車は、日産自動車の関連会社「オーテックジャパン(神奈川県茅ケ崎市)」が手掛けた「ウイングロードライダー」。

専用グリルや専用のエアロパーツ、16インチアルミホイール、ローダウンされたサスペンションなどが装着されています。

全長は4400mm台、全幅は1695mmの5ナンバーサイズで、全高は1500mm前後で、サイズ的にはカローラフィールダーなどのライバル車と同等ですが、実物を見るともっとボリューム感があり、ミニバン風にも見える印象となっています。

平凡なステーションワゴンに見えない一番の理由は、やはり波を打ったようなカーブを描くルーフのおかげでしょう。

実際のところ、ルーフ自体はほぼ平らで、カーブしているのはサイドウィンドウのグラスフィックスで、Bピラーの後ろをすべてブラックアウトして日本人好みのピラードハードトップ風に仕上げてあります。

内装は冒険のない手堅いもので、ライダーには専用のシート表皮や加飾が施され、オーテックでライン装着されるHDDナビにはiPodアダプターが付いています。

82_dl00004130181

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

畳んだ時になるべくフラットにするため、後席クッションはやや平板ですが、120mmの前後スライドやリクライニング(最大40度、10段階)も可能となっていますので、長時間のスキードライブなどでも窮屈な思いをしなくて済むでしょう。

後席を一番前にスライドさせれば、容量412ℓ、奥行き1096mmのラゲッジスペースが現れ、後席を倒せば最大1681mm、助手席を倒せば2653mmとなるので、ロングボードでも積み込むことができそうです。

リモコンでリアシートはもちろん助手席まで倒すことが可能で、さらに床下収納(合計100ℓ)を確保しているのは便利です。

そして、一番目を引くのが、荷室の後端を引き上げて使うラゲッジベンチです。

座面が低く小さな背もたれもあって、靴やズボンの履き替えやちょっとした休憩には使えそうです。

82_dl00003744541

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

試乗車の「ライダー」は、専用の内外装及び16インチタイヤ、専用サスペンションを装備したもので、変速機にCVTが使われ、17.2km/LというJC08モード走行燃費がセールポイントの一つともなっています。

運転感覚は日産の「HR15DEエンジン+CVT」車に共通する自然なもので、低負荷でのパワー感は1.8リッターを思わせるほどで、加速する時以外は低回転を徹底的に使うので静粛性も高くなっています。

のんびり走る分には、なかなか快適なものでした。

アクセル全開ではCVTらしく加速感なく加速していきますが、フル乗車で高速登り坂といった状況では力不足と感じることがあるかもしれませんが、ほとんどの状況では全く不足のない動力性能と思います。

ただし、一応スポーツモードはありますが、ノイズが高まるので常時使うには適さないでしょう。

遊びクルマとして不足のない燃費性能と快適性、1.5Lとは思えない軽快な動力性能で、「初めての新車」として若者が買うにはほどよいクルマといえるでしょう。

イージーラゲッジベンチに座って、海を眺めるというシチュエーションは若者の特権といってもよく、ハッチがひさしになるし、カップ置きやスポットランプもあるので、暗くなっても楽しみありそうで、このベンチが良くてというオーナーも出てくるでしょう。

ラゲッジボードやラゲッジアンダーボックスがウオッシャブルなのもいいところです。


スポンサーリンク

まとめ

65_dl0000374412

引用:http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

SUVやミニバンに押されステーションワゴンというカテゴリーのクルマは、本当に少なくなりました。

広い荷室とセダンの乗り心地を併せ持ったステーションワゴンの復権を待たれるところですが、その中で一人気を吐く「ウイングロード」は、荷室の有効な利用にアイディアを凝らし、とくに「イージーラゲッジベンチ」や「ウォッシャブルラゲッジボード」など、アウトドアには最適です。

家族でのお出かけやアウトドアなど、広い用途を持つ新型「ウイングロード」の本当の価値をぜひ体感してみてください。

アウトドア派の方には絶対おススメです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク