新型バレーノ エコカー減税他自動車税まとめ!

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型バレーノのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型バレーノのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。


スポンサーリンク

バレーノ、エコカー減税詳細

バレーノとはマルチ・スズキ・インディアが製造するコンパクトハッチカーでインドをはじめ欧米をマーケットに販売されるクルマです。

欧米での発売に遅ればせながら日本での発売が始まり、史上初のインド製造車ということもあってスズキの冒険的ともいえる戦略に注目が集まりました。

eco_01

引用:http://www.imgrum.net/media/1248394891699377340_261112516

日本で発売されているのはXT(1.0Lターボ)、XS、XG(1.2L)の3グレード。

XT(1.0Lターボ)にはハロゲンフォグランプや本革巻きステアリングホイールが標準装備されたXTセットオプション装着車が最高グレードとして設定されています。

エコカー減税の適用はグレードによって違っていて次のようになっています。

XS・XG

◆自動車取得税:60%

◆自動車重量税:50%

◆自動車税:なし

XT・XTセットオプション装着車についてはエコカー減税適用なしです。

eco_02

引用:https://mobile.twitter.com/CarWale/status/643778939937124352

バレーノはアイドリングストップ機能もありませんので、エコカー減税の適用のあるXSでも、合計30,700円ほどの減税額になるだけです。

もう、お気づきだと思いますが、バレーノは日本をメインの市場としていませんのでエコカー減税を意識した仕様になっていないのです。


スポンサーリンク

エコカー減税より自動車税?

エコカー減税は区切りがあります。

◆自動車取得税の減税:平成29年3月31日の新車登録、届出

◆自動車重量税の減税:平成29年4月30日の新車登録・届出

◆自動車税:平成27年平成28年度中の新車登録に対して翌年度分の減税措置

以上のようになっています。

重量税は消費税が10%になった時点で廃止、そして取得税、自動車税については延長されるといわれています。

クルマのグレードを選ぶ時、どうしてもエコカー減税の適用が気になりますが、バレーノの場合、エコカー減税適用でないグレードの方が税制的にお得になることがあります。

バレーノは、XS、XGだと新車購入時におよそ3万円ほどのエコカー減税が受けられますが自動車税は34,500円になります。

ところがXTだとエコカー減税は受けられませんが排気量が1.000cc以下なので自動車税は29,500円です。

eco_03

引用:http://goodsatei.com

年間5千円お得ということになります。

6年乗ったとして3万円になりますね。

さらに乗り続けるとすれば、エコカー減税のあるXS・XGより税金面では経済的だということになります。

自動車取得税と自動車重量税がエコカー減税されるのは購入時の1回だけ、自動車税は購入の翌年までということですので、バレーノの場合、エコカー減税があるかないかでグレードを選ぶ必要はまったくありません。

eco_04

引用:http://www.nexaexperience.com/baleno.html

あらためて、エコカー減税を調べてみると新車の購入をせかされるわりに、それほどお得な減税措置でないことがわかってきます。

そして今後、さらに環境性能割といった税制が追加され、環境にいい新車購入を国を挙げて勧めてくることになるのです。


スポンサーリンク

クルマは長く乗り続けた方がいいのか

クラシックカー減税なるものがあるヨーロッパと違い、とにかく日本では新車購入を促し、いつまでも大事に乗っているクルマには増税してきます。

もともとクルマというのは資産・財産といった観念が強いので増税がはじまる13年以上乗り続けることは珍しいことではありません。

eco_05

引用:http://www.kuruma-sitadori.com/car-part-exchange/old-car.html

今でも平均およそ8年間、同じ車に乗り続けるというデータがあります。

高いお金を出して買ったクルマを大事に乗り続けたいのは誰もが思うことなのですが、古いクルマには当然、故障のリスクがあり、年数が経てば経つほど部品交換などの維持費がかかってきます。

金銭的な意味だけでなく、ブレーキの故障による事故の可能性も高くなってくるといえるでしょう。

さらに、最近、高齢者によるアクセルのふみ間違いなどで死者がでるという、痛ましい事故が相次いでいます。

年々、技術は進化し燃費のいいクルマが発売されるようになりました。

衝突事故被害軽減サポート、自動ブレーキの標準装備されたクルマも増えています。

クルマを財産ではなく利用料を払うものとして安全な新車に乗り換えるのも、ひとつの方法だといえます。

今は残価設定型クレジットという、リース的な購入方法もあります。

長く乗るより、早めに新機能を搭載したクルマに乗り換えていくのもありだと、つくづく感じます。

→ 新型バレーノを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

スズキの「かえるプラン」

スズキの残価設定型クレジットは「かえるプラン」という名称で3年プラン、4年プラン、5年プランがあります。

通常のローンと違って車両本体価格の一部が最終支払額という形になるため月々の支払いが楽になります。

例えば毎月の支払いが3万ずつで3年後の最終月が60万といった風になっていて、最終月に60万を出してクルマを買い取ることもできるし、返却して60万を払わないということもできます。

eco_06

引用:http://www.suzuki-finance.co.jp/credit/kaeru-plan/kaeru-plan_36/index.html

特典としてメンテナンスパックがついていますので点検や整備に関して安心感があることと、「かえるプラン」が終わった時の引き取り価格が保障されているということになるので、手放す時にあまり人気がなかったにしても中古相場と関係ありません。

バレーノを「かえるプラン」で購入した場合のシュミレーションを見てみましょう。

◆バレーノXS、ファイヤーレッド

車両価格:¥1,544,400

諸費用込価格:¥ 1,676,325

頭金:0円

金利:3.0%

ボーナス併用あり:5,000円

eco_07

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/detail/

【3年プランでの結果】

初回支払額:35,362円

2回目以降支払額:33,700円

3年後の最終月支払額=残価:

572,000円

【5年プランでの結果】

初回支払額:27,601円

2回目以降支払額:25,300円

5年後の最終月支払額=残価:

286,000円

だいたいのイメージがつきましたでしょうか。

金利3%で計算しましたが、キャンペーンなど金利が1.9%になる時ならさらに安くで乗れることになります。

eco_09

引用:http://yamanashi-suzuki.jp

クルマの利用を月々3万円ほどの経費と考えることができた場合、3年から5年で常に新車に乗り換えることができるという風にとれます。

さらに3年プランであれば、車検を受ける必要もなく、おそらくタイヤの交換の必要もないでしょう。

クルマに詳しくない人には安心なうえ、維持費が大幅に削減できるでしょう。

eco_08

引用:http://www.nexaexperience.com/baleno.html

残クレの落とし穴

いいことづくめの「かえるプラン」ですが、いくつかの条件があります。

ちょっと厳し目ですので、最終月に追加支払いが発生する場合もあります。

以下が「かえるプラン」の引き取り条件です。

1.3年間の走行距離が40,000km以内であること。

2.事故などの修理が約5万円以内であること。

3.改造やレースなどで使用していないこと。

4.スズキの点検・整備を受けていること

5.自動車税を支払っていること。

※1,2に関してはキロ数に応じての支払い、また既定の差額を支払いによって清算されます。

※1の走行距離については4年プランの場合は50,000km以内、5年プランの場合は60,000km以内です。

eco_10

引用:http://www.prokerala.com/automobile/maruti-suzuki/baleno/photos.html

新型バレーノ エコカー減税他自動車税まとめ

エコカー減税、せっかくの政策ですので、ぜひとも利用してクルマをお得に買いたいものです。

ですが、エコカー減税があるから購入しよう、と決心するほどお得なものではありません。

バレーノの場合は3万円ほどですが、電気自動車やハイブリッド車の場合、エコカー減税は10万円ほどの減税になります。

10万円は大きな金額ですが、ハイブリッド車とガソリン車、同じ車種で比べると車両価格に20万円ほどの差がありますし、ハイブリッドは新型であることが多いので、値引きが悪かったりします。

もしエコカー減税が何年にもわたって自動車税を減税するというなら、購入動機になるでしょうが、翌年だけというのは、あまりにもお粗末な減税ではないでしょうか。

エコカー減税に惑わされず、しかるべき時期にしかるべきクルマを選ぶのが賢い買い方だといえるでしょう。

そしてエコカー減税の有無に左右されずにお得感を出すのは、購入時にしっかりと値引きを引き出すことです。

新型バレーノの値引きの方法については、

「新型バレーノ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にバレーノを購入してください。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク