新型アベンシス 色・カラー紹介!人気カラーは?

アベンシス

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アベンシスの色・カラー情報が公開されています。

こちらでは新型アベンシスの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

欧州のあらゆる道で鍛え上げられた「トヨタ・アベンシス」は、ミディアムクラスのステーションワゴンとして、日本では逆輸入という形で販売されています。

欧州生まれの走りと確かな足回りで、さまざまなスタイルの新型車を生み出す日本市場で根強い人気車種の仲間入りを果たしています。

そんな「トヨタ・アベンシス」は、今回マナーチェンジを実施しました。

どのように変わったのか、その魅力はどうか、ご紹介します。


スポンサーリンク

新型「アベンシス」、ボディカラーは

新型「アベンシス」には伸びやかなワゴンスタイルを彩る、シックなボディカラー3色が用意されています。

ブラックマイカ

carlineup_avensis_style_style_2_01_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

シルバーメタリック

carlineup_avensis_style_style_2_02_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

スーパーホワイトⅡ

carlineup_avensis_style_style_2_03_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

このようなシンプルなボディカラーの構成ですが、グレードによってそれぞれの内装色が組み合わされています。

標準グレード「Xi」

carlineup_avensis_interior_seat_2_04_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

内装色:グレー

シート表皮:アルカンターラ+ファブリック

オーナメント・ダークシルバー&アルミ調加飾

上級グレード「Li」

carlineup_avensis_interior_seat_2_01_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

内装色:テラコッタ

シート表皮:アルカンターラ+本革

オーナメント:テラコッタ&カーボン調加飾

新型アベンシスの値引きの方法については、

「新型アベンシス 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアベンシスを購入して下さい。


スポンサーリンク

クルマの色で失敗しない、ボディカラーの選び方

carlineup_avensis_top_2_05_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

クルマの色選びで悩む方は多くいらっしゃると思います。

ボディカラーを選ぶときに大きな決定材料となるのは、大きく分けると次のようになリます。

◆とにかく自分の好きな色を選ぶ

carlineup_avensis_top_3_13_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

新車を購入する時に、たいていは10種類くらいが用意されています。

代表的な色にイメージは次のようになるでしょう。

・白色

清潔感を感じることから、幅広い年齢層に好まれますが、商用車っぽく見えるとか無難すぎてつまらないという良い点と悪い点があります。

・黒色

高級感があり、ボディが引き締まって見えますが、汚れや傷が目立ちやすいというデメリットがあります。

・赤色

イタリア車みたいなカッコ良さがあリますが、派手だとか目立ちたがりといわれることがあります。

・黄色

個性的でスポーツカーには似合う色ですが、奇抜とか落ち着きがないと言われることがあります。

・緑色

奇抜すぎずバランスが良いと言われますが、飽きられやすいようです。

・青色

高級感があり爽やかなイメージですが、車種にもよるようです。

・シルバー

汚れや傷が目立ちにくく、シャープな印象を与えてくれますが、個性がないとか平凡だとみられるようです。

一般的に、スポーツカーに乗る時は赤や黄色といった派手な色を選びがちで、ファミリーカーなら白やシルバーが選ばれることが多いようです。

安い買い物ではありませんので、なによりも「自分の好きな色」を選ぶことが肝心です。

◆汚れが目立ちにくい色を選ぶ

「自分の好きな色」がたくさんあって決めることができないときは、手入れが楽かどうかの基準で選ぶことがあります。

手入れとは主に泥やほこりが気になった時の洗車ということになりますが、こまめに洗車をする人なら特に気にすることではありませんが、出来ることなら最小限の洗車で済ませたいものです。

そこで、汚れが目立ちにくい色とは、「シルバー」、「アクアブルー」、「ベージュ」といった淡い色が汚れに近い色ということになります。

一番汚れが目立つのは、なんといっても「黒」になります。

一度雨が降れば泥跳ねなどが断然目立ってしまいます。汚れが気になる日とは洗車が日課になることになります。

白色は汚れが目立つ色ではありませんが、雨が振った後にドアノブやサイドミラーに黒い縦筋が目立つことがありますので、やっぱりときどきは洗車が必要となります。

◆メーカーのおすすめの色を選ぶ

carlineup_avensis_gallery_3_02_lb1

引用:http://toyota.jp/avensis/

メーカーがおススメする色を選択することもおススメです。

各メーカーでは、新車を発表する時には、必ずその車のイメージカラーを決めています。

そのイメージカラーを前面に押し出して、CMやパンフレットに使用しています。

すなわち「その車種に合った色」ということになりますので、その色を選ぶことも選択肢の一つとなります。

各メーカーのHPに掲載される一番最初に表示される色や、カタログの巻頭の色がイメージカラーとなりますので、参考にしてください。

◆下取りに有利な色を選ぶ

carlineup_avensis_top_2_12_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

クルマの買取や下取りに出す時、「車の色」も評価の対象となっています。

クルマの色にも人気あるいは不人気があり、とくに人気のある色は「黒」、「白」、「シルバー」となっています。

「派手な色」はあまり人気ではないようです。

いかがですか、色選びの参考にしながらまずは、実際に販売店のショールームなどで実際に見てみましょう。

新型アベンシスの値引きの方法については、

「新型アベンシス 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアベンシスを購入して下さい。


スポンサーリンク

トヨタ・アベンシス、マイナーチェンジ実施

img04_021

引用:https://gazoo.com/

トヨタ・アベンシスは、「欧州車を超えるトヨタの欧州車」をテーマに、欧州市場におけるトヨタのフラッグシップモデルとして開発されました。

欧州トヨタのデザイン拠点であるフランスのトヨタ・ヨーロッパ・デザイン・ディベロップメント(ED2)がデザインを手がけ、イギリスのトヨタ・マニュファクチャリングUK(TMUK)が生産を行う世界戦略車となります。

欧州市場におけるトヨタのフラッグシップモデルとして1997年にデビューして以来、これまで各国で約50万台が販売された実績を持っています。

7000時間もの時間を割いて練り込まれたヨーロピアンなデザイン、6万kmのテスト走行で得られた走りのテイスト、”カイゼン”による優れた製造技術がセールスポイントと言われています。

img04_011

引用:https://gazoo.com/

今回のマイナーチェンジでは、内外装を一新することで、流麗でダイナミックなエクステリアと上質なインテリアのデザインにより一層磨きをかけられました。

エクステリアでは、LEDクリアランスランプと組み合わせたBi-BeamLEDヘッドランプと、大きく力強いロアグリルにより、ダイナミックな「キーンルック」を実現し、インテリアでは、インストルメントパネル上部からフロントドアの上部へ流れるようなデザインとすることでフロント全面を一体化し、ワイド感を表現しました。

センタークラスターのデザイン変更も加わりシャープな印象を強調し、より先進感を付与しています。

carlineup_avensis_top_2_07_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

また、シートの形状を変更し、座った時のホールド性を向上させています。

標準グレード「Xi」では内装色をグレーとし、アルカンターラ+ファブリックのシート表皮、上級グレード「Li」には内装色を新色のテラコッタを採用し、シート表皮はアルカンターラ+本革仕様としています。

メーターは迫力ある2つの円筒形状のシリンダーデザインで立体感を持たせるなど、プレミアム感が向上し、さらに、欧州のあらゆる道で鍛えぬいた走りの実力を十分に発揮しながら、JC08モード走行燃費13.6km/Lから14.6km/Lへと、走行性能を含めて向上させました。

また、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセントにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備しました。

レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた異なる2つのセンサーで、高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能としています。

パワートレインは、「3ZR-FAE型」2.0L直列4気筒DOHCエンジンに7速Super CVT-i(スポーツシーケンシャルシフトマチック)を組み合わせ、今回、ファインチューニングを施したことで、JC08モード走行燃費を従来型より+1km/Lとなる14.6km/Lを実現し、平成27年度燃費基準を達成しています。

ラインナップは標準グレード「Xi」と、質感の高い内装デザインと装備を充実した上級グレード「Li」を設定し、ボディカラーはブラックマイカ、シルバーメタリック、スーパーホワイトⅡの3色が用意されています。

■主要なスペック

グレード

Li/Xi

全長

4820mm

全幅

1810mm

全高

1500mm

ホイールベース

2700mm

乗車定員

5名

駆動方式

2WD(FF)

トランスミッション

Super CVT-i

(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック)

■車両価格

Li

2,983,745円

carlineup_avensis_grade_grade1_2_01_pc1carlineup_avensis_grade_grade1_2_03_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

Xi

2,749,091円

carlineup_avensis_grade_grade2_3_01_pc1carlineup_avensis_grade_grade2_2_03_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_avensis_top_2_06_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

トヨタのグローバル戦略車「アベンシス」は、すべて英国生産の逆輸入車となっています。

トヨタのバッジを付けた輸入車で、そのメイキングには欧州車の思想が色濃く反映されています。

プレミアムワゴンに位置付けられ、より上質さにこだわり、トヨタの欧州におけるフラッグシップモデルとして高く評価されています。

希少こそ新型「アベンシス」の最大の魅力です。

→ 新型アベンシスを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク