新型アベンシス 試乗レポートまとめ!

アベンシス

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型アベンシスは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは新型アベンシスの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

「欧州車を超えるトヨタの欧州車」として開発され、現行型で3代目となりました。

日本へは欧州からの逆輸入車として、トヨタ系ディーラー、トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店で販売されています。

「リアル・ヨーロピアン・ワゴン」のキャッチフレーズで、欧州のテイスト満載の「アベンシス」の評価はどうでしょうか。

試乗レポートをご紹介しますので、クルマ選びの参考にどうぞ。


スポンサーリンク

新型「アベンシス」試乗レポート

ここからは、新型「アベンシス」の試乗レポートをご紹介します。

carlineup_avensis_top_3_13_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

■体感性能は数値以上

感心したのはその走りです。

エンジンは実用域からしっかりとトルクが出ていて、普段は1000rpm台、軽く加速しても2000rpm台で十分に力を感じました。

先代と同じ2.4リッターエンジンを積んでいると思いきや2.0L自然吸気エンジンと聞いて驚きました。ここまでのドライバビリティを出せるなら文句なしです。

乗り心地は固めと評される部類で、姿勢がフラットに保たれるので、少なくともステアリングを握る分には快適に感じられる程度です。

特に気に入ったのは、ステアリングレスポンスの良さで、小さい舵角でも素早く反応するので、首都高速のようなところでも、とても気持ちよく走ることができました。

取り立てて上質だとか、味わい深いとか、そういう走りではありませんが、乗り手の意志に忠実な動きは爽快で、気持ちよい乗り味が実現されていると思いました。

総じて、新型「アベンシス」は同じクラスの輸入車には決して劣るものではなく、何気ない普段使いのあらゆる場面で実感できる、しっかり作り込まれたクオリティの高さがこの車の最大の特徴ではなかろうかと感じました。

しかも、ヨーロッパのライバルよりかなり手ごろな価格で手に入る新型「アベンシス」は個人的には推奨する銘柄の一台です。

carlineup_avensis_top_2_17_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

■ひと味違う欧州車テイストのトヨタ車

トヨタ・アベンシスは、ヨーロッパ市場をメインターゲットに開発されたDセグメントのステーションワゴンです。

全長4820mm×全幅1810mm×全高1500mmというボディサイズではホイールベース2700mmとなっています。

フロント周りには、大幅なフェイスリフトが施され、ヘッドライトは先代の面積の大きな四角形から、細めで有機的なデザインに変更されました、あわせてバンパーやグリルの形状も変更されています。

先代から比べると全長が長くなり、Aピラーの傾斜が深くなり、流麗で伸びやかなスタイリングになりました。

リアエンドは、リアコンビランプが曲線主体のデザインとなり、クロームメッキで加飾され、このモールドが左右のコンビランプをつないで一体化しています。

内装は上質で現代的なデザインに変更され、メーターは2眼式の2つの砲弾型の風防が並んだレイアウトとなっています。見た目はいいのですが、実用的には先代のオーソドックスなメーターの方が良いと思います。

ボディとドア開口部の剛性が高められており、ドアを閉めるとドイツ車のようにしっとりとした重厚感が感じられます。

スタイリッシュなボディデザインのわりに、車内のパッケージングが優れているので、室内はゆったり感があります。

5人がフル乗車した時でもそれぞれの乗員にたっぷりとした頭上空間が確保されています。

フロントシートは、サイズ、厚みとも大きくたっぷりとしており、ロングドライブも快適ですが、リアシートは、平板で厚みが足りないような印象です。

ただし、着座位置が少し高いため見晴らしがよく閉塞感は感じられません。

先代よりホイールベースが拡大され、荷室は余裕があります。家族でキャンプ位なら楽にこなせそうです。

分割可倒式リアシート、センターアームレストのトランクスルー、アンダーボックス、トノカバー、ラゲッジフックなど便利な装備が数多く用意されています。

ヨーロッパでは静粛性に対する要求は日本ほどではなく、ヨーロッパ的に開発されたこのクルマは車内の静粛性はそれなりです。

とくにAピラー周辺の空気制御が良くないため、速度を上げていくと風切音が増大します。

ダウンサイジングなど特別な装備を持たない2.0L自然吸気エンジンですが、CVTの制御が適切かつスムーズで、日常での不足感はありません。

欧州車のようなどっしりとしたハンドリングで、ロールを許しながらもしっかりと路面を捉え続け、リニアなステアリングフィールが、カーブの続くワインディングでも安心してハンドルを握ることができます。

このアベンシスはヨーロッパ市場に向けて開発されているため、従来のトヨタ車とはキャラクターが異なっています。

そのため、なによりも運転が好きで、しっかりとした乗り味のクルマを希望する人にはおススメです。

しかも、トヨタ車には違いありませんので、リーズナブルな価格と、高いコストパフォーマンスも同時にあわせもっています。

新型アベンシスの値引きの方法については、

「新型アベンシス 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にアベンシスを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型「アベンシス」の魅力とは

carlineup_avensis_top_2_01_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

トヨタ・アベンシスは、名だたる欧州車がひしめく欧州で、これまで年間約5万~7万台もの販売実績を持つ人気車種で、日本での販売は英国から完成車を輸入する形、いわゆる逆輸入という形で販売されています。

日本での販売は、トヨタ系ディーラーのうち、トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店が取り扱っています。

欧州では個人で購入するだけでなく、福利厚生の一環で企業が社員に車を貸与する「カンパニーカー」という制度があり、この制度でも多くの企業から選ばれているモデルとなっています。

日本国内で生産されるトヨタ車とは一味違う欧州テイストとはどのようなものでしょう。

アベンシスは、トヨタの豊富なラインナップの中で、ミディアムクラスワゴンとして唯一のモデルとなりました。

「欧州車を超えるトヨタの欧州車」として、そのデザインはフランスに拠点を置く「トヨタ・ヨーロッパ・デザイン・ディベロップメント(ED2)」が担当し、生産をイギリスの「トヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK(TMUK)」が担当するという世界戦略車で、欧州におけるフラッグシップモデルです。

欧州ではセダンとワゴンが販売され、レクサスを除いたトヨタブランドとしては最上位モデルという位置付けになっています。

日本国内では、1997年発売の初代、2004年発売の2代目とも欧州専売車種として開発され、現在と同じく英国生産の逆輸入車として国内販売されました。

3代目となる現行型は、2009年から欧州で販売開始されましたが」、日本では需要の減少を理由に輸入が見送られ、販売中止となりましたが、2011年ワゴンモデルのみ、期間限定で1200台程度販売されました。

急きょ輸入されることとなった理由には、国内で生産中止となった「カルディナ」や「マークⅡブリッド」、「クラウンエステート」などのミドルクラスワゴンを代替する車種がトヨタのラインナップの中になくなってしまったためといわれています。

2012年からカタログモデルとなり、通常販売が開始され、今回マイナーチェンジが行われ、フロントデザインや内装が大幅に変更され商品力が高められました。

carlineup_avensis_top_2_02_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

日本では少し大柄なボディサイズは

全長

4,820mm

全幅

1,810mm

全高

1,480mm

アベンシスと同じく、欧州で高い評価を得ているマツダ・アテンザワゴン(欧州名:マツダ6)やVWパサートヴァリアントと、ほぼ同じ大きさとなっています。

2列5人乗りでリアシートは6:4の分割可倒式が採用され、ラゲッジスペースはリアシート使用時で543ℓ、リアシートを格納すると1,609ℓとなり十分な積載能力を持っています。

carlineup_avensis_top_2_12_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

エンジンは最大出力152psを発揮するバルブマチック付2.0L直列4気筒DOHC「3ZR-FAE」型が設定されており、このエンジンは欧州専用ではなく、国内ではノア/ヴォクシー、プレミオなどにも搭載されているエンジンと同じものとなっています。

組み合わされるトランスミッションはパドルシフトでマニュアル操作が可能な、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック「Super CVT-i」が採用され、駆動方式は2WD(FF)のみの設定となっています。

今回のマイナーチェンジでは、CVTのファインチューニングが施されたことで、JC08走行モード燃費14.6km/Lを実現し、平成27年度燃費基準を達成しています。

carlineup_avensis_gallery_3_02_lb1

引用:http://toyota.jp/avensis/

auris_img011

引用:http://www.tokyo-toyopet.co.jp/special/auris_avensis/

エクステリアは、薄く切れ上がったアッパーグリルと、大型で台形のロアグリルを君あわせた「キールック」が採用され、同じ欧州で販売されている「オーリス」や「ヤリス(日本名:ヴィッツ」と共通のイメージとなっています。

ヘッドランプは、Bi-BeamLEDヘッドランプが採用され、ステアリングの角度に応じて左右にヘッドランプを向けることで死角をなくし、安全を確保するインテリジェントAFSを上級グレードに装備しています。

carlineup_avensis_top_2_07_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

インテリアはフルモデルチェンジ並みの変更を受け、質感が大きく向上しています。

インストルメントパネルは横基調の伸びやかで広がりのあるデザインで、エアコン送風口やメーターパネルなどのクロム加飾、ソフトパッドの素材の統一感で上質な空間を創り出しています。

上級グレードでは内装色が新色テラコッタが採用され、アルカンターラ+本革のシート表皮が高級感を表現し、標準グレードでは内装色はグレー、アルカンターラ+ファブリックとなります。

安全装備では、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)、オートマチックハイビームの三つの機能をセットにした安全運転支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備としています。

carlineup_avensis_top_2_06_pc1

引用:http://toyota.jp/avensis/

用意されるグレードは2つ

・Xi(標準グレード)

2,749,091円

・Li(上級グレード)

2,983,745円

ボディカラーもシンプルで、「ブラックマイカ」「シルバーメタリック」「スーパーホワイトⅡ」の3色の構成となっています。


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_avensis_gallery_2_11_lb1

引用:http://toyota.jp/avensis/

欧州の名だたる名車と対抗すべく、欧州のあらゆる道を知り尽くした技術者によって作り込まれた新型「アベンシス」は、日本では欧州から完成車を輸入するという逆輸入との形で販売されています。

速度無制限のアウトバーン、ワインディングの続くアルプスの山道、極寒の北欧の凍結路、こういった欧州のあらゆる路面状況によって鍛え抜かれた走りと洗練されたカーデザインの妙に接した人にとっては、代え難いプレミアムな一台です。

「欧州車を超えるトヨタの欧州車」新型「アベンシス」、そのたしかな走りはおススメです。

→ 新型アベンシスを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク