新型ハスラー 試乗レポートまとめ!

img02

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ハスラー(2016年)の試乗レポートのを紹介します。

こちらでは新型ハスラー(2016年)の試乗レポートの様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

スズキの新型ハスラーを実際に買うときには、やはり試乗をして実際に動きなどを確認し、納得して購入したいと思うのは全てのドライバー共通の願いではないでしょうか?

そこで今回は、実際にどのように走るのか早速リポートをしていきたいと思います。


スポンサーリンク

山道走行も楽チン

早速、今回の試乗させていただいた車種を紹介しようと思います。

今回の試乗車はスズキハスラー前2輪駆動タイプ(2WD)の中でGの自動車に搭乗させていただきました。

ボディーカラーがフェニックスレッドと呼ばれる赤色のかわいい外見の一台です。

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

まず、驚いたのが室内空間の広さです。

そして、荷物も十分に収納できるラゲージスペースの充実した広さを確保しています。

車輪のホイールが15インチもあり、今までの軽自動車であれば若干控えめな感じがしますが、そういう感じは全くありませんでした。

ドライバーズシートに座り、先ず人目を引いたのが、座ったときに実感できる視野の広さと良好さです。

静かなエンジン音で、本当にエンジンをかけたのか気付かないくらい、音がほとんどしませんでした。

加速をする時もスムーズに力強くエンジンが作動しています。

今回スズキ ハスラーで通った道は、山道のヘアピンカーブが連続で起こるような場所を試乗ドライブしました。

山道の登り始めからスズキハスラーは力強く、ぐいぐいと引っ張ってくれる感じです。

その力強さは本当に軽自動車なの?って言いたくなるほど力強いもので、安心して山道を加速して登ります。

スズキハスラーには坂道発進も安心の、ヒルホールドコントロールというものが標準で装備されています。

ヒルホールドコントロールというものは、坂道発進時にブレーキからアクセルに踏みかえるときに、一時的にブレーキが作動して、車のバックを抑えてくれる技術です。

このヒルホールドコントロールが自動で作動することにより、いつも通り快適に、より落ち着いて発進ができます。

では、坂道の急なカーブではどうだったのかと申し上げますと、スズキハスラーは坂道の下りも安全なヒルディセントコントールという装置が標準に設置されています。

ヘアピンカーブが連続する坂道で試乗をさせていただき、ブレーキシステムが大丈夫なのかなと、とても不安になりましたが、ハンドルもステアリングがきびきび作動して安全に下っていきます。

ヘアピンカーブの多い山道ではヒルディセントコントロールが如何なく発揮されました。

これは、ブレーキ操作なしに一定の速度約時速7kmで坂道を下っていくというものです。

このヒルディセントコントロールのおかげで自動車の運転に集中できます。

燃費も実測でリッターあたり30.4kmでした。

燃費も良く環境に優しい、快適安全なドライブを体現できる一台です。


スポンサーリンク

高速道路も加速が安心

高速道路で試乗したリポートを記載してみます。

今回は上質の休日を演出してくれるJSTYLEⅡというグレードに乗って試乗をさせていただきました。

高速道路を走るということで色々と不安はありますが、いざ出発です。

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

まず頭をよぎったのが、軽自動車でも安定して走る事ができるのか?ということです。

どうしても大型のトラックやバスがスピードをあげて横切ってしまいますと、風圧で横に流されてしまうかどうかという点です。

ハスラーの場合実際に高速道路に進入時にアクセルを踏んでみると、しっかりと踏み込まなくても十分な加速が得られる事ができます。

ハスラーは十分加速で、後続車や先に高速道路を通行中の自動車の障害になることもなく、スムーズに進入できました。

そのまま安定した加速と安定した車体でスムーズに走行できます。

高速道路で大事なのは進入時の加速のよさが必要では無いでしょうか。

また、スズキハスラーはドライバーの快適な運転環境を提供するために、最適なドライブポジションを24段階にて調節が可能なチルトスステアリングは上下に10mmずつ動きますのでドライバー自身にとって最適なステアリングの高さにあわせる事ができます。

ステアリングが自由でドライバー自身にとって最適な場所に設定固定できますので、遠出をする時にも疲れを大幅に軽減してくれます。

また、ハスラーは同時にフロントシートスライドも240mm前後に動きます。

そしてドライバーズシートリフターが標準装備されており(グレードAを除く、オートマチックCVT車)、ドライバーにとって最も心地いい高さ、幅を得る事ができます。

そして遠出の際や高速道路の上においてでも、快適なドライブを実現する事ができて運転による疲れを大幅に軽減してくれます。

燃費は実測で今回はリッターあたり31.4kmでした。

燃費も良い!下道でも高速での走りも文句なし!そろそろ、買いたくなってきませんか?

しかしながら、試乗したあとのウキウキ気分が見積書でガクッと沈みそう…

そんな時には、値引き交渉に乗り出しましょう!

新型ハスラーの値引きの方法については、

「新型ハスラー 値引き術!」で詳しく解説しています。


スポンサーリンク

日常生活における街ノリも

日常生活における街ノリでもハスラーはこだわりを魅せてくれています。

毎日の使いやすさと毎日でも乗りたくなる楽しさをハスラーは両方とも大事にして大切にしています。

その細かいスズキのこだわる技術を形にすることで、このハスラーが生まれました。

今回のお供の試乗車は前回と同様にハスラーG前2輪駆動(2WD)です。

早速街の中を走行してみたいと思います。

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

画像引用:http://sj-shonan.jp/

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

先ず、エンジンをかけて加速する時に出る音がとても小さく、スムーズに出発ができます。

スズキが総力を注いで開発投入した「S-ene charge エネチャージ」が作動しているのがよく分かります。

発進後、そして加速の時にはエネチャージシステムが作動して燃費が向上しているのもよく分かります。

また、減速時のエネルギーで発電し充電をするのが、このスズキエネチャージシステムだそうです。

その最新の技術を惜しげもなくハスラーの全グレードに搭載されています。

また、エコドライブを意識できて、改善ができるエネルギーフローイングインジケーターも搭載をしているので、毎日の運転で実際に低燃費に貢献できます。

さて、街の中を車で走行していると、人や自転車などの対向乗り物に本当によく会います。

ほとんど対向乗り物や人がいないような山道や人が全くいない高速道路とは違う性質があります。

そこで更に安心、安全に自動車に乗れる事ができるようにスズキでは安全システムに力を入れており、事故未然防止に努めています。

その中で特に目を引いたのが誤発進抑制機能です。

実際にするわけにはいかないので説明を受けましたが、シフトをドライビングモードに入れて停車、徐行時に前方4M以内の障害物を認識するそうです。

そして、アクセルを強く踏み込むとエンジン出力が自動抑制して、急発進や急加速を抑制してくれて、同時にブザー音やメーター内の表示灯で知らせてくれます。

これでますます安心、安全運転を満喫できます。

実際に試乗中にハスラーを後進させてみました。

ボタン一つで操作が可能である全方位モニターを体験させていただきました。

ボタン一つで3つの視点を選ぶ事ができるのでとても楽にスムーズに後進ができます。

うえから見たような画像に加えて、見通しがわるい場所などで大活躍をする前方、後方ワイドスクリーン、狭い道で対向車にすれ違う時に役立つであろうワイド映像が、助手席側のサイドスクリーンを見る事ができます。

実際に試乗で体感するまでは、「正直使い勝手が悪そう」など勝手にそう思っていましたが、実際使ってみると驚くほど詳細な情報が視界に入ってくるので使いやすさは最高に良かったです。

実測値ではリッターあたり31.2kmでした。


スポンサーリンク

まとめ

今回試乗をさせていただき様々な環境でスズキハスラーを乗る事ができました。

ハスラーの良さは本当に休日も平日も毎日自動車に乗る事が楽しくワクワクすることです。

試乗を通してハスラーの使い勝手のよさ、乗り心地のよさや快適さ、快適な室内空間など実感できました。

試乗レポートをみて自分も乗って見たくなりませんか?

でも、ハスラーを買うなら試乗が終わっってからが勝負です。

細かいディーラーでの値引き術も紹介していますので、是非ともこちらの値引き紹介記事にも目を通してみてはいかがでしょうか?

ここでは「新型ハスラー 値引き術!」を詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう