新型ハスラー 値引き術!

ハスラー

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ハスラー(2016年)の値引き術を紹介します。

こちらでは新型ハスラー(2016年)の値引き術の様子と主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

軽快な色と走りで人気のハスラー。

購入の時にははやり少しでも値引きをしてもらいたいところです。

どうすれば値引きが得られるのか、値引き情報をお伝えします。


スポンサーリンク

インターネットの活用

今はスズキ自動車ではオンラインシュミレーションを行っています。

先ずは実際に、どれくらいの金額が正規でするのか、どういうところが値引きできるのかなど確認をしてみましょう。

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

技術の進歩によって、実際に店に足を運ばなくても、全てオンラインで行える時代に入っています。

ご自身のご都合の良いお時間に、シュミレーションをして金額の見積もり出す事が可能です。

ハスラーではグレード、全カラー、全オプションでのシュミレーションが可能ですので、実際にどのようなグレードのどのようなオプション、どのようなカラーが皆様の生活にとって、もっとも合うのか具体的に確認する事ができます。


スポンサーリンク

実際に店舗に行ってみる

ディーラーさんも生身の人間です。

オンラインで顔をあわさずに商談や値引き交渉をすることと、実際にお店に行って直接会って車を購入検討している意思を伝えて熱意を伝えましょう。

画像引用:http://s13112952.suzuki-tokyo.co.jp/

スズキ自動車も、他の自動車会社や業界と同じように、販路の拡大の為に別系列の会社を作りました。

別系統会社をつくり、お互いに競わせることで、自動車の販売台数を伸ばしています。

皆様も不思議に成るときもあると思いますが、同じスズキの販売店が至近距離にあり、同じ車種を扱うなど、全く同じことを近くにてしている場合などは、別系統の会社が競合しているという形になります。

そのあたりもリサーチしておきながら、先ずは気軽に相談ということで、実際の店舗に行ってディーラーさんに会ってみましょう。

この場合は時間などは長くなる必要はありませんし、もちろん印鑑など持って行く必要がありません。


スポンサーリンク

競合車との競い合わせる

競合車と競い合わせることは、値引きの際に有効な手段の一つです。

img01

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/

先ず競合する車について、必ずある程度リサーチをしてみてみます。

なぜなら、ディーラーさんに競合車について質問されたときにしっかりと応える事ができなければ、単に競合させたいだけだろうという事がバレてしまい、結果的に値引きの交渉では有利に働くどころか、不利に働いてしまうからです。

競合させる相手の車には、ライバル車だけでなく、兄弟者というものがあります。

その兄弟車やライバル車を引き出すことで、より値引きを引き出してくれます。

■兄弟であるマツダフレアクロスオーバー

マツダ自動車がOEMでスズキのために作っている兄弟車です。

なので、一番のライバルではないですが、兄弟ですので値引き交渉の時には有効です。
flaircrossover

画像引用:http://www.mazda.co.jp/cars/flair-crossover/grade/

マツダ自動車がスズキの為にOEMで製造をしている自動車です。

ハスラーにとっての一番の好敵手であるといわれています。

車体内容もほとんど変わらず、室内インテリアやオプションなど細部にわたって兄弟者があるためにこだわりの部分まで似ています。

兄弟同士切磋琢磨しながら成長をしているみたいな感じです。

スズキハスラーの値引き交渉にはぜひマツダフレアを交渉の机に出してください。

そしてディーラーにプレッシャーを与えて値引きを上手に引き出しましょう。

■ダイハツコペンとの競合

スズキがハスラーを販売する時の最大の武器にしたのは、意外性とユニークさです。

そのユニークさと意外性を組み合わせていくことによって販路を拡大していきました。

画像引用:http://www.daihatsu.co.jp

ダイハツコペンも、意外性などが売りで販売をしてきました。

単刀直入に言えば、ユニークと意外性という自動車のセールスポイントが類似していますので、競合させていくこともできます。

ただし、コペンのほうが全体的に少し販売価格が高いですので、安さをディーラーから指摘されてしまえばそれでおしまいです。

ですので頭の片隅にこういう車もあるのだなと気に留めておくだけでも違います。

値引き交渉が上手くいけばいいのですが、途中で頓挫してしまいそうな時には、「ダイハツコペンのユニークなデザインと意外性にも正直惹かれています。

どちらにしようか迷っています」など言ってもらえればいいと感じています。


スポンサーリンク

一般的な競合車はNG

一般的な軽自動車で同系種類は、正直あまり競合車には向いていません。

ホンダN-BOXや、ダイハツタントなどもありますが、競合車として出すのはNGであまり出さないほうが良いと思います。

画像引用:http://www.honda.co.jp

画像引用:http://www.daihatsu.co.jp

やはりハスラーの最大のウリなのは、ハスラーの外観のユニークさや内装の意外性にあります。

一般的な競合車になりえるであろうN-BOXやタントでは、外観のユニークさや内装の意外性という面では引けをとってしまいます。

このキャラクターの面白さを全面的に営業で使ってくるので、仮に競合をさせたとしても、単純に「ハスラーのほうが外観のユニークさと内装の意外性のギャップが魅力ですよ」といわれてしまえば終わってしまうということも考えられます。

ですので、あまりお勧めはしませんが、念のために参考までに記載いたします。

オプションなどの値引きを確認

オプションに関しては、各販売営業店舗やディーラーによって値引きの金額が変わってきますので確認してみます

画像引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

オプションは、各ディーラー販売店舗によって内容が変わってくる事が多いので、一概にこれであると具体的には言えることはあまり多くは無いですが、一般的にカーナビゲーションシステムなどは値引き交渉で結果が出しやすくなっています。

純正ナビゲーションと同様同等機種をカーショップなどで事前に確認をして覚えておいて、値引き交渉をする際にはその情報を元にディーラーに値引きを求めていきたいものです。

最後はやっぱり人

値引き交渉をする相手もやはり人間であるディーラーです。

あまり無理なことばかりお願いすると逆に値引きに応じてくれなくなります。

やっぱり最後は人と人の話し合いなどが大きく影響をします。

画像引用:http://s13112952.suzuki-tokyo.co.jp/

値引きの額をあらかじめ決めておいて、それまで行ったら良いということにしておきます。

先ほども述べましたが、欲を出しすぎてしまい、無理なことをお願いし続けると、逆に応じてくれなくなってしまうこともあります。

先ずは金額を決めて、それを越えるか近ければ合格であると決めておきます。

そうすれば思い通りの値引きが可能となります。

また、意外なことのようですが、現金一括で買うことよりも少しだけでもローンを組んで購入することも良いと思います。

理由はローン手数料の一部がマージンとして営業ディーラーにキャッシュバックされるからです。

そして、新車を購入の際に保険も切り替えを検討されている方がいれば 担当ディーラーを通して保険に入ることで更に値引きを期待する事ができます。

理由はローンと同じで、手数料が一部ディーラーの収入になるためにディーラーも快く値引きに応じてくれます。

まとめ

値引きをする際に注意する点が何点かありますね。

ディーラーと仲良くなり、相見積もりも取り、交渉を…と進めて、納得のいく価格でさあ購入…

と、進む前に、あともう一歩の値引きが勝ち取れる場合があります!

→ 新型ハスラーを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

上記を参考に、ぜひしっかりと賢く値引き交渉をして、納得のいく価格でハスラーを購入しましょう!

安全で楽しいカーライフはすぐそこです!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク