新型ビートル 燃費まとめ!

ビートル

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ビートルの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型ビートルの燃費に関するデータをご紹介します。

世界中の人々から愛され続けているフォルクスワーゲン「ビートル」は、3代目「ザ・ビートル」として登場以来、4年半ぶりのマイナーチェンジが行えわれました。

外観のデザイン変更や安全面での強化が図られていますが、その走りや燃費はどうでしょうか。

「ザ・ビートル」ファンの方々のレポートなどを交えてご紹介します。


スポンサーリンク

新型「ザ・ビートル」、燃費はどう

bee_cl_01_161109[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

新型「ザ・ビートル」は、1.2LTSIエンジン搭載の「ザ・ビートル ベース」及び「デザイン」、1.4LTSIエンジンの「R-Line」、2.0LTSIエンジン搭載の「2.0R-Line 」というラインナップになっています。

それぞれのスペックは、

■Base/Design

1.2LTSIエンジン

・総排気量

1,197cc

・最高出力

77kw(105ps)/5,000rpm(ネット値)

・最大トルク

175Nm(17.8kgm)/1,500~4,100rpm(ネット値)

・JC08モード燃費

17.6km/L

■R-Line

1.4TSIエンジン

・総排気量

1,394cc

・最高出力

110kw(150ps)/5,000~6,000rpm(ネット値)

・最大トルク

250Nm(25.5kgm)/1,500~3,500rpm(ネット値)

・JC08モード燃費

18.3km/L

■2.0R-Line

2.0LTSIエンジン

・総排気量

1,984cc

・最高出力

155kw(211ps)/5,300~6,200rpm(ネット値)

・最大トルク

280Nm(28.6kgm)/1,700~5,200rpm(ネット値)

・JC08モード燃費

13.4km/L

bg_fncContent03_02[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

新型「ザ・ビートル」の平均実燃費は

13.99km/L

皆さんはどうでしょうか。

◆市街地ではおよそ12km/L、気を付けて走れば14~15km/Lくらいです。

◆12~15km/L、少々不満。

◆市街地で15km/L前後

クルーズコントロール100km/h設定で20km/L前後

クルーズコントロール130km/h設定で14km/L前後

冬は15%程度低下します。

◆街乗り、15km/L

高速、20km/L

流れが良ければ一般道でもカタログ値を越えます。

1.2LTSIエンジン搭載の「デザイン」などの燃費について皆さんから寄せられた実燃費データです。

概ね良好な結果ですね。

新たに追加された1.4LTSIエンジンの「R-Line」については、発売開始間もないこともあり、燃費データはまだ出ていないようです。

ブレーキエネルギー回生機構など最新の技術を採用して、燃費などの経済性を向上させていますので、これからが楽しみです。


スポンサーリンク

新型「ザ・ビートル」試乗レポート

thumb_design02_01[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

新型「ザ・ビートル デザイン」の試乗レポートをご紹介します。

■性能や燃費ではなく、雰囲気を楽しむ、「ザ・ビートル デザイン」試乗

現代のカブトムシ「ザ・ビートル」がマイナーチェンジを行いました。

今回のマイナーチェンジでは、ベーシックモデルに搭載される105psの1.2Lターボ+7速DSGのパワートレインには変更はなく、前後バンパーが最新のフォルクスワーゲンに共通した」デザインが施され、一段と精悍なスタイリングに変身しました。

thumb_design04_01[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

インテリアもインパネデザインが新しくなり、最も印象の強い「ザ・ビートル デザイン」はダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムがボディ同色となり、乗り込んだ瞬間、新型らしいと感じることができるモデルです。

パワートレインに変更はなく、その走行性能は従来のままとなっていますが、今回の改良に合わせて「ザ・ビートル」に仲間入りした、150psの1.4Lターボエンジンを搭載する「ザ・R-Line」と比較すると、「R-Line」のきびきびとしたリニアなステアリングの応答性は、「デザイン」では感じられず、かなりおっとりとした往年の「ビートル」らしい動力性能、操縦性、フットワークでした。

燃費性能は17.6km/Lと、「R-Line」の18.3km/Lにリードされていますが、「R-Line」はブレーキエネルギー回生機構を持つためで、「デザイン」は、マイルドな乗り心地で高い静粛性を持っています。

性能や燃費ではなく、現代のカブトムシ「ザ・ビートル」の雰囲気を楽しみたいというファンにはおすすめなクルマです。

なかなかに低燃費な新型ビートルの値引きの方法については、

「新型ビートル 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にビートルを購入して下さい。


スポンサーリンク

新型「ザ・ビートル」、マイナーチェンジ!

r2_main_pc[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

2016年9月、3代目フォルクスワーゲン・ザ・ビートルのマイナーチェンジが実施されました。

今回のマイナーチェンジの大きな特徴は、前後バンパーのデザイン変更、安全面の強化、および快適機能の充実になっています。

エクステリアでは、エアダムが大きく開けられたことで、従来型よりスポーティーで精悍さが増した印象を強調しています。

thumb_design05_01[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

また、こだわりのスタイリングを演出した「ザ・ビートル デザイン」では、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをボディカラーと同色とし、ブラックまたはベージュのタータンチェック調のファブリックシートやオプションのレザーシートを組み合わせることで、最大32通りのカラーコンビネーションとなり、選ぶ楽しさが倍増しています。

安全面では、ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」が全車に標準装備され、後方死角検知機能「ブラインドスポットディテクション」、後退時警告・衝突軽減ブレーキ「リヤトラフィックアラート」も、上級グレードに標準装備、ベーシックなグレードにはオプション装備の設定がなされました。

さらに、フォルクスワーゲンのオンラインサービス「Car-Net」の一つ、「App-Connect」を搭載した純正インフォテインメントシステム「Composition Media」が全車に標準装備され、スマートフォンに接続することで、「ミラーリンク」、アップルの「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」が利用可能としています。

オプション装備の純正ナビゲーションシステムも、「714SDCW」がバージョンアップされ、機能を大幅に向上した「716SDCW」が採用となりました。

グレード構成は、1.2LTSIエンジンを搭載する「ザ・ビートル ベース」と「ザ・ビートル デザイン」、および2.0LTSIエンジン搭載の「ザ・ビートル 2.0R-Line」に加えて、新たにブルーモーションテクノロジーを搭載した1.4LTSIエンジンの「R-Line」が追加されました。ブレーキエネルギー回生システムを採用し、燃費18.3km/Lと向上しています。

r_main_pc[1]thumb_interior_01[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

エクステリアでは、フロントとリヤのバンパーを専用デザインとし、加えてデュアルエキゾーストパイプやリヤスポイラー、17インチアルミホイールを装着するとともに、インテリアでは、「2.0R-Line」と共通のデザインとし、ブラックに統一したクールな空間を演出しています。

新型「ザ・ビートル R-Line」主要諸元は次の通り。

hyou105

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/


スポンサーリンク

まとめ

thumb_exterior01_01[1]bg_interior_01[1]

引用:http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/

いかがでしたか。

新型「ザ・ビートル」の燃費は、平均的な実燃費で、おしゃれにカーライフを楽しみたいという方にはピッタリです。

今回のマイナーチェンジで、精悍でスポーティーな印象を強調していますが、その個性的なスタイリングは、やはり「ビートル」にしか生み出せない独特の雰囲気を醸し出しています。

こんなところが、世界中の人々に愛され続ける理由でしょうか・

個性を大事にする人にはピッタリです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク