新型プリウスα 納車ブログまとめ!

20110606-20200297-carview-001-2-view

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型新型プリウスαの納車情報が各ブログで公開されています。

こちらでは2016年の新型プリウスαの納車に関するブログのデータをまとめています。

マイナーチェンジによって、大きく変身した新型プリウスαの納期や納車の感想を集めてみました。

プリウスから受け継いだ低燃費はそのままに、広い室内を持つ実用性にあふれた新型プリウスαの納期・納車待ち、納車の感想など、お楽しみください。

納期がかなり、長くなってしまうこともあるそうです!

その上、オプションをたくさんつけてしまうと、通常よりもさらに納期が遅れることが大半です。

納期が遅くなっても大丈夫!という方なら、むしろ値引き交渉を頑張って、プリウスαをお得に買ってみませんか?

新型プリウスαの値引きの方法については、

「新型プリウスα 値引き術!」で詳しく解説しています。


スポンサーリンク

最新の納期ガイド

001[1]

引用:http://jp.autoblog.com/2014/10/11/toyota-prius-alpha-hv-uk/

新型プリウスαは5人乗り仕様と7人乗り仕様があります。

7人乗り仕様の現在時点での納期は約5か月待ちということでした。

5人乗りのプリウスαについては2か月かからない程度の待ちで、約1か月半から2か月を見ていれば納車可能と販売店からの回答でした。

プリウスαの5人乗りと7人乗りの納期の違いについて、一番の大きな原因はプリウスαの肝ともいえるそのバッテリーの構造と種類の違いによるものということです。

7人乗りのプリウスαは3列目の座席スペースを確保するために、バッテリーが運転席と助手席の間のセンターコンソールの中に納まっています。

この場所に収めるバッテリーの大きさを実現するため、5人乗りや普通のプリウスに採用されているニッケル水素バッテリーではなく、リチウムイオンバッテリーが採用されています。

このバッテリーの生産速度が、資源調達のスピードが遅いため現在ではこのような納期となってしまうとのことでした。

リチウムイオンバッテリーの性能自体は高く、コンパクトでこれからのバッテリーといわれています。

そういった先進性もプリウスαの魅力に一つです。

(記事投稿時期:2012年3月)

現在では、こういった現象も解消されています。

プリウス±MC_リアビュー1[1]

引用:http://gazoo.com/my/sites/0000986428/horibonpapa/Lists/Posts/

ある販売店の情報です

【納期】

最短が1か月~1か月半

ただし、自然災害発生のため、メーカーからの納期予定が出ていないため、契約済みのユーザーへの「納期のお知らせ」は見送られているようです。


スポンサーリンク

納車後の感想

■Aさん

carlineup_priusalpha_grade_grade5_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/grade/grade5/

プリウスα G 5人乗り

平成26年12月にプリウスαグレードGを購入して、1月に納車されて、ちょくちょく街乗りしています。

家族や親せきみんなな、カッコいいと言ってくれて評判は上々です。

思った以上に車体が大きくて、家族を持っている私には最適で、素直にカッコいいと思いました。

Gグレード【ホワイトパール】にした結果、白が際立って輝いていて、とても高級感があり満足しています。

見た目もマイナーチェンジされて、フロントマスク部分のいかつさが増してカッコよくなって安物さもなく、スーッと後ろに流れるようなきれいなラインがとても気に入っています。

内装は高級感があり、運転席や後部座席が広く、身長175cmの私でも、足を伸ばしてゆっくり座ることができます。

頭上も余裕があり、圧迫感を感じさせない作りになっています。

なによりも子供や家族を乗せるので安全性を重視していた私のとっては、安全ミリ波レーダーを使った自動ブレーキの作動も可能なプリクラッシュセーフティシステム(衝突回避の支援機能)、

レーダークルーズコントロール、車線の逸脱を警報するレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームがセットオプションとして設定されています。

このオプション価格は6万8040円で、以前はプリクラッシュセーフティシステムとレーダークルーズコントロールだけで15万1200円でした。

マイナーチェンジ後は、性能を高めたうえで値下げしており、とても満足いくもので当然装備してもらい、さっそく使ってみて感動しました。

運転席からの見晴らしについては、若干見にくいともうことがあります。

これは私がドライブレコーダーやオートマチックハイビームをバックミラー部分に付けているということもあって、視界が悪いのです。

いろいろ付けて便利な面もあれば、デメリットも出てくるもので、気を付けて運転していけば問題ないかと思われます。

総合的にみて、完成度の高さは感じずにいられませんでしたので、私の中では100点満点中98点を点けます。

■Gさん

carlineup_priusalpha_style_11_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/style/

S tuneBLACK(5人乗り)

やはり、この車もトヨタの最高品質のおかげで購入後は名におひとつ不具合がありません。

今になれば比較対象車にしなくて大正解でした。
正直、長い間車に全く興味も関心もなかったのですが、時代が変わりネットの充実でパーツが何でも購入出来て、自分の好きなようにカスタマイズできるようになり、納車までが楽しみでいろいろなカスタムパーツを購入してしまいました。

プリウス&プリウスαの関連雑誌もすべて読み漁りました。

こんなに車に集中投資をして関心を持った車は初めてですから自分自身驚いています。

それだけ、この車に惚れてしまったのでしょう。とにかくも購入して全く損をしない便利車ですからおすすめです。


スポンサーリンク

新型プリウスαの紹介

carlineup_priusalpha_gallery_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/gallery/

「ひとまわり大きなプリウス」として、プリウスの燃費の良さを受け継ぎながら、より広い室内空間で実用的で使い勝手に優れたプリウスαは、2014年11月、発売以来初めてのマイナーチェンジが行われました。

09_s[1]

引用:http://response.jp/article/

まず、フロントマスクは最新の「トヨタデザイン」を取り入れ、ダークグレーメタリックのアンダーグリルは開口部を強調し、左右に配置されたLEDクリランスランプが精悍さを強調しています。

ヘッドランプのデザインも変更され、世界初の1灯の光源でロービームとハイビームを切り替える「Bi-Beam(バイビーム)LEDヘッドランプ」が上級グレードに装備され、ハイブリッドカーに相応しい先進性を演出しています。

インテリアでは幾何学模様を用いたピアノブラック塗装のセンタークラスターを採用し、合成皮革とファブリックを組み合わせたシート表皮(上級グレード)や合成皮革のアームレストなどで質感を高めています。
また、メーターには4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイが標準装備され、表示がより多彩で視認性の向上も図られています。

また、ミリ波方式プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート(LDA)やオートマチックハイビーム(AHB)などの先進安全支援機構が採用されています。

ステーションワゴン的なパッケージングの2列シート5人乗りのほか、3列シート7人乗り(ミニバン)がラインナップされています。

駆動方式は全車2WD(FF)で、パワートレーンは基本的に全グレード共通となっていますが、バッテリーは乗車定員によって異なり、5人乗りはニッケル水素電池、7人乗りはリチウムイオン電池の組み合わせとなっています。

いずれも燃費(JC08モード)は26.2km/Lとハイブリッドカーならではの低燃費を誇っています。

グレード構成は、ベーシックグレード「S」、上級グレード「G」があり、いずれのタイプにもスポーティ仕立ての”ツーリングセレクション”が設定され、「S」には装備を絞った”Lセレクション”が用意されています。

価格

■5人乗り

247万9091円~317万8145円

■7人乗り

282万8618円~338万4327円

となっています。

PRIUS_15[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/priusalpha/impression/

なお、今回「S”ツーリングセレクション”」をベースに、「S”ツーリングセレクションG’s」が追加設定されました。

G’s専用スポーツサスペンションの採用により全高を約15mmダウンさせたほか、床下剛性アップや空力パーツの装着により、本来の環境性能を維持しながら、上質感とスポーティな走りを両立させています。


スポンサーリンク

新型プリウスα 納期の最新情報

mainvisual[1]

引用:http://gazooracing.com/pages/gs/priusalpha/design/ 記事掲載:2015年3月16日

2011年5月に発売以来、約3年半後の2014年11月17日にマイナーチェンジされた、新型プリウスαは今年の2月23日についに「G’s」も発売されました。

「意のままに」操る歓び」をコンセプトとし、走りの楽しさを追求して、ハイブリッド車のイメージ一新のスポーティさを実現しました。

2月23日発売前の先行予約分でも、「新型プリウスαG’s」の納期は6月から、と人気の高さを示しています。

トヨタ「新型プリウスαG’s」とは
carlineup_priusalpha_grade_grade6_design_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/grade/grade6/

carlineup_priusalpha_grade_grade6_design_04_pc[1]

引用:http://toyota.jp/priusalpha/grade/grade6/

2014年12月22日にG’sハリアーとともに、「G SPORTS(G’s)の8車種目として発表されました。

スポーティでありながら上質感があり、燃費など実用性も高くなっています。

エクステリアはワイドかつ華やかな印象で、インテリアもブラックで統一されて、スウェード調の専用シートとなっています。

ベースとなっているのはプリウスG’sと同様に「S”ツーリングセレクション」で、価格は

5人乗り

329万2037円

7人乗り

349万7237円

となっています。

気になる「新型プリウスα」の納期は?
867891[1]

引用:http://response.jp/article/2015/04/11/

ファン待望のG’sグレードの発売だけに、受注から納期まで3か月以上かかるようです。

発売前の先行予約分でも1月27日時点で、最短納期が4月以降ということですし、その1か月後の時点では6月以降となるようです。

ちなみに、4月以降の登録になっても、新基準エコカーとして免税の対象になる予定です。

地域や販売店などの違いにより、納期には差が出ることもあるので、詳しいことは販売店で確かめることをおすすめします。

まとめ

1039653[1]

引用:http://response.jp/article/

ハイブリッド専用のステーションワゴン&ミニバン「新型プリウスα」は、その先進装備と実用性の高さから数あるトヨタ車の中でも人気車種となっています。

納期・納車待ちについても、1.5か月以上の期間が必要となっています。

また、購入された方々も待っている間の期待感と納車後の満足度は相当高いものとなっています。

プリウスから受け継いだクラストップの低燃費は、ほかに代えがたいセールスポイントですが、加えて走りの良さと室内の広さを持つ実用性はライバルをも凌駕しています。

とくにおすすめの一台です。

そんな、筆者おすすめのプリウスαですが、値引きからさらにお得に購入することができるんです。

これを知ることで、予算を大幅に削減することが可能になること間違い無しです!

是非ご覧になって、あなただけのプリウスαを手に入れてみてはいかがですか?

→ 新型プリウスαを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新型プリウスαのおススメ動画



新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう