新型ポロ(2018年FMC) 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

img (3)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



フォルクスワーゲン 新型ポロの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらではフォルクスワーゲン 新型ポロの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

新型ポロは旧型からよりビッグサイズになって登場。
そのサイズは……
全長×全幅×全高(mm):4,060×1,750×1,450、
総排気量:999cc
では、ポロ3グレードの価格を見て行きましょう。


スポンサーリンク

TSI Trendline:2,098,000円

トレンドラインは、ボディーカラーが3色のみ。安全装備が上位グレードよりも少ない他は、シート地はチタンカラーでコンフォートラインと同じ。エンジンサイズも馬力、最大トルクも変わりません。

スクリーンショット(2018-05-04 20.34.54)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=1&gallery=152092528900412867

●Volkswagen純正インフォテイメントシステム“Composition Media”
●デイタイムランニングライト
●プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
●電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター、リバース連動機能<助手席>付)
●モバイルオンラインサービス”Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能”App-Connect”)


スポンサーリンク

TSI Comfortline:2,299,000円

コンフォートラインはセーフティパッケージOp(118,800円)+純正インフォテインメントシステム”Discover Pro”パッケージOp(226,800円)が可能。家族みんなで運転される場合は、ぜひ付けたいOpでしょう。

合計345,600円のパッケージOp追加で、2,644,600円。税金等諸経費込みでは、300万円オーバーとなります。

スクリーンショット(2018-05-04 20.33.34)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=1&gallery=152092528900412867

●デイタイムランニングライト
●プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
●モバイルオンラインサービス”Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能”App-Connect”)
●2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整)
●ハロゲンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)

リヤビューカメラは007のボンドカー!!

ポロに搭載されるリヤビューカメラに注目。VWのオーナメントがクルっと動き、カメラアイが覗くことでバックビューが撮影されます。この仕組み、あのボンドカーの回転ナンバーに似ていますよ!

スクリーンショット(2018-05-05 15.11.52)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=1&gallery=152092528900412867

↓下は、ご存知”007 Goldfinger(1964年)”のボンドカー Aston Martin DB5。ナンバープレートが回転して、敵を欺く仕掛けです。最近は、オービス対策のためにこうした回転ナンバー装置が欧州で売れているのだそうです……もちろん違法ですが!

スクリーンショット(2018-05-05 15.22.22)

引用:http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/09/23/19/38B99AE300000578-3804440-image-a-5_1474655840025.jpg


スポンサーリンク

TSI Highline:2,650,000円

ハイラインはポロの最上級クラス。クルマを注文する際にあれこれ面倒な方は、最初からハイラインにしておくのがいいかも。走りは3グレード共通です。

スクリーンショット(2018-05-04 20.31.11)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=1&gallery=152092528900412867

●アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付)
●デイタイムランニングライト
●プリクラッシュブレーキシステム”Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)
●モバイルオンラインサービス”Volkswagen Car-Net”(コネクティビティ機能”App-Connect”)
●スマートエントリー&スタートシステム”Keyless Access”

⇒ 新型ポロを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?


スポンサーリンク

4mサイズ、5ドアのライバル車は?

ここでは、新型ポロのライバル車をご紹介します。全長4m前後サイズのコンパクトカーが当てはまります。

MINI 5door

全長×全幅×全高(mm):4,000×1,725×1,445
総排気量:1.5L(ガソリン、ディーゼル)

ONE:2,590,000円
COOPER:3,040,000円
COOPER D:3,240,000円
COOPER S:3,740,000円
COOPER SD:3,940,000円

◇BMWが生産するミニ5ドアは、”ONE”と”COOPER”の2グレードにガソリンエンジンとディーゼルエンジンモデルがあります。ポロと違う点は、エンジンサイズが1.5Lであること。

価格は259万円からありますが、オプション設定が普通。ポロよりも70万円から80万円ほど高い価格に落ち付く可能性があります。

走りはかなりスパルタン。趣味性で買うクルマとしては最高のコンパクトカー。ただ、ポロに比べると後席はかなり狭くなります。

スクリーンショット(2018-05-05 13.55.54)

引用:https://www.carsensor.net/contents/article_images/_61276/mini5d_5.jpg

スズキ・スイフト/スイフトスポーツ

◇北米を除く全世界で乗用車を販売するスズキですが、スイフトはアジアと欧州、アフリカおよび日本マーケット専用モデル。5ナンバーと3ナンバーサイズがあり、価格は134万円から。スイフトスポーツは183〜193万円で走りに振っているモデルです。

グローバルカーと考えると、サイズ感が若干ポロよりも小型ですが、小型車専門メーカーが力を入れて作った、コストパフォーマンスの高いライバル車と言えます。

スイフト
全長×全幅×全高(mm):3,840×1,695×1,500

総排気量:1.2L(ガソリン)

スクリーンショット(2018-05-05 15.56.30)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スイフトスポーツ
全長×全幅×全高(mm):3,890×1,735×1,500

総排気量:1.4L(ガソリン)

スクリーンショット(2018-05-05 16.03.35)

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/styling/

マツダ・デミオ

◇デミオの魅力は”クラスを超えたインテリアの質感”。小さなボディにパワートレーンも3グレードから選べるのも大きなポイントです。

走りはエンジンによって大きく変わりますが、マツダが”攻めて”作ったため、ユーザーによっては好き嫌いがはっきりするクルマでしょう。ポロが非常に”おとなしいクルマ”に感じられるかもしれません。

ポロとサイズ感も非常に近く、ぜひ比較乗車してみたい一台です。

全長×全幅×全高(mm):4,060×1,695×1,500~50
総排気量:1.3L,1.5L(ガソリン) / 1.5L(ディーゼル)

価格:139〜226万円

スクリーンショット(2018-05-05 16.29.47)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/?link_id=sbnv#demio

dm_int_02_1711.ts.1711090512260000

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/feature/interior/

プジョー 208

全長×全幅×全高(mm):3,975×1,740×1,470
総排気量:1.2L / 1.6L(ガソリン)

◇199〜368万円と、まさにポロとバッティングするラテン系ライバル車。プジョーと言えば”106”(1991~2003年製造)が有名で、ホットハッチの代名詞になり、日本でも大人気となったコンパクトカーでした。

現在もプジョーは5ドアハッチのイメージが強く、とくにシートの良さとトランスミッションの感覚に惚れるオーナーが少なくありません。小気味いい曲がり方など、日本車やドイツ車にない味があります。

ポロとは真逆な”ドライビングを楽しむ”クルマで、ポロが退屈に感じることになるでしょう。

スクリーンショット(2018-05-05 17.07.07)

引用:http://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/208/exterior.html

いかがでしょうか?ポロの価格設定は、兄貴分のゴルフがあってこそ。ですが、4m前後のコンパクトカーとの比較では、かなり個性的なクルマと言ってもいいでしょう。

ぜひライバル車とも乗り比べて見て下さい!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう