新型ポロ(2018年FMC) スペックまとめ!

フォルクスワーゲン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



フォルクスワーゲン 新型ポロのスペックが公開されています。

こちらではフォルクスワーゲン 新型ポロのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

スクリーンショット(2018-05-03 13.33.35)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=3&powerLayer=ontent/highlights/m152_highlightcontai_1333817556/m158_showroomGalleryTeaser.powerlayer


スポンサーリンク

ボディスペック

全長×全幅×全高(mm):4,060×1,750×1,450
ホイールベース(mm):2,550

※VWゴルフ Trendline~Highline:4,265×1,800×1,480mm。全高はポロの方が低く抑えられています。

トレッド前後(mm):1,520 / 1,500
トレッド前後 Highline(mm):1,505 / 1,485
最低地上高(mm):140
車両重量(kg):1,160
乗車定員(名):5
最小回転半径(m):5.1
燃費(km/L):19.1
主要燃費向上対策:アイドリングストップ装置、筒内直接噴射、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、充電制御、DSG

◆◆ 新型ポロの目玉は、MQB「Modulare QuerBaukasten=モデュラーレ キュエル バウカステン、モジュールキットの意味」。小型から中型、大型と共通部品を使い、生産コストを抑えて車の強度を上げる生産システムを採用しています。

スクリーンショット(2018-05-03 15.11.51)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#item=4&powerLayer=ontent/highlights/m152_highlightcontai_1333817556/m158_showroomGalleryTeaser.powerlayer


スポンサーリンク

エンジン、駆動関係

スクリーンショット(2018-05-03 15.22.00)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#powerLayer=models/polo/performance.display

エンジン種類:直列3気筒 DOHC インタークーラー付きターボ
内径×行程(mm):74.5×76.4
総排気量(cc):999
圧縮比:10.3
最高出力(kW[PS]/rpm):70[95]/5,000-5,500
最大トルク(Nm[kgm]/rpm):175[17.9]/2,000-3,500
燃料タンク容量(ℓ):40
使用燃料:無鉛プレミアム
トランスミッション:7速AT
フロントサスペンション:マクファーソンストラット式
リヤサスペンション:トレーリングアーム式
フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク
リヤブレーキ:ドラム
タイヤサイズ:185/65R15

ブレーキエネルギー回生システム

車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるシステム。走行中のアクセルオフやブレーキングの際に発生する減速エネルギーをバッテリーに充電します。また加速時は充電のためのエンジン負荷を低減し、無駄な燃料消費を抑えるもの。

スクリーンショット(2018-05-03 15.16.08)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/app/configurator/vw-jp/ja/new-polo/30201/30120/tsi-highline/AW14LZ-GPF2PF2-GPH4PH4-GPJ5PJ5-GPLAPLA-GWLLWLL/2018/3/F14%200A0A/F56%20%20%20%20%20FJ/GPU3PU3-GYOWYOW-GZM1ZM1-MEPH7X5-MRELV1C-MSPU7Y8?page=summary


スポンサーリンク

主な特徴

新型ポロには”予防安全”、”衝突安全”、”二次被害防止”の安全装備が設定されています。そのうち予防安全装備は、グレード別で設定の有無があります。

予防安全装備

《一覧の見方》
H……Highline C……Comfortline T……Trendline op……オプション

□アダプティブクルーズコントロール(全車速追尾型)H / C op
□スタティックコーナーリングライト:H
□リヤビューカメラ:H / C
□駐車支援システム:H op / C op

■デイタイムランニングライト:H / C / T

img

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#home&powerLayer=models/polo/2018_activesafety.display

□ブラインドスポットディテクション:H op / C op

■ドライバー疲労検知システム:H / C / T

スクリーンショット(2018-05-03 15.39.50)

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング

疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#home&powerLayer=models/polo/2018_activesafety.display

□パークディスタンスコントロール:H op / C op
(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)

□オプティカルパーキングシステム:H op / C op
□リヤトラフィックアラート:H op / C op
(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

■プリクラッシュブレーキシステム:H / C / T
(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

■プロアクティブ・オキュパント・プロテクション:H / C / T

img-1

急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性、前方からの衝突または後方からの追突の危険性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高め、同時にウインドーを閉じます。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#home&powerLayer=models/polo/2018_activesafety.display

■ESC(エレクロニック・スタビリティ・コントロール):H / C / T
■ABS(アンチロック・ブレーキング・システム):H / C / T
■ブレーキアシスト:H / C / T

スクリーンショット(2018-05-03 16.03.53)

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html#home

⇒ 新型ポロを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?


スポンサーリンク

実像はスペックでは測れない、新型ポロ

新型ポロは、旧型よりも大型化したボディにダウンサイジングしたエンジン、更に安全装備…と見かけよりも大きな変化となりました。

旧来の”走りを楽しむホットハッチ”というクルマではなくなり、高級感を増した小型乗用車になったことで、クルマの性格が変化。オールマイティなドライブを楽しむ方向きのクルマ、と言えるでしょう。

スクリーンショット(2018-05-03 16.24.10)

引用:http://www.carmag.co.za/wp-content/uploads/2017/10/vw-polo.jpg

オプションはセーフティパッケージ+Discover Proパッケージ(純正インフォテインメントシステム)を付けた上級モデルの Highline、Comfortlineにするか、シンプルさに徹したTrendlineにするかで、価格は大きく変わります。

Highlineも、この2つのパッケージで315万円超え。209万円のTrendlineとは100万円の差となり、GTIはもちろん300万円を超えてくるはず。ライバル車をどのクルマに据えるか、よく考えてポロを選んではいかがでしょうか。

スクリーンショット(2018-05-03 16.25.48)

引用:https://imgsvrcars-a.akamaihd.net/images/2017/11/VWPoloGTI/large/DSC_0501.jpg

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク