新型ポロ(2018年FMC) 口コミ評価 評判まとめ

img (5)

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



フォルクスワーゲン 新型ポロにはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらではフォルクスワーゲン 新型ポロの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

スクリーンショット(2018-05-03 11.06.52)

引用:https://imgsvrcars-a.akamaihd.net/images/2018/1/New%2520Polo%2520Specs%2520and%2520Pricing/x.jpg/NEWVolkswagen-Polo2.jpg


スポンサーリンク

ポロに満足!という口コミ

スクリーンショット(2018-05-03 10.30.47)

引用:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/31/19/51/acceptation-1295324_960_720.png

◇1L/3気筒だからとか、ドラムブレーキだからとか、分かりやすいところに噛みついて悪口書いてる人が目立つけど、前の型と乗り比べてみれば恐ろしいほど進化しているのが直ぐに分かるのに、何だか残念。

卸し立ての試乗車でもサスは良く動くし、直進性も回頭性も静粛性もBセグメントにライバルはいないと言えそうな感じだった。(価格com.より)

◇1,000ccとは思えない(勿論良い意味で)品質。
同価格帯の日本車と比較するとVW車らしくボディがガッチリしている。(みんカラ より)

スクリーンショット(2018-05-03 10.49.56)

引用:https://i.ytimg.com/vi/hYkCgQcBKXI/maxresdefault.jpg

◇従来型のソフトなペダルタッチから、ガッチリした踏み応えになり、個人的には好みの感覚になった。

一方で3ナンバーに大型化したものの、相変わらずボクシーな形状から車両感覚は掴みやすく、また従来型を踏襲して、ハンドリングも安定感を見せてくれる。

思った通りのラインにボディを運んでくれるため、それなりに運転する楽しみはある車ではないか。(みんカラ より)

287.962

引用:https://search.yahoo.co.jp/image/search?fr=top_ga1_sa&p=NEU+VW+POLO&ei=UTF-8&xargs=2&b=21

◇VWらしくボディの剛性が高いため、静粛性が向上してドアの開閉音も重厚。
ホイールベースが長くなって安定感が増し、また足回りはまだカドが取れていないが、ショックの収まりがいいドイツ車らしい引き締まったもののため、乗り心地は上級車になったように感じた。

また室内は圧倒的に広くなり、ピアノブラックはやや安っぽいが、内装の高級感はBセグとしては悪くない。(みんカラ より)

sk_vw_05

引用:http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1803/20/sk_vw_05.jpg

◇ナビの位置は高くなって、従来型より視認性が向上した。
また後方死角センサーが、このクラスにも装備されたのは驚き。
ハイラインではデイタイムランニングライトが標準と、一通りの先進機能が備わってる。(みんカラ より)

◇ワイドトレッド化によって、見た目も、走りも安定感が増したように感じる。
ドアのウィンドウ面とパネル面の段差がなくなったのは良い。(みんカラ より)


スポンサーリンク

ポロに残念!という口コミ

スクリーンショット(2018-05-03 10.26.34)

引用:https://2jikaikun.com/2jikai/wp-content/uploads/2017/02/a512d420fcae28b55d913969d9280432.jpg

新型は旧型との比較でエンジンのパワーダウン感がはっきりと感じられます。特に低速トルクが細く、アクセルを踏めばいつでも力強い加速感が味わえる旧型から大きく後退してしまった残念な点です。(価格com.より)

●新型が酷評なのは、何を売りにしたいのか? どのクルマと競合したいのか? 誰をターゲットにしたいのか? やはり基本コンセプトがボヤけ過ぎているからだと思います。(価格com.より)

スクリーンショット(2018-05-03 11.00.39)

引用:https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2018/03/vw-polo-10-tsi_180320_03.jpg

新型ポロは少々割高に感じます。
リアドラムになったのが一番ガッカリですね。

●最新の安全性が不要なら、今はプジョー208が買いじゃないでしょうか?
モデルチェンジを控え、バーゲン価格で買えますよ。将来的な値落ちは仕方ないですけれど…
しかし少なくとも、ポロよりはパワフルでスポーティーかと。
シトロエンのC3も同様かも知れません。(価格com.より)

●普通に乗るには充分なのですが、コレと言った魅力・特徴が見出だせなかった。

スクリーンショット(2018-05-03 11.02.24)

引用:https://i0.wp.com/www.euro-car.info/wp-content/uploads/2017/12/Volkswagen-Polo-GTI-Mk6-44-850×567.jpg?resize=640%2C427&ssl=1

●ゴルフとの価格差があまり無く3ナンバーボディ。10分程度の試乗なので明確な判断は差し控えますが、コレならゴルフ・コンフォートラインで良いのではと思ってしまった。(みんカラ より)

●これは個人の感覚ではあるけど、3気筒エンジンはイマイチだった。
まずアクセルによるパワーのインプットとアウトプットが、従来型ほどリニアな感覚が感じられないことと、何よりサウンドが安っぽくて…。

エンジンスタート時にバタバタいう音と振動は、人によってはかなりのネガ要素になるんじゃないか。

ブレーキがディスクからドラムに変わったとか、コストをケチって大事なものを失くしたんじゃないか。
かけるべきコストはしっかり使う、真面目なVWの車造りのイメージからは、ちょっと離れてしまったような気がした。(みんカラ より)

スクリーンショット(2018-05-03 11.05.21)

引用:https://s1.cdn.autoevolution.com/images/news/2018-volkswagen-polo-spied-undisguised-again-117855_1.jpg

●サイドブレーキが電子式でなく、オートホールド機能が付かない。ゆえに、ACC作動中に停車すると「ブレーキ!」と表示され、ブレーキを踏んでいなければならない。

リアのエアコン吹き出し口がない。
リアブレーキがディスク式からドラム式になった。(みんカラ より)

new-polo-r-line-5

引用:http://cdn2.carbuyer.co.uk/sites/carbuyer_d7/files/styles/16x9_720/public/2017/06/new-polo-r-line-5.jpg?itok=sZmTKM7G

⇒ 新型ポロを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?

総評!評価はまっ二つ、選ぶべきかは悩むかも

starter-6183402447181304492

引用:https://data.motor-talk.de/data/galleries/0/8/7330/77065625/starter-6183402447181304492.jpg

2018年3月デビューの、新型ポロ。口コミはけっこう”燃えて”いるようです。

「いいね!」の口コミは、新型シャーシの良さと3気筒1Lエンジン、内装の高級化などを評価。全幅が拡大されて、ゴルフと同等になったこともポイントとなっています。

「残念!」の口コミは、ゴルフオーナーや旧型ポロオーナーに見られます。ブレーキのドラム化、エンジンのバタバタ感やドライビングの楽しさが失われた……といった部分が大きいようです。

スクリーンショット(2018-05-03 11.20.11)

引用:http://i.auto-bild.de/ir_img/1/2/0/4/6/4/9/VW-Polo-560×373-924061ef7f3afa02.jpg

また、旧型の出来が良かったこともあり、新型への期待が裏切られた……コストが掛かっていない、といった口コミも。それだけ、VW車の良さに満足していた人が多いということの裏返しでしょう。

ただ、全長4mのハッチバックは市場で意外に少ないのも事実。価格帯を考え、排気量を考え、最後は自分の価値観で選ぶクルマとなりそうですね!!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう