新型ポロ(2018年FMC) 燃費まとめ!

フォルクスワーゲン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



フォルクスワーゲン 新型ポロの燃費情報が公開されています。

こちらではフォルクスワーゲン 新型ポロの燃費に関するデータをご紹介します。

新型ポロ、旧型より燃費が落ちてない?そういえば、前の方が燃費が良かったんだけど、どうして?

そんな疑問が浮かんで来る、今回のFMC。クルマが大型化したから?それとも秘密があるんでしょうか?まずはご覧下さい!

スクリーンショット(2018-04-26 16.27.08)

引用:https://www.autocar.jp/wp-content/themes/base/timthumb.php?src=https://www.autocar.jp/wp-content/uploads/2017/08/vw-polo-2017_170831_01.jpg&h=440&w=660&zc=1


スポンサーリンク

旧型22.2km/L → 新型19.1km/L これ本当?

スクリーンショット(2018-04-26 16.29.19)

引用:https://response.jp/imgs/thumb_h2/1197364.jpg

■TSI コンフォートライン(旧型):22.2km/L
□TSI コンフォートライン(新型):19.1km/L

VWの公式発表された、燃費の数値。実は、今回の新型ポロは全グレードが1Lのターボチャージャー付きガソリンエンジンです。旧型は、1.2LのTSIコンフォートライン、DSG / ブルーGT 1.4L、GTI DSG 1.8Lなど、いくつかのパワートレーンがありました。

その中、1.2LのTSIコンフォートラインの燃費は22.2km/L。新型は1Lエンジンで19.1km/Lに落ちています。

そこで、実測ユーザーの声が集まる”e燃費”で確認。

■TSI コンフォートライン(旧型):22.2km/L → 14.03km/L
□TSI コンフォートライン(新型):19.1km/L → 16.08km/L

スクリーンショット(2018-04-26 16.31.00)

引用:http://i.auto-bild.de/ir_img/1/2/0/4/6/4/9/VW-Polo-6-560×373-634171462e82276b.jpg

赤い計測値で分かる通り、やはり新型の方が燃費がいいことが判別しました!カタログ値は、旧型よりも”実測値に近い”ものに計測方法が変わった、とのこと。

ディーゼルエンジンの排ガス問題で揺れるVW車。かなり”反省”してきているようです。ただ、999ccでも燃費は向上、これはうれしいかぎりですね。


スポンサーリンク

新型ポロの燃費向上システムとは

新型ポロに搭載されている燃費向上の奥の手……それが”アイドリングストップ”と”ブレーキエネルギー回生システム”です。日本車でもかなりの確率で搭載されていますが、ハイブリッドシステムではありません。

Start/Stopシステム

アイドリングストップ技術により無駄な燃料の消費を抑えるシステム。信号の多い街中や渋滞時にクルマを停止させた際、ブレーキペダルを踏みつづけると自動的にエンジンが停止。

発進の際はブレーキペダルから足を離せばスムーズに再始動します。また、事故防止のために運転席のシートベルト解除やドアの開閉などを行った場合には、エンジンを再始動させない安全機構が備わっています。(メーカーサイトより)

ブレーキエネルギー回生システム

車両の運動エネルギーを効率的に利用し、燃費の向上につなげるシステム。

走行中のアクセルオフやブレーキングの際に発生する減速エネルギーをバッテリーに充電。また加速時は充電のためのエンジン負荷を低減し、無駄な燃料消費を抑えます。(メーカーサイトより)

ハイブリットとは違うのは、EVのみの走行がない…ということ。ただ、ポロユーザーのほとんどは、この燃費向上システムには興味がない??

publicdomainq-0000339jsl

引用:http://publicdomainq.net/images/201609/06s/publicdomainq-0000339jsl.jpg


スポンサーリンク

パワーは旧型の方が良かった、という声

VW-Polo-Fahrbericht-018

引用:https://auto-motor.at/Auto/Neuwagen/Automarken-Automodelle-Neuigkeiten/VW-News/VW-Polo-2017-Fahrbericht/VW-Polo-Fahrbericht-018.jpg?v=1504162616&version=content

燃費にフォーカスすると、どうしても”高速道”での走り中心になってしまう……市街地ではいきなり燃費が8程度に落ちるのは、新型でも仕方ないところです。

ただ、剛性が良くなった分、どうしても高速で飛ばしたくなるのがポロユーザーの本音。価格com.では、1.2Lから3気筒1Lへのダウンサイジングで、パワー落ちを嘆く声が結構あるようです。

starter-6183402447181304492

引用:https://data.motor-talk.de/data/galleries/0/8/7330/77065625/starter-6183402447181304492.jpg

試乗して最初に感じたことは、運転の楽しさが減少したこと。
旧型の方が圧倒的に楽しい車です。
原因はエンジンパワー

カタログ上は新型の方がパワーもトルクも増えていますが、運転した感じは旧型の方がパワフルに感じます。 特に低速トルクについては誰でもわかるぐらいの違いです。

また、トランスミッションもダイレクト感が減少しCVTに近い感覚です。(価格com.より)

スクリーンショット(2018-04-26 20.07.55)

引用:https://www.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/images/car-reviews/first-drives/legacy/volkswagen-polo-1.0tsi-rear.jpg?itok=4yyMXzzi

シャーシ、サスにエンジンが負けています。
前のポロの方が、バランスが良く楽しかったと思います。

MQBの悪い面が出たのかなあ…

スクリーンショット(2018-04-26 20.29.43)

引用:https://car-images.bauersecure.com/pagefiles/75330/vw-polo-2018-06.jpg

新型は旧型との比較でエンジンのパワーダウン感がはっきりと感じられます。

特に低速トルクが細く、アクセルを踏めばいつでも力強い加速感が味わえる旧型から大きく後退してしまった残念な点です。

スクリーンショット(2018-04-26 20.45.55)

引用:https://icdn-7.motor1.com/images/mgl/xm9xz/s4/2018-vw-polo.jpg

⇒ 新型ポロを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?


スポンサーリンク

ホットハッチではないが、やはり新型。ハンドリングはクイック

1Lで3気筒だからとか、ドラムブレーキだからとか、分かりやすいところに噛みついて悪口書いてる人が目立つけど、前の型と乗り比べてみれば恐ろしいほど進化しているのが直ぐに分かるのに、何だか残念。

卸し立ての試乗車でもサスは良く動くし、直進性も回頭性も静粛性もBセグメントにライバルはいないと言えそうな感じだった。

スクリーンショット(2018-04-26 20.48.23)

引用:https://images.financialexpress.com/2017/08/VW-Polo-main.jpg

ポロを選ぶ人の多くは”ゴルフより小型で、走りが楽しいクルマ”が好きなタイプ。エンジンパワー、トルク、ブレーキの効き、そしてハンドリング……と上級者が圧倒的。

さて、問題のパワーですが、これはエンジンに原因があるのは確かです。Sモードを選べば解決はしますが、ノーマルの場合は2,000回転ほど吹かさなければ加速してくれません。

旧型の最大トルクは1,600回転だったことを考えると、やはりアクセルワークに”空白地帯”ができてしまいます。

スクリーンショット(2018-04-26 21.19.08)

引用:http://www.dw.com/image/18747813_401.jpg

この辺りがホットハッチが好きな方には、新型は残念!と思われる原因のようです。が、剛性感の高さやクイックなハンドリングは明らかに向上。それだけでも、競合車より素晴らしいのは確か。

燃費云々もありますが、やはりやはり試乗してみないと、分からない…というクルマ。今はパワーがあって同じサイズのホットハッチは国産でもありますので、ぜひ乗り比べて自分にあったクルマかどうか、確かめるのがいいですね!!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク