新型ヴェルファイア(2018年発売) 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

ヴェルファイア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ヴェルファイア(2018年発売)の価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型ヴェルファイア(2018年発売)の価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

「乗るか?」と女性にチラ見するような新型ヴェルファイア。十分迫力があるこの顔つきは標準ボディなのだ

FotoFlexer_Photo

引用:http://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior


スポンサーリンク

ドヤ顔ムーブメントは健在

売上高29兆円、純利益2.4兆円……円安傾向であったとはいえ、2017年度のトヨタは過去最高の経営状況となりました。

トヨタが利益を叩きだす一番のクルマ……それは、いうまでもなく”アルファード”&”ヴェルファイア”です。平均価格帯500万円と言われるクルマが、1年間に41,923台(アルファード)+46,757台(ヴェルファイア)=88,680台(2017年)も売れているのです!

この数字は、日産セレナやトヨタカローラよりも多い!!トヨタの国内販売のリードマンはプリウスやアクアですが、収益の要にふさわしい顔つきなのが、この”アルヴェル”というわけです。

↓標準ボディに加え、エアロボディもより”ダイナミックさ”を纏った。この顔つきは、アジア各国でも評判になるはず

FotoFlexer_1Photo

引用:http://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

↓エジプトの王、ツタンカーメン。一度見れば一生忘れられない黄金のマスク……これこそドヤ顔、いやヴェルファイアのモチーフかも?

スクリーンショット(2018-02-09 21.28.51)

引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Tutanchamun_Maske.jpg


スポンサーリンク

ヴェルファイアは”使い方”で、グレードを選ぼう

新型ヴェルファイアは、エアロボディか標準ボディか…という点に目が行きがち。

ですが、①家族で乗る、②運転手付きでセカンドシートにメインで乗る、③遊びで使う…といった目的別でグレードを選ぶのがいいでしょう。

家族で乗る場合は、セカンドシートから、あるいはサードシートへの乗り降りのしやすい”シート移動”にポイントを当てましょう。ショーファードリブンの場合は、ロイヤルラウンジが最高級。ただ、サードシートが不要な方向けにディーラーの特別仕様が可能かどうかもポイント。

遊びの場合…フルフラットになるかどうか。これはシート形状をよく確かめることが大事です。


スポンサーリンク

エアロボディ

スクリーンショット(2018-02-09 22.40.51)

引用:hoyota.jp/vellfire/?padid=ag341_from_vellfire_navi_top

新型ヴェルファイアは、エアロボディと標準ボディの2グレード体制。その違いは、外観。

2.5L ハイブリッド 7人乗り

HYBRID Executive Lounge Z:7,508,160円

スクリーンショット(2018-02-10 21.33.17)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/elz/?padid=ag341_from_vellfire_grade_hy_elz_detail

オシャレは足元から。アルミホイールに注目

17インチアルミホイールExecutive Loungeにはスパッタリング塗装が標準装備。通常のアルミホイール塗装は”銀”をメッキに使用し、トップコートクリアー(透明塗装)を上塗りする。

ただ、トップコートが剥がれてくるとメッキ部分も脱落しやすくなる。スパッタリングの場合は、部材にアルミニウムで直接密着させるため輝きや耐久性が数段高い

3眼LEDヘッドランプ(ハイ・ロービーム/オートレベリング機能付) +LEDクリアランスランプ(イルミネーション[デイライト]機能付) +LEDアクセサリーランプ

HYBRID ZR“G エディション”:5,674,320円
HYBRID ZR:5,119,000円
HYBRID Z:4,610,520円

★ハイブリッドは2.5L+モーター。MC前に比べて静粛性は高まったため、セカンドシートとサードシートに伝わる振動や音は気にならないレベル…という口コミがあります。

3.5L ガソリン 7人乗り

Executive Lounge Z:7,183,080円(2WD/4WD)

エグゼクティブ ラウンジのシート

エグゼクティブ ラウンジのシート…”本革シート装着車”は、アクセサリーコンセント(AC100V[ハイブリッド車は1500W、ガソリン車は100W])、快適温熱シート、読書灯操作スイッチ付。グレードで細かく設定が分かれる。

スクリーンショット(2018-02-11 15.20.39)

引用:http://toyota.jp/vellfire/interior/space/?padid=ag341_from_vellfire_interior_elseat#


ZG:4,947,480円(2WD/4WD)
Z“G エディション”:4,362,120円(2WD/4WD)
Z“A エディション”:3,905,280円(2WD/4WD)

★ガソリンモデルに人気が集まるのは、V6-3.5L。8速ATのこまめなギヤチェンジが、踏み込み動作の感覚に即応してくれます。走りに強い関心のある方は、やはりCVTよりも満足感を覚えるようです。

3.5 ガソリン 7/8人乗り

Z:3,692,520円


スポンサーリンク

標準ボディ

標準ボディとはいっても、十分に迫力のあるフロントマスク、リヤビューは魅力的。そして、カスタマイズするなら標準ボディのほうがいい…という見方も。

スクリーンショット(2018-02-09 22.46.56)

引用:http://toyota.jp/catalog/vellfire_main/book/#target/page_no=47

2.5L ハイブリッド 7人乗り

HYBRID Executive Lounge:7,358,040円

エグゼクティブラウンジの特徴、オプティトロンメーター

スピードメーターとタコメーターが自光式になっているもの。視界性が良く、目の疲れも少ない。

スクリーンショット(2018-02-11 17.43.48)

引用:http://toyota.jp/vellfire/grade/elz/?padid=ag341_from_vellfire_top_recommend_detail1


HYBRID V“L エディション”:5,529,600円
HYBRID V:4,975,560円

2.5L ハイブリッド7/8人乗り

HYBRID X:4,363,200円

★大穴と言えるかもしれないのが、ハイブリッド8人乗り。容積が大きいため、ハイブリッドでも十分な収納スペースがあり、8人乗りは遊びや車中泊にも使えるメリットがあります。コストパフォーマンスが高いのも注目点です。

8人乗りはフルフラット座面になる

遊びで使う…ヴェルファイアこそ、車中泊やキャンプに最適。フルフラットとはいっても、もちろんサードシートの腰元の出っ張りはあります。

carlineup_vellfire_interior_space_pic_12_01

引用:http://toyota.jp/vellfire/interior/space/?padid=ag341_from_vellfire_interior_elseat#

3.5L ガソリン 7人乗り


Executive Lounge:7,034,040円(2WD/4WD)
VL:4,632,000円(2WD/4WD)
V:4,185,000円(2WD/4WD)

3.5 ガソリン 8人乗り

X:3,354,480円(2WD/4WD)

VELLFIRE Royal Lounge

ロイヤルラウンジ……その魅力はスペースの広さとシート。特にそのシートは高級マッサージチェアの”フジ医療器”の商品を導入し、リラックス感を最大に高めています。

フジ医療器のチェアとは?

温泉でマッサージチェアにのんびりした方は少なくないでしょう。もみ玉がゆっくりと肩や背中をさすってくれる極上感、これこそがフジ医療器のチェアです。

さすがはトヨタ”本物のゴージャスとは”カラダの底からのリラックス〜”そこで、マッサージチェアをクルマに導入。高速道でのんびり移動するVIPも最高の時間を過ごすことになりそうです!

mv_AS-1100

テレビ通販の”ジャパネットたかた”でも有名なフジ医療器のマッサージチェア。ロイヤルラウンジの座り心地が、実は自宅でも味わえる。

引用:https://www.fujiiryoki.co.jp/product/massagechair/as1100/

carlineup_vellfire_customize_royallounge_cover_pc

引用:http://toyota.jp/vellfire/customize/royallounge/?padid=ag341_from_vellfire_accessories_customize_royallounge

HYBRID Executive Lounge E-Four:15,635,160円
Executive Lounge 2WD:15,311,160円
Executive Lounge 4WD:15,504,480円
HYBRID Executive Lounge Z E-Four:15,785,280円
Executive Lounge Z 2WD:15,460,200円
Executive Lounge Z 4WD:15,654,600円

⇒ 新型ヴェルファイアを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?

ショーファードリブンは”セダン一辺倒”ではない

高級ホテルの前に「黒塗りの大型セダンの後席から社長が降りて来て……」という光景、よく見かけます。ところが最近は高級ミニバンのアルファード&ヴェルファイアが主流になりつつあります。

これは日本発信の新しい高級車文化の形。アメリカではキャデラック エスカレードがショーファードリブンの代名詞で、高級SUVが主流。

ドイツではセダンのマイバッハが最高級リムジン。VIPのためのクルマ文化も21世紀に入り、世界共通ではなくなってきたのです。

スクリーンショット(2018-02-11 15.31.44)

引用:https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar-web-production/pass/image_uploads/7172/images/original/d48376ddbb8e207c.jpg?1509460362

スクリーンショット(2018-02-11 15.29.17)

引用:http://www.cadillacjapan.com/content/dam/cadillac/asia/japan/nscwebsite/ja/01_Vehicles/01_All_Vehicles/Escalade/01_ModelOverview/01_Images/2017/CA_2017-ESCALADE-baseball-card-platinumice-511311.png

スクリーンショット(2018-02-11 15.18.19)

引用:http://toyota.jp/vellfire/interior/?padid=ag341_from_vellfire_top_interior_interior

300万円台から1,500万円台まで幅広いグレード構成になっているヴェルファイア。きめ細やかなオプション設定で、オリジナルカーを作ることが可能です。

圧倒的なエクステリアに目を奪われがちですが、中身が非常に考えられているのも事実。ぜひディーラーでそこを確かめておきましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク