新型パナメーラ スペックまとめ!

パナメーラ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型パナメーラのスペックが公開されています。

こちらでは新型パナメーラのスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

ポルシェの高級セダン「パナメーラ」が、7年ぶりのモデルチェンジを行いました。

どのような形に変貌したのか、出来る限りお伝えしたいと思います。

憧れのポルシェ、新型「パナメーラ」の魅力はどうでしょうか。


スポンサーリンク

新型「パナメーラ」、おもなスペックを紹介!

porsche-zoom010

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

ここでは各モデルごとの主なスペックをご紹介します。

・パナメーラ

porsche-zoom[1]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

◆ボディサイズ

全長

5,049mm

全幅

1,937mm

全高

1,423mm

ホイールベース

2,950mm

◆エンジン

V型6気筒ターボ

総排気量

2,995cc

最高出力

243kw(330ps)/5,400~6,400rpm

最大トルク

450Nm/1,340~4,900rpm

◆トランスミッション

8速AT PDK

◆駆動方式

後輪駆動

◆パフォーマンス

最高速度

264km/h

0-100km/h加速

5.7秒

(スポーツクロノパッケージ装着時5.5秒)

・パナメーラ4

porsche-zoom[1]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

◆ボディサイズ

全長

5,049mm

全幅

1,937mm

全高

1,423mm

ホイールベース

2,950mm

◆エンジン

V型6気筒インタークーラー付ターボ

総排気量

2,995cc

最高出力

243kw(330ps)/5,400~6,400rpm

最大トルク

450Nm/1,340~4,900rpm

◆トランスミッション

8速AT PDK

◆駆動方式

4輪駆動

◆パフォーマンス

最高速度

262km/h

0-100km/h加速

5.5秒

(スポーツクロノパッケージ装着時5.3秒)

・パナメーラ4S

porsche-zoom[1]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

◆ボディサイズ

全長

5,049mm

全幅

1,937mm

全高

1,423mm

ホイールベース

2,950mm

◆エンジン

V型6気筒インタークーラー付ターボ

総排気量

2,894cc

最高出力

324kw(440ps)/5,650~6,600rpm

最大トルク

550Nm/1,750~5,500rpm

◆トランスミッション

8速AT PDK

◆駆動方式

4輪駆動

◆パフォーマンス

最高速度

289km/h

0-100km/h加速

4.4秒

(スポーツクロノパッケージ装着時4.2秒)

・パナメーラ4 E-ハイブリッド

porsche-panamera-image[9]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

◆ボディサイズ

全長

5,049mm

全幅

1,937mm

全高

1,423mm

ホイールベース

2,950mm

◆エンジン

V型6気筒インタークーラー付ターボ

総排気量

2,894cc

最高出力

243kw(330ンps)/5250~6,500rpm

電気モーター

100kw(136ps)/2,800rpm

システムトータル

340kw(462ps)/6,000rpm

最大トルク

450Nm/1,750~5,000rpm

電気モーター

400Nm/2,300rpm

システムトータル

700Nm/1,100~4,500rpm

◆トランスミッション

8速AT PDK

◆駆動方式

4輪駆動

◆パフォーマンス

最高速度

278km/h

0-100km/h加速

4.6秒

(スポーツクロノパッケージ装着時4.6秒)

・パナメーラ ターボ

porsche-panamera-image[1]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

◆ボディサイズ

全長

5,049mm

全幅

1,937mm

全高

1,423mm

ホイールベース

2,950mm

◆エンジン

V型6気筒インタークーラー付ターボ

総排気量

3,996mm

最高出力

404kw(550ps)/5,750~6,000rpm

最大トルク

700Nm/1,960~4,500rpm

◆トランスミッション

8速AT PDK

◆駆動方式

4輪駆動

◆パフォーマンス

最高速度

306km/h

0-100km/h加速

3.8秒

(スポーツクロノパッケージ装着時3.6秒)

スポーツブランドをセールスポイントとするポルシェの中で、上質を追求したモデル「パナメーラ」は、今回、フルモデルチェンジを行い、最新プラットフォーム「MSB」を採用することで、ホイールベースを延長し、室内空間を拡大しています。

ひとまわり大きいサイズになっているにもかかわらず、「911」に近づけたスタイルは従来よりもよりスポーティとなっています。

先進のシャシー制御にまつわる装備も充実しており、可変ダンパーの「ポルシェアクティブサスペンション・マネジメント」に加え、チャンバーの容量を60%増量した「3チャンバーエアサスペンション」や、「リアアクスルステア」、「ポルシェダイナミックシャシーコントロールスポーツ」が新たに設定。

これらの技術の採用により新型「パナメーラ」は高い動力性能を実現しており、とくに4リッターV8ツインターボを搭載した「パナメーラターボ」は、ニュルブルクリンク北コースにおいて7分38秒というタイムを記録しています。

値引きで買うような車ではありませんし、値引きが無いとも言われるポルシェ。

実際はどうなのでしょうか? そのあたりについて、

「新型パナメーラ 値引き術!」で詳しく解説しています。


スポンサーリンク

ポルシェ新型「パナメーラ」、新車情報

porsche-panamera-image[5]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

スポーツ性能とダイナミックさを兼ね備えたポルシェの4シーターモデル「パナメーラ(Panamera)」のラインナップは、先代を30ps上回る最高出力404kw(550ps)/5,750rpmと70Nm上回る最大トルク770Nm/1,960~4,500rpmを発揮する4.0LV8ツインターボエンジンを搭載した「パナメーラ ターボ」

最高出力324kw(440ps)(先代比20psアップ)を公称回転数をわずかに上回る5,650rpmで発揮する2.9LV6ツインターボエンジンを搭載した「パナメーラ4S」、プラグインハイブリッドモデル「パナメーラ4E-ハイブリッド」が設定されています。

今回、243kw(330ps)を発生する新型V6ターボエンジン搭載モデル「パナメーラ」、「パナメーラ4」及びボディを延長したエグゼクティブバージョン「パナメーラ4エグゼクティブ」、「パナメーラ4E-ハイブリッドエグゼクティブ」、「パナメーラ4Sエグゼクティブ」、「パナメーラターボエグゼクティブ」が設定されました。

新型V6エンジンは、先代パナメーラに搭載されていたエンジンの最高出力を20ps上回りながら、燃料消費量は1L/100km低減されています。

また、後輪駆動(FR)の「パナメーラ」、4WDの「パナメーラ4」、さらにロングホイールベースの「パナメーラ4エグゼクティブ」に新しい330psエンジンが搭載されました。

150mm長いホイールベースを備えたエグゼクティブモデルは、トップエンドのグレードで、ボディと装備が拡大されています。

エグゼクティブバージョンでは、標準装備に大型パノラミックルーフ、フロントとリアのマルチウェイ電動調節式コンフォートシート(ヒーター付き)、電子制御ダンパーシステムPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネジメントシステム)を含むアダプティブエアサスペンション、および後席ヘッドレスト後方のロールアップサンブラインドが追加されました。

「パナメーラ4Sエグゼクティブ」と「パナメーラターボエグゼクティブ」には、リアアクスルステアとソフトクローズドアも標準装備し、最もパワフルなモデルである「パナメーラターボエグゼクティブ」には、4ゾーンクライメートコントロール、ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)を含むLEDヘッドライト、およびアンビエントライトなども追加されています。

2組の折り畳み式テーブルと新開発の大型リアセンターコンソールがオプションで用意されています。

porsche-zoom[1]porsche-zoom[1] (2)

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

また、デジタル化が進められた操作インターフェイスも新型の特徴で、メーターには中央のエンジン回転計を挟むように2つの7インチディスプレイが搭載され、センターコンソールに配置された押しボタン式のスイッチなどは大幅に削減され、それに代わって空調などを操作するタッチスクリーンが装備されました。

インフォテインメントシステムには、12.3インチタッチスクリーンを備えた最新世代の「ポルシェ・コミュニケーション・マネジメントシステム」が採用されています。

運転支援システムも充実しており、配光制御機能付のLEDヘッドランプ、アダプティブクルーズコントロール、ナイトビジョンアシスト、レーンキープアシスト、レーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付パークアシストなどが用意されています。

ラインナップと車両価格は次の通りです。

porsche-zoom05

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

・パナメーラ

11,328,000円

・パナメーラ4

11,828,000円

・パナメーラ4エグゼクティブ

13,030,000円

・パナメーラ4S

15,910,000円

・パナメーラ4Sエグゼクティブ

17,620,000円

・パナメーラ4E-ハイブリッド

14,070,000円

・パナメーラ4E-ハイブリッドエグゼクティブ

15,290,000円

・パナメーラターボ

23,270,000円

・パナメーラターボエグゼクティブ

25,400,000円


スポンサーリンク

まとめ

porsche-zoom[1]

引用:http://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/

圧倒的なパワーと上質さを兼ね備えた新型「パナメーラ」は、今や「911」とともにポルシェを代表するプレミアムなモデルとなりました。

いよいよ、ロングホイールベースバージョン「エグゼクティブ」に加えて、トップグレード「パナメーラ ターボ S E-ハイブリッド」がデビューしました。

さらに、パワフルでラグジュアリーサルーン「パナメーラ」は、一度はハンドルを握りたい逸品です。

→ 新型パナメーラを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク