新型レクサスLX 値引き術!

8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型レクサスLXの値引き方法について情報をまとめました。

新型レクサスLXはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。


スポンサーリンク

新型レクサスLXの値引きの相場

005_o

引用:http://autoc-one.jp/lexus/newmodel-2307310/photo/0002.html

新型レクサスLXの値引き情報については、ネットで調べてもあまり見かけることがないと思います。

WS000010

引用:http://kakaku.com/kuruma/nebiki/K0000089777/

「価格.com」の値引き情報の口コミをチェックしても、投稿は2件しかありません。

つまり参考になる情報が圧倒的に少ないわけです。

そんな中で編集部で独自に調査した2017年1月時点での新型レクサスLXの値引き状況は、車両本体価格からの値引きがなし、オプション価格の総額からの値引きが10万円、合計10万円前後の値引きが目標となります。

実質値引きは0円だと考えていた方が良いでしょう。

もし値引きがあるとしたらディーラーオプションから多少値引きがあるか、あるいはディーラーオプションの何かがサービスでついてくる、という程度だと思います。

これだけ強気の販売をしているのは、レクサスは日本国内でLXをあまり本気で売る気がない、ということかもしれません。

というのも新型レクサスLXは元々北米向けに開発されたもので、今では欧州、中近東、ロシア、アジアなども含めた世界中で販売されています。

つまり海外での販売比率が圧倒的に高く、日本国内への投入は現行型が発売されてから8年も経過した2015年、初代が発売されたのは1996年ですから、実に19年も経ってからのことでした。

国内投入を決めたのは「ラグジュアリーSUV」と言うジャンルが日本でも受け入れられる環境が整ってきたことが理由だと思われますが、レクサス的には販売台数を稼ぐため、利益を得るために値引きをしてまで販売する車種ではない、ということでしょう。

新型レクサスLXを購入するにあたって、値引きを期待するのは止めた方が良さそうです。

あくまでも定価で買う覚悟で、気持ち程度の値引きがあればラッキー、程度に考えておきましょう。


スポンサーリンク

レクサスは一切値引きをしてくれない?

0141_o

引用:http://autoc-one.jp/dealer/report/lexus/dealer-report-396282/

新型レクサスLXの購入時に限らず、レクサスはどの車種を買うにあたっても値引きを一切してくれない、という噂があると思います。

この噂の真偽は「当たらずとも遠からず」というのが妥当なところです。

メーカーであるトヨタの方針として「レクサスは値引きをしないで売る」というのがあるのはどうやら間違いないようです。

これは利益云々というよりもブランドイメージを維持することが目的でしょう。

しかし実際にレクサスオーナーに話しを聞いてみると「購入した時に値引きがあった」と言う方は少なからずいらっしゃいます。

つまりメーカーの方針はどうであれ、実際の販売現場での値引きは行われている、ということです。

これが「当たらずとも遠からず」の意味です。

しかしレクサスオーナーが受けた値引きの状況を詳しく見てみると、「ディーラーオプションからの値引きが多い」という法則が浮かび上がってきます。

img_floor_mat_typea_01

引用:https://lexus.jp/models/lx/specifications/dealer_option/recommended_item/index.html

img_number_frame_02

引用:https://lexus.jp/models/lx/specifications/dealer_option/recommended_item/index.html

例えば新型レクサスLXのディーラーオプションには「フロアマット タイプA」や「ナンバーフレーム(フロント・リヤ)&ロックボルト(ロゴ入り)セット」を始めとして、数々のものが用意されています。

これらのディーラーオプションが無料サービスされる、合計金額から多少値引きされる、ということはよくあるようです。

レクサスはディーラーオプションの単価も比較的高く、上記のフロアマットも129,600円となっていますので、もし仮にこれが無料サービスとなれば実質約13万円の値引きとなります。

また、納車と同時に様々なカーケアサービスを付帯する場合にはこれらが無料サービスで施工されることもあります。

img_key_visual

引用:https://lexus.jp/models/lx/specifications/dealer_option/car_care/index.html

例えば「ガラスコート」は約10万円しますので、これが無料サービスされると実質的な値引き金額としては決して小さくありません。

レクサスで新車をお買い得に購入するためには、これらディーラーオプションの値引きや無料サービスに的を絞って交渉するのが近道だといえるでしょう。

本体価格からは一切値引きがないレクサスですが、別のアプローチから、お得に購入することができます。

→ 新型レクサスLXを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

ぜひ参考に、お得にレクサスLXを購入してください。


スポンサーリンク

新型レクサスLXを出来るだけ安く買うには

014_o

引用:http://autoc-one.jp/lexus/newmodel-2307310/photo/0012.html

新型レクサスLXの値引きはほとんどされない、ということがわかりましたが、そうは言っても定価が1100万円と非常に高価な車ですし、どうせ買うなら少しでも安く買いたいと考えるのが人情というものでしょう。

そこでおすすめしたいのが「登録済未使用車」や「展示アップ車」「試乗アップ車」を狙う、という方法で、これらは中古車市場に流通しています。

topics_outline

引用:https://cpo.lexus.jp/

登録済未使用車とは、ディーラーが販売台数を稼ぐために自社が販売する新車を自社で買い上げて、自社の名前で登録をした(ナンバーを取得した)ことがあるものです。

一旦登録した後に自社系列の中古車販売店などに並べて販売するわけです。

なぜこのようなことが行われるのかというと、ディーラーへはメーカーから販売台数に応じた「販売奨励金」のようなものが出ることがあるからです。

ディーラーが自社で販売する車を新車で買い上げて多少安い値段で中古車市場で販売する、ということは、ディーラーにしてみれば明らかに損をするわけですが、損を覚悟してでも販売台数を稼いで販売奨励金をゲットすればトータルで見ればプラスになることもあります。

1度ナンバーがついてしまっているので新車ではありませんが、このような車は「ほぼ新車」なので、ボディカラーやグレード、装備品等が自分の好みと合えば非常にお買い得ということになります。

つけられている価格はまちまちですが、新車を値引きしてもらって買うよりも更に安くなっていることがほとんどで、新車価格から50万円程度安くなっていることはザラにあります。

「展示アップ車」や「試乗アップ車」は、文字通り展示車両や試乗車両としてディーラーで使われていたものになります。

展示アップ車は走行距離はほとんどいってないと思いますが、とにかく大勢のお客さんに内外装をベタベタと触られ、ボンネットやトランク、ドアを何度も開け閉めされていますので、多少細かい傷や劣化が見られると思います。

試乗アップ車は試乗で使われているだけあってナンバーをつけて大勢のお客さんに乗られていますし、走行距離も多少伸びていると思います。

どちらも「人の手垢がついている」状態ですが、その分価格は登録済未登録車以上にお安くなっています。

WS000011

引用:http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU5196193584/index.html?TRCD=200002

これは本稿執筆時(2017年1月)にかろうじてカーセンサーで見つけたのが走行距離0.1万km(1000km)で、新車価格から50万円安い1050万円でレクサスディーラーが販売していたものです。

次回車検が2019年3月ということは、初回登録をされたのが今から10ヶ月前の2016年3月になります。

この「10ヶ月」「1000km」という数字を考えると恐らく試乗車として使われていたのではないかと思われます。

「ほぼ新車」を安く買うための方法としてこの「登録済未使用車」「試乗アップ車」「展示アップ車」を狙う、というのは定番ですが、新型レクサスLXの場合はこれらを見つけることすらちょっと難しい、というのが現実です。

狙う場合は時間を掛けて根気よく探す覚悟でいた方が良さそうです。


スポンサーリンク

新型レクサスLXの値引き術のまとめ

20160105-20102716-carview-008-2-view

引用:http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20160105-20102716-carview/photo/9/#contents

以上、新型レクサスLXの値引きについてまとめてみました。

LXに限らずレクサスの新車を値引きしてもらって買うのは難しい面がありますが、ディーラーオプションやカーケアサービスを狙えば活路は見えてきます。

ただしレクサスの車は何かトラブルが生じた時に「街中のガソリンスタンドやカー用品店、自動車整備工場では手に負えない」ということが結構あります。

言い換えればレクサスディーラーでないと出来ない(難しい)整備が多く、普通の車を買う時以上に買った後のディーラーとの付き合いというものが重要になってきます。

つまりしつこく値引きを迫ってディーラーに渋い顔をされるよりは、持ちつ持たれつの良好な関係を築いておいた方が得かもしれません。

必要以上に値引きのこだわるのは考えものだと言えるでしょう。

→ 新型レクサスLXを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう