新型ミライ―ス (2017年) スペックまとめ!

2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ミライ―ス (2017年) のスペックが公開されています。

こちらでは新型ミライ―ス (2017年) のスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

「ダイハツ・ミライース」は、低燃費・低価格の軽自動車として、順調に販売を伸ばしています。

今回、基本性能はそのまま継承しながら、2代目へとモデルチェンジが行われました。

新型となった「ミライース」の特徴と魅力をご紹介します。

新しくなった「ミライース」、ご検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、気になるスペックは?

07_01_01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

それでは、新型「ミライース」のスペックを見ていきましょう。

新型「ミライース」の外観は、先代型に比べて滑らかな形状となりました。ボンネットは長く見せるデザインで、ボディ前端まで水平に近い角度で長くのばされています。

サイドラインは、空気抵抗を抑える形状が取り入れられ、フロントウインドウはボンネットの部分から滑らかに立ち上がり、天井は後方に向けて少し下降しています。

07_01_01[1] (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

内装は、シンプルで機能的なデザインが採用され、メーターはデジタル表示で、速度が大きく表示されて見やすくなっています。速度表示の右側には、マルチインフォメーションディスプレイが装着され、「X”SAⅢ”」と「G”SAⅢ”」の上級グレードには、TFT液晶が使われ視認性を高めています。

インパネ中央にはカーナビの画面を収めるスペースがあり、その下にはATレバーとエアコンのスイッチが配置され、エアコンは「G”SAⅢ”」グレードがオートタイプ、それ以外のグレードはマニュアルタイプとされていて、手探りの操作も容易となっています。

また、インパネの両端に掘り込み式のカップホルダーや横長のトレイが備わり、日常的な使い勝手が向上しました。

さらに、ハンドルやペダルの取り付け位置が見直され、体格に合った運転姿勢がとることができ、ハンドルのグリップも太く、握りやすくなりました。

主なスペック

(2WD)

hyou801

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

(4WD)

hyou 802

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ボディサイズは全長が先代型に比べて10mm延長されたものの、ホイールベースが2,455mmと先代型を踏襲しています。

それでも前後席に座る乗員同士のヒップポイント間隔は910mmを確保しており、後席の前後方向の足元空間が十分に確保され、ベーシックな軽自動車でありながら、大人4名がしっかり乗れる広さを持っています。

design01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」のエンジンは、ターボを搭載しない自然吸気のみとなっています。

車両重量も2WDの「L」「B」グレードは650kg、中級グレードの「X”SAⅢ」、上級グレード「G”SAⅢ」でも670kgに収まり、したがってターボを装着しなくとも動力性能には不足はなく、自然吸気のノーマルエンジンとなりました。

最高出力49馬力(6800回転)、最大トルク5.8kg・m(5200回転)とされ、先代型と同じですが、新型では実用回転域の駆動力が高められています。

車両重量が80kg軽くなったことで、加速力に余裕が出たと言われています。

また、アクセル操作に対してエンジンが忠実に反応するチューニングが行われ、先代型と比べると速度の微調整が容易となっています。

eco01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

「ミライース」は、昨今の燃費の優れた軽自動車の中でも、とくに低燃費で注目されています。

新型「ミラーイース」のJC08モード走行燃費は、2WDの「B」と「L」が安全装備を装着した「SAⅢ」を含めて35.2km/L、中級の「X”SAⅢ”」、上級の「G”SAⅢ”」は34.2km/Lとなっています。

先代のJC08モード燃費は、最上級のG・SAグレードを含めて2WDの全車が35.2km/Lとなっていましたが、新型「ミライース」のJC08モード燃費が先代型と同等か、また少し下がった理由は、走行性能と実用燃費を向上させたためといわれています。

言い換えれば、先代型と同等のJC08モード燃費を達成したうえで、動力性能と実用燃費を引き上げたという訳です。

先代ミライースに限らず近年の低燃費車では、JC08モード燃費と実用燃費の格差が大きいことをユーザーから指摘されています。カタログ燃費を向上させたことで実用燃費が悪化したのでは、クルマの性能として本末転倒といわれても仕方ないと思われます。

「ミライース」では、モデルチェンジによってそこを改めて、JC08モード燃費に偏らない車造りを行ったと言われています。

先代型と同等のJC08モード燃費を維持しながら、動力性能や実用燃費を向上するためにお新型「ミライース」が行ったことは、ハイブリッドシステムの搭載ではなく軽量化とエンジンなどの効率の向上なのです。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、その特徴と魅力

main01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ダイハツ・ミライースは、燃費性能を追求したセダンタイプの軽自動車で、今回、モデルチェンジした新型は2代目となります。

従来モデルが備えていた高い経済性に加え、動力性能や快適性を改善、さらに各グレードに最新バージョンの運転支援システム「スマートアシストⅢ」を設定し、低燃費、低価格にとどまらない「プラスアルファの魅力」を付与しています。

design_tmb_paragraphImg01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」は、車両構造から見直され、現行型「ムーヴ」から導入が進められている、軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用し、従来モデルから一新しています。

サイドアウターパネルの全面を厚板のハイテン材とし、車体への入力をボディ全体で受け止める構造とすることで、部品点数の削減と軽量化、衝突安全性の向上、ボディ剛性の強化を実現しています。

さらに、タイヤメーカーと共同開発した、”国内最軽量”の13インチタイヤの採用や、ブレーキ、サスペンション、ステアリング機構の軽量化、フロントフェンダーやバックドアへの樹脂パーツの採用、内装部品の合理化などにより、車両全体で従来モデルより80kgの軽量化を実現しました。

空力性能を向上させたボディ形状、メカニカルロスの低減を追求したKF型3気筒エンジンなど、クルマ全体を通して燃費抑制の工夫がなされました。

その一方、動力性能や快適性についても重視され、パワープラントでは、アクセル開度に対してリニアに駆動力を発生させ、加速性能をを高めるためにエンジンとCVTの制御を変更するとともに、足回りでは快適な乗り心地と高速走行時の操縦安定性を目指して、アーム形状やブッシュ、ダンパー、スプリングの特性などを最適化し、上級グレードの「G」、「X」には、KYBと共同開発した超飽和バルブ採用の専用ダンパーが装備され、さらにボディ各部への吸遮音材の最適配置により、走行時の騒音も低減しています。

ちなみに、JC08モード走行燃費は、2WD車が34.2~35.2km/L、4WD車で32.2km/Lを実現し、運動性能や快適性を高めつつ、従来モデルとほぼ同等の燃費性能が保たれています。

07_01_03[1] (2)design_tmb_paragraphImg02[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新しい車両構造が採用されたことで、パーッケージングも改善され、具体的には、室内長及び前後席間距離の拡大によって、大人4人がしっかり乗れる空間が確保されたほか、アクセルペダルやステアリングホイールの位置を見直すことで、自然なドライビングポジションが実現し、さらに新開発のシートは乗り心地やホールド性に優れるだけでなく、着座位置の最適化によって前方上方視界の改善と、ゆとりある頭上空間の確保にも寄与しています。

safety_img02[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

安全装備も大幅な強化が図られ、最新バージョンのステレオカメラ&ソナー方式の運転支援システム「スマートアシストⅢ」の採用で、従来モデルから飛躍的に機能が向上しました。

衝突警報や自動緊急ブレーキが車両だけでなく歩行者も検知するようになったほか、その作動速度域も大きく拡大しました。また、誤発進抑制制御機能は、前進時だけでなく後進時にも作動し、さらに、車線逸脱警報、オートハイビームなどの新機能も追加されています。

この他にも、軽自動車として初めてフロント2個、リア2個のセンサーからなるコーナーセンサーを「スマートアシストⅢ搭載車」に標準装備し、こちらも軽自動車初となる電気スイッチ式バックドアオープナーや、上級グレードには新開発のLEDヘッドランプ、TFTマルチインフォメーションディスプレイなどが装備されています。

13_01_03_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ラインナップと車両価格は次の通りです。

・B

2WD

842,400円

4WD

972,000円

・B”SAⅢ”

2WD

907,200円

4WD

1,036,800円

・L

2WD

874,800円

4WD

1,004,400円

・L”SAⅢ”

2WD

939,600円

4WD

1,069,200円

・X”SAⅢ”

2WD

1,080,000円

4WD

1,209,600円

・G”SAⅢ”

2WD

1,209,600円

4WD

1,339,200円


スポンサーリンク

まとめ

section02_bg[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」の燃費数値を追わない開発姿勢は、今の過熱気味の燃費競争の中で、注目が集まっています。

また、ベーシックな軽自動車に高度な安全装備を妥当な価格で採用したことも同等といえます。

やや地味なクルマですが、軽自動車の本質を突いた商品となっているのではないでしょうか。

兄弟車のトヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオプラスもそれぞれモデルチェンジされ、引き続きミライースの[OEM]供給を受けています。

新型「ミライース」を検討するなら、これらの情報もあわせて比較してみてはいかがでしょうか。

比較してみると、ミライースの良さが更にわかるはずです!そんなミライースを値引きをすることで、更にお得に購入してみませんか?

是非こちらをご覧になって、あなただけのミライースを手に入れてみてはいかがですか?

新型ミライースの値引きの方法については、

「新型ミライース 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう