新型ミライ―ス (2017年) 燃費まとめ!

4

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ミライ―ス (2017年) の燃費情報が公開されています。

こちらでは新型ミライ―ス (2017年) の燃費に関するデータをご紹介します。

最近の軽自動車は低燃費は当たり前、いかに居住性を向上させるか、またはきびきびと小気味よい走りを重視するのか、そんな激しい競争を繰り広げるなかで、「ダイハツ・ミライース」は、大幅なモデルチェンジを行いました。

優れた燃費性能と求め安い価格設定で好評を博す「ミライース」のモデルチェンジの特徴と、燃費性能について、レポートも交えて、ご紹介します。

軽自動車もいいなと思われている方、参考にどうぞ。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、気になる燃費は

main01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」は、運動性能や利便性、安全性が向上しながら、従来型とほぼ同じく優れた燃費性能を発揮しています。

■新型「ミライース」の燃費性能

・L”SAⅢ”(2WD)、L(2WD)、B”SAⅢ”(2WD)、B(2WD)

JC08モード走行燃費

35.2km/L

・G”SAⅢ(2WD)、X”SAⅢ”(2WD)

JC08モード走行燃費

34.2km/L

・4WD車

32.2km/L

design01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

■みんなの燃費(2WD)、2名乗車時の目安)

・高速道路中心

22~25km/L

・郊外・幹線道路

23~26km/L

・渋滞のある市街地

18~24km/L


スポンサーリンク

新型「ミライース」、燃費レポート

design03[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ミライースの新型開発にあたっては、1000人以上のユーザー調査を実施し、その結果を踏まえ、”低燃費、低価格は当たり前”となった今、より高い付加価値を求め、安心、安全を追求したとわれています。

それとともに約80kgの軽量化した部分を、走行性能向上などに向けることで、先代同様の燃費34.2km/L(JC08モード燃費)を確保しながら、走行フィーリングの向上を実現しています。

その他、コーナーセンサーや先代を踏襲した手引きのサイドブレーキ、大型のセンタートレイなども、ユーザー調査を反映させています。

パワートレインはこれまで同様3気筒660ccエンジンとCVTが組み合わされ、

最高出力

49ps/6,800rpm

最大トルク

57Nm/5,200rpm

を実現し、”走りの質”を追求するため、エンジンとCVTの協調制御を最適化するなど、アクセル操作に対し、リニアな加速を実現ししています。

design_tmb_paragraphImg01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

テスト車は最上級グレード「G”SAⅢ”」、市街地や郊外路、高速道路など合計800kmを走行しました。

■一般道での実燃費

19.7km/L

走行距離

295.9km

■郊外路の実燃費

26.7km/L

走行距離

412.1km

■高速道路での実燃費

23.3km/L

走行距離

168.9km

section02_bg[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

実燃費比較

新型「ミライース G”SAⅢ”」

ミライース 旧型・初期モデル

スズキ・アルトX

hyou601

引用:http://autoc-one.jp/

新型「ミライース」を約800kmテストした結果、実燃費は23.2km/Lとなりました。

これは先代から1.2km/Lプラスで、スズキ・アルトとの比較では1.5km/L下回っていますが、JC08モード燃費のアルトとの差3.2km/Lを考慮すれば、十分検討していると言えます。

また、新型「アルト」とに比較では、いずれの項目もわずかずつアルトを下回っており、この要因はCVTの機構、制御が大きくかかわっていると思われます。

先代との比較では、高速道路で大きく下回りました。これは先代をテストした際、エコランを意識した走りをしており、一方、今回はあまり燃費を意識せず、一般のドライバーが”ふつう”に使ってみて、どのような結果となるかに重点を置いたためと思われます。

■総合評価

新型「ミライース」を試乗した印象を一言でいえば、しなやかでやさしいクルマといえます。

アルトのきびきびしたスポーティーなイメージとは対極にあり、それぞれのポジショニングが走りの面でも確立されています。

どちらを選ぶか悩ましいところですが、燃費で大差なく(新型「ミライース」:23.2km/L、アルト:24.1km/L)、普段おもに使うシチュエーションで選択するのがいいでしょう。

具体的には、ミライースの場合は街乗りがメイン、あるいはゆったりと乗りたいか、軽とはいえきびきびと走らせた以下で選ぶのがいいでしょう。

いずれも室内の広さは十分だし、装備も差異はほとんどありません。

私なら、アルトの走りの良さに後ろ髪をひかれつつミライースを選ぶかもしれません。

郊外でずっと乗り続けるわけでもなく、デパートなどでの自走式駐車場での徐行時や、渋滞時など一番アクセルワークに気を使いたくないときに、ギクシャクした動きはストレスと感じて、アクセルワークが乱暴になりがちですが、その点ミライースには不自然な動きを感じられませんでした、

それだけでもミライースを選択する価値はあると思います。


スポンサーリンク

新型「ダイハツ・ミライース」とは

07_01_01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

「ダイハツ・ミライース(e:S)」は、エコ(エコロジー+エコノミー)をコンセプトに、デザイン性や、4人がしっかり乗れる広さ、利便性、安全性を兼ね備えたモデルチェンジを行いました。

安心な運転につながる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム「スマートアシスト」の最新バージョン「スマートアシストⅢ」を同社として初めて採用しました。

エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを低減することで、エネルギー効率を改善し、CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実施しました。

また、現行型「ムーヴ」から導入が進められている軽量高剛性ボディ「Dモノコック」、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装部品の合理化・薄肉化などにより、従来車より最大80kgの軽量化を実現し、、JC08モード走行燃費で35.2km/L(L、L”SAⅢ”、B、B”SAⅢ”の2WD車)の低燃費を実現しました。

14_01_01[1]07_01_01[1] (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的存在感のあるバンパーの造形で「安全・安心感」を表現するとともに、新開発のLEDヘッドランプの採用し、反射板の際て内地により、点灯時の輝きを増し、デザイン性が向上しています。

使い勝手を考慮した快適装備として、掘り込み式インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)など、手の届く位置にポッケテリアを充実配置したうえ、バックドアには軽自動車初となる電気スイッチ式バックドアオープナーを採用しました。

安全装備では、世界最小サイズの高性能ステレオカメラを採用した最新バージョンとなる「スマートアシストⅢ」の採用により、歩行者検知対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性が実現されました。さらに、スマートアシスト装着車には、フロント2個、リア2個のコーナーセンサーを標準装備しています。

ラインナップは、エントリーグレード「L」、「L”SAⅢ」、上級グレード「X”SAⅢ”」、最上級グレード「G”SAⅢ”」、ビジネス用途向け「B」、「B”SAⅢ」が用意され、それぞれに2WDと」4WDの駆動方式が設定されています。

車両価格は次の通りです。

13_01_01_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

・B

2WD

842,400円

4WD

972,000円

・B”SAⅢ”

2WD

907,200円

4WD

1,036,800円

・L

2WD

874,800円

4WD

1,004,400円

・L”SAⅢ”

2WD

939,600円

4WD

1,069,200円

・X”SAⅢ”

2WD

1,080,000円

4WD

1,209,600円

・G”SAⅢ”

2WD

1,209,600円

4WD

1,339,200円


スポンサーリンク

まとめ

07_01_03[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

いかがでしたか。

本来の低燃費・低価格を維持しつつ、快適さや利便性を重要視した新型「ミライース」は、宿敵スズキ・アルトとほぼ同等の性能を持ち、順調に売り上げを伸ばしています。

そして、なによりも最新バージョンの「スマートアシストⅢ」とコーナーセンサーなど、先進の安全装備の充実が大きな魅力となっています。

今、一番のおススメです!一度、お試しください。

そんな、特にオススメなミライースですが、低価格・低燃費を売りにしています。

そこで、気になるのがこの価格から更に安く買えるのかということです。

あるんです!ぜひこちらをご覧いただき、ミライースをお得に購入してみてはいかがですか?

新型ミライースの値引きの方法については、

「新型ミライース 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう