新型ミライ―ス (2017年) 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ミライ―ス (2017年) の価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは新型ミライ―ス (2017年) の価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

燃費の良さで大好評の「ダイハツ・ミライース」が、2017年にフルモデルチェンジしました。

そこで、モデルチェンジの概要をお伝えします。

よりスタイリッシュな新型「ミライース」、検討してみてはいかがですか。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、ラインナップを紹介。

01_05[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ラインナップは、ベースグレード「L」「L SAⅢ」から上級グレードの「X SAⅢ」「G SAⅢ」、ビジネス用途向けとして「B」、「B SAⅢ」を設定しています。

グレードごとの車両本体価格を紹介します。

13_01_04_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

(2WD)

842,400円

(4WD)

972,000円

B”SAⅢ”

(2WD)

907,200円

(4WD)

1,036,800円

13_01_03_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

(2WD)

874,800円

(4WD)

1,004,400円

L”SAⅢ”

(2WD)

939,600円

(4WD)

1,069,200円

13_01_02_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

X”SAⅢ”

(2WD)

1,080,000円

(4WD)

1,209,600円

13_01_01_photo[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

G”SAⅢ”

(2WD)

1,209,600円

(4WD)

1,339,200円

主な装備(G”SAⅢ”)

13_01_01_option[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

14インチアルミホイール

LEDヘッドランプ

(ロー/ハイビームマニュアルレベリング機能、LEDクリアランスランプ付)

オート格納式ドアミラー

(キーフリー連動・カラードドアミラー)

オートエアコン

自発光式デジタルメーター

(ブルーイルミネーションメーター)

(TFTマルチインフォメーションディスプレイ)

キーフリーシステム

(イモビライザー付、運転席/助手席/バックドアリクエストスイッチ付)


スポンサーリンク

新型「ミライース」、お薦めのグレードは?

07_01_02[1]07_01_01[1] (2)

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

新型「ミライース」の外観は、先代型に比べて滑らかな形状のフロントマスクとなりました。

ボンネットはボディの前端まで、水平に近い角度で長くのばされています。

このことによってボンネットを長く見せているのです。

フロントウインドウはボンネットの部分から滑らかに立ち上がり、天井は後方に向けて少しだけ加工しています。

塊感のあるボディスタイルで、空気抵抗を抑える上でも有利となっています。

内装は、シンプルで機能的なデザインで、メーターはデジタル表示を採用し、大きく表示されることで見やすい速度表示の右側には、マルチインフォメーションディスプレイが装着されて各種の譲歩が表示されます。

X・SAⅢとG・SAⅢグレードでは、TFT液晶を使うことで視認性が高められています。

インパネの中央にはカーナビを収めるスペースがあり、その下側にはATレバーとエアコンのスイッチが配置されています。

エアコンはG・SAⅢグレードはオートタイプ、それ以外のグレードはマニュアルタイプで、操作も容易となっています。

ボディサイズは全長が先代に比べて10mm延長されていますが、ホイールベースを含めて基本的に先代型を踏襲しています。

それでも前後席に座る乗員同士のヒップポイントは確保されており、ベーシックな軽自動車でありながら、大人4名の乗車が可能と言う内装の広さも魅力の一つとなっています。

新型「ミライース」のエンジンは、ターボを搭載しない自然吸気のノンターボモデルのみとなります。

燃費性能を重視した低価格の軽自動車という位置付けで、車両重量も2WDのLとBグレードは650kgと軽く、中級グレードのX・SAⅢ、上級グレードのG・SAⅢでも670kgに収まっており、ターボを装着しなくとも動力性能には不足は感じられません。

最高出力は49馬力/6800回転、最大トルク5.8kgm/5200回転で、実用回転域での駆動力が高められ、加速力に余裕が感じられます。

一番気になるJC08モード燃費は、2WD(FF)のBとLグレードが安全装置が装着されているSAⅢを含めて35.2km/L、中級のX・SAⅢと上級のG・SAⅢは34.2km/Lを実現しています。

グレードの構成はB/B・SAⅢ/L/L・SAⅢ/X・SAⅢ/G・SAⅢの6種類が用意されています。

実用性を重視するならL・SAⅢ(939,600円)、スマートアシストⅢは備わるものの、電動格納式ドアミラーなどは装着されていません。

そこでX・SAⅢ(1,080,000円)がおススメのグレードとなります。

LEDヘッドランプ、全面UVカットガラス、車速感応間欠ワイパーなどが標準装備され、内装も儒実しています。

L・SAⅢに比べて140,400円高くなりますが、価格上昇に見合う装備が用意されています。

やや地味なクルマですが、軽自動車の本質をついた仕上がりとなっています。


スポンサーリンク

新型「ミライース」、フルモデルチェンジ!

07_01_01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

燃費性能を追求したセダンタイプの軽自動車として登場した「ダイハツ・ミライース」が、2代目としてフルモデルチェンジが行われました。

従来モデルが備えていた優れた高い経済性に加え、今の軽ユーザーが重視していると言われる「こだわり・安心・品質」について配慮され、優れた燃費性能を保ちつつ、動力性能や快適性を改善し、各グレードに最新バージョンの運転支援システム「スマートアシストⅢ」を設定するなど、低燃費、低価格にとどまらない「プラスアルファの魅力」が付与されました。

main01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

ではどのような変更が行われたのでしょうか。

新型「ミラ・イース」では、安心な運転につながる基本性能を向上させるとともに、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を同社では初めて採用しています。

「スマートアシストⅢ」は、世界最小サイズの高性能なステレオカメラを採用することで、歩行者対応の衝突回避支援ブレーキやオートハイビームなど高い安全性を実現しました。

また、軽自動車で初めて、フロントに2個、リアに2個のコーナーセンサーをグレード別に標準装備しています。

エンジンは従来のKF型をベースに、オルタネーターへ回転を伝えるベルトを低フリクション化するなどメカニカルロスを、エネルギー効率が改善されています。

CVTは、従来型をベースとしながらCVTケースの薄肉化を図り、軽量化を実現し、また、「ムーヴ」から導入が進められている軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を採用し、足回り部品の最適化、樹脂パーツの採用、内外装品の合理化、薄肉化などにより、従来車より最大80kgの軽量化を実現し、JC08モード走行燃費で35.2km/L(L、L”SAⅢ”、B、B”SAⅢ”の2WD車)の低燃費を実現しています。

07_01_03[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

高い質感と安心感を表現したエクステリアは、ノーズを長く見せ、ドアから連続する立体的で存在感のあるバンパー造形で「安全・安心」を表現しました。

新開発のLEDヘッドランプは、反射板の最適な配置により、点灯時の輝きを増し、デザイン性を向上しています。

使い勝手の良い快適装備としては、掘り込み式インパネドリンクホルダー(運転席、助手席)など、手の届く位置にポッケテリアを配置するとともに、バックドアに軽自動車初となる電気スイッチ式バックドアオープナーを装備しました。


スポンサーリンク

まとめ

design_tmb_paragraphImg01[1]

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/

いかがでしたか。

低燃費で動力性能もそん色のない新型「ミライース」は、ただむやみに燃費を追求するのではなく、性能や快適さ、そして安全性を追求したクルマとなっています。

今や、軽自動車も快適な乗り物として見直されています。

一度、体感してみてはいかがでしょうか。

なお、ミライースの兄弟車である「トヨタ・ピクシスエポック」、「スバル・プレオ+」もそれぞれモデルチェンジしており、両者とも引き続きミライースのOEM供給を受けています。

新型「ミラ・イース」の導入を検討されるなら、そちらの情報もあわせて比較してみることをおススメします。

両者を比較してみて、やっぱりミライースがいい!という方は、是非一度値引き情報にも目を通してみてはいかがですか?

もちろん、誰がなんといってもミライースにするんだという方も、ぜひともご覧いただき、お得にこのミライースを購入してみてはいかがですか?

新型ミライースの値引きの方法については、

「新型ミライース 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう