新型ミライ―ス (2017年) 値引き術!

8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ミライ―ス (2017年) の値引き方法について情報をまとめました。

新型ミライ―ス (2017年) はどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、スタイリッシュなデザインや、4人がしっかり乗れる広さ、ユーザー目線の利便性、安全性を兼ね備えた「ダイハツ・ミライース(e:S)」が、フルモデルチェンジを行いました。

最新バージョンの衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が初めて搭載された新型「ミライース(e:S)のモデルチェンジの概要と、価格などをお伝えしながら、最新の値引き情報をご紹介します。

お財布にやさしいと言われる軽自動車をとご検討中の方、必見です。


スポンサーリンク

新型「ダイハツ・ミライース」、最新値引き情報

13_01_01_photo[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

最新値引き相場

・オプションを含む平均値引き額

7万円

ダイハツ・ミライースは、低価格をセールスポイントに挙げている車種で車両価格自体あまり高くなく設定されています。

しかも、モデルチェンジしたばかりということから大幅な値引きはあまり期待できません。

トヨタ・ピクシスエポック、スバル・プレオプラスといった姉妹車が多いことから、姉妹車との競合も効果があるかもしれません。

グレード構成は、エントリーグレード「B」、お買い得な中間グレード「L」、上級グレード「X」「G」となります。

「X」と「G」には、スマートアシスト機能であり”SAⅢ”が標準装備となり、「B」「L」では”SAⅢ”を選択することができます。

ちなみに、”SAⅢ”の価格差はBグレードで64,800円となっています。

2WDでの価格は「B」824,000円から、最上級の「G”SAⅢ”」1,209,600円までの価格帯で、価格差は37万円となっています。


スポンサーリンク

新型「ダイハツ・ミライース」、値引き交渉テクニック

introduction_img01[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

前に述べたように、新型「ミライース」はモデルチェンジが行われたばかりということから、あまり大幅な値引きは期待できません。

・値引き目標

8万円

位に設定しておきましょう。

「新型ミライースの値引き相場が分かりました。では商談へ!」

ちょっとお待ちください。焦りは禁物です。

商談に入る前に、今乗っているクルマの下取り相場を調べておきましょう。

自分の車の相場を知らずに商談に入ると、新型「ミライース」の魅力と「すぐ決めていただければ値引きを」という甘い誘いに負けて、下取り価格がルーズになってしまい、全体では損をすることにもなりかねません。

まずは「一括査定」サービスで、複数の買い取り専門会社に査定してもらいましょう。

意外な査定額が出るかもしれません。

ディーラーの下取り額と比較して、一番高くつけてくれたところに買ってもらうことが大事なことになります。

■ダイハツ・ミライースの競合車

・スズキ・アルト

styling9[1]img02[3]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

新型にモデルチェンジする際、大幅な軽量化を行ったスズキ・アルトは、先代までは低価格と燃費の良さくらいしかセールスポイントがありませんでしたが、次世代の軽自動車を感じさせるメカニズムの造り込みとデザインとなり、スズキ渾身の一台となりました。

アルトは「RS」や「ワークス」などスポーツモデルも追加され選択肢の幅が広がっています。

値引きは緩くはありませんが、「ミライース」も検討していることを伝え、少しでも多くの値引きを引き出しましょう。

eco01[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

■出来るだけ大きな値引きを引き出す交渉テクニック

・上級グレードを選ぶ

(中古でも高い価値が残りやすい)

・先行予約の特別キャンペーンを狙う

・金利を抑えた短いローンを組む

(ローンを組むと値引き額がアップしやすくなります)

・予約数より多く作られた在庫車を狙う

(予約のためにストックされていた車で、販売店は早く売りたいと思っています)

・ライバル店の多い地域で買う

(値引き競争を導きやすくなります)

・開店直後、閉店寸前に交渉にいく

(値引きのほか好条件が出やすくなります)

このような事前準備を整えたうえで、「新型ミライース」の値引き交渉に臨んでみてはいかがですか?


スポンサーリンク

新型「ミライース(e:S)」、モデルチェンジ!

main01[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

今回、モデルチェンジを行った新型「ミライース(e:S)」のラインナップは、「L」「L”SAⅢ”」「X”SAⅢ”」「G”SAⅢ”」、ビジネス用途向けの「B」「B”SAⅢ”」と多彩なバリエーションが用意されています。

safety_img02[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

新型「ミライース(e:S)では、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備として、ダイハツ・タントと同じように、世界で最小サイズのステレオカメラを採用するスマートアシストⅢ(スマートアシストの最新バージョン)が用意されました。この最新バージョンはカメラ方式のメリットを生かして、歩行者の検知も可能となっています。

「スマートアシストⅢ」は、衝突の危険を検知すると、車両に対しては時速100km、歩行者は時速50kmを上限に警報を発し、さらに衝突の危険が高まった時は、車両に対しては時速80km、歩行者は時速50kmを上限に緊急自動ブレーキを作動させ、衝突の回避が可能となっています。

この他時速60km以上では車線逸脱の警報を行い、ハイビーム走行時に対向車や先行車を検知すると、ロービームに自動的に切り替える機能も取り入れられています。

また、音波によるコーナーセンサーも装着され、車庫入れ時などに、障害物に接近すると警報を発します。

さらに、建物などに向けてアクセルペダルを深くふみこんだときは、ペダルの誤動作と判断してエンジンの出力を絞る機能も付け加えられています。

section02_bg[1]01_06[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

新型「ミライース」の外観は、、先代型に比べて滑らかなフロントマスクとなり、ボンネットはボディの先端まで、水平に近い角度で長く伸ばされ、ボンネットをより長き見せようというデザインが採用されています。

フロントウインドウはボンネット部分から滑らかに立ち上がり、天井は後方に向けて少し下降していて、今の流行に沿った塊感のあるボディスタイルで、空気抵抗を抑える形状となっています。

また、内装では、シンプルで機能的なデザインで、メーターはデジタル表示が採用され、大きくて見やすい速度表示の横には、マルチインフォメーションディスプレイが装着され各種の情報が表示されます。

「X”SAⅢ”」「G”SAⅢ”」の上級グレードには、TFT液晶が使われ視認性が向上しています。

表示される情報は、瞬間/平均燃費、燃費スコア、アイドリングストップの積算時間、キーフリーシステムの電池残量などが表示され、価格の安いベーシックな軽自動車でありながら、充実した情報表示となっています。

インパネ中央にはカーナビを収めるスペースがあり、その下側にATレバーとエアコンのスイッチが配置され、エアコンは「G”SAⅢ”」グレードがオートタイプ、それ以外のグレードはマニュアルタイプっとなります。

その他、収納部分や運転姿勢の改善なども行われ、先代ミライースと比べると日常的な使い勝手が向上しています。

エンジンは自然吸気のノンターボモデルのみで、最高出力は49馬力(6800回転)、最大トルク5.8kgm(5200回転)で、実用回転域での駆動力が高められ、先代と比べて車両重量が80kg軽くなっている分加速力に余裕が生まれています。

そして、その余裕から生まれたJC08モード燃費は

2WD

35.2km/L

(G”SAⅢ”、X”SAⅢ”は34.2km/L)

4WD

32.2km/L

design03[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

グレードと車両価格は次の通りです。

・B

2WD

842,400円

4WD

972,000円

・B”SAⅢ”

2WD

907,200円

4WD

1,036,800円

・L

2WD

874,800円

4WD

1,004,400円

・L”SAⅢ”

2WD

939,600円

4WD

1,069,200円

・X”SAⅢ”

2WD

1,080,000円

4WD

1,209,600円

・G”SAⅢ”

2WD

1,209,600円

4WD

1,339,200円


スポンサーリンク

まとめ

07_01_01[1]

引用:https://dport.daihatsu.co.jp/car/mira_e-s/

先代で築き上げた低価格と燃費の良さをそのままに、より安心な軽自動車として生まれ変わった新型「ダイハツ・ミライース(e:S)」はいかがでしたか。

まだ、発売されたばかりなので、あまり大きな値引きは期待できないようですが、それに勝る安全装備が大きな魅力です。

毎日の足として、使い勝手がよく燃費もお財布にやさしい新型「ミライース(e:S)」は絶対おススメです。

ここまで、値引き術を紹介してきましたが、実は値引き価格から更に、ミライースを安く購入することができる方法があるんです!ぜひご覧頂き、お得な買い物をしてみてはいかがですか?

→ 新型ミライースを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう