セレナ と ステップワゴン を比較!乗り心地・燃費・価格・カラーなどの違いは?

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



今の日本の自動車市場で大人気を集めているミニバンですが、中でも特に売れ筋なのが軽自動車のミニバン(軽ミニバン)と5ナンバーサイズのミニバンです。

5ナンバーサイズのミニバンの多くは排気量が2000cc以下のため燃費が良く経済性に優れていること、ボディサイズも5ナンバーサイズプラスアルファに留まるため、日本の道路事情にフィットして扱い易いことが人気の秘密です。

今回はそんな5ナンバーサイズのミニバンの中から、日産セレナとホンダステップワゴンの2車種をピックアップして比較します。


スポンサーリンク

セレナ・ステップワゴンの価格・値段を比較

1

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/

まず最初にセレナ・ステップワゴンの価格を比較してみたいと思います。

■セレナ

ハイウェイスターG

ハイウェイスターG(2WD):3,011,040円

ハイウェイスター

ハイウェイスター(2WD):2,678,400円

ハイウェイスター(4WD):2,965,680円

セレナG/セレナX/セレナS

G(2WD):2,847,960円

G(4WD):3,135,240円

X(2WD):2,489,400円

X(4WD):2,733,480円

S(2WD):2,435,400円

セレナ ハイウェイスター プロパイロットエディション

ハイウェイスター プロパイロットエディション(2WD):2,916,000円

ハイウェイスター プロパイロットエディション(4WD):3,176,280円

ハイウェイスターG プロパイロットエディション(2WD):3,187,080円

ライダー

ライダー(2WD):2,949,480円

ライダー(4WD):3,182,760円

ライダー プロパイロットエディション

ライダー プロパイロットエディション(2WD):3,095,280円

ライダー プロパイロットエディション(4WD):3,328,560円

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>(2WD):3,480,840円

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>(4WD):3,714,120円

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>プロパイロットエディション

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>プロパイロットエディション(2WD):3,616,920円

ライダー<オーテック30周年特別仕様車>プロパイロットエディション(4WD):3,850,200円

■ステップワゴン

B(2WD):2,288,000円

B(4WD):2,547,200円

G・Honda SENSING(2WD):2,610,000円

G・Honda SENSING(4WD):2,847,600円

G・EX Honda SENSING(2WD):2,830,000円

G・EX Honda SENSING(4WD):3,046,000円

SPADA・Honda SENSING(2WD):2,840,000円

SPADA・Honda SENSING(4WD):3,077,600円

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING(2WD):2,990,000円

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING(4WD):3,184,400円

Modulo X(FF):3,665,000円

セレナは19通り、ステップワゴンは11通りのバリエーションが存在します。

セレナ、ステップワゴン共にここにはご紹介していない福祉車両等も別途ありますので、そこまで加えると更に数は増えます。

アルファード/ヴェルファイアやエルグランドのように超多彩なバリエーション、というほどではありませんが、これだけあれば十分でしょう。

セレナはSのみが2.0Lのガソリンエンジンを搭載し、それ以外のグレードは全て2.0Lのガソリンエンジン+モーターのハイブリッド車です。

駆動方式は2WDと4WDがあり、乗車定員は全てのグレードで8人、価格帯は2,435,400円~3,850,200円となります。

ステップワゴンは全てのグレードが1.5LのVTECターボエンジンを搭載し、ハイブリッド車はありません。

駆動方式はModulo Xが2WD(FF)のみとなっていますが、それ以外のグレードでは全て2WDと4WDが用意されています。

乗車定員は全てのグレードで7名ですが、メーカーオプションとなっている「2列目6:4分割ベンチシート」を装備すると8名になります。

価格帯は2,288,000円~3,665,000円です。

セレナとステップワゴンの価格帯は、ステップワゴンの方が15万円~20万円程度下になるものの、大部分は重複しています。

価格面ではお互いに競合し合う存在、ということになるでしょう。

2017年3月現在の新車販売における値引き状況は、セレナもステップワゴンも28万円~30万円前後が狙えます。

ここにトヨタのヴォクシーやノアを絡めていけばより有利に値引き交渉を進めて行くことが出来ると思います。

5ナンバーサイズミニバンはどれも人気車種となっていますが、この中で1番「売れていない」のはステップワゴンです。

ステップワゴンが本命の方は強気な交渉に出ることで良い結果が得られると思います。


スポンサーリンク

セレナ・ステップワゴンの性能・スペック・大きさを比較

img_aba5961dffdd90265ed8ae3e8ed4e829127523

引用:http://www.webcg.net/articles/-/35410

次にセレナとステップワゴンの性能・スペック・大きさを比較してみます。

まずはエンジンからです。

■セレナ

2.0L(ガソリン・ハイブリッド)

最高出力:150ps/6000rpm

最大トルク:20.4kgfm/4400rpm

車両重量:1630kg~1800kg

■ステップワゴン

1.5L VTECターボ(ガソリン)

最高出力:150ps/5500rpm

最大トルク:20.7kgfm/1600-5000rpm

車両重量:1630kg~1770kg

セレナとステップワゴンの最高出力と最大トルクはほぼ同じとなります。

ただし排気量はセレナが2.0L、ステップワゴンが1.5Lです。

ステップワゴンが1.5Lという小排気量にも関わらず2.0Lのセレナと同等のエンジン性能となっているのは、ひとえにVTECターボのおかげです。

低回転域から大きなトルクを発生する、というメリットも見逃せません。

続いてボディサイズ(全長×全幅×全高)の比較です。

■セレナ

4690mm~4845mm×1695mm~1755mm×1865mm~1875mm

■ステップワゴン

4690mm~4735mm×1695mm×1840mm~1855mm

セレナ、ステップワゴン共にボディサイズは5ナンバー枠を超えるグレードがありますが、ステップワゴンの全幅は全てのグレードで1695mmとなっています。

これは5ナンバー枠ぎりぎり一杯のサイズですが、「ある程度のミニバンには乗りたいが幅広なものは嫌だ」という方にとっては嬉しいポイントであるといえ、運転の苦手な女性であっても細い道をスイスイ走ることが出来ます。

全高は20mm程度ステップワゴンの方が低いです。

しかし室内高を比べるとセレナは1400mm、ステップワゴンは1425mmでセレナの方が低くなります。

セレナやステップワゴンの購買層は小さなお子さんがいらっしゃることも多いと思いますが、この250mmの差はお子さんが車内で立ったまま着替えたりする場面を考えると意外に無視出来ないかもしれません。


スポンサーリンク

セレナ・ステップワゴンの燃費を比較

008_o

引用:http://autoc-one.jp/nissan/serena/report-2953637/

次はセレナとステップワゴンの燃費を比較してみましょう。

メーカーが公表しているセレナ・ステップワゴンの燃費は以下の通りです。

■セレナ

2.0L(ガソリン)

15.0km/l

2.0L(ハイブリッド)

15.0km/l~17.2km/l

■ステップワゴン

15.0km/l~17.0km/l

まずセレナのハイブリッド仕様ですが、これはあくまでもマイルドハイブリッドなので、本格的なストロングハイブリッドに比べるとそれほど燃費は良くなりません。

そのため同じセレナのガソリン仕様とあまり燃費は変わりません。

ステップワゴンの燃費はセレナのガソリン仕様と同等以上、ハイブリッド仕様とほぼ同等、となります。

セレナとステップワゴンの間に燃費の差はほぼない、と考えて良さそうです。

→ 人気車種、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

セレナ・ステップワゴンの色・カラーを比較

057_o

引用:http://autoc-one.jp/honda/stepwgn/report-2183008/photo/0061.html

次はセレナとステップワゴンのボディカラーの比較です。

■セレナ

・マルーンレッド/ダイヤモンドブラック

708_dl0000618102

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

708_dl0000618103

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー

708_dl0000618104

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー

708_dl0000618105

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・アズライトブルー

708_dl0000618106

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・マルーンレッド

708_dl0000618107

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・カシミヤグレージュ

708_dl0000618108

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・インペリアルアンバー

708_dl0000618109

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・ダイヤモンドブラック

708_dl0000618110

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・ブリリアントシルバー

708_dl0000618111

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・ブリリアントホワイトパール

708_dl0000618112

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

・シャイニングブルー

20160816_color_car_ph12

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior_color.html

■ステップワゴン

・ミルクグラス・パール

pic_stepwgn_bodycolor_01

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・クリスタルブラック・パール

pic_stepwgn_bodycolor_02

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・ホワイトオーキッドパール

pic_stepwgn_bodycolor_03

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・スーパープラチナ・メタリック

pic_stepwgn_bodycolor_04

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・モダンスティール・メタリック

pic_stepwgn_bodycolor_05

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・コバルトブルー・パール

pic_stepwgn_bodycolor_06

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・プレミアムディープロッソ・パール

pic_stepwgn_bodycolor_07

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・プレミアムスパイスパープル・パール

pic_spada_bodycolor_01

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

・プレミアムスパークルブラック・パール

pic_spada_bodycolor_02

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

セレナのボディカラーは2トーンカラー4色を含む全12色、ステップワゴンは全9色となっています。

ただしステップワゴンはグレードによって用意されているボディカラーが多少異なり、Modulo Xはプレミアムスパイスパープル・パール、プレミアムスパークルブラック・パール、ホワイトオーキッド・パールの3色、SPADAはこれに加えてスーパープラチナ・メタリック、モダンスティール・メタリック、コバルトブルー・パール、プレミアムディープロッソ・パールの合計7色、B、G、G・EXはミルクグラスパール、クリスタルブラックパール、ホワイトオーキッドパール、スーパープラチナ・メタリック、モダンスティール・メタリック、コバルトブルー・パール、プレミアムディープロッソ・パールの7色となります。

ボディカラーの多さだけを見るとセレナに軍配が上がるものの、ステップワゴンもベーシックなもの、ひと捻り加えたもの、個性的なものなどバラエティーに富んでおり、甲乙つけがたいといったところです。

どちらにも共通して言えることは「このボディカラーの車に乗りたいからセレナを、あるいはステップワゴンを買う」と言わしめるくらい良い色がたくさん揃っている、というところだと思います。

セレナ・ステップワゴンのオプションを比較

047_o

引用:http://autoc-one.jp/nissan/serena/report-2953637/photo/0047.html

最後にセレナとステップワゴンのオプションを比較しておきましょう。

セレナといえば「プロパイロット」が注目を集めていますが、ここではもう1つ人気となっているメーカーオプションの「ハンズフリーオートスライドドア(両側)」をご紹介したいと思います。

82_dl0000618310

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/point_equip.html#01

これは両側のスライドドアの下部に足先を入れて引くだけでドアを自動で開閉出来る、というものです。

両手に荷物を持っている時や、小さなお子さんを抱きかかえている時など両手がふさがっている状況であっても、キーを取り出す必要がないばかりか、ドアハンドルに触る必要すらないので非常に便利な機能です。

ステップワゴンでぜひ装備したいメーカーオプションは「マルチビューカメラシステム」「Hondaスマートパーキングアシストシステム」「後退出庫サポート」です。

WS000004

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/performance/active-safety/

どれも駐車をサポートしてくれる機能ですが、中でも特に「Hondaスマートパーキングアシストシステム」はハンドル操作をアシストしてくれますので、駐車が苦手な方でも安心です。

なおこの3つはバラバラで装備することは出来ず、3つでセットになっています。

セレナ・ステップワゴンの比較まとめ

pic_styling_gallery_03

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

以上、セレナとステップワゴンを比較してみました。

競争の激しい5ナンバーサイズミニバン市場に投入されている車種だけあって、どちらも非常に完成度が高いです。

どちらをおすすめするかは難しいですが、安く購入出来る方が良いのであればステップワゴンの方が良いかもしれません。

セレナもステップワゴンも同程度の値引きが期待出来ますが、ステップワゴンの方がやや価格帯が下な分、より安く買える可能性が高いからです。

エンジンスペックや燃費、ボディサイズなどはそう大差ないので、内装や外装の好みで決めても後悔することにはならないでしょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク