ソリオ と ポルテ を比較!大きさ・燃費・価格・カラーなどの違いは?

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



今、ファミリー層に限らずあらゆる年代で、スーパーハイトワゴンが人気を集めています。

5ナンバーサイズのコンパクトなサイズながら、広い室内と低燃費が人気の秘密です。

その中でも、ハイブリッドを充実させているスズキ・ソリオと助手席側がスライドドアのトヨタ・ポルテの比較をしてみます。

クルマ選びの参考にどうぞ。


スポンサーリンク

スズキ・ソリオVSトヨタ・ポルテ、価格は

まずは、グレードや車両価格はどうでしょうか。

■スズキ・ソリオ

styling1[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

5ナンバーの5人乗り5ドア小型ハイトワゴン「ソリオ」は、軽量で高剛性の新開発プラットフォームを初めて採用し、コンパクトなボディそのままに、室内空間を大きく拡大されました。

そのエクステリアは、サイドからリヤにかけての立体感を強調するボディ断面、ヘッドランプから連続性を持たせたメッキフロントグリルを装備し、インテリアでは、開放感を演出するシンメトリーデザインのセンターメーター、チャコールグレーを基調としたシート表皮を採用し、乗降性を高めた後席両側スライドドアや利便性が向上したリヤシートをはじめ、広い荷室と豊富な収容スペース、、全方位モニター付メモリーナビゲーションの設定など、使い勝手や】快適性を向上させました。

ラインナップは、ガソリン車の「G」、ハイブリッド車の「ハイブリッドMX」、「ハイブリッドMXデュアルカメラブレーキサポート装着車」、「ハイブリッドMZ」、「ハイブリッドデュアルカメラブレーキサポート装着車」が設定されています。

エンジンは、水冷4サイクル直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載し、トランスミッションはCVTとなります。

駆動方式では2WD/4WDが用意され、燃費を向上させながら低回転域でのトルクを高めた新開発のK12C型デュアルジェットエンジンとマイルドハイブリッドの搭載に加え、徹底した軽量化を行い100kg(先代車と比較)の軽量化を達成し、今回新しく開発したハイブリッドを搭載した「ハイブリッドSX」、「ハイブリッドSXデュアルカメラブレーキサポート装着車」「ハイブリッドSZ」、「ハイブリッドSZデュアルカメラブレーキサポート装着車」を追加しました。

K12C型デュアルジェットエンジンに、発電も可能な駆動用モーター(MGU)と伝達効率に優れたトランスミッションであるオートギアシフト(AGS)を組み合わせた、軽量コンパクトで、高効率なスズキ独自のパラレル式ハイブリッドを採用したことで、コンパクトハイトワゴンNo1(総排気量1.5L以下、全高1,600mm以上の2列座席5ドアワゴン)の低燃費32.0km/L(JC08モード走行燃料消費率)を達成しました。

styling2[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

メーカー希望小売価格(消費税込)

◆ガソリン車・G

・2WD・CVT

1,454,760円

・4WD・CVT

1,581,120円

◆HYBRID・MX(マイルドハイブリッド)

・2WD・CVT

1,695,600円

・4WD・CVT

1,821,960円

◆HYBRID・MZ(マイルドハイブリッド)

・2WD・CVT

1,841,400円

・4WD・CVT

1,967,760円

◆HYBRID・MZデュアルカメラブレーキサポート装着車

・2WD・CVT

1,900,800円

・4WD・CVT

2,027,160円

◆HYBRID・SX(ハイブリッド)

・2WD・5AGS

1,917,000円

・4WD・5AGS

1,976,400円

◆HYBRID・SZ(ハイブリッド)

・2WD・5AGS

2,062,800円

・4WD・AGS

2,122,200円

■トヨタ・ポルテ

carlineup_porte_top_4_05_pc[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

トヨタ・ポルテは、助手席側に、大間口ワイヤレス電動スライドドアを持つハイトワゴンです。

ポルテの特徴とする大間口ワイヤレス電動スライドドアは、間口高1250mm、間口幅1020mm、そしてフラットなフロアの地上高は300mmとなっており、ショッピングバッグを掛けるフックや、小物の収納に便利な運転席前のアッパートレイなど、毎日使うことを考えた、運転席から手の届くところにアイディア一杯の収納スペースが充実しています。

エンジンは、1.5L直列4気筒DOHC(109馬力/103馬力)を搭載し、トランスミッションは自動無段変速機(Super CVT-i)が組み合わされ、前輪駆動方式と4輪駆動方式が用意されています。

今回1.5L車(2WD)にハイブリッド開発で磨いた燃焼技術を生かした高熱効率・低燃費エンジン「2NR-FKE」を新たに搭載し、アイドリングストップ機能(Stop&Start System)を標準装備することで、JC08モード走行燃費22.2km/Lの低燃費を実現しました。

また、外観では、ラジエターグリルをグレーメタリック塗装に変更し、内装では、内装色フロマージュのインストルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色をピンクに変更するとともに、シート表皮の色、がらを変更しています。

室内には、デッキサイドグリップ、ラゲッジルームランプ(一部設定なし)、照明付きマルチボックス、助手席グローブボックス、天井スピーカーなどが追加されました。

さらに、プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備とし、レーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせによる高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能としました。

また、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能や、急ブレーキをハザードランプの自動点滅により後続車に知らせる緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備するなど、安全装備を充実させています。

ラインナップは、ベースグレード「X」、前席がベンチシートの「Y」、前席がセパレートシートの「F」、本革ステアリングとオートエアコンを備えた「G」が設定されています。

carlineup_porte_style_4_35_pc[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

メーカー希望小売価格(消費税込)

◆X(2WD)

1,777,680円

◆X(4WD)

1,937,520円

◆Y(2WD)

1,839,240円

◆Y(4WD)

1,990,440円

◆F(2WD)

1,828,440円

◆F(4WD)

1,979,640円

◆G(2WD)

1,926,720円

◆G(4WD)

2,077,920円

スズキ・ソリオ、トヨタ・ポルテともに前輪駆動と4輪駆動が用意され、1.2Lまたは1.5Lという排気量の違いはあるものの、車両価格ではほとんど差がありません。

安全装備では、「Toyota Safety Sense C」が標準装備されているトヨタ・ポルテに軍配が上がりそうです。


スポンサーリンク

スズキ・ソリオVSトヨタ・ポルテ、性能は

では、性能面ではどうでしょうか。両車のスペックを比較してみます。

styling4[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

carlineup_porte_gallery_4_10_lb[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

主要なスペック

hyou01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/、http://toyota.jp/porte/

性能面でもほとんど差がありません。

価格的には、ソリオハイブリッドの標準グレードが1,917,000円(2WD)、ポルテの標準グレードで180万円台と若干の割安感があります。

ハイブリッドにするか、安全装備の充実したポルテにするか、大いに迷うところです。

→ 人気車種、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

スズキ・ソリオVSトヨタ・ポルテ、燃費は

img02[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

5人乗り5ドアコンパクトハイトワゴン「ソリオ」は、今回、新しく開発されたハイブリッドを発売開始しました。

K12C型デュアルジェットエンジンに、発電も可能な駆動用モーター(MGU}と電動効率に優れたトランスミッションであるオートギアシフト(AGS)を君あわせた、軽量コンパクト、高効率なスズキ独自のパラレル方式ハイブリッドシステムを採用し、コンパクトハイトワゴンNo1(総排気量1.5L以下、全高1,600mm以上の2列座席5ドアワゴン)の低燃費32.0km/L(JC08モード走行燃料消費率)を達成しました。

carlineup_porte_grade_special_4_22_pc[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

一方、トヨタ・ポルテは、1.5L車(2WD)にハイブリッド開発で磨いた燃焼技術を生かした高熱効率、低燃費エンジン「2NR-FKE」を新たに搭載し、アイドリングストップ機能(Stop/Start System)を標準装備することでJC08モード走行燃費22.2km/Lの低燃費を実現しています。

燃費性能では、ハイブリッド及びマイルドハイブリッドのラインナップが充実しているスズキ・ソリオが優勢です。

燃費性能向上の特効薬は、やはりハイブリッド導入ということになるのでしょうか。


スポンサーリンク

スズキ・ソリオVSトヨタ・ポルテ、カラーは

■スズキ・ソリオ、カラーラインナップ

スズキ・ソリオは、「ピュアホワイトパール」を含む全8色が用意されています。

sz_ZVR[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

・ブーストブルーパールメタリック

・ファーベントレッド

・クリアライムメタリック

・ピュアホワイトパール

ピュアホワイト塗装車は21.600円高となります。

・クォーツピンクメタリック

・クラッシーブラウンメタリック

・スターシルバーメタリック

・スーパーブラックパール

■トヨタ・ポルテ、カラーランナップ

トヨタ・ポルテの通常車のボディカラーは、「シトラスオレンジマイカメタリック」を含む全9色、特別仕様車「Fアラモード トロワ」のボディカラーは、「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全4色が用意されています。

carlineup_porte_style_4_29_pc[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

・ホワイトパールクリスタルシャイン

メーカーオプション:32,400円高となります

・シルバーメタリック

・ブラックマイカ

・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

メーカーオプション:32,400円高となります。

・スーパーレッド

・チェリーパールクリスタルシャイン

メーカーオプション:32400円高となります。

・ダークブラウンマイカメタリック

・シトラスオレンジマイカメタリック

・クリームベージュ

スズキ・ソリオVSトヨタ・ポルテ、オプションはどう

スズキ・ソリオはのエクステリアでは、フロントグリルのスケルトン部に、ブルーメッキが採用され、リヤコンビネーションランプ及びバックランプレンズをブルークリアタイプに変更しています。

インテリアでは、ブルーメタリック塗装のインパネアッパーガーニッシュに、青色基調の専用デザインのメーター、MGUの作動状態を表示するモーターパワーメーターが採用されています。

img08[3]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

一方、トヨタ・ポルテでは、「F」をベースに特別仕様車「Fアラモード トロワ」が設定されました。

内装色フロマージュに合わせた水玉模様をあしらった専用デザインとすすとともに、ベースシートをフロマージュ、インストルメントパネル上部にドアトリムオーナメントのさし色をプラムとした内装色を特別に設定しています。

エクステリアには、ラジエターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装、バックドアガーニッシュとアウトサイドハンドルにメッキ加飾を施すとともに、ホイールにはパールホワイト塗装樹脂フルキャップを特別装備としています。

carlineup_porte_grade_special_4_23_pc[1]carlineup_porte_grade_special_4_24_pc[1]

引用:http://toyota.jp/porte/

まとめ

いかがでしたか。

スズキ・ソリオとトヨタ・ポルテ、いずれもコンパクトハイトワゴンの中でも、それぞれ特徴のあるクルマづくりとなっています。

img03[1]

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/

carlineup_porte_style_4_03_pc[1]

スズキ・ソリオは、スズキ独自開発のハイブリッドシステムで、ハイトワゴンNo1の低燃費を誇り、一方、トヨタ・ポルテは、他車にはない助手席側スライドドア、先進の安全装備で巻き返しを狙っています。

ターゲットとする購買層も、ソリオは子育て世代のファミリー層、ポルテは特に若い情勢向けの使用が多くなっています。

さて、あなたならどちらを選びますか。

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク