ワゴンR VS ムーヴ 徹底比較!大きさ・実燃費などの違いは?どっちを買う?

wagonr_move

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



今日は、大きさと実燃費についてワゴンRVSムーヴの2車種では、どう違うかを検証したいと思います。

確かに、実際に走ってみると、聞いていた燃費と大きく差があることがあります。そのあたりについても今日は、お伝えしていくので楽しみにしていてくださいね。


スポンサーリンク

価格・値段を比較!どちらが購入しやすい?

ブレイブカーキパール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ワゴンRといえば、一番はじめに軽自動車のハイトワゴンとして登場した歴史を持つ大御所のような存在です。

それに対してムーヴは、追いかけ追いつき追い越せと年齢を問わずに人気を博してきました。

その2台の価格・値段を見ていきましょう。

ワゴンRの場合

FZ

  • 2WD・CVT ➡ 1,350,000円
  • 4WD・CVT ➡ 1,470,960円

FZ セーフティーパッケージ装着車

  • 2WD・CVT ➡ 1,409,400円
  • 4WD・CVT ➡ 1,530,360円

FX

  • 2WD・CVT ➡  1,177,200円
  • 4WD・CVT  ➡ 1,298,160円

FX セーフティーパッケージ装着車

  • 2WD・CVT ➡ 1,273,320円
  • 4WD・CVT  ➡ 1,394,280円

FA

  • 2WD・CVT  ➡ 1,078,920円
  • 4WD・CVT ➡ 1,202,040円

軽自動車もハイブリッドになりつつある今日この頃ですが、セーフティーパッケージを付けるのかどうかで価格も異なってきますね。

安全性能を取るか、値段を取るか、いつも乗る車だからと思う人もいれば、滅多に乗らないからという人まで、車の使い方は千差万別なので、「自分は何を軸にして決めるか」ということは決めておいた方が良いですね。

では、ムーヴを見ていきましょう。

ムーヴの場合

2前後

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

Xターボ“SA Ⅱ”

  • 2WD・CVT ➡ 1,382,400円
  • 4WD・CVT ➡ 1,506,600円

Xターボ

  • 2WD・CVT ➡ 1,317,600円
  • 4WD・CVT ➡ 1,441,800円

ムーヴでは、2パターンの2種類で販売されているのですね。価格や値段を決めるのは、大きな問題ですよね。

ワゴンRも下は100~150万円台と幅があります。そして、逆にムーヴは130~150万円と平均で、ワゴンRよりは予算が高めに設定されていますね。

価格の違いは、ムーヴが力を抜いているというより、スズキにとってのワゴンRへの力の入れ方が大きいためではないかと思います。

価格の裏には、大きなCM代をはじめ、技術者たちの経費や研究費、塗装費にといろんなものが含まれて決まります。

そう考えると、損をしたと考える人がいるかもしれませんが、研究がないと新しい技術は生まれないし、完成度の高い車に乗ろうと思ったらある程度、必要なものだと考えた方が良いですね。

そこで、価格・値段部門については下記のような結果にしました。

  • 価格・値段部門 ➡ ワゴンRの勝ち!
フィズBlueパールメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

そうなんです。人には、それぞれの予算があるために幅が欲しいところです。数字だけで車の価値が決まるわけではありませんが、今の厳しい社会では、いろんな人がいますのでね。

では、元気に次は性能やスペックを見ていきましょう。


スポンサーリンク

性能・スペック・大きさを比較!どっちが快適に過ごせる?

ブラックシート

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

性能・スペック・大きさというのは男性には当たり前なのかもしれませんが、女性にとっては少し分かりにくいものです。

しかし、乗った感じとか、大きさ・使い勝手を知る意味では大切な判断基準となるものですよね。

では、ワゴンRから見ていきましょう。

ワゴンR

2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 室内寸法 長さ ➡ 2,450mm
  •      幅  ➡ 1,355mm
  •      高さ ➡ 1,265mm
  • ホイールベース ➡ 2,460mm
  • トレッド 前 ➡ 1,295mm
  •      後 ➡ 1,300mm
  • 最低地上高 ➡ 150mm
  • 車両重量 ➡ 790㎏
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L
  • トランスミッション ➡ インパネシフトCVT
  • 型式 ➡ スズキ・DAA-MH55S

大きさは、荷物を乗せたり、友達や家族を乗せるなど必要に応じて考えていく項目ですよね。ちょうど良い感じの大きさはありましたか?

また、燃費やエンジンも気になるところですね。では、次にムーヴを見ていきましょう。

ムーヴ

荷室他

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

Xターボの場合

  • 全長 ➡ 3395mm
  • 全幅 ➡ 1475mm
  • 全高 ➡ 1630mm
  • 室内長 ➡ 2080mm
  • 室内幅 ➡ 1320mm
  • 室内高 ➡ 1280mm
  • ホイールベース ➡ 2455mm
  • トレッド前 ➡ 1305mm
  • トレッド後 ➡ 1295mm
  • 最低地上高 ➡ 150mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
走り抜ける赤

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

  • 燃費消費率 ➡ 27.4km/L
  • 最小回転半径 ➡ 4.4
  • エンジン型式 ➡ KF型
  • 種類 ➡ 水冷直列3気筒 12バルブDOHC インタークーラーターボ横置
  • 総排気量 ➡ 658cc

室内の広さ=大きさについては、わずかにワゴンRがリードしています。高さは、ワゴンRが若干高いのですが室内の高さはムーヴより低いことから、面積ではワゴンRが勝っているのですが、高さがムーヴより低い方ということですね。

室内をどう使うかですが、キャンプ等アウトドアに使うなら高さが欲しいでしょうし、座っていることが多い場合には高さは大きく気にならないといったところでしょう。

圧迫感はないので、ワゴンRの価値に影響を与えるようなことはないようです。ここでは、性能・スペック・大きさで結果を出しました。

  • 性能・スペック・大きさ部門 ➡ ワゴンRの勝ち!
2人と荷物

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

これは、燃費消費率が優れていることや、室内外ともにワゴンRの方が大きく使い勝手が良いことが決め手となりました。

また、重量でも40㎏程度軽いということで、これが燃費消費率にも影響を与えているということです。今日の実燃費というテーマをとってみても、ムーヴより購入したい車ということになりますね。

では、次に冒頭でも話していた実燃費のお話を致しますね。


スポンサーリンク

実燃費とカタログ燃費の違い

ハイブリッド

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

まず、良く出てくるワードであるJC08モードからお話していきますね。

JC08モードってなに?

これは実際に公道での走行に、より近い状況を生み出すための測定方法のことなのです。

JC08モードだと、測定する平均時速・最高速度は高くなります。それから、エンジンが冷えた状態からの計測も行うことで、ユーザーと条件が近づくので、実燃費と近いデータになるのですね。

カタログとの差はどうして?

例を挙げると下記のように条件がそれぞれ異なるためなのです。

  • 車の状態 ➡ カスタマイズした、保管状態など
  • 運転方法 ➡ どんなドライバーの癖があるか、運転の好みなど
  • 路面状況 ➡ 高速、一般道、渋滞、天気など

このように条件は多岐にわたるため、同車種・同グレードであったとしても、同じ数字が出ることは少ないので実燃費の値は、それぞれが異なってしまうのです。

そのため決してカタログでの数値や測定が「嘘」といった考えは少し違うのです。JC08モードの計測値は「国土交通省が定めた一定の条件下で計測」しているので信頼しても大丈夫です。しかし、必ずしも自分の実燃費と同じではないことを頭に入れておきましょう。

カタログの燃費は?

一般的に実燃費とは、ユーザー側が実際に走った時の燃費の値をいいます。では、一般的なカタログに記載されている燃費はあてにならないのでしょうか?

まず燃費とは、一般的には、どのような車で、どのような状況下で、どのように運転をしていたかを自分で確認をしたうえで、状況が似ていれば参考のひとつにすることは出来るのです。

ひとつの目安として考える

特に、普段から意識をして低燃費になる運転を心がけている人でしたら、「2015年から完全移行して実施されているJC08モード」での値は、目安として参考になるのです。

新型ムーブ 旅行 夫婦 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

目安にする数値

車カタログの燃費を記載している数値を、下記の割合で目安にしてみると良いので、参考にしてくださいね。

  • 一般道(街乗りなど・信号も含む) ➡ 50%程度(渋滞も考えられる)
  • 一般道(比較的すいている状態) ➡ 75%程度(渋滞に巻き込まれない場合)
  • 高速 ➡ 80%程度

平均では、カタログの67%程度なので、約半数以上と考えるのが良いかもしれませんね。

ちなみに、ワゴンRの場合には国産の軽自動車の中ではベスト3位にランクインした実績を誇っていますので、今度出たワゴンRには期待度が高まりますね。


スポンサーリンク

燃費を比較!どっちの実燃費がいい?

保育園のお迎えかな

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

先ほどの燃費のお話を実際に、ワゴンRとムーヴで検証して見ていきましょう。

ワゴンRの場合

燃費に関する努力と技術

  • スズキグリーン テクノロジー ➡ 燃費を考えるうえで欠かせない環境への配慮で便利だけでなく楽しい車を実現
  • マイルドハイブリッド ➡ 電気の力を使って低燃費をアシストする。モーター機能付発電機を使うことで減速時のエネルギーを利用し発電する。また、バッテリーも充電するので、電力での走行を含めて燃費に貢献している
  • ISG(モーター機能付発電機) ➡ アイドリングストップからのエンジン再始動・加速においてモーターにより、エンジンをアシストする
  • 専用リチウムイオンバッテリー ➡ ワゴンR専用にリチウムイオンバッテリーを大容量化してモーターによるクリープ走行や頻繁なモーターアシストを可能にする

これだけの技術を駆使して燃費は、下記の通りです。

  • 燃費 ➡ 33.4km/L

これは、軽ワゴンでナンバー1の低燃費とさえ言われています。いつも通りの運転で低燃費を実現出来たら、嬉しいですよね。

では、ムーヴの方を見ていきましょう。ダイハツの代表格でもあるムーヴにはどんな技術が駆使されているでしょうか?

ムーヴの場合

新型ムーブ アイドリングストップ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

燃費に関する努力と技術

  • フォースコントロール ➡ 基本性能である「走る・曲がる・止まる」を大幅に進化させたテクノロジーで、立体的な状況を吸収するので車に掛かってくる力をコントロール出来る
  • D assist 切替ステアリングスイッチ ➡ パワーでゆとりある軽快な走りをしながらもエコモードで燃費を重視した走りをする(スイッチ一つで切り替えが可能)
  • イーステクノロジー ➡ ダイハツのエコ技術を使ってパワーと燃費性能を磨いたエンジンを使うことで日々の暮らしに優しいので経済的
  • 新エコアイドル ➡ 車が止まる少し手前よりエンジンを自動で止めるので低燃費に繋がり環境を保護する意味を持つ
  • アイドリングストップ ➡ アクセル・ブレーキ・ステアリング操作などの運転状況や道路勾配を総合的に判断する。しかも燃料カットと組み合わせることで極限まで燃費消費率を抑制している

かなり環境を考えた技術を使って作られた車がムーヴなんですね。そこで、ムーヴの燃費消費率は下記の通りです。

  • 燃費消費率 ➡ 27.4km/L

少し、ワゴンRに比べると少ないかもしれないですが、暮らしを考えているという点では、ダイハツのムーヴは頼りになります。

この燃費部門では下記のようにしました。※あくまでも編集部の独断と偏見です。

  • 燃費部門 ➡ ワゴンRの勝ち!
ブルーで海へ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

実燃費で考えても、ムーヴよりはワゴンRの方が今のところは燃費が良いといえます。では、次に色・カラーを見ていきましょう。

色・カラーを比較!元気な色があるのはどっち?

もっと楽しいワゴン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

週末や休日には、普段の疲れを吹き飛ばすような楽しい一日を過ごしたいと思う人は多いと思いますが、元気な色で出かけたいときには何色を選びたいですか?

それぞれの全カラーをみていきましょう。

ワゴンRの全カラー

  • ブリスクブルーメタリック
  • ブレイブカーキパール
  • リフレクティブオレンジメタリック
  • ピュアレッド
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ピュアホワイトパール

全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車の場合には、140,400円高くなって(消費税込み)は、メーカ―オプションとなっています。

また、ブレイブカーキパール・ムーンライトバイオレットパールメタリック・スチールシルバーメタリック・ピュアホワイトパール塗装車は21,600円高(消費税込み)となっていますので参考にしてください。

サニーイエローメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

  • サニーイエローメタリック
  • フィズブルーパールメタリック
  • スペリアホワイト
  • シルキーシルバーメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック

元気になりそうな色がありましたね。ちょっと、目が覚めるような色にどんな想い出を乗せて走るのでしょうか?では続いてはムーヴですので、見ていきましょう。

ムーヴの全カラー

新型ムーブ ローズ みんな

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

  • シルキーブルーパール ➡ メーカーオプション
  • シルキーグリーンパール ➡ メーカーオプション
  • パールホワイトⅢ ➡ メーカ―オプション
  • ライトローズマイカメタリックⅡ
  • コットンアイボリー
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • ディープブルークリスタルマイカ ➡ メーカーオプション
  • プラムブラウンクリスタルマイカ ➡ メーカーオプション
  • ホワイト
  • ブライトシルバーメタリック
  • ブラックマイカメタリック
新型ムーブ ツートン 1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

  • ホワイト × シルキーブルーパール ➡ メーカ―オプション
  • ホワイト × シルキーグリーンパール ➡ メーカ―オプション

シルキーっていうネーミングの時点で愛らしくて優しい雰囲気があふれていますね。ワゴンRよりは少し丸みが多いので、やさしい色がよく似合っています。

色の数では同じなんですが、オプションで少し多いのがワゴンRみたいです。そこで、色・カラーの部門では、下記のようになりました。

  • 色・カラー部門 ➡ ムーブの勝ち!
新型ムーブ コットン アイボリー 1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

元気な色なのは嬉しいのですが、もしかしたら照屋さんにとっては「ワゴンRの新色は選びにくいのかな?」と思ったことがひとつ、次に色の出方がソフトなので優しいイメージを持てることを考えて、このような結果となりました。

これもまた、編集部の独断と偏見なので「自分は、これ!」という色を購入の際にはチョイスしてくださいね。

オプションを比較!環境と安全で優しいのはどっち?

カメラブレーキサポート

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ではオプションを見ていきたいと思いますが、軽自動車のオプションも今ではたくさん揃っていますね。本当に必要なオプションもあれば、サービスで付けてもらえそうなオプションまでありますが、みなさんはどんなオプションを付けますか?

ワゴンRの場合

メーカーオプション

  • 全方位モニター ➡ 見えない場所も見えるので駐車がスムーズに出来る
  • メモリーナビゲーション ➡ DVDやフルセグで楽しめるタッチパネル式のナビ。るるぶを収録しているので観光スポットを案内してくれる。また、ハンズフリーで通話も出来るので安全運転にも貢献する
  • デュアルセンサーブレーキサポート ➡ 人も車も検知して衝突回避をサポートするので、単眼カメラを組み合わせることでコンパクトなシステムを実現している。自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能などを含めて6つのサポートで危険を予防してくれる
  • 誤発進抑制機能 ➡ 踏み間違えによる急発進や急加速による危険を回避するシステム。駐車場での操作ミスによる衝突回避にも貢献してくれる
  • 車線逸脱警報機能 ➡ うっかりミスで車線をはみ出してしまうと注意を促してくれる。ブザー音とメーター、ヘッドアップディスプレイ内での表示灯で警報を発する
  • 先行車発進お知らせ機能 ➡ 前の車が発信しても気付かないときにお知らせしてくれる
  • ハイビームアシスト機能 ➡ ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる
  • ヘッドアップディスプレイ ➡ ドライバーの視線上に車速などを表示することでドライバーの視線移動や焦点の調節を減らすので安全運転に貢献する。 ※全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車の場合には、交差点案内を表示してくれる
  • EBD付4輪ABS+ブレーキアシストなど ➡ ※ 標準装備

こうして見ると安全に運転をサポートしてくれるオプションが豊富ですね。その中にドライブを楽しくさせるような工夫も満載のような気がします。

次に、ムーヴを見ていきましょう。

ムーヴの場合

8インチナビ2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

メーカ―オプション

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック ➡ 純正ナビに対応したステアリングスイッチで16cmリヤスピーカー&ツィーターとバックカメラを設定している。
  • LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付) ➡ 対象物が見やすいように白く明るい光で夜間走行の安心度を高めてくれるので、低消費電力によって低燃費にも貢献している
  • 色・カラー ➡ シルキーブルーなどメーカ―オプションの色がある

ディーラーオプション

  • 8インチ メモリーナビ ➡ 見やすい大画面とタッチパネル操作が出来る8インチの大画面ナビ。ムーヴ専用の音響チューニングによって、質の高い音楽も楽しめる

軽自動車といえども、オプションは性能が高く、こだわりがあるものが増えています。今は、男性が乗ることも増えたので、より高性能な音質などが望まれているのかもしれないですね。そして、オプションで部門の結果は次のようになりました。

  • オプション部門(環境で安全を目指す SAFETY賞) ➡ ワゴンR
  • オプション部門(環境で楽しいを増やす Enjoy賞) ➡ ムーヴ
top_yoga_mv01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

今日はこのような結果になりました。音や光といったことでEnjoy賞、安心できるという意味でSAFETY賞とさせて頂きました。安全な運転も環境が良くなることに繋がるし、楽しいと環境を良くしようという意識も高まると思うのです。

軽自動車そのものがクオリティ高い仕上がりになっているので、オプションを見ているだけでもワクワクしますが、その車を実際に走らせる心地よさはたまらないのでしょうね。

→ 人気の軽、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

まとめ

プリスクブルーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

今日は、軽自動車の比較としては本当に質が高い対決になりました。じっくりと色を見たり、大きさを見たり、新しい性能を確認したりと、楽しいひとときでもありました。

そんな中でも、実燃費というテーマは知っているようで知らない人も多いとあって、大変に勉強になりました。さらに勉強をして、たくさんの車と出会っていきたいと思います。

今日の総合で、実燃費はどっち?というテーマにふさわしい車は下記のようになりました。

  • 大きさや実燃費などの違い購入するならこっち! ➡ ワゴンRを買う!

この結果は、ワゴンRの方がデータが新しいことで差が出てしまったり、実燃費などを考慮して決めたものです。編集部の独断と偏見で購入するなら「ワゴンR」としましたが、例えば室内空間で楽しいのはどっち?というテーマになると変わっていたかもしれませんね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう