ミライース VS アルト 徹底比較!エコなのはどっちだ?値段・燃費などの違いは?

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



ガソリンの高値と環境志向の高まりで驚異的な燃費を実現して発売されたダイハツのミライースですが、ついに進化して2017年5月9日に堂々と発売されました。

毎日の生活に役立ちたいとの思いで燃費性能を重視しているスズキのアルトとの競争が始まったことになります。

では、どちらがエコか環境を考えているのは、いったいどっちなのかを検証したいと思いますので参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

価格・値段を比較!どっちが購入しやすい?

① アクセサリー 水色

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

価格は、性能や安全性などを考慮して出来るものですが、出来れば全部を叶えたうえで、少しでも安く購入したいと考える人は多いですよね。

購入するうえで、一番重要と言っても過言ではないくらい車選びに大きな影響を与える価格を見ていきましょう。まずは、ミライースからです。

ミライース

G “SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡ 1,209,600円
  • 4WD CVT ➡ 1,339,200円

X “SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡ 1,080,000円
  • 4WD CVT ➡ 1,209,600円
➁ レモンスカッシュクリスタルメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

L “SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡  939,600円
  • 4WD CVT ➡ 1,069,200円

L

  • 2WD CVT ➡  874,800円
  • 4WD CVT ➡ 1,004,400円

B “SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡  907,200円
  • 4WD CVT ➡ 1,036,800円

B

  • 2WD CVT  ➡ 842,400円
  • 4WD CVT ➡ 972,000円

この頃は、軽自動車で新車ともなると200万円くらい掛かるものもありますよね。そんな中を100万円切っているのは、お財布事情が厳しい人にとっては救世主のように嬉しい限りですね。

では、アルトはどのようになっているのでしょうか。価格を見ていきますね。

アルトの場合

フォーンベージュ

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

アルトXタイプ

  • 2WD・CVT ➡ 1,134,000円

アルトの場合は、グレードが一つしかなかったようです。スズキの主力商品ではないかなのでしょうか。

そう考えると、価格・値段の部門では下記のようになります。

  • 価格・値段部門 ➡ ミライースの勝ち!
新 走行中

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

検討するうえで、比較は大切なことです。同車種の中だったり、ライバル車種だったり、そうすると選択肢がそれしかないという意味で、ミライースを選んでみました。

では、性能を見ていきましょう。スペックをデータで見ていきながら、大きさを比較して使いやすさもチェックしていきますね。


スポンサーリンク

性能・スペック・大きさを比較!無駄なく使いやすいのはどっち?

新 大きさ・室内広さ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

どんなに価格が安くても、性能が悪いとこんなに無駄なお金の使い方はないですよね。一生懸命に働いたお金で買うと考えると、やはりしっかりした車を購入したいと検討するのが賢い購入の仕方でしょう。

ミライース

2WDの場合

  • 全長 ➡ 3395mm
  • 全幅 ➡ 1475mm
  • 全高 ➡ 1500mm
  • 室内長さ ➡ 2025mm
  •   幅  ➡ 1345mm
  •   高さ ➡ 1240mm
  • ホイールベース ➡ 2455mm
  • トレッド 前 ➡ 1305mm
  •      後 ➡ 1295mm
  • 車両重量 ➡ 670㎏
④ アクセサリー 室内

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

  • 燃費消費率 ➡ 34.2km/L
  • エンジン型式 ➡ KF型
  • エンジン種類 ➡ 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置

軽ハイトワゴンなどと比べると、高さがかなり抑えられているので、走行中の車体は安定はしそうですね。

普通に走るだけの目的の人であれば、駐車場などの問題もあるので、高さは無駄にいらないといった人がいるかもしれませんね。そういった場合には、高さより安定性や走行中の軽さが欲しいといった価値観を優先するのも分かるような気がします。

ではアルトを見ていきましょう。

アルト

アルト室内

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

2WDの場合

  • 全長 ➡ 3395mm
  • 全幅 ➡ 1475mm
  • 全高 ➡ 1500mm
  • 室内寸法 長さ ➡ 2040mm
  •      幅  ➡ 1255mm
  •      高さ ➡ 1215mm
  • ホイールベース ➡ 2460mm
  • トレッド 前 ➡ 1295mm
  •      後 ➡ 1300mm
  • 車両重量 ➡ 650㎏
  • 燃費消費率 ➡ 37.0km/L
  • エンジン型式 ➡ R06A型
  • 種類 ➡ 水冷4サイクル直列3気筒
  • 弁機構 ➡ DOHC12バルブ吸排気VVT

こうして大きさを比較してみると、ミライースの方が高さを抑えているのに広い室内を得られることが分かりますね。

車両重量が20㎏ほど重いせいかミライースは、燃費消費率でもわずかながらに劣っているように見えますが、今回のテーマであるエコとして捉えると下記のように決定しました。

  • 性能・スペック・大きさ部門 ➡ アルトの勝ち!
アルト白

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

これには、すごく悩みましたが、エコということは駐車場も省スペースでと考えると、長さ・幅・高さともに抑えられたアルトが優勢という点で答えを出しました。

続いては、燃費を比較して考えていきましょう。


スポンサーリンク

燃費を比較!環境に優しくて本当にエコなのはどっち?

黄色 リア

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

燃費消費率を含めて、エネルギーを効率的に使ったり、環境に優しいというのは常識となってきましたね。

できれば、家計にもエコであってほしいものです。車は持っているだけでも、いろんな経費が掛かってきますので、それを最小限に食い止める方法を誰しも考えたことがあるでしょう。

では、さっそくミライースから見ていきましょう。

ミライース

  • 燃費消費率 ➡ 35.2km/L

エコその1 税金がエコ

新しいエコカー減税でも全車が免税になりました。翌年度の軽自動車も半額になることも分かったのです。※軽自動車は平成31年3月31日までとなっています。

エコその2 燃費がエコ

誰に対しても身近なエコカーを作るために、高価な技術や装置に頼らずに、エネルギーを効率よく使う工夫を重ねて燃費を良くした結果が「イーステクノロジー」なんです。

そして、大胆に軽量化することで進化させてストレスをためない低燃費を実現しています。

そして、新エコアイドルというものがあるのですが、これは車が止まる少し前からエンジンを自動で止めることで低燃費をさらに進化させたのです。

エコその3 熱効率がエコ

パワーユニットとして、クールドi-EGRによってイオン電流で燃焼状態を把握し、再循環ガスを最大化する低燃費技術です。

また、インジェクタを1気筒あたり2本にして、燃料を微粒化することで燃焼を安定させ燃焼効率を向上させています。そのうえ、気筒ごとの点火タイミングをコントロールして燃焼状態を最適化しています。

エコその4 冷却がエコ

CVTサーモコントローラーでエンジン冷却水とCVTフィールドが相互に熱交換して最適な温度にしてくれます。また、エンジンの燃焼効率、CVTの変速効率を高めて燃費を向上させるのです。

新 水色1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

エコその5 重さがエコ

車両重量を軽量化することで、空気抵抗を低減し低燃費に貢献しています。

  • 樹脂パーツ
  • 高い空力性能
  • Dモノコック
  • 転がり抵抗低減

これらの工夫を重ねて、遂に実現したのですね。電気系統にも、エコは還元されています。まず、LEDにすることでヘッドランプの消費電力を低く抑えています。

その次に発電抑制です。減速時に発生するエネルギーを利用して、バッテリーを集中的に充電する発電制御ですね。

また、エコアイドルでは停車前の徐行状態でエンジンをストップさせます。それからエアコンのガスを圧縮するコンプレッサーを動力のロスが少ないスクロール式にしたので、エアコン作動時には燃費を向上させることが出来るようになりました。

ダイハツの努力で、ミライースが進化したことが分かりましたね。では、アルトの場合はどうなっているでしょうか。見ていきましょう。

アルト

フォーンベージュ

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

  • 燃費消費率 ➡ 37.0km/L

アルトはスズキの技術が凝縮されているので、期待度が高いですね。やはり先進の技術を使っているので、減速時のエネルギーで発電と充電をして無駄な燃料消費を抑制してくれるエネチャージを語らずにはいられませんね。

また、高効率リチウムイオンバッテリーでは、軽量でコンパクトなのに電気を効率よく充電できるという魅力があります。走行時の発電を抑えることで、ガソリンの節約をしているのですね。

続いては、アイドリングストップについてです。アイドリングストップを搭載しているので、減速時からガソリンを消費することがありません。減速から始動までの無駄なガソリンを抑えることが出来るのは、経済的なことはもちろん、環境を守るという意味に繋がります。

燃費は、環境を切り離しては話すことが出来ない問題ですよね。地球の空気環境を良くすることもドライバーの責任だということです。

では、信号や渋滞で「エアコンを消したらどうなるの」って思う人もいると思いますが心配はいらないのです。

エコと燃費性能と環境

スズキのアルトには、アイドリングストップ中でも、エコクールがあるのです。これは、アイドリングストップの時にでも冷たい風を送ることが出来るものですが、室温の急上昇でのエンジンの始動を抑えて低燃費になっているのです。

それからエコを頑張っても、効果が見えないと少し寂しいですよね。目に見えるマルチインフォメーションでは、スイッチを切り替えると燃費が良いとき、つまり運転が良い状態の時には、100点満点でスコアを出してくれるらしいです。最高得点を狙いたくなるにくい取り組みですね。

節約は楽しくしないと意味がないと感じます。出来れば楽しい節約を今日からでも始めたいですね。

他にはデザイン性で空気抵抗を減少させたリ、コンピューターの最適化など沢山の工夫がみられます。

では、いったいどっちがエコなの?という問題ですが、悩んだ結果次のようにしました。

  • 燃費部門 ➡ ミライースの勝ち!
③アクセサリー ブラック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

編集部の独断と偏見ですが、このように決めました。理由としては、Bodyの空気抵抗から重量、そして冷却まであらゆるものを見直して改良していることが挙げられます。

スズキの技術は高いので、特にアルトが劣っているわけではありませんので、アルトのファンのみなさん、ごめんなさい。

では次に、楽しく色・カラーを見ていきましょう。


スポンサーリンク

色・カラーを比較!どっちが気持ちをエコにしてくれる?

③ マゼンタベリーマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

断捨離という言葉が流行っているように、これを人の心でいうなら「ストレスを捨てる」ということかもしれませんね。

ストレスが溜まった時には、自分の愛車で好きな景色を見に行ったりしたいですよね。そんな時に、その車の色は気持ちを活き活きとさせてくれる可能性が大きいでしょう。

ミライースの全カラー

  • スカイブルー
  • シャイニングレッド
  • ライトローズマイカメタリック
  • コットンアイボリー
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • パールホワイトⅢ
  • ホワイト

メーカーオプションのカラーも見ていきますね。

⑦ パールホワイトⅢ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

  • パールホワイトⅢ
  • シャイニングレッド

2トーンも素敵ですね。いつもと違った表情の車に見えます。それから次は、アルトです。

アルトは、種類が豊富できれいな2トーンもあるので楽しい気持ちになると思います。

アルトの全カラー

フィズブルーパール

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/

  • ピュアレッド
  • シフォンアイボリーメタリック
  • フィズブルーパールメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • シルキーシルバーメタリック
  • パールホワイト

では、アルトにもある2トーンです。

ピュアレッド 2トーン

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

  • ピュアレッド ミディアムグレー2トーンバックドア
  • ブルーイッシュブラックパール3 ミディアムグレー2トーンバックドア
  • パールホワイト ミディアムグレー2トーンバックドア
  • シルキーシルバーメタリック ミディアムグレー2トーンバックドア

綺麗な色が揃いましたね。好きな色は見つかりましたか?では、今日はエコがテーマなので、ecoにふさわしい色を考えてみると、自然の色が良いですよね。

優しい色がたくさん揃っているという点で、下記のような結果にしました。

  • 色・カラー部門 ➡ アルトの勝ち!
パールホワイト 2トーン

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

これは、ミライースを否定するものではなく、アルトの優しい色が豊富にそろっているという点を評価した結果です。編集部の独断と偏見ではありますが、きれいな色を見ると心に影響するということは医学的にも証明されているので不思議ですね。

オプションを比較!エコに繋がるオプションを持つのはどっち?

⑤ アクセサリー イルミネーション

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

続いては、オプションです。エコに繋がるオプションがあるのは、どっちの軽自動車でしょうか?では、ミライースから見ていきましょう。

ミライース

メーカーオプション

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック ➡ バックカメラ、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナ
  • インテグレートCD(CD-R/RWに対応)・AM/FMラジオ・AUX端子

ディーラーオプション

  • エアロパック ➡ エアロパーツでドレスアップ 54,626円
  • ワイド エントリー メモリーナビ[2017モデル]
  • フードガーニッシュセット ➡ 31,493円
  • 樹脂フレーム ➡ 8,986円
  • レッドカラープラン ➡ 20,088円
  • LEDフォグランプキット ➡ 33,739円
  • アルミホイールセット(14インチ・12本スポーク・ブラックポリッシュタイプ) ➡ 99,900円
  • インテリアパンネルお得セット ➡ 31,514円
  • イルミネーションパック ➡ 41,148円
  • エントリーライト ➡ 19,375円
  • コーナーセンサーセット ➡ 64,282円
  • IRカットフィルムセット ➡ 26,525円
  • ドライブレコーダーお得プラン ➡ 113,724円より
新 ドライブレコーダー

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

標準装備

  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • オート格納式カラードドアミラー(キーフリー連動)
  • パワードアロック(車速感応式オートロック機能付)

その他には、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、スマートアシストⅢなどがあります。かなりのオプションによって、自分の好みに変えることが出来ますね。

では、続いてアルトのオプションを見てみましょう。

アルト

アルト ハンドル

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/alto/ 

メーカ―オプション

  • レーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ] ➡ ※Xに標準装備
  • 誤発進抑制機能 ➡ 衝突の回避に貢献している ※Xには標準装備
  • エマージェンシーストップシグナル ➡ 光の合図で後続車に急ブレーキを知らせる ※Xには標準装備
  • 電動格納式リモコンドアミラー
  • シートヒーター
  • セキュリティアラームシステム
  • キーレスプッシュスタートシステム ➡ エンジンスイッチ・携帯リモコン・リクエストスイッチ

他には、標準装備であるものが少しありました。オプションで、その車の「人格みたいなもの」が出来るような気がするので、大きな課題ではありますね。また、安全性を重視したオプションだと必然的に感興を守るという役割が出てくるような気がします。

そして、編集部が出した答えは下記の通りです。

  • オプション部門 ➡ ミライースの勝ち!
④ スプラッシュブルーメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

大きなポイントは、自分の車に乗っている人「以外の安全」という点です。自分だけの安全では、安全性能とは言いにくいですよね。

みんなの命をどう守るかは、どう地球環境を守るかという問題に直結していくからです。

→ 人気の軽、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

まとめ

⑩ オプション装着車

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

総合的なものでは、充実性がどれだけあるかという1点に絞られてくると思うのですが、空気も、地球も、人間の生命も、すべてに幸福をもたらしてくれるドライブを追求していきたいですね。

時間も充実している、ものとして目に見えるオプションも、技術も、総合されて初めてエコなのかもと思いました。

普段は優柔不断と勘違いされそうな時もありますが、こうやって比較をすることで新たに、その車の持ち味を知ることが出来て良かったです。

総合では下記のようになりました。

  • 総合でエコなのは ➡ ミライースに決定!

編集部の独断と偏見ですが、「購入するなら今はミライースが買い!」ということです。発売されたばかりというのもありますが、本当に研究をして改良したんだなと見ていて分かるから、よけいに感動してしまいます。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク