ワゴンR VS ハスラー 徹底比較!大きさ・燃費などの違いは?買うならどっち?

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



大きく変身した「ワゴンR」とCMでもお馴染みの「ハスラー」ですが、今日はこの2車種で大きさや燃費を見ていきます。

あなたは、どちらの車が好きですか?実際に購入するとなると悩みますが、具体的な車の魅力を見ていきながら、比較してみましょうね。


スポンサーリンク

ワゴンR VS ハスラー・価格・値段は?

イエローと女性

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

軽自動車を愛する人が増えた今日この頃は、普通の車では満たされない人もいたりして、発売されていく車はどんどん個性的な表情をしてきましたね。

ワゴンR

ワゴンRは、初めてみたときに個性的だと思いましたが、最近は色もグレードも豊富なので価格も違ってきますね。

HYBRID FZ

  • 2WD・CVT ➡ 1,350,000円
  • 4WD・CVT ➡ 1,470,960円

HYBRID FZ セーフティーパッケージ装着車

  • 2WD・CVT ➡ 1,409,400円
  • 4WD・CVT ➡ 1,530,360円

HYBRID FX

  • 2WD・CVT  ➡ 1,177,200円
  • 4WD・CVT  ➡ 1,298,160円

FX セーフティーパッケージ装着車

  • 2WD・CVT ➡ 1,273,320円
  • 4WD・CVT  ➡ 1,394,280円

FA

  • 2WD・CVT  ➡ 1,078,920円
  • 4WD・CVT ➡ 1,202,040円

機能や性能を重視すると果てしなく願望が大きくなっていきますが、街乗りや通勤程度では十分すぎるほど本当に素晴らしい車ですね。価格帯は、100~150万円台となり、値段だけを見ると1.5倍も上下の差が出てきます。

男性と女性では、使い方も知識も違うので、もしかしたら意見が分かれるかもしれませんね。では次は、ハスラーを見ていきましょう。

ハスラー

X ターボ

  • 2WD・CVT ➡ 1,547,640円
  • 4WD・CVT ➡ 1,674,000円

Xターボ2トーンルーフ仕様車

  • 2WD・CVT ➡ 1,590,840円
  • 4WD/CVT ➡ 1,717,200円

X

  • 2WD・CVT ➡ 1,461,240円
  • 4WD・CVT ➡ 1,587,600円

X2トーンルーフ仕様車

  • 2WD・CVT ➡ 1,504,440円
  • 4WD・CVT ➡ 1,630,800円

Gターボ

  • 2WD・CVT ➡ 1,359,720円
  • 4WD・CVT ➡ 1,486,080円

Gターボ2トーンルーフ仕様車

  • 2WD・CVT ➡ 1,402,920円
  • 4WD・CVT ➡ 1,529,280円

G

  • 2WD・5MT ➡ 1,162,080円
  • 4WD・5MT ➡ 1,277,640円
  • 2WD・CVT ➡ 1,273,320円
  • 4WD・CVT ➡ 1,399,680円

G2トーンルーフ仕様車

  • 2WD・5MT ➡ 1,205,280円
  • 4WD/5MT ➡ 1,320,840円
  • 2WD・CVT ➡ 1,316,520円
  • 4WD・CVT ➡ 1,442,880円

A

  • 2WD・5MT ➡ 1,078,920円
  • 4WD・5MT ➡ 1,199,880円
  • 2WD・CVT ➡ 1,078,920円
  • 4WD・CVT ➡ 1,199,880円
オレンジ・キャンプ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

ハスラーの場合も価格帯は、100~170万円台までと幅があるのですが、グレードがワゴンRよりも多いので、選ぶ楽しみは大きいです。

値段をみて経済的なことで悩んでいる人や、この機能はなくても良いといった人は、価格もシンプルが良いもしれないですね。

この価格・値段の部門では、購入しやすいという意味で「ワゴンR」を編集部では選んでみました。使用用途によっても結論は変化するのでしょうけど、数字では「購入しやすい」という面での答えを出したのです。


スポンサーリンク

ワゴンR VS ハスラー!性能・スペック・大きさ

ツーTONEハスラーキャンプ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

続いては、大きさや持っている性能を比べてみましょう。

ハスラーXターボの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 室内寸法 長さ ➡ 2,160mm
  •      幅  ➡ 1,295mm
  •      高さ ➡ 1,250mm
  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド 前 ➡ 1,290mm
  •      後 ➡ 1,290mm
  • 最低地上高 ➡ 180mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L
  • 主要燃費向上対策  ハイブリッドシステム・アイドリングストップ装置・充電制御付アイドリングストップ装置・可変バルブタイミング・電動パワーステアリング・ロックアップ機構付トルコン・自動無段階変速機
  • 型式 ➡ R06A型
  • 種類 ➡ 水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • トランスミッション ➡ インパネシフトCVT

いろいろ努力をしている軽自動車として、カラフルに若い世代を取り込みたい感じが良く分かる車ですね。

後席の快適さ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

ワゴンR2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1475mm
  • 全高 ➡ 1650mm
  • 室内寸法 長さ ➡ 2450mm
  •      幅  ➡ 1355mm
  •      高さ ➡ 1265mm
  • ホイールベース ➡ 2460mm
  • トレッド 前  ➡ 1295mm
  •      後  ➡ 1300mm
  • 最低地上高 ➡ 150mm
  • 車両重量 ➡ 790㎏
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L
  • 型式 ➡ スズキ・DAA-MH55S
  • 駆動方式  2WD(前2輪駆動)
  • トランスミッション ➡ インパネシフトCVT

シンプルなイメージがあるので大人の乗る軽乗用車と思っていたのですが、こうしてみると可愛いbodyだと分かり愛着がわきますね。

また幅も高さもあるし、広さもあって、かなり収納力がありそうです。そのうえ、力もあって頼もしい一面も見られました。運転も楽々といった感じです。

ブルーで海へ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

編集部の偏見かもしれませんが、大人のワゴンRと全力で遊びたい世代との比較のようで見てみると案外と楽しいです。シンプルなワゴンRと比べるといろいろな仕掛けがある分、室内寸法や全体的な大きさははハスラーが勝てなかったということで、ワゴンRの勝ちですね。ハスラーがんばれっ!


スポンサーリンク

燃費を比較してみよう!どっちが経済的?

シルキーシルバーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

 燃費を見ていきましょう。お金が掛かるのは購入時だけではないですよね。維持するというコスパが良くないと、継続して車を楽しむことは出来ないのが辛いところですからね。

ワゴンRの場合

スズキグリーンテクノロジーという名前にも入っているように「グリーン=環境」を考えることも、21世紀に入ってからは「車を楽しむ一つの条件」となってきたようですね。

燃費と環境は、切り離せない大きな関わりがあります。スズキのこのテクノロジーを使うことによって、電気を使用しての技術も大きく伸びています。

マイルドハイブリッド

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)を使って、低燃費をアシストしてくれるのです。また、このアイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用のリチウムイオンバッテリーによって充電してくれます。

その電力は、クリープ時にはモーターのみで走行ですが、加速時にはモーターでエンジンをアシストするのです。これが最適な「燃費の向上に貢献」しているハイブリッドシステムですね。

  • 33.4km/L ➡ 軽自動車での低燃費としての信頼

いつも通りの運転で簡単に低燃費になるなんて運転が上手くなった気がしますね。では、今のところワゴンRに勝てないハスラーの方を見ていきましょう。

倉庫でハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

  ハスラーだっていつまでも負けているわけにはいきませんね。どんな燃費の工夫があるのでしょうか。

ハスラーの場合

エネルギーフローインジケーター

モーターがアシスト走行している時や、減速エネルギーを回生しているときなどに、変化し続けるエネルギーの流れをひと目で確認することが出来るのです。発電の状況やバッテリーの残量がすぐ確認できるので安心です。

新アイドリングストップシステム

停車するときの減速時にガソリンを使用せずに、13km/h以下でエンジンを停止するシステムです。少しの無駄もないように、環境と経済を支えてくれているのでしょう。

ISG(モーター機能付発電機)

他にもたくさんありますが、最後に紹介したいのはISG(モーター機能付発電機)です。これも発電効率を高めてくれるので、減速するときのエネルギーを利用することで発電をしています。

このようにスズキの技術を高めつつ、より安全に、より優しく進んでいるわけですね。そういう意味でも、燃費には期待をしていきましょう。

  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

エンジンの始動は静かなうえに、これだけ低燃費だと嬉しい女性は多いと思いますが、こういう経済観念も必要ですね。

そういうことで、経済的な貢献を称える意味で、燃費部門は「ハスラー」にしました。購入するなら、購入後の経費を考えて買いたいものです。


スポンサーリンク

色とカラーを比較!どっちが個性的?

クールスタイル

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

 人間は見た目ではないといいつつも、「良いに越したことがない」って言いながら気にするものです。車も同様で、「性能さえ良ければ良い」って言ってみても実際に購入するとなると、どうしても好きな色や友人や、いろんな人のことも念頭に置きながら選んでしまうことが多いのですよね。

では、第一印象ともなる色・カラーを見ていきましょう。

ワゴンR

  • ブリスクブルーメタリック
  • ブレイブカーキパール
  • リフレクティブオレンジメタリック
  • ピュアレッド
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ピュアホワイトパール

ちなみに、全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車は140,400円高(消費税込み)となり、メーカーオプションとなっています。続いて、ハイブリッドFXが追加です。

  • サニーイエローメタリック
  • フィズブルーパールメタリック
  • スペリアホワイト
  • シルキーシルバーメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック

 シックな色に夏の海を連想させるような情熱的な色もあります。かなり色も増えてきましたが、自分だけの車を作ったり、意見を主張したい人が増えているということかもしれませんね。

いろんな色

 引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

 続いては、ハスラーです。このはハスラーの印象は、編集部としては「あられちゃん」って感じで元気な明るいイメージでした。ハスラーは、どんな色があるのか見ていきましょう。

  • クールカーキパールメタリック
  • スチールシルバーメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • クリスタルホワイトパール

基本的な色とアース的な色がバランスよく出ているので、ちょっとセンスの良い人が乗っているかもしれませんね。そんな色には、2トーン仕様もあるのです。

  • パッションオレンジ  ホワイト2トーンルーフ
  • サマーブルーメタリック  ホワイト2トーンルーフ
  • キャンディピンクメタリック  ホワイト2トーンルーフ
  • ムーンライトバイオレットパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
  • アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ
  • フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

このように同じ2トーンルーフといった呼び方でも、ブラックルーフとホワイトルーフの2種類があるのですね。どちらが好みでしょうか?

海での水色

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

いろんな色を選択するのも楽しみの一つとなる車の購入ですが、カラー部門では、選べる幅の広さから編集部では「ハスラー」を選びました。おしゃれに過ごすことを考える人は増えてきましたもんね。

さわやかな夏色とふんわり温かい冬色など、好きな色は決まりましたでしょうか?色が決まったら、次は最後にオプションを見ていきましょう。

オプションを比較!決定的な違いとは

純正ナビ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

オリジナル性を追求したら、やっぱりオプションは欠かせないですね。安全性能も含めて、自分流の車を楽しめるオプションを確認していきましょう。

ワゴンR

メーカーオプション

  • 全方位モニター ➡ 見えない場所が見えることで縦列駐車もスムーズ
  • メモリーナビゲーション ➡ DVDやフルセグTVも楽しめるというタッチパネルが立体的に交差点を表示してくれる。るるぶデータを収録しているので周辺観光も楽々になる
  • デュアルセンサーブレーキサポート ➡ 人も車も検知して衝突回避をサポート。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせるとコンパクトなシステムになった
  • 誤発進抑制機能 ➡ 最近の社会問題にもなっている急発進で「アクセル」と「ブレーキ」を踏み間違えたときにも警報と約5秒間の制御で抑制する

その他にも、ふらつき警報機能や、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト機能、ヘッドアップディスプレイなど安全に関しても、たくさんの選べる安心があるっていいですね。

いろんな色4

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

では、最後にハスラーです。どんなオプションがあるか気になりますね。

  • 全方位モニター ➡ 周辺の映像を映し出してくれるので、これで死角がなくなり安心してバックができる。助手席サイドの映像も映してくれる
  • メモリーナビゲーション ➡ ステアリングオーディオスイッチなので視線を外すことなく操作が出来る。もちろん、フルセグTVやDVDなども楽しめて、るるぶ収録もある

その他には、標準で全面UVカット機能付ガラス、運転席・助手席シートヒーター、盗難警報装着車ステッカーなどがあります。

女性なら特に気にしている人は多いと思いますが、男性でも肌を傷めたくないと考える人は増えています。全面でのUVカットガラスはありがたいですね。小さな子どもも安心して乗せることが出来ます。

ワゴンRは、オプションで出来ているっていう見かたも可能ですね。でも基本がしっかりあるからオプションを楽しめるといったことは忘れてはいけない大切な項目のようです。

そう考えると、自分に必要なオプションを選べるということで、オプション部門ではワゴンRに勝利です。ただ、スズキという同じメーカーなので性能や技術的なことでは、ハスラーも安心ですよね。

保育園のお迎えかな

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/ 

育児も男性が参加するようになって、小さな子どもを乗せる機会が増えたように感じます。軽自動車といえども、性能が良いに決まっていますね。

でも女性から見ると「可愛い」を選びたい人もいると思うので、何を基準に選ぶのかは「自分で決めて良い」わけです。納得いくような購入の仕方をじっくり考えてから後悔をしないようにしましょうね。

→ 人気の軽、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

まとめ

プリスクブルーメタリック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

今日は、スズキの代表的な軽自動車を比較してみました。実用的な用途で使うなら、やっぱり広さや価格を考慮してワゴンRが良いと考えましたが、独断と偏見で結果はこのようになります。

「購入するならハスラー!」

その理由としては、オプションの数ではワゴンRに負けたものの、燃費やデザイン性、性能も劣らずでの総合判断です。ちょこちょこ走るのには可愛すぎですね。

それから燃費は重要です。軽自動車の場合は遠出をしないことが多いのですが、その言い方を変えると街中で乗ることが多いということですよね。

街中の信号や渋滞など、エネルギーの使い方を考えることは、経済的な負担を軽減しながら環境に貢献していくということです。

カッコいい車が好きな人も、可愛い車が好きな人も、シンプルな車にこだわる人も、安全運転で今日もドライブを楽しんでくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク