タントカスタム VS ウェイク 徹底比較!サイズ・燃費・価格などの違いを紹介!どっちが買い?

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



今は女性だけでなく「男性が乗ってもカッコ良い」という考え方を定着させた代表格のタントカスタムとウェイクは、軽自動車の進化をさらに洗練させましたね。あなたはカッコよさで行きますか?それとも機能性で選びますか?

今日は、タントカスタムVSウェイクをサイズや燃費で比べてみましょう。また、価格を考慮したら「どちらに乗ろうかな」なんて想像しながら、参考にしてくださいね。


スポンサーリンク

タントカスタムVSウェイク!価格・値段を比較

a.

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

タントカスタムは、これまで「どちらかというと女性向き」とまで考えられがちな軽自動車を「カッコいいから男性にも向いている」という存在にしてくれました。みんなの憧れタントカスタムの値段からご紹介しますね。

RS“トップエディション SA Ⅲ”

  • 2WD CVT  ➡ 1,749,600円
  • 4WD  CVT ➡  1,873,800円

RS“SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡ 1,706,400円
  • 4WD CVT ➡ 1,830,600円

X“トップエディション SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡ 1,652,400円
  • 4WD CVT  ➡ 1,776,600円

X “SA Ⅲ”

  • 2WD CVT ➡ 1,593,000円
  • 4WD CVT  ➡ 1,717,200円

X

  • 2WD CVT ➡ 1,528,200円
  • 4WD CVT ➡ 1,652,400円

価格帯としては、160~180万円といったところでしょうか。では、次にウェイクの価格を見ていきましょう。

3台の荷物2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

アウトドアなイメージがありますよね。人気があっても高すぎて購入できないのでは困りますからね。果たして値段はどうでしょうか?

Gターボ “レジャーエディション SA Ⅱ”

  • 2WD CVT ➡ 1,717,200円
  • 4WD CVT ➡ 1,841,400円

Gターボ “SA Ⅱ”

  • 2WD  CVT ➡ 1,674,000円
  • 4WD CVT  ➡ 1,798,200円

 L “レジャーエディション SA Ⅱ”

  • 2WD CVT ➡ 1,598,400円
  • 4WD CVT  ➡ 1,722,600円

 L “SA Ⅱ”

  • 2WD CVT ➡ 1,555,200円
  • 4WD CVT ➡ 1,679,400円

D “SA Ⅱ”

  • 2WD CVT ➡ 1,414,800円

D

  • 4WD CVT ➡ 1,350,000円

こちらもタントカスタムと同額に近いですが、グレードを少し落としたら130万円台で購入できるので、経済的な課題を考える人には有りがたいですね。では、性能はどうなの?ってことで見ていきますね。


スポンサーリンク

性能・スペック・大きさを比較!どっちがいい?

ウェイクのサイズ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

ここでは大きさや広さ、燃費など基本的な性能を見ていきましょうね。まずは、ウェイクからです。

2WD Gターボの場合

  • 全長 ➡ 3,395 m
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,835mm
  • 室内 長さ ➡ 2,215mm
  •    幅  ➡ 1,345mm
  •    高さ ➡ 1,455mm
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前 ➡ 1,305mm
  • 後 ➡ 1,295mm
  • 地上最低高 ➡ 140mm
  • 車両重量 ➡ 1,020㎏
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 主要燃費向上対策 ➡ 自動無段変速機:CVT・ロックアップ機構付トルコン・ 可変バルブタイミング・オルタネータ回生制御・アイドリングストップ装置
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • エンジン型式 ➡ KF型
  • 種類 ➡ 水冷直列3気筒 12バルブDOHC インタークーラーターボ横置
  • 総排気量 ➡ 658cc

10.トニコオレンジメタリック×パールホワイト

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

続いてはタントカスタムです。強さをイメージするコマーシャルが印象的ですよね。

2WD “トップエディション SA Ⅲ” の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,750㎜
  • 室内 長さ ➡ 2,200mm
  •    幅  ➡ 1,350mm
  •    高さ ➡ 1,365mm
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド 前 ➡ 1,300mm
  •      後 ➡ 1,295mm
  • 最低地上高 ➡ 145mm
  • 車両重量 ➡ 960㎏
  • 燃費消費率 ➡ 26.0km/L
  • 主要燃費向上対策 ➡ 自動無段変速機:CVT ロックアップ機構付トルコン・可変バルブタイミング・オルタネータ回生制御・アイドリングストップ装置
  • 最小回転半径 ➡ 4.7m
  • エンジン ➡ KF型
  • 種類 ➡ 水冷直列3気筒12バルブDOHC インタークーラーターボ横置
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • トランスミッション 駆動方式 ➡ FF

大きさでは、長さも幅も同じですが、高さがやはりウェイクの方があるのですね。重量をみるとウェイクの方が重くて、その分燃費は若干ウェイクの方が悪いようです。

ただ、タントカスタムはデザインで継続的な人気を誇っているので、どちらかを選ぶのは難しいですね。

タントのサイズ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

室内はやっぱりウェイクが広いようですね。両方とも、ダイハツという同じメーカーが出している人気車種なので、「甲乙をつけがたい」とはこのことをいうのでしょう。


スポンサーリンク

燃費はどちらが経済的か見てみよう!

whiteパール子どもと

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

燃費では、下記の通りタントカスタムが良いようです。容積と燃費の勝負ですね。

  • ウェイクの燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • タントカスタムの燃費消費率 ➡ 26.0km/L

タントカスタムの極限まで燃料消費を抑制する力

全車に対して、新エコアイドルを採用しています。これによって、車が止まる少し前から自動でエンジンを止めるので、低燃費に優れているといえます。また、状況に応じた作動をコントロールするので安心なうえに快適と来ています。

赤ちゃんにも、環境にも優しいってタントカスタムは「カッコいい」だけではなかったのですね。走行中のモードをシーンに合わせて切り替えが出来ることで注意力が散漫になることもないんです。もう、これは紳士のレベルですね。

ミラクルオープンドア

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

ウェイクのエコアイドルの効果を実感するとき

良い機能でも効果を実感できなければ、つまんない気がしますね。ダイエットでも、お稽古事でも効果があって初めて「本気のやる気」みたいなの湧いてきますからね。

ウェイクにあるマルチインフォメーションディスプレイ&エコドライブアシスト照明では、その効果を目で見て実感することが出来るのです。アイドリングストップが作動している時にも経過時間や積算時間まで表示してくれるのです。賢い車なんですね。

キャンプに来たウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

では、今度は「どこ乗りに使うか」という目的別の消費者の声を聞いてみた結果では、下記のようにウェイクがアウトドア派で、タントカスタムは都会派といったイメージが強いのかもしれないという印象を持っていることが分かりました。

燃費消費率でみると、街中乗りに「タントカスタム」、自然と一体型が「ウェイク」というように、皆さんは賢く選んでいるようです。また、子どもを連れている人は、荷物を多く入れたいと思っているようです。

もちろんタントカスタムも負けてはいませんね。高さでは、ウェイクに勝てなかったものの、やっぱりスライドドアが左右に大きく開くという快適さがあるので、お買い物が多い女性では支持される声が多いようです。


スポンサーリンク

色・カラーを比較してみよう!どんな色があるのかな?

大きなウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

綺麗な色が印象的なウェイクの色を見ていきましょう。何色あるか楽しみですね。

ウェイクの色・カラー

  • フレッシュグリーンメタリック
  • ミストブルーマイカメタリック
  • ト二コオレンジメタリック
  • ブルーマイカメタリック
  • パールホワイトⅢ
6.プラムブラウンクリスタルマイカ

 引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • タングステングレーメタリック
  • オフビートカーキメタリック
  • ブラックマイカメタリック

また、ウェイクには下記のようなメーカーオプションでの特別カラーがあるようです。

12. パールホワイトⅢ×オフカーキメタリック

 引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

  • パールホワイトⅢ×ト二コオレンジメタリック
  • パールホワイトⅢ×ブルーマイカメタリック
  • パールホワイトⅢ×オフビートカーキメタリック
  • パールホワイトⅢ×フレッシュグリーンメタリック
  • パールホワイトⅢ×ミストブルーマイカメタリック

色が変化するだけで、車の印象がはかなり変わってきますね。では、次にタントカスタムの色を見ていきましょう。タントカスタムだっていい感じのカラーがあるんです。

h.

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

タントカスタムの色・カラー

  • パールホワイトⅢ【メーカ―オプション】
  • ブライトシルバーメタリック
  • メテオライトグレーイリュージョナルパール【メーカ―オプション】
  • ブラックマイカメタリック
スマアシⅢ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

  • ディープブルークリスタルマイカ【メーカ―オプション】
  • ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック【メーカ―オプション】
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ 【メーカ―オプション】

色の数はウェイクに完敗ですが、なんと半数以上がメーカ―オプションなんです。つまり、タントカスタムは「特別な色が多い」ってことですね。また、タントカスタムは「深い色」が多くあり大人の車といった印象です。

オプションを比較する

3台の荷物2

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

同じ車種でも、カラーやオプションで自分だけのオリジナルを作れることが嬉しいですね。では早速見ていきましょう。

ウェイクの場合

メーカ―オプション

  • 純正ナビ装着用アップグレードパック ➡ 純正ナビに対応のアイテムを設定したあとは、ステアリングスイッチや迫力がある6スピーカーで楽しめます。バック時のカメラもセット。
  • インテグレートCD(CD-R/RWに対応)・AM/FMラジオ・AUX端子 ➡ 手持ちのデジタルプレイヤーをAUX端子で繋いで楽しめる(φ3.5プラグも装備している)
  • 運転席シートヒーター ➡ 冬の寒い日にシートを温めてくれる機能は冷え性の女性にとって本当にありがたい装備。

ディーラーオプション

  • プレミアムダイヤトーンサウンドシステム ➡ 低温から高音までの広い範囲の音質を実現している。ダイハツのオーディオ性能を引き出しているようでリアルなサウンドを鮮明に再現している
8インチメモリーナビ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

その他にも安全性能を中心に若干の標準装備があります。では、続いてタントカスタムの方ですが、こちらは同じダイハツでも細部にまでのこだわりと高級感を感じます。

右フロント

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

まず、カラーで出ていたように5色のメーカ―オプションを始め下記のようなオプションがありますね。

タントカスタムの場合

メーカーオプション

  • SRSカーテンシールドエアバッグ ➡ 乗員頭部側面を覆うように広がって衝撃を吸収するエアバッグ。
  • 右側パワースライドドア ➡ お買い物や小さな子どもを両サイドどちらからでも乗せやすい。

タントカスタムには標準装備が多いことも特徴です。安全性能はもちろん「あったらいいな」を形にしているような心遣いに女性ドライバーも嬉しいのではないでしょうか。

  • チルトステアリング/運転席シートリフター ➡ 身長が低いと調整が大変なので助かる人も多い。
  • LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付) ➡ 低消費電力でも安心の視界を夜間にもたらしてくれる。もちろん人数や荷物の量に応じた照射軸を調整するオートレベリング機能付き。

あとはスマートアシストを始めとするトヨタの技術を活かしたダイハツの細やかな気配りが効いています。

総合的に見てみると、車も今や用途によって使い分ける時代なのでしょうね。それを証明するかのように、それぞれ得意分野が違うので、魅力も比較が難しいほど、こだわり抜いた個性が光る車達でした。

→ 人気の軽、どちらも値引きから更に50万円安く買う方法!

今日のまとめ

g.

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto_custom

今日は、軽自動車を愛する人のための比較をしてみました。人によって「最重要視する条件」は違ってくると思うのですが、洋服のように見れば見るほど「あれもいい。これもいい」状態になってしまいますね。

しかし、今日は決着をつけるということで、またもや編集部の独断と偏見で下記のように決めてみました。

「購入するなら、タントカスタム!」

やはり購入理由はオプションが多いので必要に応じて自分仕様にできることが大きいといえるでしょうか。あとは、みんなに受け入れられやすいデザインですね。

また、その他の理由としては「街中で乗るのには燃費が良い」ということ、もちろんウェイクも燃費はそこそこ良くて荷物がたくさん載りますが、軽自動車としての燃費やおしゃれ、扱いやすさという点で選ばせて頂きました。

次は、どんな車種で、どんな魅力が出てくるか楽しみですね。今日も安全運転で、ドライブを楽しんでくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク