新型スペーシア スズキ 燃費まとめ!

スペーシア

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型スペーシアの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型スペーシアの燃費に関するデータをご紹介します。


スポンサーリンク

メーカーが公表している新型スペーシアの燃費

spacia901

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1096/463/html/003_o.jpg.html

まず最初にメーカーが公表している新型スペーシアの燃費を確認しておきましょう。

新型スペーシアは上位グレードのHYBRID XとベースグレードのHYBIRD Gの2グレード展開ですが、どちらもエンジンはNA、トランスミッションはCVTのみとなります。駆動方式はそれぞれのグレードで2WDと4WDの両方が用意されています。

気になる燃費は26.4~30.0km/lです。

最も燃費が悪いのがHYBRID X、HYBRID Gの4WDモデルで、これらは26.4km/l、次いでHYBRID Xの2WDモデルの28.2km/l、最も燃費が良いのがHYBRID Gの2WDモデルで30.0km/lとなります。

スズキの公式サイトでは新型スペーシアの燃費を30km/lと大々的に表記していますが、これはあくまでもベースグレードの2WDモデルのみである、という点は注意してください。

spacia902

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/performance_eco/


スポンサーリンク

新型スペーシアは全車マイルドハイブリッドシステムを搭載

spacia903

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1096/463/html/062_o.jpg.html

新型スペーシアはフルモデルチェンジにあたって全車にマイルドハイブリッドシステムを搭載してきました。

旧型スペーシアは前期型で「エネチャージ」を、後期型ではその発展版の「S-エネチャージ」を搭載していました。スズキ的にS-エネチャージからマイルドハイブリッドに「進化させた」と言いたいようですが、そもそもS-エネチャージとマイルドハイブリッドは何がどう違うのでしょうか。

spacia904

引用:http://autoc-one.jp/honda/n-box/whichone-5000960/photo/0040.html

そもそもエネチャージとは、減速時にタイヤの回転を利用してエンジンが動き続ける力(減速エネルギー)を利用して高効率・高出力オルタネーターで発電をし、高効率リチウムイオンバッテリーに充電。それをエアコンやオーディーオ、ナビといった電装品に供給することでガソリン消費量を押さえて燃費を向上させる、という仕組みです。

S-エネチャージはエネチャージが発電に使っていたオルタネーターをモーター機能付発電機に変え、充電先のリチウムイオンバッテリーを更に大電流に対応できるものへ進化させました。

発電機にモーター機能がついたおかげで、アイドリングストップ後のエンジンの再始動や、加速時のアシストにモーターを活用できるようになりました。

これによってエネチャージに比べて更に燃費が向上したわけです。

ではマイルドハイブリッドはどのような仕組みか、というと、基本的な仕組みはS-エネチャージと同じです。

しかしモーターによるクリープ走行が最大で10秒間可能になっています。

spacia905

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/performance_eco/

これによって渋滞時などはガソリンを消費せずモーターの力のみで動かすことができるので、ガソリンが節約できる、とされています。

ただし旧型のS-エネチャージからマイルドハイブリッドに「進化」したことによって燃費が向上したか、と問われると残念ながらその答えは「NO」です。

先ほどご紹介したように新型スペーシアの燃費は26.4~30.0km/lですが、旧型スペーシアは29.0~32.0km/lでした。グレードによる差異はありますが、全体としてみた場合悪化しているということになります。

技術的には「進化」しているのに燃費が落ちた理由は恐らくボディ形状にあると思います。

こちらは旧型スペーシア。

spacia906

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/705/959/html/027.jpg.html

そしてこちらが新型スペーシアです。

spacia801

引用:http://www.webcg.net/articles/gallery/38147

旧型スペーシアに比べると新型スペーシアはボンネットのラインがフラットになったのに加え、全高が50mm高くなっています。更にフロントウィンドウが立ち気味になりました。これにより走行時の空気抵抗はより大きくなっていると考えられます。

JC08モードでの燃費計測方法では、まず最初に屋外のテストコースを走らせて空気抵抗値やタイヤの転がり抵抗値などを数値化し、次にシャシダイナモメーターにこれを付加として設定します。つまり空気抵抗はしっかり反映されるということです。

旧型に比べると燃費が悪くなっているとはいえ、その差はわずかですし、実燃費の計測ともなれば様々な要因によって左右されるのでそれほど意識をする必要はないと思います。


スポンサーリンク

新型スペーシアのガソリン代を節約する○つの方法

spacia906

引用:https://www.goo-net.com/magazine/104930.html

低燃費な車にのればガソリン代を安く抑えることができますが、ここでは車の燃費性能以外のところでガソリン代を節約するための小ワザを○つほどご紹介したいと思います。

タイヤの空気圧を適正に保つ

kuukiatsu

引用:http://www.carsensor.net/contents/editor/category_1461/_21776.html

タイヤの空気圧とはタイヤに充填された空気の圧力のことです。空気圧は高過ぎても低過ぎてもだめで、適正値を保つことが非常に重要です。

車によって空気圧の適正値は異なりますが、大抵の車は適正値を表示したシールが運転席側のドアを開けたところに貼ってありはずなので、それに従います。

燃費という観点からタイヤの空気圧を考えると、適正値に対して空気圧が低過ぎると燃費が悪化します。これは空気が入っていない自転車を漕いだ時のことを考えるとよくわかると思います。

タイヤの空気圧は1ヶ月で5~10%程度低下するといわれていますので、せめて月に1度くらいはガソリンスタンドで給油をする際などにチェックをして、下がっている場合は空気を入れて空気圧を適正値に戻しておくことをおすすめします。

急発進・急加速をしない

blackmark

引用:http://www.f1-life.net/modules/news2012/details.php?bid=293

当たり前の話ですが、車はアクセルを開けるとガソリンを消費します。

アクセルを開けなくては車は前に進まないわけですが、アクセルの開け方が急だったり大きかったりすると必要以上にたくさんのガソリンを消費することになり、その結果として燃費が悪化します。

発進時は最低でもクリープで多少車が前に動き出した後にじんわりアクセルを開けるようにしましょう。

加速はあくまでも周囲の車の流れに遅れを取らない程度で済ませ、流れに乗ったら速度を一定に保ちます。

車間距離も一定の間隔を取ることが大事です。車間距離を詰めがちだと加減速が多くなるのでガソリンを無駄に消費するばかりかタイヤやブレーキの消耗も早くなります。エンジンにも負担がかかりますので良いことは何もありません。

エアクリーナーを交換する

spacia_air_cleaner

引用:http://minkara.carview.co.jp/userid/475518/car/1543746/3918197/2/note.aspx#title

エアクリーナーはエンジンに吸い込まれる空気をろ過するためのフィルターです。

エアクリーナーにゴミやほこりが溜まると人間でいえば鼻づまりのような状態になり、エンジン性能が低下したり燃費が悪くなったりします。

一般的に交換時期は走行距離が50,000kmに到達した時、と言われていますが、厳しい環境下で使われてきた車はそれよりも早く目詰まりを起こします。目視で確認をしてみて汚れているようなら交換するようにしましょう。

エアクリーナーの交換効果は割と大きいです。

ガソリンは満タンにしない

kyuuyuki

引用:http://blog.goo.ne.jp/iidasekiyu/e/ad565b8083d235fce6e9e81729c5dcef

また自転車の話になりますが、1人乗りで自転車を漕ぐよりは2人乗り、3人乗りで自転車を漕ぐ方がより多くの体力を消耗することは理解できると思います。

それと同じ理屈で、車も軽い方が燃費は良くなります。

そのため「トランクや室内に余計な荷物を置かない」ということが燃費対策としてよく言われるわけですが、ここではガソリンの量について指摘しておきたいと思います。

レギュラーガソリン1Lあたりの質量は約0.75kgです。新型スペーシアのガソリンタンクは27L入りますが、満タン給油だと20.25kgの重さを背負っていることになります。

これを仮に半分の13.5Lにすると、約10kgの軽量化になるわけです。

新型スペーシアの燃費を考えると、ガソリンが10L入っていれば概ね300km弱走ることが可能です。近所への買い物や駅の送り迎えへの使用がメインだと仮定すると、10L入っていれば相当期間給油をしなくて済むわけで、実用上それほど問題はないと思います。

逆に言えば満タンの27L入っていると概ね800km弱の走行が可能ですが、800km走りきるまでの間は徐々に減っていくとはいえ重たいガソリンをずっと背負って走り続けることになります。

どちらを良いとするかは人それぞれですが、物理的に軽い方がそれを動かす際の消費エネルギーが少なくて済むのは間違いありません。

⇒ 新型スペーシアを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?


スポンサーリンク

新型スペーシアの燃費のまとめ

spacia907

引用:http://sw0034470.suzuki-dealers.jp/hotnews/new-car/1367/

以上、新型スペーシアの燃費に関する情報をご紹介しました。

旧型スペーシアに比べてカタログ燃費が落ちてしまったのは残念ですが、N-BOXやタントといったライバル車種に比べるとリードしていますので購入にあたってそれほどネガティブな要素にはならないでしょう。

重要なのはカタログ燃費よりも実燃費ですが、今後実燃費に関してどのような口コミが出て来るのか楽しみなところです。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク