マツダ CX-5 (2014年モデル) スペックまとめ!

CX-5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型マツダ CX-5のスペックが公開されています。

こちらでは2016年の新型マツダ CX-5のスペックと主な特徴をまとめましたのでご覧ください。

クロスオーバー、SUVジャンルでは スバル・フォレスター、ホンダ・ヴェゼル とともに人気の高い マツダ CX-5。

従来はクロスカントリーと呼ばれた「山」「海」「悪路」をものともせず、耐久性の強い車が主流でしたが、欧米の高級ブランドが次々と豪華な内装のSUVを発売しはじめて、その使い方もすっかり変化しています。

CX-5はまさに、峠を攻め、高速道を優雅に飛ばす実力のあるSUV。スペックからその真の実力を探ってみましょう。

→ 新型CX-5 を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

ボディーサイズ比較

mazda-cx-5-1_0[1]

引用:http://images.cdn.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/mazda-cx-5-1_0.jpg?itok=dQNp1deK

CX-5のボディスペック

●全長 4,540mm

●全幅 1,840mm

●全高 1,705mm

ヴェゼルのボディスペック(ハイブリッドRS)

●全長 4,305mm

●全幅 1,790mm

●全高 1,605mm

フォレスターのボディスペック(X-BREAK)

●全長 4,610mm

●全幅 1,795mm

●全高 1,735mm

BMW X3

●全長 4,665mm

●全幅 1,880mm

●全高 1,675mm

●排気量 1,997cc

BMW X1

●全長 4,455mm

●全幅 1,820mm

●全高 1,610mm

●排気量 1,498cc

トヨタ ハリアー

●全長 4,720mm

●全幅 1,835mm

●全高 1,690mm

●排気量 1,986cc

レクサス NX200t

●全長 4,630mm

●全幅 1,845mm

●全高 1,645mm

●排気量 1,998cc

ボディーサイズ比較では、BMW X1 と X3 の中間に位置し、レクサス NX200t にほぼ近いサイズになっています。

全幅がかなりありますので、安定した走りが楽しめますが、車庫入れや縦列駐車などの多少不便な面も。


スポンサーリンク

エンジンは3種類からセレクトできる

6-Mazda-CX-5-fun-to-drive-xlarge-large_trans++rWYeUU_H0zBKyvljOo6zlkYMapKPjdhyLnv9ax6_too[1]

引用:http://www.telegraph.co.uk/content/dam/motoring2/2015/12/01/6-Mazda-CX-5-fun-to-drive-xlarge-large_trans++rWYeUU_H0zBKyvljOo6zlkYMapKPjdhyLnv9ax6_too.jpg

エンジンはガソリン(無鉛)の SKYACTIV-G と ディーゼルエンジンの SKYACTIV-D が採用されています。

ガソリンエンジンは2Lと2.5Lの2種類。ディーゼルは2.2Lのみです。

エンジンについては、運転終了後に「採点」が表示され、5点満点での走りが4.3、などと厳しく「指導」されます。

これはエコ走り採点ですが、あくまでも参考程度で見ておくのがよいでしょう。


スポンサーリンク

ディーゼルエンジンのスペックは秀逸

281111101138691600x1060[1]

引用:http://images.cdn.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/281111101138691600×1060.jpg?itok=5h55VcZo

ガソリンエンジン 2L(2WD)

●最高出力 kw<ps>/rpm

114<155>/6,000

●最大トルク N・m<kgf・m>/rpm

196<20.0>/4,000

ガソリンエンジン 2.5L(2WD)

●最高出力 kw<ps>/rpm

138<188>/5,700

●最大トルク N・m<kgf・m>/rpm

250<25.5>/3,250

ガソリンエンジン 2.5L(4WD)

●最高出力 kw<ps>/rpm

135<184>/5,700

●最大トルク N・m<kgf・m>/rpm

245<25.0>/4,000

ディーゼルエンジン 2.2L(2WD・4WD)

●最高出力 kw<ps>/rpm

129<175>/4,500

●最大トルク N・m<kgf・m>/rpm

420<42.8>/2,000

データからわかる通り、ディーゼルエンジンのトルクは非常に頼もしい限り。

にもかかわらず、加速の際の燃焼音が非常に静かで、アイドリングストップ後の発進時に多少の横揺れを感じ取れる程度で、これが気になるかどうかは個人の感性の範疇でしょう。

タンクは56L。ガソリン、軽油とも同値です。

→ 新型CX-5 を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?


スポンサーリンク

トランスミッションは進化している

1-cx-5-front-cornering[1]

引用:http://cdn1.autoexpress.co.uk/sites/autoexpressuk/files/styles/gallery_adv/public/1-cx-5-front-cornering.jpg?itok=yWpmbKDZ

carbuyeraward[1]

引用:http://www.mazda-press.com/assets/carbuyeraward.jpg?width=696

CVTやDCT全盛の現在、トランスミッションそのものを無くしてしまったトヨタのハイブリッドシステムも登場。

その中で、CX-5はいかに広いエンジンルームを確保すべく、開発したのがATの階数を増やすことでした。

6EC-ATが物語るように、発進および減速、緩やかな走行時にのみギアチェンジをスムーズに行う「トルクコンバーター」の限定利用に変更しました。

マツダでは、トルクコンバーターは常時ロックアップさせ、変速時も0.15秒というレスポンスに限定作動。

エンジン作動時の振動の抑制を図るために、エンジン内の燃焼そのものの制御も同時に行う仕組みに改めています。

なぜ、CX-5のディーゼルエンジンは静かなのか、揺れが少ないのかは、トランスミッションが大きなカギを握っていたわけです。

坂道発進がスムーズに。HLAの標準設定

Thatcham-Mazda-CX-5[1]引用:http://safety.trw.com/wp-content/uploads/2015/10/Thatcham-Mazda-CX-5.jpg

lexus-nx200t-mazda-cx-5-comparo-2015-1[1]

引用:http://s3.caradvice.com.au/thumb/1000/562/wp-content/uploads/2015/11/lexus-nx200t-mazda-cx-5-comparo-2015-1.jpg

ヒル・ローンチ・アシスト(HLA)は坂道発進の補助機構です。

急こう配での発進時にブレーキペダルからアクセルペダルへの踏みかえ、という作業があるはず。

斜度のある中では、過度にペダルを踏んでしまうことで、急発進になってしまったり、凍結状態で空回りすることもあり得ます。

このような状態は、高齢ドライバーだけでなく、あらゆるドライバーに緊張感を強いるため、事故の原因ともなります。

どのような坂道でも緩やかに発進し、自然な速度で走行に移ることができるシステムです

インテリアスペックでは「コマンダーコントロール」が買いだ!

14615736203889[1]

引用:http://e01-marca.uecdn.es/assets/multimedia/imagenes/2016/04/25/14615736203889.jpg

cx5-interiorgallery-3[1]

引用:http://www.mazda.ro/assets/romania/cars/cx-5/interior/cx5-interiorgallery-3.jpg

ナビや音楽、通信などの様々なチャンネルを「ドライビングポジション」を変えずに楽しめることは、非常に大事なケース。

ですが、多くの車がモニター画面をセンターパネルに持ってくる傾向があります。

テスラのオートモービルの場合、7インチにも及ぶ大型パネルがドライバーに対しているなど、その操作に関しては、自動運転だからタッチパネルでいい、という感覚。

ですが、マツダが操作面で出した答えは、左手でツマミを回す、という自然なものでした。

硬めのシートとコマンダーコントロール。CX-5がなぜ快適なのかは、こうした影のスペックに注目するとよいでしょう。

1288376517748_WIDESCREEN[1]引用:http://storage.autonet.ca/v1/dynamic_resize/sws_path/autonet-prod-content/1288376517748_WIDESCREEN.jpg?quality=80&size=638x&stmp=1395953235533&clip=0

→ 新型CX-5 を値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク