新型ワゴンRスティングレー オプションまとめ!

10

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ワゴンRスティングレーのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型ワゴンRスティングレーにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。


スポンサーリンク

新型ワゴンRスティングレーのオプションと装備

インテリア 2人と海

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

新型ワゴンRスティングレーには、いろんなオプションがあります。

そんなオプションの中でも、安全装備と快適装備に力を入れていることが特徴ですね。では、1つずつ見ていきましょう。

全方位モニター

全方位モニター

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

新型ワゴンRスティングレーには前後の4か所に設置されたカメラが、まるで車の真上から見たような俯瞰の映像などを7インチもの大画面で映し出してくれるのです。

それによって狭い道では、すれ違いの時に役立つ助手席側の「サイド映像」を使って見たいところを素早く切り替えて表示をしてくれます。

しかもハンドルから手を離すことなく、ステアリングオーディオスイッチで音楽の選曲や音量の操作も可能になります。

また携帯電話なども接続することで運転中もハンズフリーで通話が可能となっています。

メモリーナビゲーション

全方位モニター操作

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

DVDやフルセグTVも楽しめるタッチパネル式のナビゲーションによって、交差点などを立体的に表示するので、初めて行く場所でも分かりやすいですね。

また「るるぶDATA」を収録しているのでスマホと接続するとナビ画面で音楽やSNSまで楽しめるようになっているのです。こちらもハンズフリー機能が付いていますね。

デュアルセンサーブレーキサポート

でぃゆあるセンサーブレーキサポート

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

フロントガラスに設置している2つのセンサーが前方の歩行者や車を検知してくれるので近距離や夜間の検知には優れたレーザーレーダーが「歩行者も認識する単眼カメラ」を組み合わせるコンパクトなシステムの実現になりました。※ HYBRID T・HYBRID Xには標準装備なので、Lにオプション

車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

約60km/h〜約100km/hで走行中に車線を検知して進路を予測するので、前方不注意などで車線をはみ出してしまうと判断されたら、ブザー音やヘッドアップディスプレイ内の表示灯で警報を発して注意を促してくれるものです。

このブザーが鳴らないですむように、運転には集中してほしいので、睡眠はしっかり取るようにしていきましょう。

誤発進抑制機能

誤発進抑制機能

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

シフトを「D、L(Sモード含む)、M」の位置に入れて停車または徐行中(約10km/h以下)に前方約4キロ以内の障害物を認識するので、誤ってアクセルを踏んでも急発進や急加速を抑制してくれます。

これは最近増えてきた駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献するものですよね。

また、ヘッドアップディスプレイ内でも表示灯で警報を出してくれるので安心です。

ふらつき警報機能

ふらつき警報機能

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

約60km/h〜約100km/hで走行中には車線の左右区画線を検知してくれるので、自分の運転する車の走行パターンを計測できるものです。

それにより、ドライバーの疲れを車両の蛇行運転などで「ふらついている」とシステムが判断した場合には音やメーター、ヘッドアップディスプレイの表示灯で警報を発してくれるのです。

一人で運転すると疲れて、うっかりという怖い思いを経験した人も多いのではないでしょうか。

これだとちゃんと見守ってくれているようで助かりますね。

ハイビームアシスト機能

ハイビームアシスト

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えてくれるので、消し忘れや付け忘れを防いでくれますね。

また、前方に対向車や先行車がいる場合や街中で明るい場所などではロービーム、それらがない場合には自動でハイビームにしてくれます。

ヘッドアップディスプレイ

ヘッドupディスプレイ 軽自動車初!!

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

「ヘッドアップディスプレイ」を採用しているので、運転中のドライバーの視線上に車速を表示して、視線移動や焦点の調節を減らすので、目の疲れを軽減させるという意味で安全運転に貢献をするものです。

ドライバーの体格に合わせて表示位置を調節できたり、エンジンの始動で自動展開されるという賢いヘッドアップディスプレイなのですね。

では、そのほかの装備についても少しだけ見ていきますね。


スポンサーリンク

安全性能

海の駐車場?

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

楽しいドライブといっても、危険がいっぱいの公道では、気が抜けないことが多いですよね。

乗員の命を預かっている責任を考えると、安全性能はしっかりとしたものを選びたいです。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能

骨格構造

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

万が一、前方の車両や歩行者との衝突の可能性が高いと判断をした場合には、ドライバーが強くブレーキを踏むことによって、ブレーキアシストが作動してブレーキ制動力を高めます。

自動ブレーキ機能

ブレーキアシスト

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

社会現象にもなりつつある危険な発進時の事故ですが、状況によっては「どうにもならない場面」に出くわすことも考えられます。

そういったときには、自動で強いブレーキをかけて衝突の回避や衝突時の被害軽減を図ってくれるものです。

小さな子どもが飛び出してくる瞬間もあるかもしれないので、事故を未然に防ぐことが出来なかったとしても、軽減出来るようにしたいですね。

軽量衝撃吸収ボディー TECT(テクト)

衝突軽減  テクト

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

衝突では、キャビンの損傷によって乗員の生命の明暗が分かれてしまいますが、その重要なところに高剛性を高める構造を作り上げています。

その他にも、書ききれないほどの安全性能を持っている新型ワゴンRスティングレーですが、これまでの万が一のための装備とは異なり、まず予防をするという観点から生まれたのが予防安全性能ですね。


スポンサーリンク

予防安全性能

夜間走行

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

事故などの万が一の時でも、出来れば未然に防ぎたいのが最悪の事態です。

そのためにも、予防安全には気を配りたいですよね。

  • LEDヘッドランプ&LEDポジションランプ
  • エマージェンシーストップシグナル

見える予防安全って助かりますが、視界を守ってくれる照射性能を長寿命のLEDを採用することで安心を省電力で長く保ってくれるのですね。

  • EBD付4輪ABS+ブレーキアシスト
  • ESP(R)[車両走行安定補助システム]

車は楽しむためにも、安全を守るためにも、「足回り」だけは気遣うようにしたいですね。

必要に応じてのエンジンとブレーキを制御するので車両の安全走行にも貢献してくれます。

このように予防・軽減することで乗員を安全に守ってくれるオプション・装備を見ていきました。

続いては、快適装備を少し見ていきますね。


スポンサーリンク

快適装備

エアコンなど

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

他にも小さな心遣いが嬉しい機能がたくさんあるのです。寒い冬には、シートヒーター、狭い場所では電動格納式リモコンドアミラー、快適温度の古エアコンといった何気ない装備もたまらない優しさのひとつです。

そんな新型ワゴンRスティングレーを少しでもお得に購入するために知っておくと良い「購入の知恵」を次にお伝えしていきましょう。

新型ワゴンRスティングレーを購入するための知恵

スティングレー ピュアホワイトパール 船

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

車を購入するときには、ほとんどの人が値引きの交渉をしたいと考えているようです。

軽自動車とはいえ、金額が金額なのでそう思うのは、むしろ普通なのかもしれないですね。

ただ、交渉をするということは「駆け引きをする」ということでもあります。

良くない言葉を使うと「騙しあい」的な部分もあります。

探り合いのような信頼性の欠ける行動をする場合もあるかもしれませんね。

ですが、契約が上手くいけば「おめでたいお付き合いの始まり」でもあるので、じっと相手の言い分を聞いてあげてから、遠慮せずに交渉に踏み切りましょう。

あとで後悔をしないように、時間と手間とを惜しまないように、自分にもメリットが大きくなるような交渉を目指していきましょうね。

まとめ

スティングレー 

引用:http://www.suzuki.co.jp/wagonr_stingray/ 

では、今日のまとめです。

  • 新型ワゴンRスティングレーのオプションや装備は安全性能と快適性能に大きく力を入れている
  • スマホと繋がる快適性能もドライバーだけでなく乗員がみんなで快適になるシステムが多かった
  • 予防安全、衝突回避、衝突軽減といった3つの安全性能が守ってくれる車だと分かる
  • 車体、足回りといった見えにくいところにも、しっかりと安全を考えた構造になってる
  • 値引き交渉は常識範囲で遠慮なく行い契約のあとは長いお付き合いになることを考えて楽しむこと

今日は、スペックと装備について見ていきました。

誰でも事故には遭いたくないですが、こうした「それでも万が一」を予測することで運転に集中することが出来ますね。

乗員の快適装備を考えると、新型ワゴンRスティングレーで楽しい思い出がいっぱい出来るような気がします。

オプションは、つけたいと思うけどいっぱい付けてしまうとその分、お値段も高くなってしまいます。

そこで、そのオプション追加料金を値引きでカバーしてみませんか?こちらをご覧いただければ、更にワゴンRスティングレーが安く購入できるようになるはずです!

新型ワゴンRスティングレーの値引きの方法については、

「新型ワゴンRスティングレー 値引き術!」で詳しく解説しています。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう