新型ワゴンR (2017年)エコカー減税他自動車税まとめ!

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型ワゴンRのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型ワゴンRのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。


スポンサーリンク

新型ワゴンRのエコカー減税

2017-02-07-17.20.20

引用:http://www.midori-m.com/blog/%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%9F%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%83%AF%E3%82%B4%E3%83%B3%EF%BD%92%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89fz%E5%85%A5%E8%8D%B7%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F

まず最初に新型ワゴンRのエコカー減税への対応状況、具体的な減税割合や減税額についてご紹介したいと思います。

以下の表からご確認ください。

グレード駆動方式減税額合計
自動車取得税自動車重量税軽自動車税
HYBRID FZ2WD22,500円15,000円5,400円42,900円
4WD14,700円11,300円2,700円28,700円
HYBRID FX2WD19,600円15,000円5,400円40,000円
4WD13,000円11,300円2,700円27,000円
FA2WD3,600円3,800円7,400円
4WD4,000円3,800円7,800円

新型ワゴンRは全てのグレードでエコカー減税の対象となりますが、減税割合はグレードによって異なります。

まず最初にエコカー減税の減税割合を決める基準となる燃費基準ですが、HYBRID FZとHYBRID FXの2WDは「平成32年度燃費基準+30%達成」、4WDは「平成32年度燃費基準+20%達成」、FAは2WD、4WD共に「平成32年度燃費基準達成」となります。

これは2WDよりも4WDの方が燃費が悪く、マイルドハイブリッド仕様よりガソリン仕様の方が燃費が悪い以上致し方がありません。

排出ガス基準は「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」となります。

つまり減税割合がHYBRID FZとHYBRID FXの2WDは「自動車取得税免税・自動車重量税免税・軽自動車税50%減税」、4WDは「自動車取得税60%減税・自動車重量税75%減税・軽自動車税25%減税」、FAは2WD、4WD共に「自動車取得税20%減税・自動車重量税25%減税(軽自動車税の減免はなし)」となります。

エコカー減税の恩恵を十二分に受けたいのであればマイルドハイブリッド仕様の2WDを買えば良い、というわけです。逆にガソリン仕様の4WD(FAの4WD)は最も環境負荷が高いのでエコカー減税の恩恵が最も少ないです。

ただし自動車取得税の金額は車体色やオプションによって計算の元となる価格が変化するため、最終的な減税金額も変わることがあります。

エコカー減税が対象かどうかで車を選ぶ人は少ないと思いますが、あると、ちょっとお得感があってうれしいものです。

もっとお得に感じたいなら、しっかり値引きしてもらいましょう。

新型ワゴンRの値引きの方法については、

「新型ワゴンR 値引き術!」で詳しく解説しています。


スポンサーリンク

新型ワゴンRのライバル車種のエコカー減税対応状況

DSCN5029

引用:http://s31575123.sj-kanto.jp/hotnews/other/1917/

新型ワゴンRのライバル車種といえばダイハツムーヴとホンダN-WGNです。

新型ワゴンRを含むこの3車種は軽トールワゴンというカテゴリーに属し、スペーシアやタント、N-BOXといった軽ハイトワゴンと比べると全高が約100mm程度低いという点で共通しています。

比較のためにムーヴとN-WGNのエコカー減税への対応状況も確認しておきたいと思います。

まずムーヴですが、「Xターボ”SA Ⅱ”」「Xターボ」の4WDが「平成32年度燃費基準達成」、「Xターボ」「Xターボ”SA Ⅱ”」の2WD、「L」「L”SA Ⅱ”」「X」「X”SA Ⅱ”」の4WDが「平成32年度燃費基準+10%達成」、「L」「L”SA Ⅱ”」「X」「X”SA Ⅱ”」の2WDが「平成32年度燃費基準+10%達成」となります。

07_01_02

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/03_exterior.htm

N-WGNは「G・ターボパッケージ」の2WDと4WDが「平成32年度燃費基準達成」、「G 特別仕様車 SSパッケージ」「G・Lパッケージ」「G」「C」の4WDが「平成32年度燃費基準+10%達成」、「G 特別仕様車 SSパッケージ」「G・Lパッケージ」「G」「C」の2WDが「平成32年度燃費基準+20%達成」となります。

pic_design_01

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/webcatalog/styling/design/

新型ワゴンRはマイルドハイブリッド仕様の2WDが減税幅の大きい「平成32年度燃費基準+30%達成」となっていますので、ムーヴ、N-WGNとの比較においては頭1つ飛び抜けている、と見ることが出来ます。


スポンサーリンク

「エコカー減税」とはどんな制度か

0_900

引用:http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/car/15/020100050/020100004/?rt=nocnt

さて、新型ワゴンRがエコカー減税でどの程度安くなるのか、ライバル車であるムーヴとN-WGNの対応状況はどうかをチェックしたところで、そもそもエコカー減税とはどんな制度か、というところを確認しておきたいと思います。

エコカー減税とは、排気ガスがきれいな車や燃費が良い車、つまり地球環境に優しい車の税負担を軽減しよう、という趣旨のものです。

それによって環境に優しい車のより一層の普及を後押ししよう、というわけです。

エコカー減税制度が始まったのは2009年のことでしたが、それまでに数度の制度変更を経て現在に至っています。

2017年4月現在のエコカー減税制度は、新たな枠組みとなって向こう2年間の予定で再スタートしたものです。

それ以前のエコカー減税とは内容が異なりますし、さらに言えば2018年4月以降も内容が変わる予定です。

そのためエコカー減税は常に最新の情報をチェックする必要があるということを忘れないようにして下さい。

th_af28fe0db19e118d7efdfaa5c91ac3bd_1486120918IMG_0790

引用:http://s20201957.sj-nagano.jp/hotnews/new-car/2399/

エコカー減税の対象となるのは、既にご紹介したように「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税(軽自動車税」の3つです。

p_20170219_143912

引用:http://sutaruhin.mydns.jp/?p=836

まず自動車取得税ですが、これは50万円を超える車を買う時に発生する税金です。新車を購入する時には確実にかかると思っていいでしょう。

自動車取得税の計算方法は少々ややこしく、「自動車取得税基準額」にオプション品の価格を合計した「取得価額」に普通自動車であれば3%、事業用自動車と軽自動車は2%の税率をかけたものが納める税額になります。

「自動車取得税基準額」は実際に車を購入する時に支払う金額ではなく、車種やグレードごとに決められた基準額を元に計算をすることになっています。

ちなみに自動車取得税基準額は財団法人地方財務協会が発行している「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」というものを見ると載っていますが、概ね新車の車両価格の90%が目安となります。

購入時にしか発生しない税金なので、減免されるのも購入時のみです。

次に自動車重量税ですが、これは車の重量に応じて発生する税金です。

新車購入時と車検時に納める必要がありますが、減免されるのは原則として購入時のみです(2017年度登録車は「平成32年度燃費基準+40%達成」および電気自動車やプラグインハイブリッド自動車等の「次世代自動車」は初回車検時も免除)。

最後に自動車税(軽自動車税)ですが、これは毎年4月1日時点でのその車の所有者(使用者)に対して課税されます。

cc594d10-5bfd-4fef-b020-fba6b65734cd

引用:https://autos.goo.ne.jp/car-i/articles/wBYRM

新車を購入する際は月割りにした税金を納めることになっていますが、軽自動車税には月割りの制度がありません。従って最初に納めるのは翌年度の4月以降、ということになります。


スポンサーリンク

新型ワゴンRのエコカー減税・自動車税のまとめ

109_o

引用:http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/whichone-3244163/photo/0025.html

以上、新型ワゴンRのエコカー減税、自動車税(軽自動車税)などについてまとめてみました。

新型ワゴンRのような軽自動車はそもそも購入時の税負担がそれほど重くはありません。

自動車取得税は価格に連動しますので元々の価格が安い軽自動車はそれほど高くなりませんし、車両重量も軽いので自動車重量税は安くなっています。

軽自動車税は数年前に値上がりしたとはいえ、普通自動車に比べると3分の1以下とまだまだ安く抑えられています。

エコカー減税が適用されても金額的にはそれほど大きなものではないので、必要以上に振り回されるのは考え物です。

また、本文中にも触れましたがエコカー減税を巡る状況は年々変化しています。

必ず最新のものをチェックするようにして、古い情報に惑わされないように注意しましょう。

→ 新型ワゴンRを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク