新型セレナ 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

PFA01

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型セレナの価格・値段がいくらなのか公開されています。

こちらでは2017年の新型セレナの価格・値段がいくらなのかをグレード別にまとめました。

ミニバンとして知名度と売り上げを誇る新型セレナ。

2016年8月にフルモデルチェンジを果たしまだまだ価格は高めですが、今後購入を考えている人に向けて、新型セレナのグレードと価格をお知らせしていきたいと思います。

serena_2016071315424894fs

引用:http://i2.wp.com/carbikenews.xyz/wp-content/uploads/2016/08/serena_2016071315424894fs.jpg?fit=600%2C446


スポンサーリンク

新型セレナ価格とグレード

新型セレナのグレードと価格は以下の通りになります。

B:2,316,600円(FF)/2,603,880円〜(4WD車)

こちらは新型セレナのベースとなるグレード。

装備されるのが、

Sハイブリッド(4WDのみ)、両側スライドドア・オートクロージャー、

ヒルスタートアシスト、デュアル・ハッチゲート、2列目ロングスライド、

2列目・助手席側シート横スライド機構、LEDコンビリアランプ、

オーディオレス&4スピーカー、ハロゲンヘッドランプ、キャップレス給油口、

オートエアコン・リアクーラー(2WD)、オートデュアルエアコン(4WD)、寒冷地仕様(4WD)、

オートライト、USB電源ソケット(インパネ)、ドアミラーウィンカー、

2列目ロール式サンシェイド、UVカット断熱プライバシーガラス、運転席アームレスト(日産公式サイトより)

と盛りだくさんの充実の装備です。

82_dl0000618310

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618310.jpg

S:2,435,400円〜(FF)

こちらのSは、ベースグレードの機能に加えて、インテリジェントキーやスライドドア連動全ドアロック機構、助手席アームレストなどが搭載されます。

X:2,489,400円〜(FF)/2,733,480円〜(4WD車)

こちらのXには、「Sハイブリッド機構」というマイルドハイブリッドが搭載されます。

モーター単独では走ることができないですが、減税対象になります!

G:2,847,960円〜(FF)/3,135,240円〜(4WD車)

ハイウェイスター:2,678,400円〜(FF)/2,965,680円〜(4WD車)

ハイウェイスターG:3,011,040円〜(FF)

ハイウェイスター・プロパイロットエディション:2,916,000円〜(FF)/3,176,280円〜(4WD車)

ハイウェイスター・プロパイロットエディションG:3,187,080円〜(FF)

新型セレナの価格は231万6600~318万7080円となります。

※どれも日産公式サイトより

708_dl0000610582-2

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/708_dl0000610582.jpg


スポンサーリンク

「プロパイロット」の魅力

ここで注目したいのが、新型セレナで初めて採用された最新型技術、「プロパイロット」を搭載した特別仕様車「プロパイロット エディション」

価格は291万6000~318万7080円です。

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618561.jpg

この「プロパイロット エディション」でなくても、オプションでプロパイロットをつけることができます。

では、このプロパイロットとは一体なんなのでしょうか?

「プロパイロット」は日産が独自に開発した自動運転技術です。

簡単に言えば、高速道路の同じ車線での走行を自動運転によってサポートする機能で、日本初の技術。

これは実際に体験してみないとわからないですが、相当すごい機能のようです。

日産公式サイトによると、

「高速道路でドライバーが負担を感じる長時間の巡航走行と単調な渋滞走行。

セレナのプロパイロットなら、これら2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマが自動で制御してくれるので、ストレスフリーな運転ができます。」

とのこと。

引用:http://www.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618504.jpg

プロパイロットを用いて運転すると、S字の道で綺麗に走行できるそうです。

それにより、不整路での運転も可能だと言われています。

それだけではなく、「プロパイロット」は、2つの革新的自動運転技術によって作られています。

一つは、小型で高性能の「レーザースキャナー」。

高精度の3次元計測により、車両の周囲にある物体との距離を正確に測定することで、安全に走行することができます。

もう一つは、遠くまで見渡せて360度の視野を持つ「8カメラシステム」。

きついカーブや交差点でも、車両の進行方向を正確に決めることができます。

プロパイロットの魅力は伝わったでしょうか。

実際、セレナ購入者の約7割がプロパイロット搭載のセレナを購入しているそうです。

82_dl0000618387

引用:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/SERENA/ARCHIVE/LAYOUT/82_dl0000618387.jpg

新型セレナ購入をご検討の方は、ぜひプロパイロットもご検討くださいね!


スポンサーリンク

新型セレナの人気グレードは?

36-6

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/TOP2016/QUICKGUIDE/SERENA/EXTERIOR_COLOR05/36.jpg

一位:ハイウェイスター プロパイロットエディション

hs_pp_exterior

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/TOP2012/IMAGES/GRADE/OUTLINE/hs_pp_exterior.jpg

<スペック>

全長/全幅/全高:4770mm/1740mm/1865mm

ホイールベース:2860mm

乗車定員:8名

燃料消費率  (国土交通省審査値):16.6 km/L

総排気量:1.997L

最高出力110(150)/6000(kW(PS)/rpm)

最大トルク200(20.4)/4400(N・m(kgf・m)/rpm)

(日産公式サイトより)

やはりプロパイロットの人気が高く、装備されたハイウェイスター プロパイロットエディションが一位でした。

二位:X

x_exterior

引用:http://www.nissan.co.jp/SERENA/TOP2012/IMAGES/GRADE/OUTLINE/x_exterior.jpg

<スペック>

全長/全幅/全高:4690mm/1695mm/1865mm

ホイールベース:2860mm

乗車定員:8名

燃料消費率  (国土交通省審査値):17.2 km/L

総排気量(エンジン):1.997L

最高出力(エンジン):110(150)/6000(kW(PS)/rpm)

最大トルク(エンジン):200(20.4)/4400(N・m(kgf・m)/rpm)

最大トルク(モーター):48(4.9)N・m(kgf・m)

(日産公式サイトより)

二位はXでした。

スペックも機能も申し分ないモデルです。

三位:ハイウェイスター

serena01

引用:http://blog-imgs-96.fc2.com/d/r/u/drumsyos/serena01.jpg

<スペック>

全長/全幅/全高:4770mm/1740mm/1865mm

乗車定員:8名

車両総重量:2090kg

最小回転半径5.5m *1

燃料消費率  (国土交通省審査値):17.2 km/L *2

総排気量(エンジン):1.997L

最高出力(エンジン):110(150)/6000(kW(PS)/rpm)

最大トルク(エンジン):200(20.4)/4400(N・m(kgf・m)/rpm)

最大トルク(モーター):48(4.9)N・m(kgf・m)

(日産公式サイトより)

三位は「ハイウェイスター プロパイロットエディション」より若干お手頃価格なハイウェイスター。

こちらもオプション次第で十分自分好みの車にできそうですね。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。

お値段を取るか、利便性を取るかは個人の自由ですが、ぜひプロパイロット搭載モデルをセレクトしてみてください。

新型セレナ2017年の年始から3月の年度末にかけては月間販売台数が1万台を超えたセレナ。

今ではだいぶ落ち着いてきていますので、納期も短くなっています。

新グレード登場の噂もある今こそ、しっかり値引きを勝ち取って購入したいものです。

新型セレナの値引きの方法については、

「新型セレナ 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう