新型セレナ e-POWER(2018年3月) 口コミ評価 評判まとめ

セレナ3

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型セレナ e-POWER(2018年3月)にはたくさんの口コミ評価・評判が寄せられています。

こちらでは新型セレナ e-POWER(2018年3月)の口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

コンパクトカー”ノート”で人気となったe-POWERですが、ミニバンとなると乗員が7人。クルマの使い方もファミリーユースで、コンパクトカーとは感想も変わってきます。試乗口コミを「価格com.」「みんカラ」から引用していきます。


スポンサーリンク

e-POWER試乗での口コミ①

【エンジン性能】
エンジンはノートe-POWERやガソリン車のノート、マーチなどに搭載される1.2Lのエンジンですが、あくまでも補助用です。
基本的にはバッテリーで走行しており、e-POWERに使われているバッテリーは初代リーフと同じものだそうです。
もちろん、発進や坂道、平地も当たり前ですが、電気自動車のような加速感が味わえます。ただ、車格が違うのでリーフとはまた違った雰囲気です。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

【走行性能】
これは!すごい!流石はリーフと同じバッテリーで走行しているだけあります。
リーフもそうですが、気を付けないと、法定速度を超えてしまいます。
営業の方、家族、そして、私が乗っており、私は比較的大柄なので、それなりの体重が掛かっていますが、快適そのもの。

【乗り心地】
15インチの専用タイヤ・アルミが影響しているのかは分かりませんが、ちょっと道の段差を拾う感じがしました。
2列目のシートに座っていた、家族は段差を拾うのが気になったとのこと。
リーフでは段差を拾う感じはなかったので、ここは要改善点か。


スポンサーリンク

e-POWER試乗での口コミ②

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナe-powerの試乗と気に入ったら契約目的で馴染みのディーラーへ。
先に試乗したステップワゴン ハイブリッドを基準に評価します。

【インテリア】
まず運転席回りですがステップの方が広く感じました。
座って気になった違いとしてハンドル調整です。セレナでは上下しか調整できませんが、ステップでは上下プラス前後(伸縮)出来るので背の低い嫁には高評価でした。地味にドリンクホルダーの使い勝手がステップは良かった。

【走り】
試乗は両車とも市街地と高速を走ってきました。
さて試乗ですが(モードはS)、セレナは敷地内を出るまですごく静かで感動。(EV車感覚です)
いざ市街地にでたらエンジンはかかるのでEV車とは言えませんが、アクセル開度に連動するようにエンジンがかかるので騒音はステップに比べても静かに感じました。

ただし、バッテリーが減るとアクセル関係なしにエンジンの回転数が上がるのでそれなりにうるさい。
評価ですが、市街地では普通の2リッターの車感覚でモーターのトルク感はあまり感じませんでした。良くも悪くも気持ち出だしの良い普通車です。

ステップは同じ感覚でアクセルを踏むとスピードが出すぎる位トルクありました。(モード確認はしていませんが表示はDだけだったと思います)

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

【高速道では、ステップワゴンのほうが合流のときの力がある】
大きな違いは高速道路に入る時にありました。
セレナは普通車(2リッター)感覚で合流しようとしてもスピードの上りが遅く気持ち多めにアクセルを踏む必要がありました(合流場所は少し上り坂)踏めばスピードは出るが高速域は重く感じました。

ステップは余裕で加速して合流しました。高速域は文句なくステップの方が安心して運転できます。価格は同装備では値引きの厳しいセレナの方が高かったです。


スポンサーリンク

e-POWER試乗での口コミ③

↓パーキングエリアでの縦列駐車をオートで行う”インテリジェント パーキングアシスト”。専用ボタンで始動するだけ。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

日産・セレナ e-POWER に試乗。後発だけあって、ステップワゴン(ハイブリッド)、ノア/ヴォクシー(ハイブリッド)を、圧倒的に上回る性能と装備です。

【外観デザイン】
写真の通り、素晴らしい。特に、ハイウェイスターは圧倒的存在感。ただし、ステップワゴンやボクシーも外観は悪くない。ただし、ノアは能面のようなフロントデザイン。

【走り 】
e-POWER車は、スタート直後からいきなり最大トルクが出せるモーターならではの力強い加速。普通の車と違い、停止状態から高速走行まで途切れることの無い滑らかな走行フィーリングは、電気自動車ならではの大きな魅力。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

【モード走行】
インパネ右下に走行モードの切り替えスイッチがあり、「Normalモード」では普通のハイブリッド車やガソリン車のような走り。「Sモード」「ECOモード」では、減速時の回生(減速エネルギーを電気に変えてバッテリーに充電)が強力に働くので、アクセルペダルだけで、発進から停止まで、車の速度を自在にコントロールできる。

この車の本当の良さが味わえるのは、ワンペダル(アクセルペダル)だけで、車を発進・加速・減速・停止まで自在にコントロールできる「Sモード」と「ECOモード」。

特筆すべき点は、アクセルレスポンスに対するリニアな反応。停止状態から、踏み込んだアクセルの分だけしっかり加速出来る。このあまりにもリニアなレスポンスは、エンジン駆動車では絶対に体感することはできない。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

e-POWER試乗での口コミ④

【走行性能】
スターターボタンを押すとエンジンが静かに指導されアイドリング状態に…気になる振動などはない。公道で流れに沿ってアクセルをON…モーターのトルクでスムーズに加速して行く。
 
ちなみにモーターの最大トルクは320Nmもある。確かにエンジン音とスピードやトルクはリンクしないと感じるものの、気にしなければ快適そのものである。アクセルを緩めれば回生ブレーキが効いて、慣れれば停止線を狙って止まることもできた。
これがワンペダル運転だ。また、走行中の追い越しなどの加速もスムーズそのもので動力的に必要にして十分だと思った。
↓メーカーOpの”標識検知機能”。進入禁止標識+最高速度標識+一時停止標識の3つを検知。フロントカメラにより、ノーマル車は「進入禁止標識」を、e-POWER車では「最高速度標識」と「一時停止標識」も検知する。
1
引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

スポンサーリンク

e-POWER試乗での口コミ⑤

【エンジン性能】
100%モーター駆動によるスタート直後からの力強い加速!?
コレを電気自動車と謳っている人も居ますが、これはホンダのハイブリッドシステムと同じですよね。

考え方はホンダと同じですが、システム自体の出力はホンダより遥かに下で、同じようにモーターで走ると言ってもステップワゴンハイブリッドと乗り比べたらかなりストレスを感じるレベル。
つまり高速走行には向かない近距離専用の車と言うことです。

↓セレナかステップワゴン ハイブリッドか……単純には比較できないのは、エンジンとモーター、安全装備、そして運転操作などがかなり違うため。だから、口コミは両極端な意見を参考にするのがいい。

1

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

ニッサンのディーラーの方に、『あんまり走りませんね』と言うと、そこは素直に認めてました。ノーマルセレナ(2リッター)と同等+αくらいの加速性能だと思いますと。それを1.2リッターで実現しているのですと。

モーターによるトルクや加速を期待して検討中の方は、ステップワゴンHVと乗り比べたら全く違うというのがよくわかるのでは。

【走行性能】
ヴォクシー、ステップワゴンのように低床パッケージではないのに加え、15インチなのでカーブではかなりロールします。
車自体の基本設計が10年前のものなのでこれは仕方がない。
走行性能はMクラスミニバンでは1番悪いです。
でも、セレナは走りを求める車ではありません。

【乗り心地】
走行性能が悪いので、乗り心地は…
ただ、ノーマルセレナよりはやはり静かです。
直進時の乗り心地は悪くありませんでした。
真っ直ぐ走るだけなら問題ありません。

【価格】
半自動運転(プロパイロット)や両側スライドドア、サイドエアバッグなどオプション選択したら、同じような装備が標準でついているステップワゴンハイブリッドよりも更に値段があがります。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

まとめ

ここでは、新型セレナePOWERについての口コミをまとめました。従来のS-ハイブリッドのほうが走りはいい…という感想、また全く新しいモーター走行がいい…という感想など、さまざまです。

トヨタのヴォクシー、ノア、エスクワィア3兄弟、ホンダステップワゴンとセレナは激しいライバル関係ですが、インテリアから走り、シートレイアウトや静粛性など、比較ポイントは人それぞれでしょう。

セレナもステップワゴンも、ハイブリッド(e-POWER)になると、オプションを含めて400万円近くになる高級ミニバン。価格を考えると買う人の価値基準も大きく変動します。まずは、何度も実車の確認と試乗を行うのが鉄則。ぜひいつも一緒に乗る方と、ディーラーで足を運びましょう!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう