新型セレナ e-POWER(2018年3月) 試乗レポートまとめ!

セレナ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型セレナ e-POWER(2018年3月)は試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは新型セレナ e-POWER(2018年3月)の試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。


スポンサーリンク

発売直前の試乗会。その感想から

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

“GIZMODE”より引用……ドライバーは、一般人。愛車はセレナハイウェイスターVセレクションで、2017年10月に購入したばかり。

ご主人=ドライバー:普通のエンジン車って高速道路の合流時とか、アクセルをグッと踏み込むときにエンジンの音がかなり伝わってくるんですよね。『グアアアァ』って、唸っているような音が車内に入ってきます。

でも「セレナe-POWER」はそんなことがまったくないんですよ。子供が寝ているときに、加速時のエンジン音で眠りが浅くなったり起きてしまったりすることを考えると、いいですよね「e-POWER」。

今回サードシートも使って6人で乗ってみましたが、加速も違いますね。パワフルです。特に坂道で、グッと前に進む感じが強いです。静かなのにグングンと登っていくのがいいです。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

普通の車だと、気をつけていてもブレーキ時にがっくんとなりがちですよね。うちの場合、子供をジュニアシートに乗せていても首ががくがくしていますし、奥さんもセカンドシートで子供の面倒をみていると、ブレーキ時のショックを受けやすく、クルマ酔いしやすくなってしまいます。

「e-POWER Drive」を使っての減速だと、停車するタイミングでスッと力が抜けて車体がブレにくいんですよ。だから同乗者にもショックが伝わりにくい。人間が集中してブレーキングするよりも上手いかもしれません。

奥様:ブレーキ時のショックの少なさと、加速時の静かさがいいですね。今日はテストコースでの試乗でしたが、高速道路の同一車線自動運転技術の「プロパイロット」と合わせて、長距離のお出かけも快適そうです。

↓日産が”2018年2月3日〜4日 / 調査人数:男女 計41名”をもとに、結果発表しているセレナe-POWERのインプレッション。ディーラーで試乗するのとコースで試乗するのとでは、走る距離や時間も違う。もし余裕があれば、事前にレンタカーでe-POWERを試すといいかもしれない。(日産レンタカーでは特別車期間限定のレンタカーサービスあり。e-POWERのキャンペーンあれば、ぜひお試しを!)

1

引用:https://www.nissan.co.jp/SERENA/SPECIAL/


スポンサーリンク

サーキット走行での試乗会から

”カーセンサー”より引用。プロによる感想でも驚きの声が。2018年3月10日

1

引用:https://motor-fan.jp/images/articles/10003176/big_244020_201802261353370000001.JPG

セレナe-POWERは、ノートe-POWERに対してバッテリー容量を20%、モーターの出力も25%アップしている。

車内に乗り込むとパワーボタンはONの状態だが、発電用の3気筒エンジンは動いていない。当然車内はとても静かである。

では発進してみよう。大人3人が乗車しているので少々重いかと思ったが、スルスルスル~と、滑るように動き出し、とてもスムーズで上品な走り出しだ。

1周目は「マナーモード」と呼ばれるEV走行機能を使って走行してみた。時速30km程度、つまり幹線道路から外れた住宅街での走行に近い速度だろうか。この状態だとエンジンはまったく始動しないので、言ってみれば完全な電気自動車状態ということ。

気持ち良く加減速を繰り返すが、エンジンがかかる様子はない。この程度の速度ということと、サーキットの凹凸のない路面ということもあり車内は快適な静けさだ。

低速走行では、ベースのガソリンモデルよりもステアリングフィールの印象がしっとりとして良い。コーナリングも落ち着いており、安心感はガソリンモデルよりもさらに高いと感じられる。

00148

引用:http://motorsports.nissan.co.jp/MSP/blog/wp-content/uploads/2016/08/00148.jpg

ただ、プラットフォームのリアから中央付近のフロア部分と、キャビン側のボディ剛性のマッチングがいまひとつという印象。これは、フロア剛性の向上に対してキャビンの剛性との差が生じたためだ。しかし、微妙なバイブレーションを発生しているという程度である。

パワーアップしたモーターの性能を確かめるべく、2周目は深くアクセルを踏み込む。グーッと力強い加速をする、この感覚はモーターならでは。今までミニバンにはなかった加速感だろう。

ワンテンポおいてエンジンも始動。ただ、エンジン始動時の静粛性が高く振動も少ないことから、明らかにガソリンモデルよりも静かだ。サーキットという特別な条件であるとは言え、乗り心地の良さもガソリンモデルより間違いなく良く、上質さを感じられるミニバンとなっている。

1

引用:https://www.nissan.co.jp/SERENA/SPECIAL/


スポンサーリンク

試乗会での感想。家族での参加で本音トーク!

carview! より引用。試乗会での家族インタビュー記事で、ドライバーだけでなく同乗した家族にも感想を聞いています。

坂道のくだりもスムースだったので怖くなかった

現在は他社のハイブリッドミニバンに乗っているのですが、「セレナ e-POWER」は100%モータードライブの初のミニバンということで、すごく興味がありました。

実際に試乗してみると、「セレナ e-POWER」の「e-POWER Drive」は減速する時の感覚がマイルドと言えばいいのか、とにかく不快感がありません。人間の感じ方に合わせて、Gの出方が上手にチューニングされているなと感じました。そこがEVのノウハウに長けた日産らしいところだと思います。

運転した自分はもちろんですが、後ろに乗っていた妻や娘も「坂道のくだりもスムースだったので怖くなかった」と表現していたので、おそらく同じようなことを感じ取っていたようです。「セレナ e-POWER」なら長距離ドライブも苦にならず、安心してお出かけを楽しめそうですね。

1

引用:https://www.nissan.co.jp/SERENA/SPECIAL/

6人乗車でもスムーズ。静粛性が抜群

現在所有している「セレナ」に、新たに待望の「e-POWER」が登場するということで、試乗できることを楽しみにしてきました。

ミニバンとは思えないキビキビとした走りがすごく良かったですし、「マナーモード」や「チャージモード」など使用シーンに応じて、発電のオン/オフを選べるのは気が利いているなと思いました。

試乗中は私の家族と友人2名、インストラクターさんを含めた6人で乗車したのですが、重ったるい感じはまったくしませんでしたし、急な登り坂も力強くスムースに走ることができました。友人は3列目シートに座ってもフラフラと身体が振られるような感じがしなくて、乗り心地がいいところに感心していました。

遮音が徹底されているのか車内がすごく静かで、声を張らなくても会話ができたのも高評価です。「セレナ」は「e-POWER」を採用することで、大人数で移動できるミニバン本来の魅力をさらに高めることができたなと感じました。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

ミニバンっぽい”出足のもたつき感”はまったくない

現在は旧型の「セレナ」に乗っているのですが、じつは以前から「e-POWER」のような100%モーターで駆動してエンジンで発電するパワートレインと、「プロパイロット」のような運転支援システムが搭載されたミニバンが出たらいいのにと期待していたんです(笑)。

自分が理想としていたミニバンが、「セレナ e-POWER」という形で登場したので本当に嬉しいですね。「セレナ e-POWER」には、ミニバンっぽい出足のもたつき感はまったくありませんし、コーナリングも微妙なアクセルワークひとつでスムースに駆け抜けることができました。

妻は2列目がアームレスト付きのキャプテンシートだったことがよかったみたいで、走行中の横揺れが抑えられ、乗り心地もよくなったと感じたようです。「セレナ e-POWER」に乗って、家族でキャンプに出かけるのが今から楽しみです。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

特に坂を下る時の安心感がこれまでにない感覚

「セレナ e-POWER」に乗って、ミニバンが電気で走るという先進感を体感することができました。モーター走行はとても静かで、燃費がいいところにも感心しました。

子どもたちは学校に自転車で通学しているのですが、天気の悪い日や帰りが遅くなる時には迎えに行って自転車も積まなければなりません。また、クラブ活動の送迎などもありますから、我が家ではミニバンは無くてはならない存在です。

ミニバンに乗り慣れている妻と娘も「セレナ e-POWER」の2列目に乗って、特に坂を下る時の安心感がこれまでにない感覚だったと驚いていました。実際にはブレーキペダルに踏み変えず、アクセルペダルを緩めているだけだったんですが、すーっと優しく減速する感じで、急坂でも安心して下りられたところが新鮮だったのだと思います。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html#comfortable

アップダウンの多い山道でも”ペダルを何回も踏み変えなくて”いい

我が家は育ち盛りの子どもがふたりいまして、妻は買い物などで毎日のように運転します。ですので、広くて便利な上に、100%モーター駆動で運転しやすい「セレナ e-POWER」がマイカーになったら、すごく助かるだろうなと実感しました。

家族で遠出する時は、ただ移動するだけでも正直大変なので、「セレナ e-POWER」の「疲れない」ところが魅力ですね。アップダウンの多い山道でもペダルを何回も踏み変えなくていいですし、思いのままにスッと加速してくれるので、運転自体がすごく楽です。

子どもたちは駐車を支援してくれる「インテリジェントパーキングアシスト」や両手がふさがっていても足をかざすだけでドアを開けられる「ハンズフリーオートスライドドア」に感動したようで、「魔法のクルマだ!」って喜んでいました(笑)。「セレナ e-POWER」は我が家にとっても理想的なファミリーカーになってくれると思います。

1

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html#comfortable

⇒ 新型セレナePOWERを値引きから更に50万円安く買う裏技とは?


スポンサーリンク

まとめ

新型セレナe-POWERの試乗会記事をまとめました。試乗会はプロ向けのサーキット走行や、一般向けのドライブコースなどさまざまです。ただ、急な坂道走行の上り下り、スラロームや狭い道の切り替えしなど、試乗会でしか体験できないことがわかります。

特に”坂道の下りがスムーズ”という感想。上りではトルクがあるミニバンが好まれますが、下りでスムーズ…というのは意外かもしれません。走りが非常にソフトであることも印象的ですね。

スライドドアのオート化も驚きのポイント。実際に試してみると、手動オープンよりずっと便利。ワンペダルも踏みかえ負担軽減に大きく役立つようです。試乗の際は、ぜひ走りの心地よさ以外の点も実感してみたいですね!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク