新型ワゴンR 価格・値段はいくら?グレード別に紹介!

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年時点の新型ワゴンRの価格・値段がいくらなのか公開されています。

2015年に、エネチャージを更に進化させたS-エネチャージを搭載したモデルが登場した新型ワゴンR。

装備の違いも合せ、新型ワゴンRの価格・値段を、グレード別にご紹介します。

→ 【ディーラーも愕然!】ワゴンRを値引きからさらに50万安く買う裏ワザ!

20140901-20102196-carview-021-2-view画像引用:公式HP & Car View


スポンサーリンク

新型ワゴンRのスタンダード 『FA』

1引用:http://www.goo-net.com/catalog/SUZUKI/WAGON_R/10092489/

2引用:http://autos.goo.ne.jp/used/detail/700070384230150721002.html

FAは一番下のグレードになりますが、今までのワゴンRで培った技術をふんだんに盛り込んだベーシックグレードです。一番下のグレードとは言え、これまでの軽自動車の高級グレードと同等の装備が最初から搭載されています。

これまでは高級グレードの標準装備だったリアスモークガラス、イモビライザーやキーレスエントリーなどが標準で搭載されています。

夏の日差し等から身体を守るUVカットガラスも採用されています。

他のグレードとの違いは、「エネチャージ非搭載」という点です。

スズキの先進の装備である「エネチャージ」が非搭載とはいえ、もともと車体重量は軽く、カタログスペックで26キロの低燃費を実現しています。

また、以前の最高級グレードと同等の装備が搭載されていながらも、価格が100万円を下回っています。

車体の基本価格は以下のとおりです。

2WD CVT 999,000円(税別)
エコカー減税 取得税60%減税 重量税50%減税

4WD CVT 1,111,000円(税別)
エコカー減税 取得税60%減税 重量税50%減税


スポンサーリンク

エネチャージ搭載の新型ワゴンR 『FX』

3

引用:http://xx.slide-k.com/post-358.html
4

引用:http://www.motown21.com/Topics/Gyokai_96/

FXは、エネチャージを搭載した新型ワゴンのベーシックモデルとなっています。

FAの装備に加え、「エコドライブアシスト照明」、「エコクール」、「セキュリティーアラーム」、「運転席側のシートヒーター」が装備されています。

エネチャージによる燃費向上だけではなく、安全装備とドライビングを快適にしてくれる装備が標準当サイトなっています。

また、改良されてパワーと静粛性が向上したCVT車専用のR06A型エンジンと、熱効率を高めるEGRシステムが搭載されていて、様々な状況に応じて、ゆとりある加速が出来る様に工夫されています。

また、坂道等の発進時には、「ヒルホールドコントロール」により一時的にブレーキが作動し、クルマの後退を防ぐ事が出来る様になっています。

衝突の危険を減らしてくれる「レーダーブレーキサポート」は、75,000円で搭載することができます。

新型ワゴンRには、FA、FX、FZの3グレードがありますが、その中で唯一マニュアルを選択できるのが、このFXのグレードです。

マニュアルを選択してしまうとエネチャージは搭載できないですが、マニュアルへのこだわりを重視したいと言う方には、こちらのFXが最適です。

車体の基本価格は以下のとおりです。

2WD CVT 1,060,000円(税別)
エコカー減税 取得税・重量税 免税

2WD 5MT 1,050,000円(税別)
エコカー減税 取得税60%減税 重量税50%減税

4WD CVT 1,172,000円(税別)
エコカー減税 取得税80%減税 重量税75%減税

4WD 5MT  1,159,000円(税別)
エコカー減税 取得税40%減税 重量税25%減税

レーダーブレーキサポート装着車
2WD CVT 1,108,000円(税別)
エコカー減税 取得税・重量税 免税

4WD CVT 1,220,000(税別)
エコカー減税 取得税80%減税 重量税75%減税

→ エコカー減税他、ワゴンRの自動車税に関してはこちら!


スポンサーリンク

S‐エネチャージ搭載の最上位グレード『FZ』

5
引用:http://carislife.hatenablog.com/entry/2014/08/26/004058

6

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/performance_eco/

2015年12月より新たに登場したグレード、FZ。

こちらはスズキの先進の技術であるエネチャージ進化させたS-エネチャージを搭載しているモデルになります。

発電負荷を減らすエネチャージと違い、S‐エネチャージは他社ハイブリッドシステムと同じように、電力で加速をアシストするシステムとなっています。

キーレスプッシュスタートシステム、ステアリングオーディオスイッチ、高級感のあるハンドルなど、最上位グレードらしい装備があり、ドライバーズシートに座ると、高級感を体感することができます。

このモデルから外装にも特徴的な変化が出てくるようになり、グリルも黒からメッキ調に変更され、フロントバンパーもグリルに合わせたものになっています。

ホイールも、専用アルミホイールが装着されて、ミラーはサイドターンランプ付きのものになっています。

ディスチャージヘッドランプは50,000円程で装備することができ、ヘッドランプのと同じくオートライトシステムが装着されるので、不意な暗所等の走行にも対応しています。

FZは、ハイブリッド軽自動車と呼べる最上位グレードのワゴンRです。

車体の基本価格は以下のとおりです。

2WD CVT 1,271,000円(税別)
エコカー減税 取得税・重量税 免税

4WD CVT 1,321,000円(税別)
エコカー減税 取得税・重量税 免税


スポンサーリンク

新型ワゴンRの競合車は?

7

引用:http://ja.responsejp.com/special/216/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%84%E5%B7%A5%E6%A5%AD/12.html

8引用:http://autoc-one.jp/honda/n-box/special-1509762/

ワゴンRと常に比較対象され続けているのは、ダイハツのムーヴです。

さらに、ホンダのN-WGN等の軽自動車も登場し、各社が様々な最新技術を搭載させた軽自動車を投入しています。

軽自動車の老舗と名高いスズキは、常に一歩前を行く先進の技術を盛り込み、他社を僅かながらリードしていきます。

ライバルカーとして上げた二台に共通する点としては、空力を生かしたボディをアピールしています。

逆に、新型ワゴンRには特に空力に関する記載はありません。

■ダイハツ ムーブ
9

引用:http://www.kurumaerabi.com/test_drive/2015/581/

ムーヴの価格は、他社と比べると少し高めの設定となっています。

内装の質感やリアハッチの開閉方式の変更などによって、高くなってしまっているのかもしれません。

ムーヴには豊富なカラーバリエーションが用意されています。

カスタムグレードになると、一段と際立ったフェイスを見せてくれるのがこのダイハツムーヴです。

■ホンダ N-WGN

10引用:http://autoc-one.jp/news/1572561/

一方、ホンダの競合車となるN-WGNは、ほとんどのグレードで新型ワゴンRとの価格差が1万円程度という、比べやすい価格設定を実現しています。

新型ワゴンRとN-WGNを比較すると、内装や装備では大きな差は付きません。

しかし、エンジンパワーはN-WGNのほうが優れているようです。

新型ワゴンRのおススメ動画

新型ワゴンR、どのグレードを選ぶ?

スズキのワゴンRは、軽自動車の中ではお買い得な車という印象を受けます。

スタイリングも内装インテリアも嫌味がなく無難な感じで平均点位ではないでしょうか。

加えて、燃費に関しては満足のいく低燃費という感想を、多く見受けられます。

車体価格が税込で107万~159万円と安価なうえに、ガソリン代も抑えられるので、高齢者や主婦の方が街乗りに利用するには最高の節約車となってくれるでしょう。

S‐エネチャージと豊富な標準装備、そしてエコカー減税100%のFZがおすすめだと思います。

→ 新型ワゴンRのグレード別、燃費についてはこちら!

→ ワゴンRを値引きからさらに50万安く買う裏ワザ!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク