新型ワゴンR 口コミ評価 評判まとめ

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型ワゴンRの口コミ評価・評判がたくさん寄せられています。

こちらでは2016年の新型ワゴンRの口コミ評価・評判に関する情報をテーマ別にまとめさせていただきました。

2016年の新型ワゴンRですが、軽自動車用に新設計されたハイブリッドシステム「S–エネチャージ」の搭載によって、エコカーとしても優秀になったという評判が広がっています。

ワゴンRは古くからスズキでラインナップされている車種だけあり、その人気も確かです。
そして人気があるだけあって、評判や口コミなども多く見られます。

今回はそんな新型ワゴンRの評価や評判、口コミに関してまとめてみました。


スポンサーリンク

新型ワゴンRの評価は上々? 決め手は一気に向上した燃費性能!

引用:http://sp-suzukicar.jp/car/wagonr/

→ 新型ワゴンRの関連記事!

→ 新型ワゴンRを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

やはり、ネット上の口コミで真っ先に上がってくるのが「燃費性能がバツグンに上がっている!」という、新型ワゴンRユーザーの嬉しい悲鳴かもしれませんね。

アイドリングストップ機能によって、信号待ちなどの無駄なアイドリングを停止し、燃費を大幅に向上させたワゴンRですが、2016年の新型ワゴンRはそこから更に進化をして、軽自動車向けのハイブリッドシステム「S−エネチャージ」を搭載しました。

「S−エネチャージ」は搭載グレードと非搭載グレードがあります。

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

非搭載グレードを買ってしまったユーザーには「『S−エネチャージ』搭載グレードを選ぶべきだった!」と後悔している方もいましたので、これから購入を検討されている方には、くれぐれもご注意頂きたいと思います。

価格設定は「S−エネチャージ」搭載グレードがやや割高になっていますが、燃費性能の差で乗れば乗るほどお得になりますから、その点をよく吟味して購入されるといいでしょうね。

img26

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/


スポンサーリンク

グレードごとでばらつきのある評価が目立つ新型ワゴンR

こうして、評価や評判、口コミなどをまとめてみて、非常に気になった点として、グレードごとに評価にばらつきが目立ったという点です。

先述した通り「S−エネチャージ」には搭載グレードと非搭載グレードがあり、搭載グレードは最上級グレードである「FZ」に限られます。

ええ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

やはり、新技術が搭載されているだけあって「FZ」は一番に人気が高く、燃費性能や走行性能はもちろんのことですが、上質にドレスアップされた専用のエクステリアも、ユーザーの満足度を上げる要因となっています。

その他、先進的な予防安全装備も充実しているのが「FZ」の特徴で、価格こそ底上げされていますが、その分、装備の充実感や、所有する満足感は価格以上のものがあるでしょう。

口コミや評価、評判などにも、その点が如実に表れていて面白かったですね。

予算が許すのであれば、是非とも「FZ」の購入を考えてみていただきたいと思います。

もちろん、その他のグレードも「S−エネチャージ」非搭載とは言え、初期投資額を考えれば非常にコストパフォーマンスに優れた車体となっています。

ここは割り切りと、予算の兼ね合いの問題になってくるでしょう。

img11

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

全体的に最上級グレード「FZ」の高評価が目立ったのは事実ですが、個々人の印象によっては「FX」「FA」がベストバイとなるケースも多いでしょうから、しっかりと各グレードのことを知った上で後悔のないグレードチョイスをしていただきたいですね。


スポンサーリンク

歴史の長いモデルだけあり、完熟した走行性能が売り

試乗などをしていただければすぐにわかると思いますが、2016年の新型ワゴンRは完熟した走行性能を誇っています。

それはワゴンRというモデルの、歴史の長さゆえの賜物と言えるのかもしれません。

img02え

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

乗り心地や静粛性はフルモデルチェンジを経るごとに、格段に向上していき、2016年の新型ワゴンRに関しては、普通小型車と遜色ないとの声も上がっていました。

居住性や使い勝手は、最近ヒットしているハスラーなどに、やや見劣ってしまうかもしれませんが、それだけに腰高感が少なく、軽自動車にしては重心低めに、ビタッと走行するワゴンRの乗り味は軽自動車の中でも特筆すべきものかもしれませんね。

高速走行のシーンでは、やや安定性などに不安を抱くユーザーも目立ちましたが、これは車体の小さい軽自動車にはどうしても拭いきれないデメリットとなるのかもしれません。

img04

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

高速走行時の安定性は、ある程度の車体の長さなどが必要になってきますから、小柄な軽自動車はどうしても不利なのです。

それでも軽自動車の中では比較的直進安定性にも定評のあるワゴンRですから、怖くて高速道路が走れないなんてことはまずないでしょう。

長距離走行では、新型ワゴンRの燃費の良さも相まって、快適なロングランが楽しめるかと思います。

もちろん、グランツーリングに高速走行するというわけにはいかないでしょうが、普通に走る分には十二分にドライブが楽しめることでしょう。


スポンサーリンク

長期保有ユーザーからは「居住性の高さが際立つ」との評価も

より室内空間の広さを際立たせたモデルの登場によって、少しお株を奪われた感のあるワゴンRですが、それでも室内空間の広さ、快適性は高いと言えましょう。

img18

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

インテリアに関しては、シンプルすぎて味気ないとの声もありますが、必要十分なものだけに的を絞った機能美であるとも言えそうです。

確かに、昨今の高級路線の軽自動車などに比べてしまうと、いささか見劣りする感じは否めないのですが、操縦性や快適性に関しては軽自動車とは思えないほど優れています。

運転席から覗くメーターパネルからは「エコドライブアシスト照明」や「エコスコア」などが視認でき、エコドライブに一役買っています。

スポーツカーのような軽快な走行ではなくても、いかに燃費を稼ぐか考えて走るエコランというのも楽しいものですし、エコランを楽しませてくれる小粋な仕組みというのも、なかなかに洒脱なものを感じさせてくれますよね。

img06

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

車内に乗り込むと外から見る姿からは想像のつかないほどの広さを感じさせてくれますし、後部座席に二人乗せるときも、よほど大柄な人でなければ苦労なく、四人乗車が可能だと感じました。

img20

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

また、軽自動車にしては運転時に疲れにくいという評価や口コミも聞こえました。

確かにシートポジションをきっちりと決めてしまえば、終始らくらくと運転ができる印象があります。

もちろん、シートアレンジも多彩ですし、すべての座席を倒せば、車中泊も可能です。

車中泊に関しては別記事をご用意しておりますので、合わせてお読みいただきたいと思います。

 新型ワゴンRのおススメ動画

AUTO MOVE 編集部のコメント

もともと人気のあるワゴンRですが、その評判はお墨付きでしたね。

特に2016年の新型ワゴンRは、全体的にとても良くできているモデルなので、高評価が目立っているのも、当然と頷けます。

ユーザーの中にはずっとワゴンRを選んで乗っているという方もいて、ロングヒットモデルというのはもちろんのこと、非常に愛されているモデルだと感じました。

日本の軽自動車の代名詞とも言えるほどの知名度を誇るワゴンRですから、当然といえば当然の評価とも言えるかもしれませんね。

今後も2016年の新型ワゴンRから目が離せなくなりそうです!

→ 新型ワゴンRを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク