新型ワゴンR 燃費まとめ!

スズキ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年時点の新型ワゴンRの燃費情報が公開されています。

こちらでは2016年時点の新型ワゴンRの燃費に関するデータをグレード別にご紹介します。

→ 【ディーラーも愕然!】ワゴンRを値引きからさらに50万安く買う裏ワザ!

新技術の「S−エネチャージ」を搭載することによって、大幅な燃費向上を果たした2016年の新型ワゴンRですが、いったいどれほど燃費が向上しているのかというところを、この記事にて、きっちりと解説していきたいと思います。

また今回新たに新型ワゴンRに搭載されることになった新技術「S−エネチャージ」に関する解説もしていきますので、合わせてお読みいただければと思います。


スポンサーリンク

軽自動車の常識を覆す、コンパクトなハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムといえば、誰もが知る通り、電気システムとガソリンエンジンを組み合わせたパワートレインを持つ自動車のことです。

ハイブリッドカーは一般的に普及されてきましたが、軽自動車でハイブリッドカーというのは、あまり見かけない取り合わせですよね?

それもそのはず、軽自動車とハイブリッドシステムは、あまり相性のよくない組み合わせなので、今まで自動車メーカーでも敬遠されてきた取り合わせなのです。

img09

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

2016年の新型ワゴンRに搭載されている「S−エネチャージ」に関して紹介する前に、軽自動車とハイブリッドシステムの相性の悪さと、その理由について説明しなくてはなりませんね。

img06

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

まず、自動車にハイブリッドシステムを使用する上で、避けて通れないのが価格の大幅な値上げです。

そして、最も考えなくてはいけないのが、部品点数が増えることによるエンジンレイアウトの制約と、車重の増大でしょう。

img07

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

これは、普通自動車であれば、それほど致命的な問題とはならずに、スマートにメリットを享受することができます。

しかし、もともと車体の小柄な軽自動車においては、通常のエンジンの他にも大型のバッテリーとモーターを搭載するのは一苦労となりますし、重量増によって結果的にパワーウエイトレシオが悪くなります。

パワーウエイトレシオとは、車体重量に対するエンジンパワーの比率で、車体重量よりもエンジンパワーが勝っていればいるほどに、自動車の運動性が増します。

運動性が増すということは、燃費にも大きく影響してきます。

img08

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

近年では車体の軽量化技術が進化したことにより、一頃よりもずっと自動車を軽く作れるようになりました。

それでも、安全基準を満たすための装備を追加したことで、過去の自動車よりも重くなってしまうケースの方が多いのですが……。

とにかく、車体を軽くするのは、燃費を良くするためのセオリーのようなもので、自動車は重いより、軽く作った方がいいというのは、誰でもおわかりいただけると思います。

しかし、ハイブリッドカーはエンジンの他にも電気駆動システム分、どうしても車体の重量が増してしまいます。

普通自動車であれば、その車両重量増分のパワーを捻出でき、結果として低燃費走行を実現できるのですが、軽自動車はもともとエンジンパワーも非力なため、電気アシストをしても車両増分のパワーを捻出しにくいという事情があります。

img02え

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/

また、他にも軽自動車が避けられない問題として、スタビリティの限界というものがあります。

車体が小さく、タイヤのサイズも小さい軽自動車は、どうしても普通自動車に比べて安定性が低くなりがちです。

その軽自動車に、あまりパワフルなハイブリッドシステムを搭載してしまうと、非常にアンバランスな車体が出来上がってしまいます。

電気モーターは低速時の加速力優れているので、軽自動車の細いタイヤと小さなボディでは、その加速力を受け止めきれない可能性が高いわけです。

img11

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/

このように軽自動車をハイブリッド化した時のメリットは少なめになってしまいます。

その上、車両価格が高くなってしまえば、ユーザーとしては必然的に買い渋ってしまうのが容易に予測できるでしょう。

このために、長らく軽自動車のハイブリッド化は躊躇われてきたというのが、昨今までの軽自動車事情だったのです。

→ 【必見】新車のワゴンRを更に50万円安くする裏ワザ!


スポンサーリンク

軽自動車のハイブリッド化を実現した新型ワゴンR

そうしたマイナスな印象を払拭するためか、スズキは「S−エネチャージ」という呼称を作り出し、2016年の新型ワゴンRをハイブリッドカーと名打つのを避けている雰囲気も感じられます。

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

しかし、新型ワゴンRは、革新的な技術を使用した軽自動車です。

同時に、軽自動車の新たなスタンダードを作り出した一台であることは疑いようもないことでしょう。

ええ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

「S−エネチャージ」の最大の特徴は、従来のハイブリッドシステムには見られなかった圧倒的な軽量化と、システムの簡略化です。

最も特徴的となるのは、本来別個に設計される電気モーターとジェネレーター(発電機)を一つにまとめてしまったということでしょう。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、電気モーターとジェネレーターというのは基本構造に関してはほとんど同一なのです。

モーターを逆回転させると、発電効果が得られるので、理科の実験などで試したことのある方もいるかもしれませんね。

つまり、一つの電気モーター兼ジェネレーターが一つで二役をこなし、一般的なハイブリッドシステムと同一の働きをしているということなのです。

このパーツのことをスズキはISG(Integrated Starter Generator)と名付けています。

直訳すれば「スタートアシストモーターとジェネレーターを統合した装置」といった意味合いになるでしょうか。


スポンサーリンク

燃費上昇!「S−エネチャージ」真価はいかほど?!

新型ワゴンRの「S−エネチャージ」は減速時に無駄になってしまう回生エネルギーを利用するタイプのハイブリッドシステムです。

減速時にISGはジェネレーターとして機能し、回生エネルギーを回収し発電を行います。

発電した電気はモーターアシスト用の電源であるリチウムイオンバッテリーと、鉛蓄電池(一般的なバッテリー)へと充電されます。

img040

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

鉛蓄電池に充電された電力はアイドリングストップで停止したエンジンの復帰に使用されます。

リチウムイオンバッテリーの電力は低速からの加速時などに利用され、一般的なハイブリッドカーと同様にエンジンアシストパワーとして利用されます。

img050

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/performance_eco/

リチウムイオンバッテリーは軽量かつ高効率で電力が引き出せることから、ハイブリッドカーでの積極的な利用が期待されていました。

その利点の一方、高価で、効率的に電力を引き出すには高度な制御が必要なために、長らく敬遠されがちなバッテリーでもありました。

最近は制御技術の向上によって格段に扱いやすくなり、量産技術の向上もあって以前ほど高価ではなくなったために、ポピュラーなバッテリーとなりつつあります。

電気モーターとジェネレーターを一体にするという画期的なアイディアは秀逸な出来栄えと言えますし、座席下にコンパクトにレイアウトされた軽量かつ高性能なリチウムイオンバッテリーの設計も、実にお見事という感じですね。

この二つのアイディアによって、コンパクトなハイブリッドシステムレイアウトを実現したワゴンRは、軽自動車のハイブリッド化という難題を見事にクリアしたというわけです。


スポンサーリンク

AUTO MOVE 編集部のコメント

「S−エネチャージ」によって、33.0km/ℓという驚異的な燃費性能を誇るワゴンRですが、その内容を紐解くと、非常に高度な技術の応酬であることが見て取れますね!

スズキは2016年の新型ワゴンRを「軽自動車の新基準」とアナウンスしましたが、まさしく「S−エネチャージ」で利用される技術は、これから先の軽自動車のスタンダードとなっていくのではないでしょうか?

→ 【必見】新車のワゴンRを更に50万円安くする裏ワザ!

→ 新型ワゴンRにかかる、気になる自動車税!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク