新型プレミオ/アリオン エコカー減税他自動車税まとめ!

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型プレミオ/アリオンのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは新型プレミオ/アリオンのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

マイナーチェンジを受けたトヨタの5ナンバーセダン「プレミオ/アリオン」には、1.5L/1.8L/2.0Lの3種類のパワートレインが用意されています。

このうち1.5L車についていは、引き続き「エコカー減税」の対象車となっています。

この「エコカー減税」について、詳しく解説しますので、これから伝統的な4ドアセダン購入の検討されている方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

新型「トヨタ・プレミオ/アリオン」とは

carlineup_premio_gallery_2_01_lb[1]carlineup_allion_gallery_2_04_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

高級感と格調の高さを兼ね備えた「プレミオ」(トヨペット店「と姉妹車種「アリオン」(トヨタ店)は、5ナンバーサイズながら、ラージクラスに匹敵する室内空間を実現した4ドアセダンです。

搭載されるエンジンは1.5L/1.8L/2.0Lの直列4気筒DOHCで、全車変速機にはCVTが採用されています。

今回、「プレミオ/アリオン」のマイナーチェンジが実施され、一番の変更ポイントとなる内外装のデザインが大きく変更されました。

1carlineup_allion_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

エクステリアではフロント周りの意匠が一新され、「プレミオ」ではメッキをあしらった横バータイプ、アリオンでは細かいブロックメッシュのフロントグリルが採用さテレたちとともに、ヘッドランプの形状もよりシャープなものへと変更されています。

また、リア周りではテールランプに手を加えられ、「プレミオ」ではC字形のグラフィックと深みのあるレンズ色に特徴のものを、「アリオン」では奥行きのある造形と6眼式のストップランプが取り入れられちぇいます。

ボディカラーには、新色の「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を含む5色を新たに採用し、全8色が設定されています。

carlineup_premio_gallery_2_10a_lb[1]carlineup_premio_gallery_2_07_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

インテリアでは、インストルメントパネルは」、センタークラスターからシフトレバー付近までの形状を変更し、一体感のある、シャープで洗練されたデザインが取り入れられています。

また、メーターを一新し、多彩な情報を高解像度で表示する4.2インチカラーTFT液晶ディスプレイが採用され、さらに、照明色、メーター指針を白で統一することで高級感を実現するとともに視認性を向上させています。

安全装備には、複数の予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」と駐車時などにおいて衝突回避や衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」をベースグレードはメーカーオプション、その他は標準装備とし、さらに「ドライブスタートコントロール」、「緊急ブレーキシグナル」を標準装備するなど、走行時や駐車時での衝突回避あるいは衝突被害の軽減をサポートする体制となりました。

ラインナップは、2.0Lエンジンを搭載する「2.0G」「2.0G”EXパッケージ”」(プレミオ)、「A20」「A20”Gプラスパッケージ”」(アリオン)、1.8エンジン搭載の「1.8X」「1.8X”Lパッケージ”」「1.8X”EXパッケージ”」(プレミオ)、「A18」「A18”Gパッケージ”」「A18”Gプラスパッケージ”」(アリオン)、1.5Lエンジンを搭載の「1.5F」「1.5F”Lパッケージ”」「1.5F”EXパッケージ”」(プレミオ)、「A15」「A15”Gパッケージ”」「A15”Gプラスパッケージ”」(アリオン)が設定されています。

駆動は1.8Lエンジン車に2WDと4WDが設定され、その他は2WDのみが設定されています。

carlineup_premio_grade_2_22_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

「プレミオ/アリオン」ともに動力性能と燃費性能などは同じとなっています。

・「3ZR-FAE型」2.0直列4気筒DOHC

最高出力

112kw「152ps」/6,100rpm

最大トルク

193Nm「19.7kgf・m」/3,800rpm

JC08モード燃費

15.6km/L

・「2ZR-FAE型」1.8L直列4気筒DOHC

最大出力

2WD

105kw「143ps」/6,200rpm

4WD

96kw「131ps」/6,200rpm

最大トルク

2WD

173Nm「17.6kgf・m」/4,000rpm

4WD

161Nm「16.4kgf・m」/4,000rpm

JC08モード燃費

2WD

16.4km/L

4WD

14.8km/L

・「1NZ-FE型」1.5L直列4気筒DOHC

最大出力

80kw「109ps」/6,000rpm

最大トルク

136Nm「13.9kgf・m」/4,800rpm

JC08モード燃費

19.2km/L

このうち、1.5Lのみ、アイドリングストップが装着され、この排気量だけはエコカー減税(自動車取得税20%、自動車重量税25%)の対象車種となっています。


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」はエコカー減税対象車種

carlineup_allion_gallery_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

前述のように、新型「プレミオ/アリオン」では、1.5リッター車がエコカー減税の対象車種となっています。

新型「プレミオ/アリオン」のエンジンは直列4気筒の1.5/1.8/2.0リッターの3種類で、いずれも変更はなく、動力性能と燃費数値も同じとなっています。

アイドリングストップが装着されるのは1.5リッターのみで、この排気量車だけはエコカー減税(自動車取得税が20%、自動車重量税が25%の軽減で合計17,200円前後)の対象車種となっています。

・「1NZ-FE型」1.5L直列4気筒DOHC

最大出力

80kw「109ps」/6,000rpm

最大トルク

136Nm「13.9kgf・m」/4,800rpm

JC08モード燃費

19.2km/L

■試算例

自動車重量税25%減税+自動車取得税20%減税

carlineup_premio_ecocar_2_01_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

プレミオ・1.5F”EXパッケージ”(2WD)の場合

自動車重量税

約5,700円減税

自動車重量税

約11,500円減税

減税額合計

17,200円優遇

グレードごとの減税額は次の通りです。

エコカー減税「自動車重量税25%+自動車取得税20%」

hyou501

引用:http://toyota.jp/

・「エコカー減税」の対象車は、自動車取得税の軽減措置が平成31年3月31日まで、自動車重量税の軽減措置が平成31年4月30日までの新規登録車が対象となります。

・新車取得時に自動車重量税100%減税の車については、初回継続車検時にも100%減税が適用されます。

・自動車重量税、自動車取得税の減税額はオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格(東京地区)をベースに試算しています。

オプションを選択することで、自動車重量税並びに自動車取得税の軽減率が変わることがあります・

・グレードまたはオプション選択などにより減税の対象または対象外となる場合があります。

・自動車取得税、自動車税は都道府県により運用が異なります。地域によって減税額が異なる場合があります。

・詳しくは販売店におたずねください。

carlineup_allion_grade_2_22_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

新型「プレミオ/アリオン」の動力性能は従来型と同じで、車両重量とのバランスが取れているのは1.8リッター車となります。

最高出力は143馬力(6,200回転)、最大トルクは17.6kgm(4,000回転)と平凡ですが、実用回転域の駆動力には相応の余裕を持っています。

3~4名儒者して登坂路に差し掛かっても、力不足とは感じられ無いのですは、アイドリングストップが付かずJC08モード燃費は16.4km/Lでエコカー減税の対象外となっています。

その点で1.5リッター車は19.2km/Lで減税対象となっていますが、109馬力(6,000回転)、13.9kgm(4,800回転)なので、車両重量が1,200kgでは力不足は否めません。

加速が活発になるのは4000回転を超えてからで、2,000~3,500回転付近の駆動力が足りないように思いました。

1.5リッター車と1.8リッター車の価格差は約13万円で小さくはありませんが、燃費と減税の差によって、売れ行きは1.5リッター車が圧倒的に多くなっています。

→ 新型プレミオ/アリオンを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

エコカー減税とは

carlineup_premio_gallery_2_02_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

ここからは「エコカー減税」についての基礎知識をご紹介します。

■対象車と減税改正のポイント

一定以上の「排気性能」と「燃費基準」を満たしたクルマを対象とした免税・減税、いわゆる「エコカー減税」(排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さい車に係る自動車重量税・自動車取得税の特例措置)について、見直しがなされたうえで2017年4月よりその適用期限が2年間延長されることとなりました。

自動車重量税・自動車取得税について、2020年度(平成32年度)燃費基準達成度の細分化とともに減税率の変更、さらに2017年度と2018年度で段階的に燃費基準値と減税率の変更を行うこととなっています。

■自動車取得税の減税について

2017年4月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の取得税について、自動車取得税に係る特例措置(いわゆる【自動車取得税のエコカー減税】)において減税率が厳格化され、適用期限が2年間延長されました。

新制度

hyou502

引用:https://www.yanase.co.jp/information/ecocar/

■自動車重量税の減税について

2017年5月1日以降に取得する自家用自動車(新車に限る)の重量税について、自動車重量税の免税等の特例措置(いわゆる【自動車重量税のエコカー減税】)にて見直しが行われ、その適用期限が2年間延長されました。

新制度

hyou503

引用:https://www.yanase.co.jp/information/ecocar/

■自動車税について

排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は税率を軽減し、新車新規登録から一定年数の経過した環境負荷の大きな自動車は税率を重くする特例措置(いわゆる【自動車税のグリーン化特例】について、2017年4月に燃費基準が厳格化され、2年間の運用が開始されています。

本制度の軽課は、2017年4月1日~2019年3月31日までに新車を新規登録した場合に限り、当該年度の翌年度分の自動車税が軽減されるものです。

carlineup_premio_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

■新エコカー減税及びグリーン税制

hyou505

・重量税が免税のモデルは初回車検時も免税となります。

・2015年度燃費基準達成モデルの重量税は本則税率(2,500円/0.5t/年)を適用。その他未達成モデルは当分の間税率から軽減措置を取った税率(4,100円/0.5t/年)が適用となります

引用:https://www.yanase.co.jp/information/ecocar/


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_allion_gallery_2_02_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

いかがでしたか。

新型「プレミオ/アリオン」は、1.5リッター車のみ「エコカー減税」の対象車種となっており、およそ1.7万円程度の優遇措置を受けることができます。

ミニバンやSUVが人気を集めるなか、いかにも乗用車的な5ナンバー4ドアセダンは、その種類は少なくなったとはいえ、根強い人気を誇っています。

新型「プレミオ」、新型「アリオン」とも同じ性能を持ちながら、それぞれ特徴的な性格を持っています。

あなたならどちらを選びますか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク