新型プレミオ/アリオン 値引き術!

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型プレミオ/アリオンの値引き方法について情報をまとめました。

新型プレミオ/アリオンはどのように交渉すれば大きい値引き額で購入することができるのか。その方法についてご紹介します。

大人の気品あふれる「プレミオ」とスポーティーさを前面に押し出した「アリオン」は、根強い人気でロングセラーを続けています。

この両車は、今回、内外装の変更や安全装備の充実などのマイナーチェンジが行われました。

ここでは、その変更のポイントをご紹介するとともに、オーソドックスな4ドアセダンである新型「プレミオ/アリオン」についての値引き情報についてお伝えします。


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、マイナーチェンジで魅力倍増!

carlineup_allion_gallery_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

高級感と格調の高さを兼ね備えた「プレミオ」(トヨペット店)と、スポーツ感と洗練さを兼ね備えた「アリオン」は、今回、マイナーチェンジが行われ、その両車の魅力が倍増しています。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが大きく変更されました。

carlineup_premio_gallery_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

エクステリアではとくにフロント周りのデザインが一新しています。

具体的には、「プレミオ」ではメッキをあしらった横バータイプの、「アリオン」では細かいブロックメッシュタイプのフロントグリルを採用するとともに、ヘッドランプの形状もより車ぷなものへと変更されています。

また、リア周りではテールランプに手を加えられており、「プレミオ」ではC字形のグラフィックと深みのあるレンズ色が特長のものを、「アリオン」では奥行きのある造形と6眼式のストップランプを取り入れたものを採用しています。

さらに、ボディカラーには、新色の「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を含む5色を新たに採用し、全8色を設定しています。

carlineup_premio_gallery_2_10a_lb[1]carlineup_allion_gallery_2_09_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

一方インテリアでは、インストゥルメントパネルやセンタークラスター、シフトセレクターまわりの意匠が変更され、また、メーターには4.2インチのカラーTFT液晶ディスプレイを装備するとともに、照明や指針の色を白に統一することで視認性の向上が図られています。

内装色はブラックを基調に、本革シートではブラウンが採用され、ファブリックシートの色はアイボリーに代えてフラクセンとしています。

安全装備の強化も図られ、新たに赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた安全運転支援システム「Toyota Safety Sense C」や。

駐車時などでの衝突事故の予防及び被害軽減に寄与する「インテリジェンスクリアランスソナー」を採用(プレミオの「1.5F」、「1.8X」、アリオンの「A15」、「A18」にオプション設定、その他グレードは標準装備)、また、AT誤発進抑制制御機能の「ドライブスタートコントロール」と緊急ブレーキシグナルを、全車標準装備としています。

carlineup_premio_grade_2_08_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

新型「プレミオ」のラインアップは、2.0L直列4気筒DOHCエンジンを搭載する「2.0G」、「2.0G”EXパッケージ”」、1.8L直列4気筒DOHCエンジン搭載の「1.8X」、「1.8X”Lパッケージ”」、「1.8X”EXパッケージ”」、1.5L直列4気筒DOHCエンジン搭載「1.5F」、「1.5F”Lパッケージ”」、「1.5F”EXパッケージ”」となり、駆動は、「1.8X」、「1.8X”Lパッケージ”」、「1.8X”EXパッケージ”」には2WDと4WD、その他グレードは2WDのみの設定となっています。

車両価格

1,908,655円

2,686,255円

carlineup_allion_grade_2_15_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

新型「アリオン」のランナップは、2.0L直列4気筒DOHCエンジン搭載の「A20」、「A20”Gプラスパッケージ”」、1.8L直列4気筒DOHCエンジンを搭載する「A18」、1.5L直列4気筒DOHCエンジン搭載「A15}で、「A15」および「A18」「Gパッケージ」、「Gプラスパッケージ」をそれぞれ設定しています。

駆動は基本的に2WDながら1.8L車には4WDも用意されています。

車両価格

1,897,855円

2,650,909円


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、最新値引き情報

carlineup_premio_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

トヨタ新型「プレミオ/アリオン」は、マイナーチェンジにより魅力度はアップしていますが、もともとオールラウンダーな人気車種とは一線を画していますので、それなりに大きな値引きが期待できそうです。

競合車種としては、クラスは下でもハイブリッド仕様のある「ホンダ・グレイスハイブリッド」などになります、

また、異なる系列同士での競合も利用できます。

新型「プレミオ/アリオン」の値引き相場は、

・オプション含む平均値引き相場

24万円

・車両本体の値引き目標額

23万円

となっています。

→ 新型プレミオ/アリオンを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、商談の進め方

carlineup_allion_gallery_2_04_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

「プレミオ/アリオン」の値引きを引き出すにあたっては、ライバル車や同じクラスの車種の見積もりを前もって入手してから商談に臨みましょう。

他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較することで、購入に対する本気度も伝わり、「プレミオ/アリオン」も値引きを引き出しやすくなります。

■新型「プレミオ/アリオン」、競合車はコレ!

「プレミオ/アリオン」を最大限安く購入するためには、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。

◆ホンダ・グレイスハイブリッド

styling_design_gallery_01

引用:http://www.honda.co.jp/GRACE/

ホンダのベストセラーハッチバック、フィットをベースにしたグレイスは」、5ナンバーに収まるサイズ、1.5Lガソリンとハイブリッドをラインナップする点など、「プレミオ/アリオン」とはクラスは違うものの、ハイブリッドモデルでは価格帯が重なり、競合車種としての利用ができます。

「プレミオ/アリオン」がセダンらしいプロポーションを持つのに対し、「グレイス」はフィット譲りの高めの車高となっており、コンセプトは「プレミオ/アリオン」とはかなり異なります。

グレイスは発売当初から比べれば、値引きも緩みがちなので、「プレミオ/アリオン」との競合で積極的な値引き交渉を行いましょう。

・車両価格

1,950,000円

2,382,000円

◆マツダ・アクセラスポーツ

exterior_gallery1_3_1607_ts_1607151114165970

引用:http://www.mazda.co.jp/

「プレミオ/アリオン」よりやや下のカテゴリーとなりますが、多彩なバリエーションを持つアクセラも競合車種として活用できます。

「プレミオ/アリオン」と同じく1.5L、2.0Lのガソリンエンジンに加え、ハイブリッド、ディーゼルエンジンもラインナップしています。

スタンダードなフォルムの「プレミオ/アリオン」と比べると、アクセラの躍動的なデザインがアクセラの大きな魅力となっています。

アテンザとデミオに押されて印象は薄いのですが、質感の高い内外装で満足度の高い一台といえるでしょう。

・車両価格

1,760,400円

3,310,200円

carlineup_allion_gallery_2_03_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

■必ず「一括査定」で愛車の査定額を把握すること

新型「プレミオ/アリオン」の値引き相場が分かったら、すぐ商談開始。

しかし、焦りは禁物です。

今乗っている愛車の「一括査定」は必須です。

愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対して的確な判断ができず、大きな損をすることもあります。

自分の愛車の相場を把握せず商談に入ると、新型「プレミオ/アリオン」の魅力と、「すぐ決めていただければ値引きを・・・」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買い替え全体では損することになります。

商談に入る前には必ず、「一括査定」を利用しておきましょう。

ディーラーでの下取り額と大きな差が出ることもありますので、ぜひご利用ください。


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_premio_gallery_2_04_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

トヨタ「プレミオ/アリオン」は、今回のマイナーチェンジによってかなり印象が変わり、現代的なデザインとなりましたが、あくまでマイナーチェンジの枠にとどまっており、ハイブリッドといった特長的な装備もなく、個性の乏しいクルマとなっています。

ただし、現在では、手ごろなサイズでスタンダードなセダンはほとんどなくなってしまい、伝統的なセダンを探している人にとって唯一の存在といえます。

新型「プレミオ/アリオン」は、今回のマイナーチェンジによって、それぞれの性格を前面に押し出した外内装のデザインによって、個性的でアクティブな印象となりました。

スタンダードな4ドアセダンは、いつの時代でも確かな安心感を与えてくれます。

そんな「プレミオ/アリオン」、あなたならどっちを選びますか。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク