新型プレミオ/アリオン オプションまとめ!

トヨタ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型プレミオ/アリオンのオプションの情報が公開されています。

こちらでは新型プレミオ/アリオンにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

トヨタの販売店違いの姉妹車種「プレミオ」と「アリオン」は、今回、外内装を一新するマイナーチェンジを行いました。

トヨタの往年のベストセラーカー「コロナ」、4ドアセダンの一時代を築いた「カリーナ」に源を発する「プレミオ/アリオン」はどのように進化を遂げたのか。

その特徴をご紹介します。


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」とは

0[1]carlineup_allion_gallery_2_01_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

「コロナ」「コロナプレミオ」の後を受けた「プレミオ」と「カリーナ」の後継モデルとなる「アリオン」は、販売店違いの姉妹車の5ナンバーサイズの4ドアセダンで、「プレミオ」は高級感と格調の高さを兼ね備え、「アリオン」はプレミオより若い客層がターゲットで、ややスポーティーな性格を持っています。

5ナンバーサイズながら、ラージクラスに匹敵する室内空間を実現し、搭載されるエンジンは1.5リッター/1.8リッター/2.0リッターの直列4気筒DOHCの3種類で、変速機は全車CVTとなっています。

駆動はFFを基本となっていますが1.8リッターには4WDも設定されています。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが大きく変更されました。

エクステリアでは、フロント周りの意匠が一新され、プレミオではメッキをあしらった横バータイプ、アリオンでは細かいブロックメッシュタイプのフロントグリルを採用するとともに、ヘッドランプの形状もよりシャープなものへと変更されています。

また、リア周りでは、テールランプに手が加えられ、プレミオではC字形のグラフィックと深みのあるレンズ色が採用され、アリオンでは奥行きのある造形と6眼式のストップランプが取り入れられています。

ボディサイズは、

プレミオ/アリオン

全長

4,595/4,590mm

全幅

1,695/1,695mm

全高

1,475/1,475mm

ホイールベース

2,700/2,700mm

従来は全長がプレミオがアリオンより30mm長くなっていましたが、今回に変更では、アリオンの全長が延長され5mmの違いとなりました。

carlineup_premio_gallery_2_10a_lb[1]carlineup_premio_gallery_2_07_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

インテリアでは、インストルメントパネルやセンタークラスター、シフトセレクターまわりのデザインが変更され、メーターには4.2インチのカラーTFT液晶ディスプレイが装備されるとともに、照明と指針の色を白で統一することで、視認性の向上が図られています。

内装色はブラックを基調に、本革シートにはブラウン、ファブリックシートには明るいフラクセンが採用されています。

装備の強化も図られ、新たに赤外線レーザーと単眼カメラの2つのセンサーを用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」や、駐車時などの衝突事故の予防及び被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」が採用され、一部グレードにオプション設定および標準装備されました。

また、AT誤発進抑制制御機能の「ドライブスタートコントロール」と「緊急ブレーキシグナル」が、全車標準装備されました。

グレードの構成と車両価格は次の通りです。

■プレミオ

carlineup_premio_gallery_2_05_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

・2.0リッター(2WD)

「2.0G”EXパッケージ”」

「2.0G」

・1.8リッター(2WD/4WD)

「1.8X”EXパッケージ”」

「1.8X”Lパッケージ”」

「1.8X」

・1.5リッター(2WD)

「1.5F”EXパッケージ”」

「1.5F”Lパッケージ”」

「1.5F」

2,686,255円

1,908,655円

■アリオン

carlineup_allion_gallery_2_05_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

・2.0リッター(2WD)

「A20”Gプラスパッケージ”」

「A20」

・1.8リッター(2WD/4WD)

「A18”Gプラスパッケージ”」

「A18”Gパッケージ”」

「A18」

・1.5リッター(2WD)

「A15”Gプラスパッケージ”」

「A15”Gパッケージ”」

「A15」

2,650,909円

1,897,855円

ボディカラーには、新色「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を含む5色を新たに設定し、全8色が用意されています。

→ 新型プレミオ/アリオンを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

新型「プレミオ/アリオン」、おもな装備とオプションを紹介

1

引用:http://toyota.jp/

「プレミオ/アリオン」においては、今回のマイナーチェンジは2度目となり、外観は「プレミオ」と「アリオン」のフロントのデザインを共通化するなど大幅な意匠変更となりました。

「プレミオ」は、横バーを組み合わせたデザインにメッキをあしらい、リアコンビネーションランプはC字形のグラフィックとなっています。

ボディカラーは、ハリアーで使用済みの「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」やプリウスに採用された「アティテュードブラックマイカ」を含む5色を追加して8色の展開としています。

内装はインパネにおいてセンタークラスターからシフトレバー付近までの形状を変更したほか、メーターは照明色とメーター指針を白で統一し、4.2インチカラーTFT液晶ディスプレイを装備するなど刷新しています。

「2.0G”SUPERIORパッケージ”」は廃止され、代わって「2.0G”EXパッケージ”」が再設定されました。

内装色はファブリックシートがアイボリーからフラクセンに変更され、従来の「2.0G”SUPERIORパッケージ”」に標準装備だった本革シートはアイボリーからブラウンに変更したうえで、「2.0G”EXパッケージ”」と「1.8X”EXパッケージ”」にメーカーオプション設定がなされました。

また、今回の改良で安全装備が強化され、「Toyota Safety Sense C」や「インテリジェントクリアランスソナー」、Bi-BeamLEDヘッドランプを「1.5F」、「1.8X」にメーカーオプション設定、「1.5F」「1.8X」の「Lパッケージ」「EXパッケージ」及び「2.0G」「2.0G”EXパッケージ」に標準装備されました。

なお、このマイナーチェンジで、ディラーオプションで用意されていた「ローダウンスプリング」の装着設定は廃止されました。

主な装備をご紹介します。

■2.0G”EXパッケージ”

carlineup_premio_grade_grade1_2_01_pc[1]carlineup_premio_grade_grade1_2_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

・エンジン

2.0L

・駆動

2WD

・トランスミッション

Super CVT-i(自動無段変速機)

・乗車定員

5名

carlineup_premio_grade_grade1_2_03_pc[1]carlineup_premio_grade_grade1_2_04_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

主な装備

carlineup_premio_grade_grade1_2_21_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

・16インチアルミホイール

・本革巻+木目調ステアリング

・本革巻+木目調シフトノブ

・オートエアコン

・Bi-Beam LEDヘッドランプ

などとなっており、

メーカーオプションとして、

carlineup_premio_grade_grade1_2_26a_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

・本革シート

・本革シート表皮(パーフォレーション&ギャザー仕様)

温熱シート(運転席&助手席)

などが設定されています。

一方、「アリオン」では、今回の2度目のマイナーチェンジにおいて外観がプレミオと共通化されたことによって、プレミオ戸の全長さがわずか5mmとなりました。

フロントグリルは細かなメッシュグリルを、リアコンビネーションランプは奥行き感を持たせた造形とし、ストップランプに6眼式のデザインが採用されました。

ボディカラーは「プレミオ」と同じく、「ブラキッシュアゲハガラスフレーク」を含む新色5色が追加され、全8色の展開となっています。

内装やシート色も同じで、インパネのセンタークラスターからシフトレバー付近までの形状が変更され、メーターも照明色とメーター指針を白で統一することで視認性を高め、4.2インチカラーTFT液晶ディスプレイを搭載して内装のデザインを一新しています。

内装色も従来のアイボリーからフラクセンに、本革シートにはブラウンが採用されています。

安全面の強化でも、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをパッケージ化した衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」やインテリジェントクリアランスソナーを「A15」「A18」にメーカーオプション設定し、「A15」「A18」の「Gパッケージ」「Gプラスパッケージ」及び「A20」「A20”Gプラスパッケージ”」に標準装備されました。

なお、このマイナーチェンジで、メーカーオプション、ディーラーオプションにかかわらず、エアロパーツおよびローダウンスプリングのオプション設定は廃止されています。

主な装備をご紹介します。

■A18”G-plusパッケージ”/A15”G-plusパッケージ”

carlineup_allion_grade_grade3_2_01_pc[1]

 

carlineup_allion_grade_grade3_2_02_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

・エンジン

2.0L

・駆動

2WD/4WD

・トランスミッション

Super CVT-i(自動無段変速機)

・乗車定員

5名

主な装備

・【1.8L車(2WD)】

16インチアルミホイール

・【1.8L車(4WD)】

15インチアルミホイール

・【1.5L車】

15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ付)

・本革巻+木目調ステアリング

・本革巻+木目調シフトノブ

・オートエアコン

・Bi-BeamLEDヘッドランプ

・「1.5L車」アイドリングストップ機能

など

メーカーオプションとして

carlineup_allion_grade_grade3_2_28a_pc[1]

引用:http://toyota.jp/

・本革シート

・本革シート表皮(パーフォレーション&ギャザー仕様)

温熱シート(運転席&助手席)

などが設定されています。


スポンサーリンク

まとめ

carlineup_allion_gallery_2_04_lb[1]

引用:http://toyota.jp/

高級感と格調の高さが特徴の「プレミオ」は比較的年配の客層や法人向け、洗練されたスポーティーな印象の「アリオン」は若年層向けと、姉妹車ながらそれぞれ特色ある外観となった今回の改良では、その特徴がさらに強調されたものとなりました。

また、装備などでは意匠の共通化が図られたことから、両車とも同じ装備となっています。

さらに、従来まで設定されていたエアロパーツやローダウンスプリングなどが廃止されたことで、よりラグジュアリーなミディアムセダンとなりました。

今や貴重な存在の5ナンバーセダンの新型「プレミオ/アリオン」は、充実した装備や先進の安全装備を搭載して、ますますその地位を確固たるものとしています。

新型「プレミオ/アリオン」、ともにおすすめの一台です。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク