デミオはディーゼルとガソリン、どちらが得?スペックや維持費を比較!

デミオ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



国産メーカーのコンパクトカーとして唯一ディーゼルエンジンが選択できるマツダ・デミオ。

とはいうものの、ガソリンとディーゼルでは、どちらがお得なのでしょうか?


スポンサーリンク

マツダ・デミオ、ガソリンとディーゼルを比較してみよう

dm_exterior_garelly_img2_1610_ts_1610140142085700

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

その印象的なスタイリッシュで大好評のマツダ・デミオは、ガソリンモデルと力強い走りを体感できるディーゼルモデルをラインナップするコンパクトカーです。

CX-5、アテンザ、アクセラに続く、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第4弾となります。

そんな「マツダ・デミオ」のガソリンモデルとディーゼルモデルを徹底比較してみたいと思います。

どちらにするか迷った時の参考にどうぞ。


スポンサーリンク

「マツダ・デミオ」とは

dm_grade_13s-tl_gallery_img_1610_ts_1610140142149670

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

デミオは1996年に誕生した、マツダのBセグメントコンパクトモデルで、現行型で4代目のモデルにあたり「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」に続いて、クリーンディーゼルに代表される「SKYAVTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」が全面的に採用されています。

パワーユニットについては、1.3リッターのガソリンエンジンと1.5リッターのディーゼルターボエンジンが採用され、ガソリンモデルは、従来モデルより全回転域でトルクを5~10%強化し、最高回転数を高めるなど、走行性能を大きく進化させながら、従来モデル同等の低燃費が実現しています。

AT仕様は25.5kgmという2.5リッター自然吸気(NA)エンジンに匹敵する最大トルク、MT仕様では30.0km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を特徴としています。

トランスミッションは、1.3リッターガソリン車が5速MTまたは6速AT、1.5リッターディーゼル車は6速MTまたは6速ATで、いずれも小排気量エンジンに合わせて新開発されたものとなっています。

また、ブレーキエネルギー回生システム「iーELOOP(アイ・イーループ)は、アクセラなどのものと比べて5%の軽量化を実現し、4WD車の駆動システムには、CX-5から導入を進めているフルタイム式の「アクティブトルクコントロールカップリング4WD」を採用しています。

dm_accessories_img_1610.ts.1610140142107830[1]

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

エクステリアデザインは、最新のほかのマツダ車に通じる躍動的なイメージや、タイヤを四隅に配置した踏ん張り感のあるスタンス、4灯のLEDヘッドランプとシルバーの「シグネチャーウイング」を備えたフロント周りなどが特徴で、ボディカラーには新色の「ダイナミックブルーマイカ」スモーキーローズマイカ」を含む、全10色が用意されています。

ラインナップは、1.3LDOHCエンジン搭載の「13C」、「13S」、「13Sツーリング」、「13SツーリングLパッケージ」、1.5LDOHCディーゼルエンジンを搭載する「XD」、「XDツーリング」、「XDツーリングLパッケージ」、モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた「15MB」を設定しています。

駆動は2WD(FF)と4WDが用意され、「15MB」は2WD(FF)のみの設定となっています。

また、マツダの先進安全技術「iーACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備としています。

「iーACTIVESENSE(アイ・アクティブセンス)」は、低速走行時に前方のクルマとの衝突回避をサポートし、被害を軽減する自動ブレーキー「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進時、SCBS-F)」、徐行・停車時に前方の障害物が検知された状態での急発進を抑制する「AT誤発進抑制制御(前進時)」

認知支援技術である、車線変更時に斜め後方の車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA」、これら4つの安全技術を標準装備し、運転初心者から高齢者までより安全・安心なクルマとなりました。


スポンサーリンク

「マツダ・デミオ」、ガソリン車とディーゼル車徹底比較

ここからは、「デミオ」のガソリン仕様車とディーゼル車を比較していきます。

■代表グレード

・13S Touring(SKYACTIV-G、2WD/6EC-AT)

dm_grade_13s-t_gallery_img_1610_ts_1610140148557430

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

車両本体価格

1,706,400円

・XD Touring(SKYACTIV-D 2WD/6MT)

dm_grade_xd-t_gallery_img2_1610_ts_1610140142136070

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

車両本体価格

1,987,200円

マツダ・デミオはロングクルージングを得意にするコンパクトカーといわれています。

その理由は、ペダルが適切に配置されており、ステアリングホイールやシートなどの、操作系のレイアウトがきちんとしているため、長時間運転が苦にならず、また、ディーゼル車の場合、トルクフルで運転が楽しく、かつ音と振動が納得できるレベルに抑制されているので疲れにくく、さらに燃費が良いことから、燃料費も安くなり、長距離ドライブにはもってこいだと評価が高くなっています。

ディーゼルエンジンに対して、一足早くマイナーチェンジが行われた「CX-3」と同じように、DE精密過給制御という改良が加えられ、全開加速ではなく、パーシャルスロットル時に若干もっさりとした感じが改良され、前のクルマとの間隔が開きすぎて少しアクセルを踏みました場合などの出足が良くなり、また、「CX-3」で初採用された「ナチュラルサウンドスムーザー」がデミオのディーゼルモデルの上級グレードに標準装備されたことも、大きく乗り味を進化させています。

また、全モデルの電動パワーステアリングのセッティングが見直され、とくに切り始めの重さが軽減し、交差点を曲がる際などに感じる操舵感が快適となりました。

interior_img1_1609.ts.1610140142008330[1]

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

ガソリンモデルには、板厚アップによる遮音フロントガラスとラゲッジのトノカバーが装備され、遮音性がより向上しています。

■主要スペック比較

hyou101

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/


スポンサーリンク

マツダ・デミオ、燃費は?

dm_exterior_garelly_img3_1610_ts_1610140142088200

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

デミオのガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの燃費はどうでしょうか。

■デミオ・13S TOURING (2WD、6EC-AT)

・JC08モード燃費

24.6km/L

・平均実燃費

16.71km/L

■デミオ・XD TOURING(2WD、6MT)

・JC08モード燃費

30.0km/L

・平均実燃費

23.27km/L

dm_exterior_garelly_img4_1610_ts_1610180525426430

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

◆燃費レポート

一番の注目でありかもしれないデミオ・ディーゼルMTの燃費ですが、私の使用パターンでは、

街乗り:20~21km/L

高速:25~26km/L

総合:22~23km/L

といったところです。

感覚的には、真夏でエアコンのためアイドリングストップができない&激しい渋滞という条件でもない限り、よほどのことがなければ燃費がリッター20kmを切ることはないように思います。

これだけ燃費が良くて、爽快な加速とギアチェンジも楽しめて、おまけに関東圏で軽油が100円を割ることもありますので、ガソリンタンクが35LのMTなら燃料残量警告等が付いてから早めに給油すれば、3000円で満タンに出来るのですから、文句のつけようがないように思われます。

 

マツダ・デミオ、維持費はどのくらい?

dm_grade_xd-t_gallery_img3_1610_ts_1610140142136700

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

では維持費の面ではどのような違があるでしょうか。

■デミオ・13S TOURING(2WD、6EC-AT)

引用:http://www.biz-newspaper.com/

なお、月ぎめ駐車場が必要な方は別途駐車料金が必要となります。

■デミオ・XD TOURING

引用:http://www.biz-newspaper.com/

なお、月ぎめ駐車場が必要な方は別途駐車料金が必要となります。

維持費の面では、エコカー減税の恩恵と燃費の良さから、デミオ・ディーゼルが有利となっています。

まとめ

dm_exterior_hero_img_1610.ts.1610140142091300[1]

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/

いかがでしたか。

マツダデミオのガソリンモデルとクリーディーゼルモデルを比べてみると、

車両価格

ガソリン(13S TOURING 2WD/6AT)

1,706,400円

ディーゼル(XD TOURING 2WD/6AT)

1,987,200円

およそ28万円の価格差がありますが、エコカー減税の恩恵と燃費性能の差を比べてみると、やはりディーゼルが有利と思われます。

ガソリン車は5MTが選べ、ディーゼル車は6MTが選べます。

それも踏まえ、運転する楽しさが味わえると考えると、デミオはディーゼルモデルがおススメです。

→ マツダ・デミオを値引きから更に50万円安く買う方法!

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク