ホンダのセダン全車種!特徴や性能、価格を一覧で比較!

honda_sedan

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



一昔前の車と言えば、セダン車がスタンダードでしたが、今ではそうは言えなくなってきました。

それもそのはず、国内台3位のメーカーであるホンダですら、現在生産しているセダンはたった3車種なのです。

そんなホンダのセダン車を見てみましょう。


スポンサーリンク

はじめに

top_p03[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

コンパクト「フィット」やミニバン「ステップワゴン」、そして「N-BOX」などの軽自動車がラインナップするホンダのクルマを見かけない日はありません。

世界第7位の販売台数を誇り、国内でも常のトヨタと1位2位を争う熾烈な競争を繰り返しています。

ここではそんなホンダのセダンにスポットを当ててみたいと思います。

ホンダのセダンには、「アコード」、「レジェンド」、「グレイス」と3車種がラインナップしています。

コンパクトカーやミニバンが隆盛を極めるなか、改めて4ドアセダンの魅力に触れてみたいと思います。

こだわりの4ドアセダンが見つけましょう。


スポンサーリンク

ホンダ・4ドアセダン、一挙紹介!

■アコード

top_p01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

「アコード」はホンダがグローバルに展開するDセグメントセダンで、日本での販売はハイブリッド車のみとなっています。

パワーユニットに「オデッセイ ハイブリッド」に搭載する最新式の「SPORT HYBRID iーMMD」が採用され、システム全体での最高出力が215ps(158kw)に向上されるとともに、燃費もJC08モード燃費31.6km/Lを実現しています。

また、路車間通信技術を用いた「信号情報活用運転支援システム」が新たに採用されるなど、装備もお幅に強化されています。

グレードは、エントリーグレード「ハイブリッドLX」、上級グレード「ハイブリッドEX」の2種類で構成されています。

pic_styling_gallery_04

引用:http://www.honda.co.jp/

主なスペック&車両本体価格

・ボディサイズ

全長

4,945mm

全幅

1,850mm

全高

1,465mm

ホイールベース

2,775mm

・エンジン

2.0L直列4気筒DOHC

最高出力

107kw(145ps)/6,200rpm

最大トルク

175Nm(17.8klgm)/4,000rpm

・モーター

最高出力

135kw(184ps)

最大トルク

315Nm(32.1kgm)

・駆動

2WD(FF)

・JC08モード燃費

30.0~31.6km/L

車両本体価格

・ハイブリッドLX

3,850,000円

・ハイブリッドEX

4,100,000円

pic_styling_gallery_01top_p04[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

スタイリングはノッチバックセダンらしい3ボックスタイプで、空気のなれうぃ考慮して、中央部が膨らんだバレルシェイプボディ(たる型ボディ)が採用されたほか、床下のフラットな処理やディスクタイプのアルミホイールなど、空気抵抗を抑える工夫が随所に施されています。

また、ヘッドランプはホンダ車として初めて、高い光量と電力消費の少なさを併せ持つLEDが採用されています。

車内空間も従来モデルからひとまわり拡大され、とくに後席は、前後席間の距離が延長されたことで、より快適なな居住性を確保し、横方向の広さもバレルシェイプボディの採用により、全幅の拡大を抑えつつ1,570mmの室内幅を得ています。

新しい機能や装備が積極的に導入され、新機能としてステアリングホイールのパドルに、アクセルオフ時の減速度を4段階で調整できる「減速セレクター」がホンダ車として初めて採用され、走行モードには「D」、「ECON」に加え、アクセル操作に対するパワーユニットの応答性を高める「SPORTモード」が設定されています。

運転支援装備の充実の図られ、自動緊急ブレーキや前走車追従機能付クルーズコントロール、ステアリングアシスト機能付車線維持支援システムなどからなる「Honda SENSING」についていは、隣車線の後方を走るクルマを監視する「レーンウオッチシステム」が追加され、EXにくわえてLXでも標準装備とし、また信号のある交差点でのスムーズな運転を支援する「信号情報活用運転支援システム」が新たに採用されています。

また、「Hondaインターナビ」が全車標準装備し、各種機能が強化されました。

■グレイス

styling_design_gallery_02interior_design_gallery_01

引用:http://www.honda.co.jp/

ホンダ・グレイスは、「フィット」をベースとした5ナンバーサイズのセダンで、堂々としたスタイリングと広々とした室内空間が大きな特徴となっています。とくに後席の居住空間はアッパーミドルクラスに迫り、リアドア開口部を広くすることで優れた乗降性を実現し、トランクルームも430リッターの大容量を確保しながら、トランクスルーも可能となっています。

また、ノイズ対策も徹底して静粛性の向上を図り、室内の質感の高さと充実した装備は、既存のコンパクトセダンの枠を超えたものとなっています。

ボディサイズ

全長

4,440mm

全幅

1,695mm

全高

1,475mm

ホイールベース

2,600mm

5ナンバーサイズの代表的セダンである「トヨタ・カローラ・アクシオ」と比べると、ホイールベースと全幅は同じで、全長は80mm長く、全高は15mm長いスタイルとなっています。

styling_design_gallery_03

引用:http://www.honda.co.jp/

パワートレインは、「フィットハイブリッド」と同じアトキンソンサイクルの1.5リッター直列4気筒DOHC iーVTECエンジンと高出力モーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたスポーツハイブリッドiーDCDが採用され、システム出力は137psを発揮し、JC08モード燃費34.4km/L(FF車)を実現しています。

駆動方式は2WD(FF)とビスカスカップリング式の4WDが用意されています。

また、今回新たに、1.5リッター直列4気筒直噴エンジンが追加されました。組み合わされるトランスミッションはCVTのみで、駆動方式は2WD(FF)と4WDの2タイプが用意され、JC08モード燃費は、FF車21.8km/L、4WD車19.4km/Lと公表されています。

pic_new[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

主なスペックと車両価格

エンジン

1.5L直列4気筒DOHCエンジン

エンジン最高出力

81kw(110ps)/6,000rpm

エンジン最大トルク

134Nm(13.7kgm)」/5,000rpm

モーター最高出力

22kw(29.5ps)

モーター最大トルク

160Nm(16.3kgm)

JC08モード燃費

・ハイブリッド

2WD(FF)

34.4km/L

4WD

29.4km/L

・ガソリン

2WD(FF)

21.8km/L

4WD

19.4km/L

top_styling[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

・ハイブリッド車両価格

1,950,000円~2,220,000円

・ガソリン車両価格

1,750,000円~

■レジェンド

top_p03[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

ホンダのフラッグシップセダンとして初代「レジェンド」が登場したにはおよそ30年前の1985年で、「トヨタ・クラウン」や「日産セドリック/グロリア」と市場を争うホンダ初の5ナンバーフルサイズ(3ナンバー仕様もあり)のセダンで、クラス初のFF車でした。

その後、販売低迷から一時途絶えていましたが、「SPORT HYBRID SH-AWD(スポーツ・ハイブリッド・スーパー・ハンドリング・オールホイール・ドライブ)」と呼ばれるハイブリッドモデル4WDとして、5代目レジェンドが復活を果たしのが現行型となります。

pic_styling_gallery_01[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

画期的なハイブリッド技術を駆使することで、今までにないドライビングプレジャー、上質な乗り心地と優れた燃費性能を実現し、「ジュエルアイLEDヘッドライト」が特徴的なワイド&ローフォルムのボディは、高張力鋼板の適用を増やし、ボンネットやフロントフェンダー、ドアスキンなどをアルミ化することで、軽量化と剛性向上を図っています。

ボディサイズ

全長

4,995mm

全幅

1,890mm

全高

1,480mm

ホイールベース

2,850mm

top_p04[1]

引用:http://www.honda.co.jp/

インテリアは本革張りシートが標準で、アメリカのハイエンドホームオーディオ機器メーカーのクレル社のオーディオシステムやフロントウインドウ投影型のヘッドアップディスプレイなど、快適装備や機能装備も充実しています。

「レジェンド」の最大の特徴は、3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」と呼ばれるパワーユニットとドライブトレインのシステムとなります。

車体前部に3.5リッター直噴iーVTECのV6エンジンと高性能モーターを内蔵した7段デュアルクラッチトランスミッション、後部には左右輪用の2つの走行用モーターを内蔵したTMU(ツインモーターユニット)を搭載しシステム出力382psがもたらすV8エンジン搭載車を超える力強い加速性能と、型バンク3気筒を休止させるVCM(可変シリンダーシステム)や高効率エネルギー回生により、直4エンジン搭載車と同等の燃費性能を両立しています。

車体後部に搭載されたTMUは、後輪の駆動力のみならず減衰力をも左右それぞれ自在に制御するトルクベクタリングを実現し、全速度域でかつてないオン・ザ・レール感覚の旋回性能を掘るとされています。

加えて、エンジンと計3つの駆動方式と、エンジンのみでの走行、モーターのみでのEV走行、エンジンとモーターによるハイブリッド走行の3つの走行モードの中から、状況に応じて最適な駆動方式と効率の高い走行モードを自動的に選択し、いずれの走行モードでも減速時には4輪すべてからエネルギーを回生することで、JC08モーでで16.8km/Lという低燃費を達成しています。

グレードは単一で、車両本体価格は次の通りです。

HYBRID EX

6,800,000円

pic_styling_gallery_06

引用:http://www.honda.co.jp/

主なスペック

・ボディサイズ

全長

4,995mm

全幅

1,890mm

全高

1,480mm

ホイールベース

2,850mm

・エンジン

V型6気筒SOHC、3,471cc

エンジン最高出力

231kw(314ps)/6,500rpm

エンジン最大トルク

371Nm(37.8kgm)/4,700rpm

・モーター

モーター最高出力

前:35kw(48ps)

後:27kw(37ps)

モーター最大トルク

前:148Nm(15.1kgm)

後:73Nm(7.4kgm)

JC08モード燃費

16.8km/L


スポンサーリンク

まとめ

pic_styling_gallery_03

引用:http://www.honda.co.jp/

おススメは、「アコードハイブリッド」!

都会的なスタイルとホンダ独自のハイブリッドシステム、クオリティの高い4ドアセダンなら迷いなくお勧めします。

→ ホンダのセダンを値引きから更に50万円安く買う方法!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう