BMWのSUV全車種!特徴や性能、価格を一覧で比較!

bmw_suv

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



日本で人気なドイツ車と言えば、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、そしてBMWです。

世界で人気のある車タイプと言えば、SUV。

BMWが出すSUV、人気がないわけがありません。


スポンサーリンク

はじめに

F48_Design_Standard_Eteriordesign-01

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

近年、急激に人気を集めているSUVの中で、BMWなどの高級ブランドメーカーも続々とSUV車種を投入してきました。

そんなBMWのSUV車種をピックアップして、価格や特徴などをご紹介してみたいと思います。

BMWでは、「SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル」という名称に対して、オンロード性能を重視した「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル」という名称を使用しています。

また、BMWでは、車名にアルファベットと数字を用いることが多く、中でもSAV(SUV)車種には共通して「X」が用いられています。

「X」がSUVを意味し、そのあとに続く数字が大きさを表しています。

X1~X6までラインナップし、「XⅠ」が最も小さく、最も価格帯が低くなっています。また、「X6」が最も大きく、価格も最も高いものとなっています。


スポンサーリンク

BMW SAV(SUV)、車種紹介

■プレミアムコンパクト「BMW X1」

F48_Design_Standard_Eteriordesign-02

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

X1は、BMWが「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と称するSUVシリーズの中で、最もコンパクトなモデルです。FFベース・エンジン横置きのプラットフォームが採用され、

ボディサイズ

全長

4,455mm

全幅

1,820mm

全高

1,610mm

(Mスポーツは1,600mm)

ホイールベース

2,670mm

リアシートには4:2:4の3分割機構に加え、オプションで6:4分割のスライド調整機構(130mm)が用意され、ラゲッジルームは505リッターの容量を実現し、さらに床下には100リッターの収納スペースが確保されています。

cq5dam.resized.img.1680.large.time1474863830846[1]

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

パワートレインは、2リッター直列4気筒直噴ターボで

・「XDrive20i」

最高出力

192ps/5,000rpm

最大トルク

28.6kgm/1,250~4,600rpm

JC08モード燃費

14.6km/L

・「XDrive25i」

最高出力

231ps/5,000rpm

最大トルク

35.7kgm/1,250~4,500rpm

JC08モード燃費

14.3km/L

トランスミッションは8速ATで、停車時の燃料使用を抑えるアイドリングストップ機構や、燃料の消費を抑制するようエンジンやトランスミッションなどの制御を切り替える「ECO PRO」モードなどが採用されています。

駆動方式にはオンデマンド式4WDを採用しており、通常はFFの状態で走行し、必要に応じて電子制御多板クラッチで後輪にも駆動力を伝達するようになっています。なお、駆動力の配分は、前後軸間だけでなく、左右輪の間でも状況に応じて変化させています。

これら2種類の4WDモデルに加え、1.5リッター直列3気筒直噴ターボエンジンと6速ATを搭載したFFモデル「sDrive18i」が用意されています。

さらに、2リッター直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載した「xDrive18d」がグレードに追加されました。

BMWの新世代パワートレイン戦略にのっとり、コモンレールダイレクトインジェクションシステムと可変ジオメトリーターボチャージャーを搭載し、

最高出力

150ps/4,000rpm

最大トルク

33.7kgm/1,750~2,750rpm

を発生させ、8速ATのトランスミッションや、アイドリングストップ機構も相まって

JC08モード燃費

19.6km/L

を実現しています。

駆動システムはFFベースのフルタイム4WDで、通常は駆動トルクの大部分を前輪に伝達し、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などからオーバーステアやアンダーステアの兆候を察知すると、ファイナルドライブに一体化された電子制御式多版クラッチが前後アクスルへの駆動トルクを最適に配分し、優れたロードホールディングが実現しています。

cq5dam_resized_img_1185_large_time1447991797245

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

それぞれのモデルに「Standard」「X Line」「M Sport」が用意され、車両本体価格は次のとおりとなります。

・X1 sDrive18i

4,050,000円~

・X1 xDrive18d

4,490,000円~

・X1 xDRIVE20i

4,950,000円~

・X1 xDrive25i

5,920,000円~

■BMW X3

cq5dam.resized.img.1680.large.time1489073489672[1]interieur-design-slide-02

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

「XⅠ」、「X5」などとともに、BMWのSUVファミリーを形成する基幹モデルが「X3」となります。

エクステリアデザインは、”Xモデル”に共通する力強さを表現し、キドニーグリルや4灯式ヘッドランプなど、BMW車でおなじみのディティールはそのままに、よりワイドで質感のある印象が強調され、ボンネットやサイドにはくっきりとしたキャラクターラインが入れられています。

一方、連続したラインで広さ感を演出したというインテリアは、後席の足元スペースが20mm広がるなど、これまで以上のゆとりを確保して、リアシートも、6:4の分割可倒式から4:2:4の3分割式となり、乗員数と荷物の種類に柔軟に対応しています。

exterieur-design-fw-slide-01

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

主なスペックと車両価格は次の通りです。

・ボディサイズ

全長

4,650mm

全幅

1,880mm

全高

1,675mm

ホイールベース

2,810mm

・エンジン

X3 xDrive 20i

2.0L直列4気筒DOHCガソリン

最高出力

184ps/5,000rpm

最大トルク

27.5kgm/1,250~4,500rpm

JC08モード燃費

13.4km/L

車両本体価格

6,240,000円~6,730,000円

・X3 xDRIVE20d

2.0L直列4気筒DOHCディーゼル

最高出力

184ps/4,000rpm

最大トルク

38.7kgm/1,750~2,750rpm

JC08モード燃費

18.6km/L

車両本体価格

6,530,000円~6,970,000円

・X3 xDRIVE28i

2.0L直列4気筒DOHCガソリン

最高出力

245ps/5,000rpm

最大トルク

35.7kgm/1,250~4,800rpm

JC08モード燃費

13.7km/L

車両本体価格

6,900,000円~7,340,000円

・X3 xDrive35i

3.0L直列6気筒DOHCガソリン

最高出力

306ps/5,800rpm

最大トルク

40.8kgm/1,200~5,000rpm

JC08モード燃費

12.1km/L

車両本体価格

7,880,000円~8,280,000円

いずれのモデルも8速ATトランスミッションを組み合わせ、4輪を駆動しています。

また、いずれのモデルの「Standard」「XLine」「MSport」の3グレードが設定されています。

■SUVタイプのPHEV、X5xDrive40e

cq5dam.resized.img.1680.large.time1472224355435[1]

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

BMW X5は、2000年に登場した大型SUVで、これまでに全世界で累計130万台を販売し、現行型で3代目モデルとなっています。

エクステリアデザインは、BMWドイツ本社の日本人デザイナー、永島譲二氏が担当したもので、より幅広となったキドニーグリルと、そこにつなげられたヘッドランプ、より角度が寝かせられたDピラー、L字型のLEDライトバーが配置されたリアコンビネーションランプなどが特徴となっています。

フロントホイールアーチ後方の「エアブリーザー」や、Dピラー後方に配置された「エアブレード」などにより、このクラスではトップレベルのcd値(空気抵抗係数)0.31を実現しています。

インテリアデザインは、複数の面を重ねるレイヤリングという手法を用い、カーナビゲーションシステムなどの機能を統合した10.2インチ高輝度ワイドコントロールディスプレイや、照明の色をブルー、ホワイト、オレンジの3色から選択できる「アンビエントライト」などを装備しています。

室内のユーティリティーも充実しており、ラゲッジルームは620リッターの容量を確保し、3分割可倒式のリアシートを倒した時の広さも1,870リッターを誇っています。

テールゲートは、上下に分かれて開閉する2分割方式が採用され、上部ゲートのオートマチックテールゲートオペレーションは、全グレードに標準装備となっています。

cq5dam.resized.img.1680.large.time1448008829330[1]

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

パワーユニットは、3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジン、3リッター直列6気筒ガソリンターボエンジン、4.4リッターV型8気筒ガソリンターボエンジンに加えて、SUVタイプのプラグインハイブリッド車「BMW X5 xDrive40e」がラインナップされました。

「X5 xDrive40e」は、SUVのX5に、スポーツカー「i8」で培ったプラグインハイブリッド技術を組み合わせたニューモデルで、そのハイブリッドシステムは

2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン

最高出力

245」ps/5,000~6,500rpm

最大トルク

35.7kgm/1,250~4,800rpm

に、8速ATと一体化されたモーター

最高出力

113ps

最大トルク

25.5kgm

を組み合わせたもので、システム全体の出力は

最高出力

313ps

最大トルク

45.9kgm

を発生させています。

これにより、

0-100km/h加速

6.8秒

(欧州仕様車)

のハイパーフォーマンスを実現する一方、動力源をモーターのみとするEV走行は、最高120km/hまでの速度域と、最長約31kmまでの距離で可能となっています

EUテストサイクルにおける燃費値は

3.3リッター/100km

(約30.3km/L)

を実現していると言われています。

「X5 xDrive40e」のユーティリティー性の優れており、リチウムイオンバッテリ―を荷室の床下に格納したことで、フル乗車の状態でも500リッターのラゲッジスペースを確保し、4:2:4分割可倒式の後席を倒せば、最大1720リッターまで拡大が可能となっています。

安全装備も充実しており、「前車接近警告機能」、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、「アクティブクルーズコントロール」、「レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)の4機能を含む「ドライビング・アシスト・プラス」や、夜間や悪天候における視認性を高める「アクティブLEDヘッドライト」、車両周辺の状況をさまざまな映像でドライバーに伝える「サイドビューカメラ」「トップビュー」も、全車に装備されています。

bmw-e-drive-vehicle-concept-slide-01

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

車両本体格は

・X5 xDrive40e

X5 xDrive40e iPefomance

9,680,000円

X5 xDrive40e iPefomance XLine

10,340,000円

X5 xDrive40e iPefomance

10,330,000円


スポンサーリンク

まとめ

1

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

いかがでしたか。

BMWのSUVシリーズ、「X1」、「X3」、「X5」、それぞれが個性的で、SUVとして絶対的な安心感を得ることができます。

そして、この他に、BMWの関連会社で、BMWのモータースポーツ活動やスペシャルモデルの開発を手掛けるテクノエリート集団「M」が初めての試みのして手がけたのが、高性能版「X5 M」があります。

新開発のツインスクロールターボ付き4.4リッターV8エンジンを搭載して、圧倒的なパワーと優れた加速性能を有しています。

このようなBMWのSUVシリーズの中で、一番のおすすめは、プレミアムコンパクト「BMW X1」です。

cq5dam.resized.img.1680.large.time1450421068002[1]

引用:https://www.bmw.co.jp/ja/

日本の道路事情にもマッチングしたコンパクトな外観と、BMWらしい優れた走行性能は、同じクラスの他メーカーを大きく引き離しています。

一度、お試しあれ。

→ BMWのSUVを値引きから更に50万円安く買う方法!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう