フォルクスワーゲンのハッチバック全車種!特徴や性能、価格を一覧で比較!

ステーションワゴン

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



フォルクスワーゲンといえば2015年の排ガス不正問題によってブランドイメージの低迷が続いていたのですが、もともとは日本人に一番馴染みのある輸入車です。

とくにハッチバックモデルは「手頃に、おしゃれに乗れる外車」として今でも高い人気ですね。

中でもフォルクスワーゲンアップ・ポロ・ゴルフ・ザ・ビートルについてどんなクルマなのかご紹介したいと思います。

vw_01

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/up/


スポンサーリンク

フォルクスワーゲンのハッチバックの特徴

フォルクスワーゲンアップ

upにはボディの大きさを同じとする2ドアと4ドアがあり、4ドアには装備の充実した「high up」がラインナップされています。

159万円からとリーズナブルな価格で、最小回転半径4.6mと小回りが効くので、狭い道や小さな車庫でも使いやすいクルマです。

upを購入した人は次のようなコメントを寄せています。

欧米車のVW、更にその中のVWのエントリーモデルのup!だけど、十分にドイツ車の走りを堪能できる。

up!を購入して車に乗るのが楽しみになった。

駐車場でも何度も見返してしまう。

燃費良くて、自動車税安くて、重量税も安くて、かつ内外装の質感も高く、走りも素晴らしい。

up!を買って良かった。

反対に「癖が強い」「パワー不足を感じる」という声もあります。

デザインは内外装とも安っぽさがないけれど国産車に比べると収納やエアコン関係の使い勝手の悪さがあるとも言われているようですので、試乗の際にはそのあたりもチェックポイントとなります。

vw_02

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/up/crossup.asp

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000418691/

フォルクスワーゲンポロ

poloの魅力は質感の高いデザインにあります。

Bセグメントのハッチバックはどうしてもずんぐりむっくりしてしまうのですが、poloは随所にシャープさと丸みをバランスよく配置させているためスッキリとしたイメージがあります。

「小さなゴルフ」というのがpoloのポジションですね。

新型ではアップルのオーディオシステムが搭載された特別モデル「polo beats」が設定され、質の高いサウンドを楽しめるようになるそうです。

vw_03

引用:https://carnny.jp/3125

低回転からダウンサイジングターボが効果を発揮して、ものすごく楽に加速できます。踏み込まなければ静かに滑らかに運転できますし、それなりに踏み込めば1.5リッタークラスのコンパクトカーとは比較にならない走りが楽しめます。

静粛性が高く、満足しているオーナーが多いですが、やはり維持費については国産車と同じようにはいかないとのことです。

vw_04

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/polo/price.asp

出展:http://review.kakaku.com/review/70101610264/

フォルクスワーゲンゴルフ

不動の人気を誇るgolfは街中でも、本当によく見かけます。

堅実に作られたクルマといった印象で使いやすく、プレミアムコンパクトとして、完成度が高いといえるでしょう。

口コミでもオーナーの評価がいいです。

素晴らしいの一言です。アイドリング時の振動は微塵も感じず、アイドリングストップからのスタートも滑らか、4気筒なのに雑音を発しず、滑らかに回転するエンジン、停止時もヒューンという音と共に、滑らかに停止します。
発信から停止まで、良くできた車だといまだに関心してしまいます。

シンプルですが、安っぽさはありません。丁寧に作られてる感じがします。
このクラスでは後席も広いです。長距離ドライブも大人4人で大丈夫です。

国産車もプラットフォームを開発し直して良い車を作り始めてきており、各社試乗してそれなりに惹かれていましたが、ゴルフの成熟さは別格でした。
一度はCセグのベンチマークとはどんなものかと思っていましたが、ゴルフ恐るべしだと感じながら乗っています。

vw_05

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/golf/

出展:http://review.kakaku.com/review/70101610257/

ザ・ビートル

新しいのにどこかクラシカルなビートルは見ていて飽きることがありません。

走行性能、安全性能については最新のテクノロジーを搭載、初代ビートルをつくらせたヒットラーが知ったらびっくりするでしょう。

最小回転半径は5mと小さく見えても、小回りはあまり効きません。

車幅1815mmのおかげで室内は広々としています。

ビートルに乗る人は何と言ってもデザインが気に入ってという理由での購入が多いですが、走行面などでも、口コミでよく評価されていますね。

vw_06

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/beetle/price.asp

足回りはドイツ車らしいしっかりした乗り心地を感じさせると同時に、快適な乗り心地も確保されている。

スポーツ走行を楽しむより、デザインや雰囲気を楽しむクルマだから、快適性重視の味付けが妥当といえる。

低速(1と2及び後退)でのもたつきはありますが、中速での加速性や高速での安定性は良いです。

特にシフトチェンジは全く気になりません。
運転し易い車だと思います。

vw_07

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/beetle/price.asp

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000319111/


スポンサーリンク

フォルクスワーゲンハッチバックのスペック比較

燃費

■アップ……22.0km/L

■ポロ……21.5~22.2km/L

■ゴルフ……18.1~19.1km/L

■ザ・ビートル……13.4~17.6km/L

ボディサイズ

■アップ……3610×1650×1495mm

■ポロ……3995×1685×1460mm

■ゴルフ……4265×1800×1480mm

■ザ・ビートル……4285×1815×1495mm

vw_08

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/golf/

エンジン

■アップ……999cc:930kg

・55(75ps)/6,200

・95(9.7kgm)/3,000‐4,300

■ポロ……1197cc:1130kg

・66(90ps)/4,400‐5,400

・160(16.3kgm)/1,400‐3,500

■ゴルフ……1197cc:1240kg

・77(105ps)/4,500-5,500

・175(17.8kgm)/1,400-4,000

■ザ・ビートル……1197cc:1300kg

・77(105ps)/5,000

・175(17.8kgm)/1,500-4,100

vw_09

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/beetle/


スポンサーリンク

フォルクスワーゲンハッチバックの価格比較

●up!シリーズ

move up!2ドア……1,587,000円

move up!4ドア……1,787,000円

high up!4ドア……1,938,000円

up with beats 2ドア……1,723,000円

up with beats 4ドア……1,923,000円

roof up……2,049,000円

cross up……2,079,000円

●poloシリーズ

polo TSI Trendline……1,999,000円

polo TSI Comfortline……2,269,000円

polo TSI Comfortline Meister……2,449,000円

polo TSI Highline……2,589,000円

polo TSI Highline Meister……2,689,000円

Cross polo……2,799,000円

polo BlueGT……2,899,000円

●golfシリーズ

golf TSI Trendline……2,499,000円

golf TSI Comfortline……2,799,000円

golf TSI Highline……3,259,000円

golf GTI (M/T)……3,899,000円

golf GTI (DSG)……3,999,000円

golf R (M/T)……5,499,000円

golf R (DSG)……5,599,000円

●the beetleシリーズ

The beetle Base……2,349,000円

The beetle Design……2,699,000円

The beetle R-Line……2,945,000円

The beetle2.0 R-Line……3,459,000円

The beetle Dune…..3,269,000円

vw_10

引用:https://www.yanase.co.jp/vw/lineup/beetle/dune.asp


スポンサーリンク

フォルクスワーゲンハッチバックの比較まとめ

フォルクスワーゲンの特徴としてはグレード設定がとても多いことがあげられます。

百人百様の好みを網羅しているからこそ、多くの台数が売れているのでしょう。

フォルクスワーゲンでは2025年までには生産をEVにシフトして中国やヨーロッパで100万台販売する目標を掲げています。

それを可能にするのが一晩で22kwを充電する技術的な裏付けなのだそうですが、日本(トヨタ)ではむしろ、燃料電池自動車の開発の方が容易だと言っています。

いずれにしても10年後にはガソリン車がほとんどなくなっているのかも知れませんね。

フォルクスワーゲンは年内にも「e-ゴルフ」を投入し、新たな販路を広げていく方針で、電気自動車化に積極的に邁進するということです。

Cセグメントのスタンダード、VWのハッチバックをお得に購入する方法はこちら!

→ VWのハッチバックを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク