新型クラウンアスリート ハイブリッド 燃費まとめ!

走行2

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型クラウンアスリート ハイブリッドの燃費情報が公開されています。

こちらでは新型クラウンアスリート ハイブリッドの燃費に関するデータをグレード別にご紹介します。

ハイブリッド車は年々増加していますが、実際には自動車メーカーごとにその仕組み、採用方法が違います。トヨタはエンジンとモーターをダイレクトにつなぐ仕組みを採用していますが、ホンダでは3種類のシステムを持ち、車種ごとに採用方法を変えています。

これに対し、日産は2つのクラッチをエンジンとモーターとの間に挟む方法を採用。その違いは動力性能にも大きな影響を与えます。

燃費向上や静音効果に目が奪われがちなハイブリッドですが、クラウンの場合はトヨタの「高級ハイブリッド」の中でも大変意欲的な走りが特徴。

燃費もよく走りもいい「クラウンアスリート」の実力を公開していきましょう。


スポンサーリンク

アスリートハイブリッドの燃費はどうか?

2008_Toyota_Crown-Royal_01[1]
引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1a/2008_Toyota_Crown-Royal_01.jpg

046_o[1]

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1293912/046_o.jpg

アスリートハイブリッドは、ハイブリッド専用2.5ℓエンジンt搭載で、直列4気筒。

『6気筒エンジンがクラウンの正統!』という方の中には、少々がっかりする見方もあるそうですが、エンジン配列はFRの理想的な縦置きであり、エンジンそのものは、シリンダー内の空気の圧縮比率を高めるために、吸気弁と排気弁の工夫が凝らされています。

その結果、FRセダンであるアスリートハイブリッドの燃費は 23.2km/ℓ(JC08モード) と、この15年で 10km/ℓ 以上もの向上を遂げています。

また、4WDセダンでは、21.0km/ℓ (車両重量1,760kgの場合。1,770kgに増える「オプション仕様」では19km/ℓ)と、20km/ℓ台をキープしています。

JC08モードは現在、乗用車が型式認証を受けるために必須条件であり、8kmにも及ぶ走行テストを行う厳密な検査です。

実際には道路を走らせるのではなく、試験場内のローラー上でプロドライバーが走らせるもので、数多くの負荷を人工的にかけて行います。


スポンサーリンク

ハイブリッドアスリートが人気な理由は「燃費」?

4905083051535_3[1]

引用:http://www.aoshima-bk.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/04/4905083051535_3.jpgcrsm0000000000[1]引用:http://221616.com/corism/articles/0000102543/crsm0000000000.jpg

ハイブリッド車が世界中で開発されています。特に、ディーゼルエンジン全盛の欧州でも、メルセデス・ベンツが2016年1月に「Cクラス」にプラグインハイブリッド車をラインナップさせました。

C350eアヴァンギャルド というネーミングのセダンとステーションワゴンの2種、価格は707万円(税込み)~と 728万円(同じ)~。

同じCクラスの180アヴァンギャルドが 476万円 であり、あまりにも価格差が大きいことから、人気のほどは不明ですが、2ℓエンジンとバッテリーで、JC08モードの燃費はセダンが17.2km/L、ステーションワゴンが16.5km/L。

これは意外に燃費が低い。

確かに、ハイブリッドシステムを使うとはいっても、プラグインハイブリッドの場合は、蓄電池の容量を増やすことにより、モーターでの走行距離を伸ばす意味があるので、ガソリンエンジンだけの燃費はそれほどでもないのが、メルセデス・ベンツの考え方なのです。

では、クラウンアスリートの場合はどうでしょうか?

クラウンシリーズは、紛れもない高級車ブランドであり、マジェスタ・ロイヤル、アスリートと、その全長全幅はほぼ同じです。

ですが、メルセデス・ベンツCクラスのプラグインハイブリッドと決定的に違うことは、ハイブリッドのシステムが「完成」しているトヨタと、試行段階のメルセデス・ベンツの差にあります。

つまり、燃費がいいのは問題なく、これに滑らかな走りが付け加わるため、クラウンアスリートハイブリッドの人気は高いのです。


スポンサーリンク

トヨタのハイブリッドに採用、アトキンソンサイクルエンジンとは?

 

toyota-mirai[1]

引用:https://web-at.jp/wp-content/uploads/2015/02/toyota-mirai.png

20150510-00000005-wordleaf-0c28c029e25da97fc627025897c08a7f2[1]

引用:https://wordleaf.c.yimg.jp/wordleaf/thepage/images/20150510-00000005-wordleaf/20150510-00000005-wordleaf-0c28c029e25da97fc627025897c08a7f2.jpg

1997年12月、世界発量産ハイブリッド自動車がデビュー。

「初代プリウス」は、その後のトヨタのハイブリッドシステムの基本となる「アトキンソンサイクル」によるガソリンエンジンとモーターのハイブリッドでした。

驚くべきは、2001年に「マイルドハイブリッドシステム」を世界で初めて採用した 3ℓエンジン をクラウンロイヤルに設定。

ここで、アトキンソンサイクルのおさらいをしておきます。

そもそもアトキンソンサイクルエンジンとは「シリンダー」と呼ばれる金属で囲まれた部屋の空気をピストンで圧縮し、ガソリンを噴射して電気プラグから点火する、いわゆる爆発力を「より効果的に」行うエンジンのひとつ。

ピストンはシリンダー内で上下に動きますが、その際の空気の圧縮と膨張を「効率的」に行うため、ピストンの動きに加え、吸気排気のリズム感を変化させる方法を取ります。

つまり、理論でいう「アトキンソンサイクル」から、トヨタ独自の燃費向上エンジンへと進化しているのです。


スポンサーリンク

マイルドハイブリッドシステムを搭載したクラウンの「勝算」

Toyota-UK-50-Years-03[1]

引用:http://www.otoblitzclassic.com/images/articles/2015/07/24/Toyota-UK-50-Years-03.jp

04_px240[1]
引用:http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130211/1047416/04_px240.jpg

ハイブリッドシステムは「エンジン」と「モーター」の掛け合わせを指しますが、これはいったい何が「マイルド」なのでしょう?

2001年に「クラウンロイヤルサルーン」に搭載されたマイルドハイブリッドシステムとは、2016年現在のクラウンアスリートに搭載されるハイブリッドシステムとは全く異なります。

3ℓエンジンがアクセル始動時から高速回転時にかけて回り続け、エンジンが唯一の動力源となります。

では、搭載されるモーターの役回りはなんでしょうか?

これは停車時に「アイドリングストップ」を自動的に行い、エンジンストップ時にもエアコンやライトをつけっぱなしでも電源が落ちないように「12Vバッテリー」と「36Vの二次バッテリー」を搭載しています。

ちなみに、このモデルの燃費は13km/ℓ。

ガソリンエンジンモデルが11km/ℓ(10・15モード)ですので、15%程度の燃費向上が見込まれました。

マイルドハイブリッドの最大の勝算は「アイドリング時の静粛感」を体験したユーザーが、その価値を見出したことだったのです。

同じ車格の輸入車のライバルたちと比べても、その燃費の良さ、走りの良さはさすがはクラウン、というところですね。

日本の高級車クラウンとはいえ、値引き交渉に躊躇する必要はありません。

新型クラウンアスリートハイブリッドの値引きの方法については、

「新型クラウンアスリートハイブリッド 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしていだだき、燃費も走りも優秀なクラウンアスリートハイブリッドを、お得に賢く購入しましょう。

ライバル車との比較では、アスリートは勝っているのか?

01[1]

引用:http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/584/305/01.jpg

201602241247466ed[1]

引用:http://blog-imgs-90.fc2.com/e/t/h/ethicallifehack/201602241247466ed.jpg

クラウンアスリートハイブリッドとの直接対決。

それにはスペックの似たライバル車が必要ですが、日産の「スカイライン350GTハイブリッド」の場合は、3.5ℓエンジンであり、一番軽い車重の「350GT ハイブリッド」と「350GT ハイブリッド Type-P」でも 1,770kg あります。

燃費は17.8km/ℓ。V型6気筒FRという、クラウンアスリートがスポーツマインドを持った高級車とは言っても、日産スカイラインのエンジンよりもダウンサイジングなのは、スペックが物語っています。

つまり、ここが重要なところなのですが、4気筒・2ℓエンジンのクラウンは、燃費は良いとしても、本当にクラウンの走りを見せてくれるのか?

この答えを出したのが、2016年のクラウンアスリートハイブリッドであり、その加速力は驚異的、と言っても過言ではありません。

車重を軽くすることは、軽快な走りに寄与し、燃費を向上させます。

そして、トルクと高速の伸びという二律背反の条件をハイブリッドで「解決」し、クラウンというブランドに搭載していることが、大変なことであり、プライスもお得感が強い商品になっているのです。

新型クラウンアスリート ハイブリッドのおススメ動画


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう