新型S660 価格・値段をグレード別に紹介!

18

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型S660の価格・値段が公開されています。

こちらでは2017年の新型S660の価格・値段をグレード別にまとめました。価格の違いについてもご紹介しています。

price

引用:https://2016.life/honda-s660


スポンサーリンク

2017年 新型S660 価格・値段一覧

グレード名:ブルーノレザーセレクション

6MT・CVT

価格: 228万円

グレード名:α

6MT・CVT

価格: 218万円

グレード名:β

6MT・CVT

価格: 198万円
price_10

引用:https://www.mandm-honda.com/mm-honda-s660-2/


スポンサーリンク

価格の違いについて

最も安価なグレードであるβは、必要最低限の装備に抑えることで純粋に走る楽しさを追求できるモデルといえます。

αは内装が豪華になりステアリングも革巻きとなります。

特別仕様車ブルーノレザーセレクションではさらに内外装ともに特別記念仕様車にふさわしい豪華装備が備わっています。

また、それぞれのグレードによって、選択可能なボディカラーにも違いがあります。

<グレード別ボディカラー設定>

■α

・プレミアムスター・ホワイトパール(オプション32,400円)

・アドミラルグレー・メタリック

・プレミアムミスティックナイト・パール(オプション32,400円)

・プレミアムビーチブルー・パール(オプション32,400円)

・カーニバルイエローⅡ

・フレームレッド

■β

・プレミアムスター・ホワイトパール(オプション32,400円)

・アドミラルグレー・メタリック

・プレミアムミスティックナイト・パール(オプション32,400円)

■ブルーノレザーエディション

・プレミアムスター・ホワイトパール(オプション32,400円)

・アドミラルグレー・メタリック

・ベルベットマルーン・メタリック

トランスミッションによって価格が変わる車種が多い中で、6MTでもCVTでも同じ価格というのも注目点です。

なお、グレードによってエコカー減税の割合や、自動車取得税、重量税、翌年の自動車税などがかわってきます。

price_02

引用:https://2016.life/honda-s660


スポンサーリンク

S660についての口コミ

198万円~228万円と諸費用やオプションを付けていくと250万円以上にもなるS660の価格ですが、軽自動車だと考えるととても高いです。

このクルマの魅力を知っている人でなければ、当然購入の選択肢には入らないでしょう。

軽自動車規格でオープンカーという特徴を差し引いたとしても、やはり高額だと感じてしまうのですが、実際に購入に至った方たちは、S660の価格についてどのように思っているのでしょうか。

口コミなどから見ていきたいと思います。

軽量ミドシップの良さは歴然。

峠でクルクル、街中スイスイ。

車高が低くてスピード感あるので飛ばさなくても楽しめますね。

高いけど、高級バイクみたいなモンでは?

街乗りではトルクがあって使いやすいですが、スポーツカーとしての加速性能はイマイチです。

アクセル全開の信号発進では知らないおばさんのプリウスに一瞬抜かれた経験があります…

(価格については)人それぞれですが、エンジン以外を考えると適当ではないでしょうか。

price_03

引用:https://2016.life/honda-s660

他の軽ターボ乗用車でもオプション次第では200万円を超えますから、安いと思います。
専用シャーシで、なおかつ少量?生産ですから、よくもこの価格に抑えられたものだと思います。

車体価格もさることながら、自動車税や任意保険等、軽規格ですからランニングコストが安いことも美点です。

楽しい車です。
自分好みに変えていけるので、気に入らない点は、変えていけばいいと思います。

安くはないけど 適正では、

300万以内なら買っていると思います。

price_04

引用:https://2016.life/honda-s660

自分の車歴の中では、楽しさは

ビート>>>>シビック(EG)>>S660>>ミニカ・ダンガンZZ4>>>>>ロードスター(NB)。

使い勝手を含めれば、

シビック>ビート>S660>ミニカ・ダンガンZZ4>>>ロードスターとい感じになる。

(価格については)高いよ。

ただ、他に小さいミッドシップが無いので選択肢が無い。

車高調・マフラー・ホイール・エアクリを交換した直後から、コーナーはメッチャ速くとっても乗るのが楽しくなりました。

この車は試乗程度では、能力が解らないとと思います。

シフトノブとクイックシフターを無限製に交換してますが、とてもいいです。
気持ちがいいぐらいチェンジが楽しめます。

よくこの価格で出せたと思います。

price_05

引用:https://2016.life/honda-s660

それなりに高いです。

バックオーダーもあり販売も値引きなどほとんどしませんので。

ただしそのへんの軽自動車、普通車問わず一般的な乗用車では味わえない非日常感と喜びは感じられます。

毎日の通勤や移動に感動と喜びを与えてくれる存在ですね。

プライスレスですよ。

買ってよかった車です。

FFやAWDしか乗ったことない人は、乗ってみると良いと思います。

車の楽しさ、運転する楽しさが解ります。

車ってただの移動手段じゃないんだなって、自分は再認識しました!

高いか安いかと言われると高いですが、お値段以上それ以上のパフォーマンスを自分は感じています。

20年以上は乗りたいな~

price_06

引用:https://2016.life/honda-s660

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000764436/Page=2/#tab


スポンサーリンク

新型S660  価格まとめ

軽自動車にしては高いと思っていたのですが、オーナーたちの満足度の高さには驚きを隠せません。

「プライスレス」とまで言われているのですから、好きな人にとってはたまらない魅力が詰まったクルマなのでしょう。

S660については、これまで見てきた口コミで感じたのが、車両価格より改造というか部品交換などで随分とお金をかけている人が多いのではないかということです。

price_07

引用:https://2016.life/honda-s660

購入に際しても、最初から「無限」でのドレスアップありきで、見積もりを取るオーナーが多く見受けられました。

そんなS660をとらえるにあたってクルマを「趣味」だと考えると理解できるような気がします。

よくよく考えてみると確かに気になるフレーズがいくつも見つかります・・・

●ステアリングを切った瞬間に、ノーズがすっと入るあの感じたまらない

●車ってただの移動手段じゃないんだ

●リア斜め45度からしゃがんでみる感じかな。一時間は眺めていられる

●ただ楽しくて無駄に遠回りするからガソリン代が・・・

●実用性はほぼゼロ…判子取り出しますわ。

●ノーマルは顔がスッキリしてみえるので、モデューロの方が好み。

●不便さをどうしてクリアするかを考える

●オプション、マフラーを含めると330万以上となりましたが、維持費を含め安い

これらの表現は一般的にクルマに対してというより、明らかに趣味に対するコメントですよね。

実用性はゼロで、1時間は眺めていられる、移動手段じゃない・・・

とてもクルマに対して語られたコメントとはいいづらいです。

price_08

引用:https://www.mandm-honda.com/mm-honda-s660-2/

出展:http://review.kakaku.com/review/K0000764436/Page=2/#tab

だから、オーナーたちはS660に対して「高い」と思うどころが安いとすら感じているのです。

こんなクルマ、昔は多かったのかも知れませんが、今となってはめずらしい稀有な存在じゃないでしょうか。

こんな言い方をすれば語弊があるかも知れませんが、「男のロマン」的なにおいがプンプンしてくるクルマです。

この記事を読んでくださっている方も、おそらくクルマに求めるものを忘れていないのだと思います。

price_09

引用:https://www.mandm-honda.com/mm-honda-s660-2/

だからこそ、S660、その存在は貴重です。

奥さんを必死で説得した人、リタイアしたらS660の助手席に荷物を積み込んで日本1周をするという人、印象に残る口コミがいくつもありました。

使えない不便なクルマだからこそ、無限の楽しさや夢が詰まっているのでしょう。

新型S660の値引きの方法については、

「新型S660 値引き術!」で詳しく解説しています。

ぜひ参考に、お得にS660を購入して下さい。

【S660】のおススメ動画はこちら!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう