ノア/ヴォクシー/エスクァイアがマイナーチェンジ!

特集!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



トヨタノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟が2017年7月マイナーチェンジを行いました。

ファミリーカーの代表である5ナンバーミニバン3車種についてマイナーチェンジの内容をご紹介していきたいと思います。

noah_01

引用:http://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior


スポンサーリンク

トヨタノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジ

一番大きく変更されたのはフロントグリル。

メッキパネルが追加され力強い印象となっています。

アルファード・ヴェルファイアの流れを受け継いだといった感じです。

インテリアについてもパネル加飾などによる高級感アップが図られています。

ラインナップとしてのコンセプトは変わらず、上品なノア、スポーティなヴォクシー、高級志向のエスクァイアという位置づけです。

noah_02

引用:http://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

【ノア&ヴォクシーの変更点】

■フロントグリル・ヘッドライトのデザインを変更

■アルミホイールのデザインを変更

■インテリアのカラーコーディネイトの変更

■新色の追加(イナズマスパーキングブラックガラスフレーク)

■クルーズコントロール採用

■センターコンソールボックス採用

■USB端子の採用

■グレードの廃止

(XVパッケージ・XCパッケージ・W×B・G’s)

noah_03

引用:http://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

【エスクァイアの変更点】

■フロントグリルの大型化、メッキ追加

■リアコンビランプデザイン変更

■アルミホイールデザイン変更

■LEDフォグランプの全車標準装備

■新色追加

(ブラッキッシュアゲハガラスフレーク・アバンギャルドブロンズメタリック)

■グレード追加

(Gi Premium Package)

最上級グレードの追加により、さらにノア・ヴォクシーに比べて高級感が高められています。

・専用シート

・LEDコーナリングランプ

・自動防眩ミラー

・インテリアパネルに加飾追加

noah_04

引用:http://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior


スポンサーリンク

ノア・ヴォクシー・エスクァイアの燃費

今回のマイナーチェンジではパワートレインの変更はなく、燃費は変化しませんでした。

ノア・ヴォクシー・エスクァイア共にハイブリッドが2ZR-FXE1.8L、ガソリン車が3ZR-FAE2.0L、レギュラーガソリン仕様。

■ハイブリッド……23.8km/L

■ガソリン車……16.0km/L

4WDは14.8km/L

今年中にはホンダステップワゴンのハイブリッド27km/L、日産セレナe-POWER25km/Lが発売されることになっていますので燃費の面ではライバルに完全に負けてしまうことになります。

せっかくのモデルチェンジでしたので、何とかならなかったのかとも思います。

早期の新型ハイブリッドの搭載が急がれる状況だといえるでしょう。

これら3車種にとって燃費向上が一番の課題となっています。

noah_05

引用:http://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior


スポンサーリンク

なぜTOYOTA Safty Sense C?

もちろんコスト面などでの事情があるのは察するのですが、家族が乗るクルマだけにTOYOTA Safty Sense Pの搭載が先延ばしにされてしまったことは、つくづく残念です。

今では軽自動車までハイグレードな自動ブレーキを採用しているというのに「なぜ?」といった疑問は消えません。

自動ブレーキシステムを導入するには大幅な改良が必要となり、車両本体価格に跳ね返ってくるわけですが、せめてオプションで選択できるようにならなかったのでしょうか。

noah_06

引用:http://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

口コミでは賛否両論となっているようです。

この車は、高級路線を標榜していたと思いますが、先端装備は廉価版のCのみ。

技術的な問題があるのかもしれませんが、せめてセーフティセンスPをオプションで選択できるようにして欲しいですね。

安全装備を小出しにして、より高級車に誘導しようとする姿勢ととられても仕方ないかと思います。

その他の面では商品の魅力があるだけに、残念です。

noah_07

引用:http://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_top_exterior

安全装備を出し惜しみしても、他社よりよく売れるので、会社としても当分路線変更は望めないでしょうかね。

トヨタだからこそ安全に対する事は差を付けてほしく無かったと思うのは私だけですかね?。

noah_08

引用:http://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

標準をどちらにするかはメーカーが決めてオプションで選ばして欲しいですね。

無理な装備もあると思いますが可能な限りそうして欲しいです。

トヨタが高性能な自動ブレーキに消極的な理由・・・

新型ではない車にコストをかけるのがトヨタの社風に合わないというのもあると思いますが、ここを見ることもない大多数のトヨタユーザーは、数万円のアップでも見た目の変わらないオプションは付けたがらないようです。

一昔前は最先端の部品をてんこ盛り付けてたクラウンですら、セーフティセンスPは設定されていないのが、それを表しているでしょう。

noah_09

引用:http://toyota.jp/noah/interior/?padid=ag341_from_noah_navi_interior

セーフティセンスPのプリウスはホイールを替えると動作を保証していないので多くのミニバンユーザーがホイールを替える傾向があるので数が出ないと思ってもいるのでしょう。

CとPの差をコストと勘違いしてる人が多いですね。
コストじゃなく、搭載スペースの差です。

Cは単一ユニットで非常にコンパクトなので、元々搭載スペースの無かった既存車種のマイナーチェンジで取り付ける為の物です。

そんなにセーフティーPが欲しければ、FMCまで待つべきでしょう。

noah_10

引用:http://toyota.jp/voxy/interior/?padid=ag341_from_voxy_navi_interior

出展:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000710767/SortID=19460744/

なるほどな意見ばかりでした。

確かにノア・ヴォクシー・エスクァイアのユーザーはTOYOTA Safty Sense Pではないから、購入をやめるといったことはなさそうです。

確実にフルモデルチェンジまで待つでしょう。

あらためてTOYOTA Safty Sense PとCでは何が違うのかというと……

noah_11

引用:http://car-moby.jp/216526#c9

TOYOTA Safty Sense PはCよりレーダーの性能が優れているため、歩行者の検知ができるので、同じ自動ブレーキでも全く違う機能だといってもいいくらいです。

また自動ブレーキの対応速度域がPでは最高速まで対応するのに対して、Cでは80km/h以下となっています。


スポンサーリンク

トヨタノア・ヴォクシー・エスクァイア価格

【ノア・ヴォクシー】

<ガソリン車>
X 8人乗り……2,466,720円
X 7人乗り……2,496,960円

G(V) 8人乗り……2,756,160円
G(V) 7人乗り……2,786,400円

Si(ZS) 8人乗り……2,745,360円
Si(ZS) 7人乗り……2,775,600円

<ハイブリッド車>
X……301万4,280円
G(V)……3,142,800円
Si(ZS)……3,269,160円

【エスクァイア】

<ガソリン車>
Xi(8人乗り))……2,675,160円
Xi(7人乗り))……2,705,400円

Gi(8人乗り))……2,892,240円
Gi(7人乗り))……2,922,480円

Gi Premium Package(7人乗り))……2,980,800円

<ハイブリッド車>
Xi)……3,151,440円
Gi)……3,300,480円
Gi Premium Package)……3,358,800円

↓愛車を高く売って新車を安く買おう↓

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク