新型WRX STI エコカー減税他自動車税まとめ!(2016年C型)

photo8

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型WRX STIのエコカー減税情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型WRX STIのエコカー減税や、その他自動車税に関する情報をまとめました。

WRXは公道レース車両!だから、エコなんて関係ない……結論から申し上げればその通り。

でも、2Lエンジンで308馬力、それで9km/Lは立派なもんじゃありませんか?

一昔前なら、6キロほど走れば御の字というようなモンスターマシン。

もっと驚きは、重量税もお安いこと。1,500kg未満ですから、初回購入時だけの税金はこの程度。

スポーツマシンを購入するなら700万円から800万円は軽く超えるスペックのWRX STI。

税額以外の部分を確かめるためにも、どうぞお読みください!!


スポンサーリンク

WRX STIの重量税・取得税・自動車税

2015-subaru-wrx-fd1

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/adam/a651b6e6ddf6075a0678b4958b252e51/2015-subaru-wrx-fd.jpg

走るだけに生まれてきたマシンは数多い中、本当に荷物の積載や後席の快適性などは完全に「セダン仕様」だけと記載されているWRXのカタログ。

5人乗りでスパ~んとターボチャージャーの過給機音が小刻みに吐き出されるのも、慣れてしまえば気持ちいいもの。

とはいえ、後ろからクラウンアスリートの覆面パトカーが付けてきたら、ゆっくり走るしかありませんね…

■STI(5人乗り)

メーカー希望小売価格………3,790,800円(消費税込)

自動車重量税……………36,900円

自動車取得税……………約94,700円

自動車税…………………約39,500円
登録翌年度

aem-subaru11

引用:http://www.aemintakes.com/images/press/AEM-Subaru1.jpg

■STI(5人乗り)メーカーオプション装着

メーカー希望小売価格………3,963,600円(消費税込)

自動車重量税……………36,900円

自動車取得税……………約99,000円

自動車税…………………約39,500円
登録翌年度

subaru-wrx-sti-isle-of-man-21

引用:http://gtspirit.com/wp-content/uploads/2016/06/Subaru-WRX-STI-Isle-of-Man-2.jpg

■STI Type S(5人乗り)

メーカー希望小売価格………4,114,800円(消費税込)

自動車重量税……………36,900円

自動車取得税……………約102,800円

自動車税…………………約39,500円
登録翌年度

subaru-wrx-sti-11

引用:http://gtspirit.com/wp-content/uploads/2016/04/Subaru-WRX-STI-1.jpg

■STI Type S(5人乗り)メーカーオプション装着

メーカー希望小売価格………4,255,200円(消費税込)

自動車重量税……………36,900円

自動車取得税……………約106,300円

自動車税…………………約39,500円
登録翌年度


スポンサーリンク

WRX STIはエコカー減税非対象

a-wrxsti_canada_winter1

引用:http://www.torquenews.com/sites/default/files/image-1084/a-wrxsti_canada_winter.jpg

世界最速コンパクトスポーツ……というには、車幅もワイドになり(1,795mm)、車重もそこそこ(1,490kg)になったことから、日本国内では「もはや前時代的なマニュアル車じゃないか!」などと主張する方も見受けられます。

エコカー減税対象車じゃない車は、車ではない…こういった考え方も確かにあるでしょう。

でも、WRX STIは決してエコカー減税対象ではない、と言い切れるでしょうか?

確かに国土交通省の決め事の範囲外にある車なのは確か。

燃費も9.4km/L、2L の水平対向4発DOHC。

まるで古典的といわれるとそれまでですが、もはや水平対向エンジンはスバルとポルシェしか搭載していません。

それも、ポルシェですら、V型エンジンをカイエンを始めパナメーラなどで採用、気が付くと911だけが水平対向シフトです。

考えればリアエンジンに特化していますが…ただ、この事実だけでアンシャンレジームというのは残念。

先進的な安全システムは完備しているのですから、それだけでも経済的というべきなのですが。

lead4-2015-subaru-wrx-fd1

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/adam/3db8861280398dfede77806abacb2d80/lead4-2015-subaru-wrx-fd.jpg

→ 新型WRX STIを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

中でもフィンランドでの熱狂ぶりは凄い

fde41de21

引用:http://livedoor.blogimg.jp/tamasablow/imgs/f/d/fde41de2.jpg

スカンジナビア半島最強のラリー王国フィンランド。

隣国にはスウェーデン、といえばボルボが有名ですから、みんながV40か、思いきやそうではありません。

なんせボルボはお高い車ですから、欧州でもなかなかおいそれとは買える車ではないのです。

そこに行けば、やはりスバルはコストパフォーマンスが高いことで有名。

価格も安く、ハイパフォーマンス、そして小型ボディということで、シャーシ上のエンジン、トランスミッションなど、配列よく並べられています。

これだけ美しいレイアウトはなかなかない、それが欧州でのスバルへの見方。

クルマはどの国でもしっかりと整備されなければ、ただの趣味で終わってしまいます。

ですが、スバルは代々のWRXがしっかりと生き残っている。

それだけ整備のしやすさも有名です。

これこそがエコ本命と言われているだけはあります。

subaru-wrx-sti-s207-special-limited-edition31

引用:http://gtspirit.com/wp-content/uploads/2015/10/Subaru-WRX-STI-S207-Special-Limited-Edition3.jpg

やはり垂涎の的S207。328馬力、7200rpmはモンスターマシンでなければ味わえません。

が、全長わずか4,595mmの小型ボディで一気にレッドゾーン…これは、森林地帯を走り抜ける草レースが盛んな北欧ならば、誰でも欲しいエンジンでしょう。

零下40度という中でもオイルがしっかりとシリンダーを守り、軽量化されても雪上を転がり落ちることはありません。

それは、低重心の安定性もありますが、エンジンレイアウトの良さが編み出しています。

今では水平対向エンジンはブランド!と言い切る方がいますが、そうでしょうか?

ボクサーとは、競技ボクサー同様相手に正面からパンチを浴びせるもの。

お互いが打ち合うことで、力は真ん中で消されていきます。

つまり、中央に中央に…と力が集まっていきます。

これとは逆に、車輪は常に転がり続ける中で、四方へと逃げようとしていくもの。

直進安定性が非常に難しいのはこのせいです。

車のバランスは走っている車輪とシリンダーの上下運動という相いれないものの重なり合いです。

これこそが、WRXの神髄。

力をうまく交わしながら走行性を高める…これこそが力のエコともいうべき力学なのです。

s-l10001

引用:http://i.ebayimg.com/images/i/371409347405-0-1/s-l1000.jpg

何気ないWRX STIの動画。ですが、ここにもやはり力をそぎ落とした走りが伺えます。

ぜひこの車の一部をご覧ください!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう