新型WRX STI オプションまとめ!(2016年C型)

photo1

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2016年の新型WRX STIのオプションの情報が公開されています。

こちらでは2016年の新型WRX STIにはどのようなオプションがあるかなどをご紹介しています。

憧れのWRX STI。

標準装備でほとんどついていますが、メーカーオプションもこれ以上ない、という位かっこいいものばかりです。まとめてみましょう。(オプション設定は、Type Sを基本にしています)


スポンサーリンク

パワーシート

gtop_sti-s_int1

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/grade/grade.html#grade2

gtop_sti-s_fab1

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/grade/grade.html#grade2

■本革シート&パワーシート……本革シート(レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)(運転席10ウェイ&助手席8ウェイパワーシート、アクセスキー対応運転席シート ポジションメモリー機能、フロントシートヒーター付)

・本革シートはシートの側面と背面及びヘッドレストなどに合成皮革を使用しています。


スポンサーリンク

アドバンストセイフティパッケージ

p0p

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/safety/advancedsafety.html

スバルの安全装備は《アイサイト》だけではありません。

オプション設定の予防安全機能をご紹介します。

■ハイビームアシスト……フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替え。

より明るく安全な夜間視界を確保する。

・約40km/h以上で夜間走行している時、前方に車両がいない場合はハイビームで走行。

対向車や先行車を検知した場合や、市街地走行とシステムが判断した時は、自動的にロービームに切り替える。

■スバルリヤビークルディテクション……車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知。

ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促す。

■サイドビューモニター……助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をマルチファンクションディスプレイに表示。

ドライバーからは死角となる自車の左前方の様子を確認できる。

・狭い道でのすれ違いのほか、道路端への幅寄せ駐車、壁直前での駐車、狭い道への進入などを、より安心して行うことができる。

■自動防眩ルームミラー……周囲の光や後続車のライトの眩しさを自動的に軽減する。

popp

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/grade/grade.html#grade2

→ 新型WRX STIを値引きから更に50万円安く買う方法!


スポンサーリンク

4,114,800円(Type S)オプションなし

joj

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/grade/grade.html#grade2

■標準設定……BBS製18インチ鍛造アルミホイール(ハイラスター塗装)マルチインフォメーションディスプレイ付レッドルミネセントメーター、マルチファンクションディスプレイ、キーレスアクセス&プッシュスタート本革巻ステアリングホイー(メッキベゼル+レッドステッチ)、左右独立温度調整機能付フルオートエアコン

oioo

引用:http://www.subaru.jp/wrx/sti/grade/grade.html#grade2

■標準設定……大型リヤスポイラー、ビルシュタイン製ダンパー(STIはカヤバ製)

STI Type Sにあって、STIにはないもの →→→ それが、このリヤスポイラー。

今どきこれだけ派手なスポイラーもなかなかない。

ちなみに、リヤスポはしっかり備わっているのは、この車↓ただし、セダンではない

point_011

引用:http://www2.nissan.co.jp/GT-R/

ついでに、これも見ておこう

11

引用:http://www.m2-hanbai.com/new-m2-hp/aero/gt-wing/kaisetu/1.jpg

■あのレクサスにもリヤスポイラーを付けている実車があった…………………

llp

引用:http://www.iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggj.oOzxBl9laRxCBbS0EHuQ—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-10143567805

4,179,600円(Type S)オプション1

■ウェルカムライティング、サテンメッキドアミラー、運転席10ウェイパワーシート

……64,800円のオプション費用

4,255,250円(Type S)オプション2

■ウェルカムライティング、サテンメッキドアミラー、運転席10ウェイパワーシート、本革シート

……140,400円のオプション費用

4,255,250円(Type S)オプション3

■ウェルカムライティング、サテンメッキドアミラー、運転席10ウェイパワーシート、アドバンストセイフティパッケージ

……140,400円のオプション費用

★★★★★★アドバンストセイフティパッケージ=本革シート。

市街地をトロトロ走らなければならない場合、セイフティパッケージはあったほうがいいかも。

本革シートも欲しいならば、思い切ってオプション4へ!!

4,330,800円(Type S)オプション4

■ウェルカムライティング、サテンメッキドアミラー、運転席10ウェイパワーシート、アドバンストセイフティパッケージ、本革シート

……216,000円のオプション費用

d0037092_141223901

引用:http://pds.exblog.jp/pds/1/201409/03/92/d0037092_14122390.jpg

かっこいいぞ!アクセサリー一覧

012_o1

引用:http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2736055/012_o.jpg

↑左 STIフロントアンダースポイラー………48,600円

↑右 STIサイドアンダースポイラー…………68,040円

98

↑左 STIリヤサイドアンダースポイラー………44,280円

↑右 STIリヤアンダースポイラー………………46,440円・リヤサイドまで含め下回り全周にレイアウトされたアンダースポイラーが、車体下面の負圧を維持しダウンフォースを向上。

車両同時開発や風洞実験など、ワークスファクトリーならではのアプローチが実現した車体トータルの空力安定性は、ハイウェイやセカンダリーロードで誰もが実感できるレベルに達する。

↑左 STIスカートリップ………15,120円

↑右 STIフレキシブルタワーバー………………35,640円・タワーバー中央は関節のようにリングボールでジョイントされ、横剛性を高めつつ縦方向の突き上げをいなす。

ドロースティフナーと共着することで、過敏でもダルでもない、リニアな操舵としなやかな路面追従。

装着して最初の交差点を曲がっただけで、ただ硬いだけではない、ボディ剛性コントロールの進化を体感できる。

63

↑ STIフレキシブルドロースティフナー………64,800円・ボディ下部の斜交いのように結ぶドロースティフナーにはスプリングが内蔵され、適度に伸びる事でボディが唐突にたわむヒステリシスを抑止。

タワーバーと共着することで、過敏でもダルでもない、リニアな操舵としなやかな路面追従。

装着して最初の交差点を曲がっただけで、ただ硬いだけではない、ボディ剛性コントロールの進化を体感できる。

↑ 左 STIシフトノブ(アルミ&本革)………16,740円

↑ 右 STIシフトノブ(ジュラコン)…………9,180円

33

↑ STIアルミホイール(シルバー・ガンメタ・ブラック)

  17インチ:183,600/本、18インチ:196,560/本

●STIがコンプリートしているマシンは、足回りとエクステリア。

ここからどの程度まで好みのスタイルに変えていくかはじっくりと決めていきたいですね。

なんちゃってコンプリートカーが蔓延している中、ここまでいじってくれるのはスバルだけ。本当に幸せですね!!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう